今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

自分自身に対する誇り、自尊心
などが強すぎると協調性がなくなり
周りの人間と誰とも関われなくなります。

人からちょっと馬鹿にされると猛烈に
腹が立ちます。
自尊心、主観が強いと相手に会話を
一切あわせません。でも、しかしを
連発してしまいそうです。
相手から嫌われて自分も損をします。

逆に劣等感が強いと人から何を言われても
あまり腹が立たず何を言われても自分が
悪いのだから仕方がないという気持ちに
なります。自己主張できずにテリトリーを
おかされてしまいます。

どちらも極端だと思います。
よい意味での自尊心プライド
とはどういうものでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

プライドとは、自尊心、誇り、と日本語では言うと思います。

自尊心とは、自分を尊ぶ心です。自分を尊ぶとは、自分は素晴らしい、すごい奴だ、と理想化し、思いこむ事だと思います。プライドとは、自分で勝手に思いこむものであって、実体はなく、妄想です。その証拠に、「あなたのプライドって何ですか?」と唐突に質問されたら、恐らく明確には答えられないはずです。せいぜい、過去の栄光を並べ立てるだけだと思います。人間は、弱い所があるので、こういった虚飾のプライドにしがみついて、生きていかないと、心許ないと思う性質があります。しかし、プライドを持って、いいことなんて何もなく、逆にマイナスの要素と言えるでしょう。協調性がないのも、プライドを持つ事で、相手の意見は聞けないし、相手もプライドを鼻にかけた態度に嫌気をさし、距離を置くようになるでしょう。

プライドを持つと、実際より高い自分を設定します。これは、理想の自分です。周りの人に馬鹿にされると、実際の自分に気づかされたり、実際の自分と向き合わなければいけないので、怒りも出てきます。「本当はそんなダサイ人間じゃないんだぁ。」と。実際の自分を見せつけられる事で、相手には見下されたと、短絡的に判断し、これまた怒りが出てきます。

この怒りの原因は、己にあります。勝手に、理想化して、実際の自分とのギャップに驚いているだけです。実際の自分と常に自分が付き合っていれば、相手に馬鹿にされても、怒りはさほど起こりません。自分は、愚かしい存在だ、失敗もするし、嘘もつくし、時間も守れない、そんな人間だ、と捉えられれば、認められれば、相手に何を言われようが、気になりません。しかし、完璧な人間であるに違いない、と勝手に理想化すると、相手の攻撃にいちいち目くじらを立て、心穏やかにはいられないでしょう。

正直、なけなしのプライドは即刻捨てるべき、と考えます。生きていく上での障害にしかなりません。プライドではなく、自分に自信をつけていく方が、賢明です。自信をつける為には、周りの意見を聞ける謙虚さは当然、必要ですし、間違いを犯したら、すぐに頭を下げて謝れる姿勢が必要です。自分の本当の心を知っていけば、必ず、自信がつくので、頑張って下さい。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。
変におごり高ぶったような意識や偏見よりも
自分自身のありのままの姿を直視してみることの
できる自分、自分の弱さを認めれる自分も
大切だなぁと思いました。

お礼日時:2006/01/21 15:05

よい意味での自尊心プライドですか、、難しいですね。


格好良い言い方をすれば、「揺るがない自分の意思」かなぁ?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2006/01/21 15:03

自分と自分の能力とを区別してみるのはどうでしょうか。

相手から見ればあなたの自分などは全く関心を持つ対象ではないわけです。自分が無視されたと言って怒ったり悲しむのもつまらないが、自分の能力を無視された場合にはよく考えてみれば怒ったり悲しんだりしないで済むと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2006/01/21 15:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング