平成9年式のホンダ・アコードワゴン(CF-2)に乗っています。新車で購入して丸4年が経過しています。
最近というわけではないのですが、信号待ちなどの停車時にDレンジにしておくと、ブルブルという振動が結構伝わってきます。エアコンをOFFにしているとなお顕著です。ニュートラルにすれば大分緩和されます。

この現象について過去の質問を調べてみたのですが、大抵が吸気系が原因では?という答えが返ってきています。
私の車もそれが原因なのでしょうか?それともエンジンマウントが老化しているのでしょうか?それともアコードクラスのホンダ車ではこういった振動がでても当たり前なのでしょうか?私はなんとなくエンジンの回転数が影響しているのでは、と思うのですが・・・

2年ほど前にディーラーに持っていったのですが、「どこにも異常はないし、振動も規格値(規格値ってあるのでしょうか?)以内ですよ。」なんて言われて何も解決になりませんでした。

かなり気になってるので、知っている方、教えて下さい。ちなみにマフラーだけ車検対応のものに変えています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

値 規格」に関するQ&A: 無線LANの規格値

A 回答 (3件)

オートマの車は、程度の差こそあれ、みんなそうなんじゃないでしょうか。



エンジンと言うのはガソリンを爆発させて(正しく表現するなら燃焼ですが)させて、それを力に変えていますから
アイドリング等、低回転では回転する力(トルク)に多少のムラがあります。

Dレンジに入れて停まってるときと言うのは、ブレーキを放せば前に進んでいきますよね。
車が前へ進もうとしているのをブレーキで抑えてるわけです。
エンジンの力がミッション、ホイール、ブレーキへ伝わる、ブレーキは当然、車体につながっていますから、ブレーキを通じてエンジンの振動が車体全体に伝わっていく。
と考えれば、納得がいくんじゃないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
やっぱり、自然というか車の構造上仕方ない現象なのでしょうね。
この振動も愛嬌としてつき合っていきます(^^)

お礼日時:2001/12/20 20:16

( ^ ^ )/ こんちは


かかれてる通り、アイドリングが低くないですか?
Nに入れると緩和するっていうのがまさにそんな感じです。
車屋さんで「アイドリング低くない?」って聞いてみては?

マフラーだけ替えてるっていうのも抜けだけ良くなってる感じで
なんか引っかかりますが・・・・。

もしできるのであればCPUのリセットもしてみてはどうでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
確かに、アイドリング時の回転数は低めだと思います。
なので、アイドリング回転数を調整したいのですが、キャブがPGM-F1とかいう電子キャブ(?)なので、リセットというか調整しても、勝手にコンピュータが自動補正してしまうので結局だめなんです。
マフラーが関係している可能性もあるのかもしれませんんね。

お礼日時:2001/12/20 20:10

私は一般人です。


私の家でも、シビックフェリオに乗って5年目ですが、やはり同じような現象はありますよ。昨年ブッシュ類を替えてだいぶん、ましになりました。私の家は親類がホンダの
営業をやってる関係で、既に独立している兄弟2人も全て
ホンダ車です。ちなみに3台とも症状は同じのようです。
(笑)。レジェンドならこんな問題はないんでしょうね・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。

やはり、○ヨタとは違いこのクラスの○ンダ車に高い静粛性を求めるのは無理なんでしょうかね。(^_^;)

お礼日時:2001/12/20 14:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QOS 25F ABCエンジンのコンロッドの向きについて

ベアリング交換のため解体したのですがコンロッドに向きがある事にきずきました。潤滑穴が前寄りなのか後ろ寄りなのか解りません。
ご存知の方は、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

コンロッドのクランクピン側に圧入してあるブッシュの穴の内側の角が片側だけ面取りしてあると思います。
面取りしていない面をバックプレート側に組みます。

Q停止から発進時のブルブル振動

2006年式のホンダ・フィットに乗っています。

今まであまり気にしたことがなかったのですが、例えば信号待ちで停車した後、青信号になってアクセルを踏んだ瞬間、「ブルブル」という感じの音と振動が数秒間します。
急発進しているわけではないです。
数秒経ったらブルブル音も振動も消えますが、次に停車→発進するとまた音と振動がします。
クリープ現象からものすごくゆっくりアクセルを踏んでいくとあまり音は感じません。
また、例えば走っている途中に登り坂などでアクセルを踏み直した場合など、走っている最中にアクセルを強く踏んでも音はしません。
発進時だけです。

車には全く詳しくないのですが、これは普通の状態でしょうか。
新車で買って以来ずっと乗り続けているのですが、今までこんな音してたかな?と急に思いまして…

Aベストアンサー

初代フィットの持病です

オイル交換程度で治る場合もあれば ミッション丸ごと交換まで 症状は様々ですが。
https://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%9B%E3%83%B3%E3%83%80%E3%80%80%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%83%E3%83%88%E3%80%80CVT%E3%80%80%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%80%E3%83%BC&ie=utf-8&oe=utf-8&aq=t&rls=org.mozilla:ja:official&hl=ja&client=firefox-a

Qエンジンルームに余計なものがあると、車検上問題になりますでしょうか

エンジンルームに余計なものがあると、車検上問題になりますでしょうか。

オイルクーラーのコアが右フェンダー内に設置済みなのですが、
ホースとブロックはオイルブロックに取り付けず、
エンジンルーム内の適当な場所に固定してあります。
※詳細は画像を参照願います。

やはり『コアのみ残し、ホース以降は一時的に外す』などの対策が必要になりますでしょうか。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

車検自体は、エンジン関係で言えば排気ガスを悪化させない改造、オイル漏れなどの問題がなければ まず通ります。
不正改造でなく オイル漏れや水漏れ 排気ガスが規定内なら エンジン関係の検査は、まず通りますよ。

ただし 写真を拝見して 気になったのは、固定されていない点。
また 干渉部分を軍手らしき可燃物で覆っている点。
もし 振動等で、保護しているものが破れ マスターバック(制動倍力装置)につながる太い負圧ホースやその他のホース類 燃料系のパイプ ホース等に当たってしまったら非常に危険ですから ボルト等で確りと固定することをお勧めします。

位置からして その危険が今後考えられますから、是非この機会に固定して置いて下さい。

Qホンダのビートにダンクのエンジンを・・・・・

ホンダのビートにダンクのエンジンが乗ると聞いたのですが

ダンクから移植するのは、エンジンとコンピュータとハーネスの3点で大丈夫でしょうか?

もし加工が必要ならどの部分とか具体的に教えていただけないでしょうか。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ビートにダンクのエンジンですかぁ・・。
載せようと思えば載るとは思うのですが、エンジン形式をE07A→E07Zへの構造変更(陸運届出)が必要になります。

E07Aのエンジン側のマウントは1箇所、E07Zのエンジン側のマウントは2箇所ですが、このマウント寸法の確認(マウント本体をビートとダンクのどちらが使えるか)が必要でしょう。
エンジン⇔ミッションの取り付け寸法の確認も必要です。
オイルパンはビートの物を使わないとオイル交換の際、オイル注入が面倒になります。
問題なのはインタークーラー(ターボの場合)の配置です、ダンクのままの配置でエンジン上部に設置するとビートの場合、フードが閉まりません=インタークーラーの排熱は車室内に来る形になり、乗者の後頭部がオーバーヒートします^^;

加工する部分は・・・吸排気関係・マウント・ハーネスの取り回しと接続等 おそらく載せ換え作業の全てに加工が必要だと思います。

Qカブのエンジンの50→110ボアアップについて

カブの49ccのエンジンにうちにある107ccのカブ系エンジンのヘッドを載せれるか検討しています。
そのまま、ヘッドとピストン周りだけで載せ代え可能でしょうか?
腰下もコンロッド等、総交換になるでしょうか?
載せ代えした事のある方、または検討した事ある方いらっしゃいましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

75ccにしておくのが無難だよ~。

Q運搬車ホンダ力丸のエンジンカーボン防止方法は?

先日運搬車ホンダ力丸HP250のエンジン(4サイクル)が始動しない、修理方法を質問し、教えて貰った通り点検した結果、点火プラグ不良が原因とわかり交換したら始動に成功しました。有難うございました。
今度は、カーボン除去について質問させて下さい。その後2時間程稼働し、点火プラグを点検するとカーボンで真っ黒になっています。スチールブラシでクリーニングをしてやると一発で始動します。このカーボンの発生を防ぐ方法はないのでしょか? オイルも2度交換しました。2度目は短い時間で交換しましたが、まっ黒でした。当機械は中古で購入したので何年およびどれだけ過酷使されたか不明ですが、サビや傷から少なくても5年以上で相当働いてきたものと思われます。カーボン発生を抑制する助言がありましたら、教えて下さい。

Aベストアンサー

ホンダ力丸、嫁の実家で使用してます。
ノーメンテですが快調です。

コンピューター制御のインジェクションが主流の現代では、このような少し原始的なエンジン整備のノウハウが途絶えるようですね。

>カーボン除去について質問させて下さい。その後2時間程稼働し、点火プラグを点検するとカーボンで真っ黒になっています。

燃料が濃すぎると、カーボンがプラグに付きます。
基本的な整備でエアクリーナーの清掃・交換はされましたか?。
キャブの清掃はその後でしょう。

※このような原始的キャブはエアクリーナーが詰まると、負圧により燃料が設計よりも多く吸い出されます。

農耕具のエアクリーナーは、このような場合、台所用のスポンジの流用等でも応急で使ったりしています。
乗用車の整備で、ディーラーがこのような事をするのは御法度ですが、
自分の物を自己責任で使用するのは有りかと・・。

Qエンジンコンディショナーでウォーターハンマー的現象

お世話になります。

予測・予想でも結構ですのでご回答いただけると助かります。

週末にマイカーのエンジンのプラグを抜き、プラグホールから
エンジンコンディショナーを5秒ほど全4気筒に吹き込みました。

その後5分ほど経過してから、プラグホールを開放したまま
セルによるクランキングを軽くやりました(近所迷惑を考えて1秒もしなかったと思います)。
そしてさらに数分置いてから、また1秒に満たないクランキング実施。

プラグなどを取り付けエンジン始動しようとしたところ、
エンジンはかかりづらいとは思っていましたが、
いつものセルが回る軽快な「チチチチ」という音ではなく、
「ドゥルン、ドゥルン」という感じで軽い上下振動を伴い
低い回転数で鈍く回転したのち、エンジンがかかりました。
セルがとまることはありませんでした。

これはエンジンコンディショナー排出不十分で起きた
ウォーターハンマー的な現象だと思うのですが、
車の状態は、距離にして50kmほどアイドリング回転数(600rpm程度)から
5000rpm程度(レッドは7000rpm)まで実走行してみましたが、
どの回転数でも異常振動など感じられず、吹け上がりもスムーズです。
アイドリングの不安定さも見られません。

気になるのは、今回のことでコンロッドがゆがんでしまったのではとか、
コンロッドの最弱部にダメージがのこり、数年のうちにエンジンブローにつながるのでは
と心配が残ってしまいました。

エンジン再始動時のクランキング時には、
音から判断して各気筒とも燃焼はしていなかったと思います。

今回の現象からエンジンダメージの程度予想をいただきたいのですが、
よろしくお願いします。
(気になるのはセルの力だけでエンジン各所にダメージをきたすことはあるのでしょうか。)

お世話になります。

予測・予想でも結構ですのでご回答いただけると助かります。

週末にマイカーのエンジンのプラグを抜き、プラグホールから
エンジンコンディショナーを5秒ほど全4気筒に吹き込みました。

その後5分ほど経過してから、プラグホールを開放したまま
セルによるクランキングを軽くやりました(近所迷惑を考えて1秒もしなかったと思います)。
そしてさらに数分置いてから、また1秒に満たないクランキング実施。

プラグなどを取り付けエンジン始動しようとしたところ、
エンジンはかかりづらいと...続きを読む

Aベストアンサー

全く心配ありません。スターターモーターのトルク程度でコンロッドやクランクシャフトに損傷を与えることはありません。いわゆるウォータハンマーでのエンジン破壊は、運転中のエンジンに水などの液体が吸い込まれることで起こる現象で、運転中のエンジンの回転よるフライホイールマスが破壊のエネルギーとなります。スターターモーターにはそのような大きなエネルギーは有りません。また、始動直後の燃焼状態の変化はエンジン内部に残ったエンジンコンディショナーよるものと考えて問題ないでしょうけれど、これはガソリン以外の燃料(もしくは不燃物)を含んだ状態の混合気に点火するために正常な燃焼とならずフィードバック機能も想定外の物質を含んでいるために正しく動作しなかった可能性があるため、一時的な異常な燃焼状態となったためでしょう。

実際にウォーターハンマーでエンジンが破損する場合は、ほぼ瞬間的に起こります。またガソリンエンジンでは比較的おきにくい現象です。これはガソリンエンジンは破壊を起こすフライホイールマス自体がそれほど大きくないこと、もともとの圧縮比がそれほど大きくないこと、燃焼室内や吸気管ないぶに水などの液体の進入が有ると点火ができなくなりエンジンの運転自体ができなくなるからです。そのためガソリン車は管水路に突っ込んだ場合などでもウォーターハンマーによるエンジンの破損は意外と起きないのです。一方ディーゼルエンジンではフライホイールマス自体が大きい上に圧縮費も高く、液体が混入しても断熱圧縮による温度が十分に上昇しある程度の空気が有れば燃焼を続けられるので、エンジン運転中に液体を吸い込むなどするとかなりの確率でコンロッドの折損やクランクシャフトの捩れなどの大きな損傷を受けます。


私の手がけた限りガソリンエンジンでのウォーターハンマーが原因でエンジン破損にいたった実例はガソリン車では、インテークマニホールドのガスケットが破損(組み付け不良)により、高速道路走行中に冷却水がシリンダー内部に流れ込み、コンロッドの折損およびシリンダーブロックの破損を招いた一例だけです。


まぁ、スターターで回せる程度であれば液体が残っていても何の問題も無いということです。

全く心配ありません。スターターモーターのトルク程度でコンロッドやクランクシャフトに損傷を与えることはありません。いわゆるウォータハンマーでのエンジン破壊は、運転中のエンジンに水などの液体が吸い込まれることで起こる現象で、運転中のエンジンの回転よるフライホイールマスが破壊のエネルギーとなります。スターターモーターにはそのような大きなエネルギーは有りません。また、始動直後の燃焼状態の変化はエンジン内部に残ったエンジンコンディショナーよるものと考えて問題ないでしょうけれど、これ...続きを読む

Qホンダのエンジンオイル添加剤を使った感想は?

 最近、エンジンオイル添加剤にホンダ純正のものがあることを知りました。とても気になっているのですが、実際に使ってみての感想やおすすめ度などを教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

有機モリブデン化合物ですね
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/macchann/hiroshi/Mo.html

 SJ規格などのオイルではは規格取得の条件として、テフロンではなく、有機モリブデンを減摩剤として使用するよう定めるから普通に入ってますけどね

 ちゃんとオイル変えているならば入れる必要は無いです

Q水平対向エンジンはどうやって

一度も購入したことも、いじったことも、整備書見た事もありませんが水平対向
エンジンはどうやってメインベアリングキャップを締めるんでしょうか?
組み立て順もクランクにコンロッド・ピストン

着けてから両シリンダーを合わせる?感じ?結構なぞです。詳しい方御願いします。

Aベストアンサー

モナカ
http://minkara.carview.co.jp/userid/271921/car/165727/395405/note.aspx

Qホンダ車又はホンダ技研の魅力

ホンダ車又はホンダ技研の魅力は何でしょう?教えてください。

Aベストアンサー

ホンダはやはり技術力でしょう。既成概念にとらわれないパイオニアスピリットは業界一だと思います。バイクではゆるぎない位置を得たメーカーでありながらも常に探究心を失わずオーバルピストンなんかを開発したり、たしかプロアームの市販も最初ですよね。車でも、N360は画期的でしたし、初代シビックは目からウロコのスタイリング、さらに希薄燃焼方式などの排ガス対策は他のメーカーとは全く違うアプローチで素晴らしい成果をあげました。可変バルタイもホンダがリーダーだと認識しています。軽トラにアルミブロックのツインカムを積んだり、4連キャブのFFスポーツ車を市販したり、5~800CCのオープンツーシータースポーツを作ったりと、ほんとに画期的な実績の積み重ねで現在に至っています。
かつて、「技術の日産」と呼ばれていた時期がありましたが、随分以前から「技術の~」の称号はホンダのものだと思います。
ホンダ車は耐久性がどうこう、と言われた時代もありましたが、現在眺めてみると旧車も結構見かけます。当時の評判ほどひどいものでもなかったようです。むしろ、後発メーカーとしては驚くべき品質であったと思います。
パイオニアスピリットとその裏付けとなる技術力では、もはや国内には敵はないのではないでしょうか。
最近では後輪駆動(MRやFR)にもその技術力を投入して良い車を作ってくれていますので、個人的にはこの分野での今後に非常に期待をしている次第です。

ホンダはやはり技術力でしょう。既成概念にとらわれないパイオニアスピリットは業界一だと思います。バイクではゆるぎない位置を得たメーカーでありながらも常に探究心を失わずオーバルピストンなんかを開発したり、たしかプロアームの市販も最初ですよね。車でも、N360は画期的でしたし、初代シビックは目からウロコのスタイリング、さらに希薄燃焼方式などの排ガス対策は他のメーカーとは全く違うアプローチで素晴らしい成果をあげました。可変バルタイもホンダがリーダーだと認識しています。軽トラにアル...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報