C言語で文字列の途中のデータの切り出し&コピーをしたい。

char b(3);

a="R13000001";

上記のとき、aのエリアの1バイト目から3バイトを
抽出したい。
bのエリアに「130」をコピーする。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

バイト単位のコピーには、memcpy() を使います。



char* a;
char b[3];
a="R13000001";

memcpy(b, &a[1], 3);

となります。詳しくはマニュアルを見てもらうとして、memcpy() の引数は、

memcpy(コピー先領域のアドレス, コピー元領域のアドレス, コピーするサイズ);

となります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qchar c = 'a'; char h[1] = c; エラー

char型のものを char[]型に代入したいです。

char c = 'a';
char h[1] = c;

として、

h[0] は \x97
h[1] は \x00

にしたいです。
型変換の方法を教えてください。

Aベストアンサー

とりあえず、確認を。

C では、'a'の表す値は 0x61 = 97 であって、 \x97 ではないと思います。
(\xnnn を、十六進数の意味に取りましたが、あってますでしょうか?
この場合、C では通常 0xnnn のように書くと思います。)
ので、 これは 0x61 のことをおっしゃっていると仮定します。

> char h[1] = c;
っと、これではたぶんコンパイルが通りません。

char h[1] = {c};

のように、配列であることを明示して代入してください。
この式では、前半でh という名前の、*長さ1 の* char の配列変数を確保します。
後半で、その中を初期化しています。
添え字は 0 からはじまるので、この場合、h[0] に c の内容が代入されます。
1個しか場所を確保していないので、 h[1] の位置のデータは内容が不定です。
文字列として h を扱いたいのであれば、 C の文字列には終端として 0 が必要ですから、
char c = 'a';
char h[2] = { c, '\0'};

のような書き方が必要になります。
これで、お望みのデータになると思います。

とりあえず、確認を。

C では、'a'の表す値は 0x61 = 97 であって、 \x97 ではないと思います。
(\xnnn を、十六進数の意味に取りましたが、あってますでしょうか?
この場合、C では通常 0xnnn のように書くと思います。)
ので、 これは 0x61 のことをおっしゃっていると仮定します。

> char h[1] = c;
っと、これではたぶんコンパイルが通りません。

char h[1] = {c};

のように、配列であることを明示して代入してください。
この式では、前半でh という名前の、*長さ1 の* char の配列変数...続きを読む

Q2 ~ 200 の素数 a, b, c (a < b < c) が、b - a = c - b を満たすa,b,cをビット操作を用いて求め、すべてを表示せよ

ちょっと考えてみました。でも、分かりません・・・まず、int型のintvalに200bitを割り当てて、intval=0としたいのですが、どうしたらいいのでしょう??
とりあえず考えてみたプログラムを誰か見て下さい!!お願いします。
#define BYTESIZE 200
#define MAX 200
main()
{
int i,j,intval=0;
for(i=2;i<=MAX/2;i++)
{
if(intval&(1<<(i-1)){}
else for(j=i*2;j<=MAX;j+=i)intval|=(1<<(j-1));
}/*素数を0、それ以外を1に
for(i=2;i<=MAX/2;i++)
for(j=2;j<=(MAX-i)/2;j++)
if((intval&(1<<(i-1))&&(intval&(i+j-1))&&(intval&(1<<(i+2*j-1)))) print("%3d %3d %3d (%3d)\n",i,i+j,i+2*j,j);
}/*三つ子の素数を調べ出力

ちょっと考えてみました。でも、分かりません・・・まず、int型のintvalに200bitを割り当てて、intval=0としたいのですが、どうしたらいいのでしょう??
とりあえず考えてみたプログラムを誰か見て下さい!!お願いします。
#define BYTESIZE 200
#define MAX 200
main()
{
int i,j,intval=0;
for(i=2;i<=MAX/2;i++)
{
if(intval&(1<<(i-1)){}
else for(j=i*2;j<=MAX;j+=i)intval|=(1<<(j-1));
}/*素数を0、それ以外を1に
for(i=2;i<=MAX/2;i++)
for(j=2;j<=(MAX-i)/2;j++)
if((intval&...続きを読む

Aベストアンサー

まずint型は200ビットもありません。通常は32ビットです。
200ビット使いたければint型を7個用意する必要があります。
つまり
int intval[7];
宣言して、
intval[0] 0~31ビット
intval[1] 32~63ビット
intval[2] 64~95ビット
.
.
.
intval[6] 182~200ビット
として使います。

第iビットの情報を取り出すときは
(intval[i>>5]>>(i&31))&1

第iビットを1にするときは
intval[i>>5]|=1<<(i&31);

とすれば良いでしょう。
関数やマクロを用意することをお勧めします。
例えば
int get(int intval[],int i)
{
return (intval[i>>5]>>(i&31))&1;/*0か1が返って来る。*/
}

void on(int intval[],int i)
{
intval[i>>5]|=1<<(i&31);
}

という感じです。

まずint型は200ビットもありません。通常は32ビットです。
200ビット使いたければint型を7個用意する必要があります。
つまり
int intval[7];
宣言して、
intval[0] 0~31ビット
intval[1] 32~63ビット
intval[2] 64~95ビット
.
.
.
intval[6] 182~200ビット
として使います。

第iビットの情報を取り出すときは
(intval[i>>5]>>(i&31))&1

...続きを読む

Qchar *str; と char* str;

char *str; と char* str;
どっちも同じことを意味しているんですか?

Aベストアンサー

同じことを指している、というのは、先の回答の通りです。

また、ひとつの宣言で変数を複数宣言したときに、char* str という表記は間違い
易いじゃないか、ということが言われているのも事実です。実際、いろいろな C のソースを
見ていても、まずアスタリスクを型につけて書くのは、まずお目にかかれません。

ただ C++ では、char* str という宣言も良く使われています。

C++ に限らずオブジェクト指向の言語は、強く型を意識するので、「文字のポインタ型」と
いう意味で、まとめて書く方が馴染むのでしょう。ちなみにそういう風な人たちは

char *str1, *str2;

とは、書けない体になっています。

char* str1;
char* str2;


変数の宣言だと、C に慣れていれば、char* str というのはちょっと違和感があるのは
私も分かりますが、関数のプロトタイプ宣言だと、どちらの方がすっきりしますか?

extern char *memcpy(char *, const char *);

extern char* memcpy(char*, const char*);


# まあ、どっちが正しい、っていうんじゃ無いんですよね

同じことを指している、というのは、先の回答の通りです。

また、ひとつの宣言で変数を複数宣言したときに、char* str という表記は間違い
易いじゃないか、ということが言われているのも事実です。実際、いろいろな C のソースを
見ていても、まずアスタリスクを型につけて書くのは、まずお目にかかれません。

ただ C++ では、char* str という宣言も良く使われています。

C++ に限らずオブジェクト指向の言語は、強く型を意識するので、「文字のポインタ型」と
いう意味で、まとめて書く方が馴染む...続きを読む

Qchar gyou[1024];でcharの表現範囲は-128~127間でと!gyou[1024]の

#include <stdio.h>
int main(int argc, char *argv[])
{
FILE *fp;
char gyou[1024];
int gyousuu = 0;
if ( argc < 2 ){
printf("file mei ga nai\n");
return -1;
}
fp = fopen(argv[1], "r");
if ( fp == NULL ){
printf("fopen dekinai\n");
return -2;
}
while(fgets(gyou, sizeof(gyou), fp) != NULL){
gyousuu++;
}
fclose(fp);
printf("gyousuu=%d\n", gyousuu);
return 0;
}
 以上のプログラムは行数を計算してくれるプログラムです。
  計算結果が
  gyousuu=22 とでます。
 さて、char gyou[1024];でcharの表現範囲は-128~127間ですが、
 gyou[1024]の[1024]とは関係はありますでしょうか!?
  [1024]の意味は”要素数”と参考書に鉛筆書きがありました。
 charの表現範囲である1024は、はるかに超えているみたいですが?
  dharの表現範囲を1024が超えたとしても特に問題はなさそうです!
  このプログラムは動いていますのでは正常です。
  私の
  考え方としまして、何か誤りがありますでしょうか?
  よろしくお願いいたします。

#include <stdio.h>
int main(int argc, char *argv[])
{
FILE *fp;
char gyou[1024];
int gyousuu = 0;
if ( argc < 2 ){
printf("file mei ga nai\n");
return -1;
}
fp = fopen(argv[1], "r");
if ( fp == NULL ){
printf("fopen dekinai\n");
return -2;
}
while(fgets(gyou, sizeof(gyou), fp) != NULL){
gyousuu++;
}
fclose(fp);
printf("gyousuu=%d\n", gyousuu);
return 0;
}
 以上のプログラムは行数を計算してくれるプログラムです。
  計算結果が
...続きを読む

Aベストアンサー

> さて、char gyou[1024];でcharの表現範囲は-128~127間ですが、
> gyou[1024]の[1024]とは関係はありますでしょうか!?
ない。
1024 のほうはただ単に領域の個数を表しているだけで、読み込もうとするファイルの 1 行のバイト数がこれを超えない限り別に 1000 でも 3327 でも構わない(ある程度以上大きくなると別の問題が出てくるが)。
ただ単に 1024 = 2^10 でプログラマにはよく見る数字、かつ、普通のテキストなら 1 行が収まりそうな長さなだけ。

Qchar型+char型ってint型? if(char型==int型)?

C言語の「汎整数拡張(インテグラルプロモーション)」というものに関するものだと思います。

char型とchar型を加えた結果は、char型でしょうか。それともint型でしょうか。
(下のプログラムの
printf("sizeof(a[0]+a[1])は%d\n", sizeof(a[0]+a[1])); /* char型+char型 */
という部分の結果は4なので、int型と考えるべきなのかな。)

私は、char型とint型の加算の結果はint型だと思っていましたが、
char型とchar型の加算の結果はやはりchar型だと思っていました。
(それが間違えているのでしょうか。)


if(a[0]==i) /* char型とint型の比較(?) */
の部分では、左辺はchar型、右辺はint型ですが、このように型の違う変数を比較しても文法上構わないのでしょうか。
(私は、「比較は必ず型の同じもの同士でしかできない」と思っていました。)
左辺はchar型のように見えて、じつはint型ですか。


#include <stdio.h>
int main(void)
{
char a[4];
int i=77;
printf("sizeof(int)は%d\n", sizeof(int));
printf("sizeof(char)は%d\n", sizeof(char));
printf("sizeof('M')は%d\n", sizeof('M'));
printf("sizeof(a[0])は%d\n", sizeof(a[0]));

a[0]='M';
a[1]=7+6;
a[2]=a[0]+a[1];
printf("sizeof(a[0]+a[1])は%d\n", sizeof(a[0]+a[1])); /* char型+char型 */
printf("sizeof(+a[0])=%d\n", sizeof(+a[0]));

if(a[0]==i) /* char型とint型の比較(?) */
puts("a[0]==i");
else
puts("a[0]!=i");

return(0);
}

ちなみにワーニングもエラーもなんにもでません。

C言語の「汎整数拡張(インテグラルプロモーション)」というものに関するものだと思います。

char型とchar型を加えた結果は、char型でしょうか。それともint型でしょうか。
(下のプログラムの
printf("sizeof(a[0]+a[1])は%d\n", sizeof(a[0]+a[1])); /* char型+char型 */
という部分の結果は4なので、int型と考えるべきなのかな。)

私は、char型とint型の加算の結果はint型だと思っていましたが、
char型とchar型の加算の結果はやはりchar型だと思っていました。
(それが間違えているのでしょう...続きを読む

Aベストアンサー

「sizeof 単項式」について補足です。

これは sizeof 演算子が「単項演算子」であるために書かれたものだと思われます。
例えば同様に単項演算子である ++ も、「++ 単項式」です。

では単項式とは何なのかというと、これは以下のようなものを指します。(抜けがあるかもしれませんが。)
・定数
・名前(変数名や関数名など)
・( 式 )
・後置式

( 式 ) はおなじみの「式の結果を返す」ものですが、実はこれ全体で単項式です。
本来「sizeof 単項式」では ( ) を必要としないので、sizeof より優先順位の低い演算子を含む式を裸で渡すことはませんが、( ) で囲めばどんな式でも書けるわけです。

後置式は「配列構文によるアドレス参照式」や「関数呼び出し式」、「メンバ参照式」「後置型インクリメント/デクリメント式」です。
なので、
> sizeof(a[0])
> と書いたら、[ ] という演算子は2項演算子だから、a[0]は単項式になっていない
は、わざわざ ( ) で囲まず sizeof a[0] と書いても、正しい単項式なので問題ありません。
(これらの演算子は、全て sizeof より優先順位が上になっています。)

先に ++ も単項式を取る、ということを書きましたが、++ だって
  ++*(p + n)
のような記述が通るのだから、sizeof でも問題がなくて当然です。

また、例えば ++ では「オペランドは左辺値でなければならない」という原則があり、左辺値でない式に ++ を適用するとコンパイルエラーが発生します。
しかし、sizeof に「オペランドはオブジェクトでなければならない」などという原則を聞いたことがありません。
無論コンパイルエラーも起きませんし、期待通りに式の値のサイズが返ります。
「式の値のサイズ」というのはコンパイル時に判明しているものなので、取得できて当然といえば当然ですが、これがCで定められた仕様かどうかというのは残念ながら見つけることはできませんでした。
ただし、質問にあるような sizeof の文法は全て正しく、警告が出ないのは仕様通りだというのは間違いありません。

「sizeof 単項式」について補足です。

これは sizeof 演算子が「単項演算子」であるために書かれたものだと思われます。
例えば同様に単項演算子である ++ も、「++ 単項式」です。

では単項式とは何なのかというと、これは以下のようなものを指します。(抜けがあるかもしれませんが。)
・定数
・名前(変数名や関数名など)
・( 式 )
・後置式

( 式 ) はおなじみの「式の結果を返す」ものですが、実はこれ全体で単項式です。
本来「sizeof 単項式」では ( ) を必要としないので、sizeof より優...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報