最新閲覧日:

「頽廃芸術作品の没収」という法律がかつてありましたが、この法律をドイツ語で何と言うのか知りたいのです。できれば、関連ホームページなどを教えていただけると嬉しいです。どうか、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (1件)

 


  そういう「法律」が確かにあったのですか?
  ミヒャエル・エンデの父エドガル・エンデの作品が、回収されたという事件があったのはどうも事実のようです。ですから、何かナチスは、「頽廃芸術作品」を強制的に美術館から回収する理由を造ったのは間違いありませんが、どうも分かりません。とりあえず、
 
  Die Ausstellung "Entartete Kunst" wurde am 19.Juli 1937 in Munchen in……
 
  「頽廃芸術展覧会」というものを、ナチスはミュンヒェンで開催したようです。目的は、頽廃芸術の典型をドイツ国民に示し、真のドイツの芸術を明らかにするためだったようですが、この展覧会のために、作品を全国の美術館から集めた(回収した)のではないかと思います。
 
  とまれ、「頽廃芸術」は、"Entartete Kunst" です。これに、Hitler とか、Nazi などを組み合わせると、色々なドイツ語などのページが出てきます。参考までに。わたしが調べるのは、いささか、今日はもう疲れたので、情報提供します。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

一応、本を読んで調べているのでこの法律は実在しているはずです。
私自身も、もう少し調べてみますね。
回答、ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/21 20:26

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ