会社、事務所の合鍵を作りましたが勘定科目がわかりません。どうか教えてください。宜しくお願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

1個数千円ですよね?消耗品費でいいんじゃないでしょうか?^^;


私は消耗品費で処理します。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

遅くなりました。ごめんなさい!そして、ありがとうございました。

お礼日時:2006/02/02 22:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q会社事務所の移転で土地購入。手付金の勘定科目は?

タイトル通りなのですが・・・。
ちょっと調べて見ると社屋を建てる時などの工事費用の前渡金は『建設仮勘定』で計上するらしいという事は分かったのですが、土地の購入で手付金を入れている場合は何で計上したら良いのでしょうか?
3月末決算で期が跨ぐ為、キチンと処理しないとマズいですよね^^;
ウチの税理士さんに聞けば早いと思うのですが外出中で今の所、連絡が取れず振伝の作成が滞っております。
分かる方がいらしたらご教授頂けないでしょうか?

Aベストアンサー

手付け金も土地の取得価額に含まれますので(売買価額の一部)、建設仮勘定にしておいて、残額を支払ったときにまとめて「土地」勘定等に振り替えたら良いのではないでしょうか。

Q事務所使用の灯油代の勘定科目

事務所で使用するファンヒーター用の灯油ですが、勘定科目は何に分類されるのでしょうか??

Aベストアンサー

「水道光熱費」で問題ないでしょう。
特に電気料や水道料などと区別したいなら、「暖房用灯油費」などという科目を作ってもよいでしょう。

Q事務所の経理の勘定科目についての質問です。

事務所で経費の仕訳をする場合、
 収入印紙購入
    (借方)事件費 1000 (貸方)現金 1000
その後、依頼者で使って請求し、受領した場合
    (借方)現金  1000 (貸方)事件費 1000
こうでしょうか?
 (借方)現金  1000 (貸方)雑収入 1000
でしょうか? 教えてください。

Aベストアンサー

事務所というのは士業事務所ですかね?
通常事件費などという勘定科目を使いませんからね。

厳密にいえば、収入印紙を使用するまでは資産ですから、
貯蔵品1000/現金1000

となり、利用時(立て替え扱い)に
立替金1000/貯蔵品1000

依頼者へ請求したら
売掛金xxxx/売上高xxxx
売掛金1000/立替金1000

ではないですかね。

細かいことを省略して、
購入時に事件費?などとし経費計上しておくのであれば、依頼者から得たときに相殺すべきでしょうね。
質問のとおりにです。
ただ、そのままで収入印紙が在庫となり、年をまたぐこととなれば、貯蔵品勘定などへ振替ないと、つじつまが合わなくなりますし、購入の年に過剰な経費計上となってしまいますね。

Q勘定元帳を作ろうと思っていますが、勘定科目ごとに作成しなければならない

勘定元帳を作ろうと思っていますが、勘定科目ごとに作成しなければならないとあります。

しかし、勘定科目ごとって旅費交通費とか新聞図書費とかいったい何個あるんだ?ってくらい膨大にありますよね。

皆様はいったいどうしているのでしょうか?ネットで調べたら雑費元帳とかでてきましたが、そういうのは可能なんでしょうか?

Aベストアンサー

>>勘定元帳を作ろうと思っていますが
勘定と元帳の意味を整理する必要があると思います。
勘定と言った場合は勘定科目と言うべきです。
勘定科目は企業会計原則の重要性の原則から言えば、旅費交通費や新聞図書費など損益金勘定の細目に過ぎません。
但し、その金額が全体から見て大きい場合は個別科目を設け元帳を持つ必要が有ります。
また、法律や政省令,通達などで勘定科目を設ける様に定められた科目もありますが、私の知る限り該当しません。

経費的な支出を纏めて経費元帳でも細かい様な気がします。
費用項目で数%になるなら雑費元帳を設けて良いと思います。
1%にもならないならもっと大きな括りで良いのでは。

Q会計事務所、特許事務所、法律事務所など

このカテゴリーでいいのかよくわからないのですが・・・。
就職活動中の学生です。

ちょっと興味があるのですが、
『会計事務所』『特許事務所』『法律事務所』『社会保険労務士事務所』『経営コンサルタント』では、それぞれどのような業務をしているのでしょうか?

お答えお願いします。

Aベストアンサー

『会計事務所』
公認会計士・税理士が勤務しており、公認会計士は会社の監査、税理士は各種税金の申告書の作成、等をしています。他に経営相談・資産運用相談、行政書士(公的機関に提出する書類の作成)を兼ねていることもあります。

『特許事務所』
弁理士が勤務しており、特許権の申請書類作成、申請前の類似特許がないか検索、等をしています。

『法律事務所』
弁護士が勤務しており、法の専門家として、訴訟・法律相談・代理人交渉、等が中心業務ですが、税理士の仕事を兼ねる人もいます。

『社会保険労務士事務所』
社会保険労務士が勤務し、各種社会保険に関する申請書作成をしています。行政書士を兼ねて助成金関係の手続きをする事務所もあります。

『経営コンサルタント』
経営相談・開業相談・融資(金融機関)の紹介、等をしています。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報