昔から疑問に思っていたことがあります。
なぜこの世の中に税金という制度が必要なのかということです。
タバコ税や酒税などはわかるのですが、所得税や相続税はなぜ取られるのでしょう?
もちろん国などを運営する必要経費はあるかとは思いますが、それであれば日本銀行なり造幣局なりでお金を作ればいいのでは?
国民から所得税とかをとるのであれば、ぜひその税収分を日本銀行などから取っていただきたいと考えるのは私だけでしょうか。
ぜひ税金が必要な意味を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

税金がないなら……と考えてみましょう。



外務省などで私腹を肥やす官僚は一人もいなくなります。天下りもなくなります。
しかし、警察も消防もなくなります。
ということは、警察官も消防車も救急車もなくなるわけですね。
殺人、放火、強盗が日常茶飯事になるわけです。
病人は救われずに死んでいきます。
裁判所もなくなるわけですから、紛争の救済は、決闘でのみ可能になります。
そのとき、生きている日本国民がどれだけいるか……。

最近は、福祉についても税金が必要です。
生活保護、公的年金、健康保険、労災保険、等々、社会福祉に関する税金は税の使い道のかなりの部分を占めます。

所得税、相続税については、「所得再分配」という観点から必要になります。
中には、竹中平蔵のように「国民一律の人頭税にすべき」という意見もありますが、それでは富める者はますます富み、貧しい者はますます貧しくなることは間違いありません。
払える人は払える分を払い、「公共のもの」をみんなで利用していこうとする、それが所得税のあり方です。相続税も、努力しない者には払うことができません。払えなければ物納、つまり土地で納めてもらいますから、一戸建てが持てない人も一戸建てが入手しやすくなるのです。
この点について、経済学者の野口悠紀雄が「相続税率100%」を提唱していました。意義について、賛成です。

ちなみに、日本銀行は「日本銀行法」に基づく法人ですので、税金がなければそれ
をコントロールする立法府・行政府もなくなり、存在意義を失います。
また、お金は日銀が作るものなどではありません。現在出回っているお金は造幣局や印刷局などで作られたものではなく、銀行の信用創造によって作られているものが多くを占めます。信用創造については、中学校の公民でやっているはずなので、省略します。
この手の思い込みが国民の間に多いことも、また事実のようです。

税金を払うぐらいなら日本銀行で、というのは、あまりにナンセンスですね。日本銀行の職員の給与はどうしますか?(まあ、一応はジャスダックに日銀株が登録されているんですが)。
公務員の給与も日銀で払え、ということですか?
そうすると、トラック1台に紙幣を積んでも1日の給料が足りなくなりますよ!
(頭の訓練として、無税国家を描いてみるとよいかも)

分からなければ、
佐藤雅彦・竹中平蔵『経済ってそういうことだったのか会議』(日本経済新聞社)
の第1章の冒頭に、佐藤少年の面白い貨幣の話がありますから、読んでみると面白いでしょう。

なお、宮島洋『税のしくみ』(岩波ジュニア新書)は、中高生向けの書物ながら、大学生以上にもわかりやすく税を紹介してくれています。ご一読下さい。
    • good
    • 92
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。税金がなかったら私たちは生きてはいけないのかもしれませんね。共存の精神がないと。私たちも税金を払うのですから、政府などももっと税金の必要性をこのようにアピールしていただきたい。理由がわかって払うのと、意味がわからずに払うのとでは全く違うと思いますし、私のような税金に対して無知な人もたくさんいると思います。
税金に対して考えるきっかけになりました。ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/26 20:05

税金というものについての考え方はいろいろありますが、私はそれをある国で生きる・生活するための「会費」であると思っています。



私たちの身の回りには「公共の物」は沢山あります。電気・ガス・水道などはもちろん、道路や学校などもそうですし、警察や消防など社会の安全を維持するための組織もあります(とりあえず、電気やガスなどは国営・都道府県営ではありませんが)。

それらの組織やサービスをすべて個人でまかなうということを考えたことがありますか?例えば、トンネルや橋を造ることを含めての道作りを考えましょうか。それがあれば便利であるとは思っても、それを作ることは個人の力を越えることが明白ならばとどうしますか?そのような場合に、社会を構成している人々が会費を出して皆の力を合わせて、道を作るわけです。

学校もそうです。教育を受けることは個人の能力を伸ばすことでもあり、それを受けるのはその個人にとって利益となります。国全体をみた時も教育を受けた国民が多い方が国際社会の中で国が存在していくためには有利です。ですから、日本では国民はその保護する子弟に教育を受けさせなければならないという「義務教育」制度を定めているわけです。これもすべて個人の費用でまかなうとしたらどうなるでしょうか。などなど。

こんなたった二つぐらいの例でpirokoreさんが納得されるかどうかは判りませんが私たちが生活していく上で、「皆でお金を出し合ってそれを皆で使う」方が個人の負担が小さく、利便性が高いものがあるわけです。そうしたものを「公共のもの・サービス」と呼び、個人の負担を「税」という形で集めているわけです。極端なことを言えば、日本の税負担とサービスを天秤にかけて、税負担の方が重いと考えるならば、他の国に移住しその国で税金をはらうようにすれば良いのです。

また、集められた税金をどう振り分けるかということは政治の問題であり、私たちは選挙権を通じてそれをコントロールすることができるわけです。もちろん、公務員になったり、代議士になったりして直接それをコントロールすることも可能です。また、税をどう集めるかの方式についても同様です。今までは、より公平であるという理由から直接税を採用してきましたが、そのシステムができてから時間がたち、不公平性もでてきているので新たな公平性を求めて消費税を導入したわけです。

「日本銀行から・・」云々については先に回答されている方たちのお話の通りですから省略いたします。

(蛇足ながら、税金の意味については中学3年生の「公民」という科目でならうはずで、自分たちの暮らしている社会の仕組み自体を知ることも義務教育の一部です。さらにまた、国や都道府県・市町村などが大雑把ですが生徒一人当たり年間50万円程度の税金を支出しています。つまり子供1人につき成人するまでにおよそ500万円の費用が税金からでていますし、公立国立の学校に進学すればもっと増えますが、大人はこれだけの税金分を先に使っているとも考えられますね。その分の費用などを税金という形で分担しているのです。たいていの人はそれを考えると受けた分>払う分となって黒字だと思うのですが、いかがでしょうか。)
    • good
    • 15
この回答へのお礼

おかげさまで税金について納得いたしました。いろいろ勉強になりました。確かに昔勉強したことがあるような気もしましたが、いま改めて税金について考えてみると、不思議に感じてしまい質問させていただきました。会費という考え方はわかりやすかったです。ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/26 19:14

お金を増刷したところで全く意味がないのは皆さんのおっしゃるとおりです。



ところで所得税には税収の確保以外に「所得の再配分」という機能があります。収入の多い人には高い税率を、少ない人には低い税率を課して、皆に(むしろ低所得者に優先的に)ばらまく。こうして所得格差を緩和しているんですね。
「そんなことをする必要はない」と言われればそれまでですが。
    • good
    • 9
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。「所得の再配分」という機能もあるんですね。でも所得の高い人ほど、会社などを経営したりして、経費を計上し、全体的にみれば税金の支払額や支払い比率では得しているのでは!?と疑問も感じますが。私なりにもっと調べてみることにします。ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/26 19:07

なぜ税金が必要なのかという理由に付いては、pirokoreさんが書かれているように、国などを運営する必要経費があるからです。

つまり、軍隊や行政、郵便など共同所有の財・サービスについて、その財源を国民から広く徴収する必要があるから税金が存在しているわけです。

次に、日本銀行でお金を作れば良いのではという質問ですが、これにはインフレーション(物価上昇)という問題が関係してきます。一国における財・サービスが一定のときに、どんどんお金を刷ったらどうなるでしょう?そう、物価が上昇してしまいます。物価上昇は、年金で暮らすお年寄りなど定額所得者の生活を圧迫したり、金融商品の価値を下落させるなど、様々な悪さをします。こういうことを避けるために、政府は税金を国民(住民)から徴収しているのです。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。世の中うまくできてるものですね。私も陰ながら行政などにお世話になっているので、それらを運営するためにも税金は必要なんですね。理解しました。ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/26 19:04

>それであれば日本銀行なり造幣局なりでお金を作ればいいのでは?



そんなことをやったらインフレになりますよ!お金を増刷するとその分お金の価値が下がりますよ!価値が下がれば100円のパンが1000円になるかもしれません。

つまり国の予算が年間1兆円でやりくりできていたものが、1000兆円必要になるということです。

結論:お金を増刷しても意味ないです。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。確かにインフレが起きちゃいますね。これで税金の考え方がかわりました。ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/26 19:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q税金、保険のクレジットカード払いのポイント

税金、保険がクレジットカード払いになっていますが、この支払ってそのカードのポイント付加対象になっているんでしょうか?やはり税金などは対象外でしょうか

Aベストアンサー

>税金、保険がクレジットカード払いになっていますが

その自治体の「税」がクレジット決済可能であれば可能です。

http://www.family.co.jp/services/receipt/index.html

Q関税を廃止して、消費税に変更したら、税収は?死荷重は?

★★
ある財に対して、関税(輸入に対する税)を廃止して、
同じ大きさの消費税(輸入品と国産品の両方に対する税)を課すことにしたとき、
(1)消費税が課されたときの消費量と生産量はどうなるか?
(2)政府は、どちらの方が税収を多く得られるか?
(3)どちらの税の方が死荷重が小さいか?
★★


この問題、分かる方、回答宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>なぜ、消費税を課したとき、 国内生産量が10になるのか(つまり、自由貿易のときと同じ生産量のままなのか)がいまいち分かりません。
消費税を課すと供給曲線はコスト高で左にシフトする(または、需要曲線が価格が高くなると需要量を減らすので需要曲線が左にシフトすると考えても良いですよね?)という事と関係ありますか?
まずして、なんで関税を課したときに需要曲線がシフトしないで、曲線上を移動するだけなのかが、よく分かりません。

消費税を課すと、世界供給曲線(価格線)が消費税分8だけ上にシフトして、P=20からP=28になる。この1単位あたり8の消費税はすべて消費者が負担するので、国内生産者が受け取る価格(消費税を国庫に納めたあとに国内生産者の懐にはいる価格)は1単位あたり28-8=20で自由貿易のときと変わらない。したがって、国内生産者は自由貿易のときと同じQ=10を生産するのです。国内生産者の利潤は自由貿易のときも、消費税が課税された後も変わらない。
あなたの図からわかるように、国内生産者の供給曲線も、国内消費者の需要曲線もシフトしません。世界供給曲線がP=20からP=28へシフトするのです。すると、それに応じて国内需要量は国内需要曲線上を移動し、40から36へ減少する。消費者が支払う価格が20から28へ高くなるので、需要量が減少するのです。

>なぜ、消費税を課したとき、 国内生産量が10になるのか(つまり、自由貿易のときと同じ生産量のままなのか)がいまいち分かりません。
消費税を課すと供給曲線はコスト高で左にシフトする(または、需要曲線が価格が高くなると需要量を減らすので需要曲線が左にシフトすると考えても良いですよね?)という事と関係ありますか?
まずして、なんで関税を課したときに需要曲線がシフトしないで、曲線上を移動するだけなのかが、よく分かりません。

消費税を課すと、世界供給曲線(価格線)が消費税分8だけ上にシフ...続きを読む

Q税金や年金のクレジットカード払いについて

税金や年金のクレジットカード払いは可能なのでしょうか?
マイレージを貯める裏技として書かれていたのですが、いまいちよくわかりません、税金や年金をクレジットカード払いできれば、クレジットカードのポイントがかなり溜まるので、可能ならやってみたいと思っています。
ちなみにローソンでは、アルバイト風の若い男性に、公共料金には使えないと言われ、EDYならいいのと聞いたら、EDYって?と言う感じでした。

Aベストアンサー

一部の地域で可能なようです。
EDY払いはローソンではできません。ローソンでEDYを取り扱っていないので。
サークルKサンクス、ampmならできるかもしれません。
もちろんedyには予めその金額分の入金が必要です。

Q相続税と所得税の統合について

日本公認会計士協会の「租税調査会研究報告第13号 相続・贈与に係る税制について」の24ページで
「この考え方については、取得価額より時価の低い資産を相続すると、巨額であっても税負担が生じないという欠点がある」
と書かれていますが、これはどういうことなのでしょうか?誰か解説してくださる方がいましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 「この考え方」というのは、「相続税と所得税を統合しようという考え方」の意味だと理解してよろしいでしょうか。

 専門外ですので、推測ですが


 例えば、わかりやすい譲渡所得税で言えば「利益=譲渡価格-取得価格」です。

 (実際はそうではありませんが建前としては)所得税は利益にかかるものであり、利益がマイナスなら所得税はかかりません。

 双方を統合すると、相続のケースでもこれ(所得税方式)が適用されることになります。

 なぜなら、・・・ 話が戻りますが、相続税は「取得価格は無視」して、「移動した物の現在の価格」に対して課税されます。

 つまり、10億円の財産を相続した人は、その財産を取得するのに何十億かかっていようと、10億円(親から子へ移動した価値)分の相続税、数億円を払うことになります。

 双方統合して、所得税にもこの仕組み(相続税方式)を適用すると、常に絶対的に、儲かろうと損しようと、所得税はかかってしまいます。

 「取得価格は無視」して、「移動した物の現在の価格」に対して課税しますからね。

 100万円で仕入れたものを60万円で売ると、60万円に対して所得税がかかる。40万円損しているのに。

 120万円で売ると、120万円移動したのだから、120万円に対して所得税がかかってしまいます。20万円しか儲かっていないのに。

 働けば働くほど財産が減るので、これをやったら誰も働かなくなります。

 ゆえに、双方を統合した場合は、必ず「取得価格を計算に入れる」「利益に課税する」方式、つまり所得税方式が相続に適用されることになります。


 いまの制度なら、例えば10億円の土地相続した人は、被相続人がその土地を得るために20億円支払っていても、数億円の相続税を盗られることになります。

 ところが、両者を統合して、取得価格を考慮する制度にすると、それは損している状態なので課税できません。

 数億円の税収が亡くなります。


 もう一つ。不動の価値観が関係しています。

 国家・官僚にとって、税金を盗ることは善であり、税金を盗れないことは悪。税金をたくさん盗れることは美点であり、税金が盗れないのは欠点なのです。

 この価値観に立って、前述のような、税収が大幅に減る統合論を見たらどうでしょう。

 統合論には、重大なかつ根源的な「欠点がある」ことになるのです。
 

 「この考え方」というのは、「相続税と所得税を統合しようという考え方」の意味だと理解してよろしいでしょうか。

 専門外ですので、推測ですが


 例えば、わかりやすい譲渡所得税で言えば「利益=譲渡価格-取得価格」です。

 (実際はそうではありませんが建前としては)所得税は利益にかかるものであり、利益がマイナスなら所得税はかかりません。

 双方を統合すると、相続のケースでもこれ(所得税方式)が適用されることになります。

 なぜなら、・・・ 話が戻りますが、相続税は「取得価格は無...続きを読む

Q公共料金のJUPIカード、Edyカード払いのポイント加算について

公式Webサイトの情報によるとと、ファミマで、JUPIカードを使って、公共料金の支払いができて、100円に付き1クレジットポイントが付く、と読めるのですが、正しいでしょうか? 他にも、公共料金の支払いで+100Pのボーナスポイントがつくというような情報もあって、公式Webでも探したのですが、確認できませんでした。
公共料金の支払いに対するポイントのつき方を教えてください。

また、AM/PMで、Edyカードでも、公共料金の支払いができるようですが、この場合も、他の買い物同様、100円で1ポイントがつくと考えていいのでしょうか?

元々、結構な金額になる公共料金を、コンビニでカード払いにできたら、ポイント還元分お得になると考えたので、上に書いたようなことを調べているのですが、お店に行く手間以外に、何か知らないデメリットってありますか?
特に、公共料金自体が、コンビニ払いにすることで値上がってしまうケースがあると意味がないのですが、そういう事例をご存知でしたら、教えてください。

Aベストアンサー

 前のご質問で回答しようと思っていたのですが(回答中締め切られてしまいまして)…。

 いまのところ、公共料金がクレジットで払えるのは
*am/pmでのEdy払い
*ファミリーマートでのJUPIカード支払い
の2通りです。いずれもコンビニ払いになります。
 但し東京電力の場合は『口座振替割引』(50円引き)が設定されていますので、利用額によっては口座振替のほうが有利になることはあります。

 ポイントは普通につくはずです。
 また先のご質問で『am/pmのカード』とありましたが、『am/pm Earth Edy Card』でクレジットからのオートチャージした場合にはポイントがつきません。

 この話題については、いまのところ参考URLが最も詳しいと思います。2ちゃんねるですが。

参考URL:http://life2.2ch.net/test/read.cgi/credit/1057281278/l50

QGDPの約1/5が税収の根拠

野口悠紀雄氏の本に、フェルミ推定の話があって、
日本のGDPは約500兆で、
国の税収は、GDPの約1割の50兆円と
概算できるとありました。
そのあと、
「国税収入がGDPの約1割というのは、所得税などの税率を考えても納得できる水準だろう」と書かれてあるのですが、
私の知識不足で所得税などの水準がわからないために、
なぜ1割が妥当なのか、その根拠がわかりません。
ご教示よろしくお願いします。

Aベストアンサー

> 「国税収入がGDPの約1割というのは、所得税などの税率を考えても納得できる水準だろう」と書かれてあるのですが、

フェルミ推定の概算がおかしな数字ではないことを主張しているように思います。
日本の所得税の税率は、大雑把にならす(所得別のウェイト付けが必要だが)と大体10%弱(8-9%ほど)になります。ただしここで言っている所得とは課税所得であり、各種控除があるので給料の手取額よりは少ない額です。

Q家電量販店でカード払いにした場合の価格、ポイントは?

タイトルどおりなのですが大手量販店での店頭価格、ポイント還元率は現金払い価格だと思いますが、カードで1回払いで支払いする場合はやはり、価格は別、ポイントは現金より少なくなるのでしょうか?
参考でいいのでどの程度変わるのか経験された事のある人の意見をお願いします。
引越しに伴い、まとめ買いを検討してるのですが、現金を持ち歩くのは大変なので、さほど損でなければカード決済で購入を考えています。

Aベストアンサー

変わらない店もありますが、2~3%、ポイントが低くなるところが多いような気がします。現金だと10%ポイントがつくところがカードだと7%、という感じですね。
私の場合、2~3%ならカードを使います。カード会社のポイントもありますから・・・。

Q所得税の問題

正誤問題です。

「所得税は所得に応じて課されるものであるから、負担感も弱いこと、その税負担の重さが国民の勤労意欲に関係無いこと、所得額の正確な把握が容易であることなど税務行政執行の面でも、もっともすぐれた税目である。」

どうかご教授ください。

Aベストアンサー

・所得に応じて課される
・負担感が弱い
・勤労意欲に関係無い
・所得額の正確な把握が容易
・税務行政執行の面でもすぐれている

所得税の源泉徴収なら、この条件を満たしそうですけどね。
出題者は源泉徴収を念頭に問題を作成したのではないでしょうか。

問題が間違っていることに変わりはないですけど。

Qポイント利用後の差額分のクレジットカード払いについて

ヤマダ電機のポイントが現在2万ポイントほどたまっています。
新しくゲーム機を買おうかと予定しているのですが、
一緒にソフトを購入すると約4万円ほどします。

差額分の2万円をクレジットカードのポイントもためたいので、
クレジットカードで支払いたいと思うのですが、大丈夫でしょうか?
(差額分は必ず現金でなくてもいいのでしょうか?)

また、同様のケースの場合もビックカメラやヨドバシカメラでも
大丈夫なものでしょうか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

差額分を何で払おうと問題ないはずです。
ビックやヨドバシでも同じですよ。
提携しているカード会社であればつかえるかと思います。
ただし、カード利用だとその分ポイントの還元率が悪くなるということもありますよ。

Q所得税額の計算がいまいち理解できない

画像は所得税率です。
例えば課税所得が650万のとき所得税が872500円になるそうなのですが
この計算方法がわかりません。
650万×20%なのではないんですか?
詳しい解説をお願いします。

Aベストアンサー

>650万×20%なのではないんですか?

平成19年(2007年)分からの所得税の税率ではそうなりますが、330万円超~695万円以下の場合控除額が、42,7500円となりますので計算を致しますと650万円の場合は、
650万円x0.2(20%)-42,7500円=87,2500円となります。

以下参考に・・・。
所得税の税率
http://www.zeikin-taisaku.net/2007/08/post_58.html


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング