C言語で文字列の途中のデータの切り出し&コピーをしたい。

char b(3);

a="R13000001";

上記のとき、aのエリアの1バイト目から3バイトを
抽出したい。
bのエリアに「130」をコピーする。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

バイト単位のコピーには、memcpy() を使います。



char* a;
char b[3];
a="R13000001";

memcpy(b, &a[1], 3);

となります。詳しくはマニュアルを見てもらうとして、memcpy() の引数は、

memcpy(コピー先領域のアドレス, コピー元領域のアドレス, コピーするサイズ);

となります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q歯を削るときなんで痛く感じるのですか? 歯を削るだけなら痛くないのに

歯を削るときなんで痛く感じるのですか?
歯を削るだけなら痛くないのに

Aベストアンサー

歯は基本的に硬組織と呼ばれる硬い結晶で出来ています。一番表面はエナメル質と呼ばれ この硬い結晶成分のみでできています。この部分は削っても痛みは全くありません。
2層目は象牙質(dentin)と呼ばれやや硬い組織で出来ています。そして歯の中央・最深部は歯髄・いわゆる神経と呼ばれる軟組織(普通の神経・血管組織)となっています。
この2層目の象牙質には 歯髄から細い繊維が入り込んでいてエナメル質直下まで 神経組織が伸びています。従って 歯を削る時にこの象牙質を削ると いっしょに神経組織まで削ってしまう事になり 強い痛みを発する事になるんです。普通 象牙質だけを削るよりも、この神経繊維の末端・つまりエナメル質と象牙質の境目を削る時の方がはるかに強く痛みを感じますねぇ~ 痛みを感じない部分から突然痛みを感じる部分に入った瞬間に急激な痛み・あの独特の痛みがあるわけです。
もちろん 歯を削る時の痛みは、神経だけの問題ではありません。タービンと呼ばれる機器・ドリルによって削る事が多いですが、この切削具の振動・回転する摩擦熱等が歯の知覚組織に伝わる事も痛みの原因となります。最近では、タービンを使わないレーザー光線による切削も多くなり、削る時の痛みは大幅に軽減されています。また、機器の振動を抑える工夫もなされており、機器の振動と似た振動を他の箇所に与える事により、痛みの閾値を上げてしまう(わかりやすく言うと 振動で神経を麻痺させて痛みを感じにくくする事)方法も行われています。

さて、通常の治療で歯を削る時は、神経のある歯(虫歯が小さい場合)や 神経を取る処置の場合、麻酔を使うことがほとんどでしょう。
えまく麻酔が効けば 痛みは全く感じなくなります。ただ、歯科の麻酔は歯の神経を麻痺させねばなりません。歯の神経の出口は 歯の根の先端・つまり骨の中にあるんです。
これを麻酔することはなかなかに難しい事なんです。普通 顎の骨は硬く厚い骨が多く なかなか麻酔薬が内部に浸潤してくれません。かなりの力を入れて圧力をかけないと 硬い骨を通り越してくれませんので、歯科の麻酔はそれだけでも痛いのです(^o^;...この時 骨の厚さによって麻酔が効く効かないが別れますね~
実は同じように 歯のエナメル質の厚さによっても削る時の痛みに差があるのです。例えば同じ歯でも、切端部・先っぽの方はエナメル質が厚いので少々削っても痛みません。逆に根元に近い部分はエナメル質が薄く 象牙質がすぐ直下にあるために痛みが感じやすいと言えます。
また、年齢によっても痛み方に大きな差があります。歯は生えたばかりはまだ幼弱で 歯髄が大きく象牙質が薄いのです。それだけ削る時に神経に近くなってしまい痛みが出やすいですねぇ~
逆に生えてから何十年も経った歯は・・・・つまり老人の歯は 多少削っても痛みません。これは長い間に神経が退化したり象牙質が石灰化して硬化したために 痛みを感じる神経が退化して・あるいは無くなってしまったからです。麻酔を使わずにどんなに削っても 全く痛まないことも しばしばあります。

いずけにしても痛みの感じ方には大きな個人差があります。痛いと感じたなら 左手を挙げて・・・・・ヽ(;^^)/ まぁ、歯科医師にお伝え下さい。

歯は基本的に硬組織と呼ばれる硬い結晶で出来ています。一番表面はエナメル質と呼ばれ この硬い結晶成分のみでできています。この部分は削っても痛みは全くありません。
2層目は象牙質(dentin)と呼ばれやや硬い組織で出来ています。そして歯の中央・最深部は歯髄・いわゆる神経と呼ばれる軟組織(普通の神経・血管組織)となっています。
この2層目の象牙質には 歯髄から細い繊維が入り込んでいてエナメル質直下まで 神経組織が伸びています。従って 歯を削る時にこの象牙質を削ると いっしょに神経組織...続きを読む

Qchar c = 'a'; char h[1] = c; エラー

char型のものを char[]型に代入したいです。

char c = 'a';
char h[1] = c;

として、

h[0] は \x97
h[1] は \x00

にしたいです。
型変換の方法を教えてください。

Aベストアンサー

とりあえず、確認を。

C では、'a'の表す値は 0x61 = 97 であって、 \x97 ではないと思います。
(\xnnn を、十六進数の意味に取りましたが、あってますでしょうか?
この場合、C では通常 0xnnn のように書くと思います。)
ので、 これは 0x61 のことをおっしゃっていると仮定します。

> char h[1] = c;
っと、これではたぶんコンパイルが通りません。

char h[1] = {c};

のように、配列であることを明示して代入してください。
この式では、前半でh という名前の、*長さ1 の* char の配列変数を確保します。
後半で、その中を初期化しています。
添え字は 0 からはじまるので、この場合、h[0] に c の内容が代入されます。
1個しか場所を確保していないので、 h[1] の位置のデータは内容が不定です。
文字列として h を扱いたいのであれば、 C の文字列には終端として 0 が必要ですから、
char c = 'a';
char h[2] = { c, '\0'};

のような書き方が必要になります。
これで、お望みのデータになると思います。

とりあえず、確認を。

C では、'a'の表す値は 0x61 = 97 であって、 \x97 ではないと思います。
(\xnnn を、十六進数の意味に取りましたが、あってますでしょうか?
この場合、C では通常 0xnnn のように書くと思います。)
ので、 これは 0x61 のことをおっしゃっていると仮定します。

> char h[1] = c;
っと、これではたぶんコンパイルが通りません。

char h[1] = {c};

のように、配列であることを明示して代入してください。
この式では、前半でh という名前の、*長さ1 の* char の配列変数...続きを読む

Q歯を削る(レーザー、カリソルブ、水流、ドリル)比較について

【質問・要点】
昨日、インレーが取れました。そこで、少し削って新しいインレーを入れると思うのですが、以下4つを考えたのですが、いったい、どれが最も良い治療法なのでしょうか?

レーザー
カリソルブ
水流で削る
ドリルで削る

【一応私が考える判断基準】
最も歯を削る体積が小さい治療法、
術後、2次齲蝕が最も少ない治療法
最も痛くない治療法

他に、もっと良い治療法やアドバイスがあれば、ご教示、何卒、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

歯科医です。
>レーザー
>カリソルブ
>水流で削る
>ドリルで削る
沢山質問されていますが
ここでまとめて。
まず、レーザーでインレーが入れられるほど削るのはできないです。削除量が圧倒的にすくなくて、綺麗な形態に削ることができないから。
カリソルブも同様です。
水流で削るのは歯に対して現在そういう器具はありません。
ドリルで削る・・・・ドリルというのは恐らくエアタービンもしくはエンジンのどちらかをさしておられる
のでしょうか。タービンで削ることが一番でしょうね。

インレーがはずれたのではなく
新しい虫歯であるのなら削除量のことを考える余地があります。しかし
何分にもすでにインレーの体積分は歯が失われているので
削除量を少なくする事に意義は見出せません。
さらに虫歯になっていなければ大抵の場合はほとんど削らなくてもよいでしょう。
取れたところがさらに虫歯になっているのであれば
削除量云々言う前に
虫歯をとりさることが肝要です。二次カリエスにならないためにはこれがもっとも大切なことです。
痛くない治療法・・・は麻酔を的確に使用して治療することでしょう。

それから
インレーはわりと易しい技工物ですので
一般的なレベルの技工士さんであれば
十分な適合の良いきれいなインレーを作りますよ。

異種金属が口腔内にあることの是非は討論の余地があるのですが
一般的に言って
接しているところでなければ
大きな問題はおきないです。
接するところではそこに小さな電池ができるようなものなので
電流が流れます。

それよりなにより
一日も早く治療を受けてください。
放置しておくことに良い点は一つもありません。

歯科医です。
>レーザー
>カリソルブ
>水流で削る
>ドリルで削る
沢山質問されていますが
ここでまとめて。
まず、レーザーでインレーが入れられるほど削るのはできないです。削除量が圧倒的にすくなくて、綺麗な形態に削ることができないから。
カリソルブも同様です。
水流で削るのは歯に対して現在そういう器具はありません。
ドリルで削る・・・・ドリルというのは恐らくエアタービンもしくはエンジンのどちらかをさしておられる
のでしょうか。タービンで削ることが一番でしょうね。

イン...続きを読む

Q2 ~ 200 の素数 a, b, c (a < b < c) が、b - a = c - b を満たすa,b,cをビット操作を用いて求め、すべてを表示せよ

ちょっと考えてみました。でも、分かりません・・・まず、int型のintvalに200bitを割り当てて、intval=0としたいのですが、どうしたらいいのでしょう??
とりあえず考えてみたプログラムを誰か見て下さい!!お願いします。
#define BYTESIZE 200
#define MAX 200
main()
{
int i,j,intval=0;
for(i=2;i<=MAX/2;i++)
{
if(intval&(1<<(i-1)){}
else for(j=i*2;j<=MAX;j+=i)intval|=(1<<(j-1));
}/*素数を0、それ以外を1に
for(i=2;i<=MAX/2;i++)
for(j=2;j<=(MAX-i)/2;j++)
if((intval&(1<<(i-1))&&(intval&(i+j-1))&&(intval&(1<<(i+2*j-1)))) print("%3d %3d %3d (%3d)\n",i,i+j,i+2*j,j);
}/*三つ子の素数を調べ出力

ちょっと考えてみました。でも、分かりません・・・まず、int型のintvalに200bitを割り当てて、intval=0としたいのですが、どうしたらいいのでしょう??
とりあえず考えてみたプログラムを誰か見て下さい!!お願いします。
#define BYTESIZE 200
#define MAX 200
main()
{
int i,j,intval=0;
for(i=2;i<=MAX/2;i++)
{
if(intval&(1<<(i-1)){}
else for(j=i*2;j<=MAX;j+=i)intval|=(1<<(j-1));
}/*素数を0、それ以外を1に
for(i=2;i<=MAX/2;i++)
for(j=2;j<=(MAX-i)/2;j++)
if((intval&...続きを読む

Aベストアンサー

まずint型は200ビットもありません。通常は32ビットです。
200ビット使いたければint型を7個用意する必要があります。
つまり
int intval[7];
宣言して、
intval[0] 0~31ビット
intval[1] 32~63ビット
intval[2] 64~95ビット
.
.
.
intval[6] 182~200ビット
として使います。

第iビットの情報を取り出すときは
(intval[i>>5]>>(i&31))&1

第iビットを1にするときは
intval[i>>5]|=1<<(i&31);

とすれば良いでしょう。
関数やマクロを用意することをお勧めします。
例えば
int get(int intval[],int i)
{
return (intval[i>>5]>>(i&31))&1;/*0か1が返って来る。*/
}

void on(int intval[],int i)
{
intval[i>>5]|=1<<(i&31);
}

という感じです。

まずint型は200ビットもありません。通常は32ビットです。
200ビット使いたければint型を7個用意する必要があります。
つまり
int intval[7];
宣言して、
intval[0] 0~31ビット
intval[1] 32~63ビット
intval[2] 64~95ビット
.
.
.
intval[6] 182~200ビット
として使います。

第iビットの情報を取り出すときは
(intval[i>>5]>>(i&31))&1

...続きを読む

Q勉強の為に睡眠削るのは確かにダメですが 勉強スケジュール上、このままでは間に合わないという状況では、

勉強の為に睡眠削るのは確かにダメですが
勉強スケジュール上、このままでは間に合わないという状況では、削るのは仕方なくないですか?エナジードリンクなり、使って

Aベストアンサー

まあその前に 遊びの時間は削るはな
その上で足りなければ トイレの時間中や バスや電車の移動中 そして場合によると食事中なども勉強する。
それでも足りない時は 睡眠5時間とかになるかな。

コーヒー 音楽 エナジードリンク ハーブ 辛い食べ物 いろいろ使いながら。
最低必要な睡眠時間ってのは人によっても違うが 短期的なら4時間睡眠でも案外行けると思う。
ただ 何というか 考え方が狭くなるように思う。
ヒラメキが出ないのだな。

別に問題はないと思うのだ。
こういう経験も大切だし 焦りさえしなければ十分得るものはある。
脳にも緩急は必要だし 時にフルスロットルも良い・・が あまり長くやると痛む。

よほど深く眠らないと4時間で2週間以上続けるのは難しかった。
そして6時間程度寝ないと 自律神経系は慣れでなんとかなるみたいなんだが どうもホルモンバランスが悪くなる感じ。
そこは注意すべきかと。

Qchar *str; と char* str;

char *str; と char* str;
どっちも同じことを意味しているんですか?

Aベストアンサー

同じことを指している、というのは、先の回答の通りです。

また、ひとつの宣言で変数を複数宣言したときに、char* str という表記は間違い
易いじゃないか、ということが言われているのも事実です。実際、いろいろな C のソースを
見ていても、まずアスタリスクを型につけて書くのは、まずお目にかかれません。

ただ C++ では、char* str という宣言も良く使われています。

C++ に限らずオブジェクト指向の言語は、強く型を意識するので、「文字のポインタ型」と
いう意味で、まとめて書く方が馴染むのでしょう。ちなみにそういう風な人たちは

char *str1, *str2;

とは、書けない体になっています。

char* str1;
char* str2;


変数の宣言だと、C に慣れていれば、char* str というのはちょっと違和感があるのは
私も分かりますが、関数のプロトタイプ宣言だと、どちらの方がすっきりしますか?

extern char *memcpy(char *, const char *);

extern char* memcpy(char*, const char*);


# まあ、どっちが正しい、っていうんじゃ無いんですよね

同じことを指している、というのは、先の回答の通りです。

また、ひとつの宣言で変数を複数宣言したときに、char* str という表記は間違い
易いじゃないか、ということが言われているのも事実です。実際、いろいろな C のソースを
見ていても、まずアスタリスクを型につけて書くのは、まずお目にかかれません。

ただ C++ では、char* str という宣言も良く使われています。

C++ に限らずオブジェクト指向の言語は、強く型を意識するので、「文字のポインタ型」と
いう意味で、まとめて書く方が馴染む...続きを読む

Q固定された木材を削る道具は?

部屋のドアを、内開きから外開きに変える計画を立てています。上、左右のドア枠は内側と外側のサイズが同じなのですが、下側のドア枠は削る必要があります。ドアと枠は共に木製です。
そこで質問なのですが、ドア枠のように固定された木材を削る道具は、どういったものが最適でしょうか?
回答、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
どれくらい削るかにもよりますが。

ごくわずかであれば、電動〈仕上げ)サンダーっていう、電動紙やすりみたいな機械があります。
レンタルしてるかもしれないですね。

カンナを使うなら、角は(何種類かの目の粗さの)木工ヤスリを使って、仕上げは紙やすりで。

ところで、ドアの方を削るわけにはいかないんでしょうか?
大工さんが間違えてドア枠を作って取り付けてしまった時に、ドア下部を削ってましたよ。(^^;
問題がなければ、ドアを削った方が得策かと思いますが。

Qchar gyou[1024];でcharの表現範囲は-128~127間でと!gyou[1024]の

#include <stdio.h>
int main(int argc, char *argv[])
{
FILE *fp;
char gyou[1024];
int gyousuu = 0;
if ( argc < 2 ){
printf("file mei ga nai\n");
return -1;
}
fp = fopen(argv[1], "r");
if ( fp == NULL ){
printf("fopen dekinai\n");
return -2;
}
while(fgets(gyou, sizeof(gyou), fp) != NULL){
gyousuu++;
}
fclose(fp);
printf("gyousuu=%d\n", gyousuu);
return 0;
}
 以上のプログラムは行数を計算してくれるプログラムです。
  計算結果が
  gyousuu=22 とでます。
 さて、char gyou[1024];でcharの表現範囲は-128~127間ですが、
 gyou[1024]の[1024]とは関係はありますでしょうか!?
  [1024]の意味は”要素数”と参考書に鉛筆書きがありました。
 charの表現範囲である1024は、はるかに超えているみたいですが?
  dharの表現範囲を1024が超えたとしても特に問題はなさそうです!
  このプログラムは動いていますのでは正常です。
  私の
  考え方としまして、何か誤りがありますでしょうか?
  よろしくお願いいたします。

#include <stdio.h>
int main(int argc, char *argv[])
{
FILE *fp;
char gyou[1024];
int gyousuu = 0;
if ( argc < 2 ){
printf("file mei ga nai\n");
return -1;
}
fp = fopen(argv[1], "r");
if ( fp == NULL ){
printf("fopen dekinai\n");
return -2;
}
while(fgets(gyou, sizeof(gyou), fp) != NULL){
gyousuu++;
}
fclose(fp);
printf("gyousuu=%d\n", gyousuu);
return 0;
}
 以上のプログラムは行数を計算してくれるプログラムです。
  計算結果が
...続きを読む

Aベストアンサー

> さて、char gyou[1024];でcharの表現範囲は-128~127間ですが、
> gyou[1024]の[1024]とは関係はありますでしょうか!?
ない。
1024 のほうはただ単に領域の個数を表しているだけで、読み込もうとするファイルの 1 行のバイト数がこれを超えない限り別に 1000 でも 3327 でも構わない(ある程度以上大きくなると別の問題が出てくるが)。
ただ単に 1024 = 2^10 でプログラマにはよく見る数字、かつ、普通のテキストなら 1 行が収まりそうな長さなだけ。

Q歯を削る時痛かったを英語で?

教えて頂きたいのですが、歯医者さんで虫歯を削る時に痛かったと英語で言いたいのですが
I was pain when I shave bat tooh.
であってますか?
削るというのもshaveでいいのかわからないのですが、いい単語があれば教えて頂きたいです!

Aベストアンサー

こんにちは。4/11のご質問ではお礼のお返事を有難うございまして。

ご質問:
<I was pain when I shave bat tooh.であってますか?>

以下の点で訂正を要します。

1.I=painではないのでbe動詞はここでは不適です。

2.動詞はhadなどを使って、
I had a pain「痛みがあった」→「痛かった」
とするのが自然です。

3.shaveはどちらかというと「削ぎ落とす」「削ぐ」の意味に近くなります。歯医者でいう「削る」とは、「穴をあけること」ですから、ここはdrillが適切です。

4.I shave:「私が削る」のではないので、ここでは使役動詞haveなどを使って「削ってもらう」にします。
例:
I have my tooth drilled.
「私の歯を、削らせる」→「削ってもらう」

ここでdrilledと過去分詞になっているのは、目的語Oであるmy toothと、補語Cであるdrilledの関係が、受動の関係になるからです。
例:
my tooth is drilled「歯が、削られる」

5.虫歯はbad toothと綴りを正します。

6.以上を踏まえて原文に忠実な訂正例は
I had a pain when I had my tooth drilled by dentist.
「歯医者に歯を削ってもらった時、痛かった」
となります。

7.他にも以下のような表現もあります。
I felt some pain when I had my tooth drilled.
「歯医者に歯を削ってもらった時、少し痛かった」

以上ご参考までに。

こんにちは。4/11のご質問ではお礼のお返事を有難うございまして。

ご質問:
<I was pain when I shave bat tooh.であってますか?>

以下の点で訂正を要します。

1.I=painではないのでbe動詞はここでは不適です。

2.動詞はhadなどを使って、
I had a pain「痛みがあった」→「痛かった」
とするのが自然です。

3.shaveはどちらかというと「削ぎ落とす」「削ぐ」の意味に近くなります。歯医者でいう「削る」とは、「穴をあけること」ですから、ここはdrillが適切です。

4.I shave...続きを読む

Qchar型+char型ってint型? if(char型==int型)?

C言語の「汎整数拡張(インテグラルプロモーション)」というものに関するものだと思います。

char型とchar型を加えた結果は、char型でしょうか。それともint型でしょうか。
(下のプログラムの
printf("sizeof(a[0]+a[1])は%d\n", sizeof(a[0]+a[1])); /* char型+char型 */
という部分の結果は4なので、int型と考えるべきなのかな。)

私は、char型とint型の加算の結果はint型だと思っていましたが、
char型とchar型の加算の結果はやはりchar型だと思っていました。
(それが間違えているのでしょうか。)


if(a[0]==i) /* char型とint型の比較(?) */
の部分では、左辺はchar型、右辺はint型ですが、このように型の違う変数を比較しても文法上構わないのでしょうか。
(私は、「比較は必ず型の同じもの同士でしかできない」と思っていました。)
左辺はchar型のように見えて、じつはint型ですか。


#include <stdio.h>
int main(void)
{
char a[4];
int i=77;
printf("sizeof(int)は%d\n", sizeof(int));
printf("sizeof(char)は%d\n", sizeof(char));
printf("sizeof('M')は%d\n", sizeof('M'));
printf("sizeof(a[0])は%d\n", sizeof(a[0]));

a[0]='M';
a[1]=7+6;
a[2]=a[0]+a[1];
printf("sizeof(a[0]+a[1])は%d\n", sizeof(a[0]+a[1])); /* char型+char型 */
printf("sizeof(+a[0])=%d\n", sizeof(+a[0]));

if(a[0]==i) /* char型とint型の比較(?) */
puts("a[0]==i");
else
puts("a[0]!=i");

return(0);
}

ちなみにワーニングもエラーもなんにもでません。

C言語の「汎整数拡張(インテグラルプロモーション)」というものに関するものだと思います。

char型とchar型を加えた結果は、char型でしょうか。それともint型でしょうか。
(下のプログラムの
printf("sizeof(a[0]+a[1])は%d\n", sizeof(a[0]+a[1])); /* char型+char型 */
という部分の結果は4なので、int型と考えるべきなのかな。)

私は、char型とint型の加算の結果はint型だと思っていましたが、
char型とchar型の加算の結果はやはりchar型だと思っていました。
(それが間違えているのでしょう...続きを読む

Aベストアンサー

「sizeof 単項式」について補足です。

これは sizeof 演算子が「単項演算子」であるために書かれたものだと思われます。
例えば同様に単項演算子である ++ も、「++ 単項式」です。

では単項式とは何なのかというと、これは以下のようなものを指します。(抜けがあるかもしれませんが。)
・定数
・名前(変数名や関数名など)
・( 式 )
・後置式

( 式 ) はおなじみの「式の結果を返す」ものですが、実はこれ全体で単項式です。
本来「sizeof 単項式」では ( ) を必要としないので、sizeof より優先順位の低い演算子を含む式を裸で渡すことはませんが、( ) で囲めばどんな式でも書けるわけです。

後置式は「配列構文によるアドレス参照式」や「関数呼び出し式」、「メンバ参照式」「後置型インクリメント/デクリメント式」です。
なので、
> sizeof(a[0])
> と書いたら、[ ] という演算子は2項演算子だから、a[0]は単項式になっていない
は、わざわざ ( ) で囲まず sizeof a[0] と書いても、正しい単項式なので問題ありません。
(これらの演算子は、全て sizeof より優先順位が上になっています。)

先に ++ も単項式を取る、ということを書きましたが、++ だって
  ++*(p + n)
のような記述が通るのだから、sizeof でも問題がなくて当然です。

また、例えば ++ では「オペランドは左辺値でなければならない」という原則があり、左辺値でない式に ++ を適用するとコンパイルエラーが発生します。
しかし、sizeof に「オペランドはオブジェクトでなければならない」などという原則を聞いたことがありません。
無論コンパイルエラーも起きませんし、期待通りに式の値のサイズが返ります。
「式の値のサイズ」というのはコンパイル時に判明しているものなので、取得できて当然といえば当然ですが、これがCで定められた仕様かどうかというのは残念ながら見つけることはできませんでした。
ただし、質問にあるような sizeof の文法は全て正しく、警告が出ないのは仕様通りだというのは間違いありません。

「sizeof 単項式」について補足です。

これは sizeof 演算子が「単項演算子」であるために書かれたものだと思われます。
例えば同様に単項演算子である ++ も、「++ 単項式」です。

では単項式とは何なのかというと、これは以下のようなものを指します。(抜けがあるかもしれませんが。)
・定数
・名前(変数名や関数名など)
・( 式 )
・後置式

( 式 ) はおなじみの「式の結果を返す」ものですが、実はこれ全体で単項式です。
本来「sizeof 単項式」では ( ) を必要としないので、sizeof より優...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング