昔、ジベレリン処理で種なしぶどう(デラウエアだったか?)を作っていたそうなのですが、
いま人気の種なしぶどう(巨峰やピオーネなど)はどうやって作っているのでしょうか。

ぶどうは木だから、種無しスイカみたいな3倍体を1つ作れば、あとは、挿し木や接木でクローンができる、ということは予想できるのですが、実際のところは・・?

A 回答 (5件)

‘巨峰’、‘ピオーネ’は、いずれも四倍体ですが、‘デラウェア’と同じようにジベレリン処理をして無核化しています。



http://www.fruit.affrc.go.jp/kajunoheya/cyouseiz …
http://www.ag-wakayama.ac.jp/Soturon/2000_grad/0 …

3倍体の品種も、4倍体の品種と2倍体の品種を交配して作られているようです。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくのご回答ありがとうございます。

やっぱりジベレリン処理なのですね。
交配して3倍体を作っても「クローン」じゃないから、高級品の「巨峰」や「ピオーネ」ができるとは限らない、ということでしょうか。
「アレクサンドリア」は種ありだから、ジベレリンでの肥大は高級ぶどうの必須条件ではないと思いますが。
処理の手間を考えたら(紹介いただいたHPでも、手間を省くための散布法の研究があります)、3倍体なら手間要らずじゃないか、と思った次第です。

お礼日時:2002/01/06 09:06

もともとの質問の回答は既に出ているのに何度もつきあわされるのも何ですが。


「暇なときに回答して下さい」でも、いつまでも締め切られないで質問が重ねられると回答を強要されているような気がしますけど。
(こんな事を書くと、また管理者さんから削除されそうですけどね)

tibi-potiさん、フォローありがとうございます。
お断りしておきますが、この種の質問の「専門家」は、実際に営利栽培を行っていらっしゃる方とか、
農学・植物系の博士号を持っていらっしゃる方が名乗るべきだと、私は考えています。
今回の回答は、かなり推測混じりなので自信はありません。自信なしの専門家というのも変ですしね。

3倍体の実用品種ですが、安芸津の果樹試験場で育成された‘ハニーシードレス’は、
各地で栽培試験が行われていて、民間の業者でも苗の販売をしているようです。
また、胚珠・胚培養で育成された長野県の‘ナガノパープル’という品種も、
実用出来るところまで研究が進んでいると思います。

ブドウの繁殖法ですが、実生法、取り木法、挿し木法、接ぎ木法のどの方法でも出来ますが、
実際に行われているのは主として接ぎ木法です。
しかし、接ぎ木法の場合、親和性があり、3倍体が2倍体・4倍体台木と親和性があるとは考えにくいです。
ですから、ブドウの3倍体品種の繁殖は、主に挿し木によるものだと考えられます。
だからといって、挿し木し易いかどうかは分かりませんが、
苗の販売を行っているくらいなので、それほど難しいものではないかもしれません。
また、ブドウでも、茎頂培養でウィルスフリー化が行われているので、3倍体品種でも茎頂培養しているかもしれません。
具体的に数値化したデータで示されていませんが、ブドウの2倍体と3倍体品種を茎頂培養し、
生じた新梢を試験管内で生育したところ、2倍体より3倍体の方が旺盛な生育をしたという論文もあります。

栽培のしやすさですが、とりあえず一般論になりますが、
倍数体は、器官が大きくなり、耐寒性、耐病性などのストレスに対する耐性を示します。
ブドウでも、‘ハニーシードレス’や山梨県の‘美嶺’などの3倍体は樹勢が強いと言われています。
茎頂培養の場合は上記の通りです。
作り易い、難いというのは品種によるものであって、○倍体だからということは、おそらくないと思います。


再回答のついでです。
>この手の果物というのは、品種改良の過程でできた「新品種」1本から、
>挿し木や接木で増やしたのが全国に「クローン」で存在しているんじゃないか、ということで、
>それら全てに匹敵するものでなくては市場参入できない、という意味です。
これは意味が難解ですね。
「それら全て」とは、「クローン全て」と言うことでしょうか?
全国に存在する「クローン」は、元はといえば一つの個体から増やしたものであり同じ遺伝子を持つものであって、
例えば、‘巨峰’であったら、挿し木で繁殖しようと接ぎ木であろうと、‘巨峰’は‘巨峰’ですよね。
全ての‘巨峰’に匹敵するとはどういう意味でしょうか?
仮に「それら」を‘巨峰’や‘ピオーネ’などの「全ての品種」と解釈したとしても
全ての品種に優る品種を作り出すことは現時点では不可能です。
(将来的には遺伝子をデザインして作り出すことが出来るようになるかもしれませんが)
全ての品種に優る品種しか市場に出せないなら、育種をやっている人は廃業しますよ。

tibi-potiさんも仰ってますが、しかるべき本を読むなりネットなりでして勉強して下さい。
ブドウに限ったことではありませんけどね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

何度もお手数をおかけします。
ramurameさんには大変感謝しておりますが、あらたにtibi-potiさんのご回答がありましたので、もうちょっと待ってみようと、伸ばしている次第です。(どうせなら、ポイントも2人ぶんあげたいし)

「クローン云々」については、「1本の巨峰」に匹敵すれば、全国のクローンの巨峰に匹敵することになるから、という意味です。新品種にしても、1本出来れば挿し木接木でクローンを作れるから、全国品種になることができる。「1本対1本」が「全国対全国」になりうる(実際には栽培条件があるけれど)
 
これがみかんだと、同じ「有田みかん」でも、けっこう味や歯ざわりなどにばらつきがあるので、クローンでないのじゃないか、と思えるのですが、巨峰やデラウェアは、ほとんど同じ味(もちろん「出来」の差はあるにしても、みかんほどの差はない)だから、ぶどうはクローンだろうとは思うのですが、いちおう「・・じゃないか」という含みを持たせました。

お礼日時:2002/01/15 20:47

はじめまして。


すでにramurameさん(専門家とおみうけします)がすばらしい回答をされてますね。
蛇足ですが、少しだけ参加させてください。

>ジベレリンでの肥大は高級ぶどうの必須条件ではないと思いますが
ジベ処理の目的は、種なしにすることです。
通常より果実を大きくするためではありません。

一度ジベ処理をして放置すると、様々な問題があります。
・すべての果実を、確実に種なしにできない(処理漏れ、薬がききにくいなど)
・奇形・落下促進が生じることがある
・果実が種ありよりも小さくなってしまうことがある。
だから二度やります。

3倍体の挿し木・クローンは、残念ですが
技術・経済面で現実性がないと思います。

ブドウは蔬菜にくらべ、成長に時間がかかります。
また、日本の気候は高級ブドウにあまり適さないので、
それなりの微妙な栽培技術が必要です。
(eg 巨砲:剪定が難しく、一度失敗すると数年間も樹勢が乱れ、
品質が著しく落ちる)

現状では、品種より栽培技術のよしあしが大きいと思います。
大量の資金と時間をつぎ込んでクローンを生産しても、
メリットが薄いのではないでしょうか。

また、ramurameさんもおっしゃってますが、
たとえ試験場レベルで偶然優れた品質のものができても、
耐病性、耐寒性、その他・・
商業ベースで安定生産できるかどうかが、一番難関です。

もしお時間がありましたら、
決して楽しくはないのですが・・・(^^;
大学レベルの植物生理学・果樹園芸学(東京化学同人、朝倉書店、養賢堂など)
に目を通されてみてはいかがでしょうか。
それで、だいぶ解決されるのではないかと思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。ramurameさんのご回答で満足していたのですが、新たな回答がいただけて嬉しいです。

>3倍体の挿し木・クローンは、残念ですが
>技術・経済面で現実性がないと思います。
というのは、つまりは、3倍体自体が難しい、ということでしょうか。挿し木、接ぎ木については、2倍体4倍体にくらべて、とくに3倍体が難しい、ということがあるのでしょうか。
(あるいは、すいかのほうが特別で、うり独自の作りやすさ、というのがあるせいなのでしょうか。)

「巨峰」は、それほど難しいのに、シェアNo.1を誇っているわけだから、農家の努力は大変なもので、ジベレリン処理をしなくていい、というメリットがあれば、頑張って作ってくれそうにも思います。
最初から無理であれば仕方ないけれど。

また、よろしかったら、お教え下さい。

お礼日時:2002/01/13 08:51

>クローンの巨峰やピオーネに勝るものができてないのかな?という意味です。


「親品種」、「親植物」、「交配親」ならともかく、 なぜ「クローン」という言葉が出てくるのが分からないのですが。

要するに、3倍体の品種を作って、それが親品種より優れた性質を持っているかどうかと言うことでしょうか?
品種改良は優れた性質を持たせることを目的としているので、交配親より優れた品種が出来ない育種では意味がありません。
親品種より優れた性質があると認められれば、品種としてデビューするでしょうし、そうでなければ、選抜の段階で破棄されます。
もっとも、親植物より優れた品種が出来たとしても栽培方法が難しくなることはあります。
例えば、‘キングデラ’という品種は‘レッド・パール’בマスカット・オブ・アレキサンドリア’の3倍体ですが、
果粒は3g程度、果房は300gと‘デラウェア’より大きく、味は‘デラウェア’程ではないが香りはよい、
タネなしなので、ジベ処理は果実肥大のために1回行えばよい(ただし必須)。
のような特徴があります。これが、親品種より優れているかどうかは、生産者・消費者に評価を聞かないことには何とも言えないと思いますが。

>昔はピオーネなんかなかった。少なくとも私の周りには
‘ピオーネ(Pionnier;パイオニア)’は、育成されたのが昭和32年(当時の名前は‘井川210号’)ですが、
‘ピオーネ’の名前で品種登録されたのは昭和48年(1973年)です。
品種登録されて30年近く経ちましたが、それでも、1945年に命名発表された‘巨峰’、
1882(1872?)年に日本に導入された‘デラウェア’に比べたら、比較的新しい品種と言えます。
どのくらい前のことか分かりませんが、知名度が低くても仕方がなかったかもしれません。

>「高級品」として出荷するのに「大きく」することが必要なのか
‘巨峰’のタネあり果実にジベ処理することで果実が若干大きくなることは実験的には確かめられています。
フルメットというサイトカイニン様物質とジベレリンを併用すれば、果実の肥大はより大きくなります。
ただ、無核化していない巨粒品種をフルメットやジベ処理して更に大きくして出荷しているかどうかは分かりません。

>アレクサンドリアの種無しは食べたことがないのですが、生産者のこだわりなのか
‘マスカット・オブ・アレキサンドリア’に関して言えば、私の推測に過ぎませんが、
1.無核化しにくい、障害が生じやすい、種子が入っている方が巨大粒になるなど、ジベ処理に向いていない。
2.もともと生産量が少ない(平成12年の統計で、ブドウ総卸売量14,884トン、‘デラウェア’4,312t、‘巨峰’6,096t、‘アレキ’253t)ため、ジベ処理技術が進められていない。
3.ジベ処理を行っているが、市場には出回っていない。
などが考えられます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「一般人」といいながら、詳しいお答えをありがとうございます。

「クローン・・」というのは、この手の果物というのは、品種改良の過程でできた「新品種」1本から、挿し木や接木で増やしたのが全国に「クローン」で存在しているんじゃないか、ということで、それら全てに匹敵するものでなくては市場参入できない、という意味です。

ピオーネが品種登録から、すでに30年も経っている、というのは驚きです。すぐに新品種を広めてしまっては、それまで作付けを増やした農家の努力がなんだったんだ、ということになるので、老木になって交替するまで待って・・・、という配慮があるのかもしれませんね。
巨峰が、ぶどう界の最大勢力として君臨しているのですが、昔は甲州ぶどうのイメージはベリーAでしたね。(デラウエアは関西イメージで。)
さいきん、あまり売っていないから、巨峰に移行したのだと思いますが、巨峰の木が老木化したときに何が出てくるか、楽しみです。(じつは3倍体の新品種は出来ているのに、こっそりデビューを待っている・・?)
デラの人気は根強いですね。関西人うけするのでしょうか。私なんかは、すぐ新しいのがでると飛び付きますが。

お礼日時:2002/01/08 08:27

>交配して3倍体を作っても「クローン」じゃないから、高級品の「巨峰」や「ピオーネ」ができるとは限らない、ということでしょうか。


交配して出来た個体は、親植物と遺伝子の構成が異なるので、全く別の品種になります。
有性生殖と無性生殖の違いを理解できていますか?

>「アレクサンドリア」は種ありだから、ジベレリンでの肥大は高級ぶどうの必須条件ではないと思いますが。
http://www.fruit.affrc.go.jp/kajunoheya/cyouseiz …の使用上の注意は読まれましたか?
種なしブドウを作るためには、一般にジベレリン処理を2回行う必要があります。
1回目の処理で、無核化(種なしに)しますが、無核化した果実では、その後の肥大成長が劣ります。
それを補うために、2回目の処理は必須となります。
種ありのままであれば、果実肥大のためのジベレリン処理は必要とはなりません。
(人為的な処理を行わなくても、種子を形成しないで果実が肥大する‘トムソンシードレス’や‘ヒムロッドシードレス’などの品種もあります。)

以上、ジベレリンで無核化した果実には果実肥大のためのジベ処理は必須、無核化していなければジベ処理は必須ではありません。

>処理の手間を考えたら(紹介いただいたHPでも、手間を省くための散布法の研究があります)、3倍体なら手間要らずじゃないか、と思った次第です。
正論です。3倍体品種の育種目標は、種子を形成させないことで、出来るだけ作業を簡略化することにあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たびたび、ありうがとうございます。ほんとうに勉強させていただいて感謝感謝。
>高級品の「巨峰」や「ピオーネ」ができるとは限らない、ということでしょうか。
>有性生殖と無性生殖の違いを理解できていますか?

について。もちろん、高校生物の範囲ぐらいのことは存じているのですが、
たぶん、品種改良の段階で、当然、交配実験は重ねているはずですので、そこで「3倍体」の可能性は十分考えられますよね。やってはいるけど、クローンの巨峰やピオーネに勝るもの(「同じもの」ができなくても、「勝るもの」ができればいい。昔はピオーネなんかなかった。少なくとも私の周りには)ができてないのかな?という意味です。

>ジベレリンでの肥大は高級ぶどうの必須条件ではないと思いますが
これについては、デラウエアの場合、ジベレリン処理したやつのほうが、そのまま種ありで育てたやつより大きく育つそうですので、「高級品」として出荷するのに「大きく」することが必要なのか、という意味です。

アレクサンドリアの種無しは食べたことがないのですが、生産者のこだわりなのか(「種無しマスカット」なんか「高級品アレクサンドリア」じゃねえぞ、てなもんで)、他の要因があるのか・・?

(そこまでramurameさんに聞くのは申しわけないことですが。)

お礼日時:2002/01/07 08:31

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qブドウの花振るいについて

こんにちは。

早速ですが、ブドウの花振るいと早期落果についてどうしてもわからないことがあります。
教科書で調べてみましたが、納得できなかくて困ってます。
どなたかご存知の方がいましたらどうぞご教授下さい。

まず、花振るいについてですが、教科書を参照すると、
「ブドウは1花房100~150の小花があるが、そのうち2~6割だけが結実し、
かなりの数の不受精花が開花2週間前に集中的に落果すること」
となっています。

一方、早期落果についてですが、教科書を参照すると、
「果実発育の早い時期の落果。開花直後の落果は雌性器官の欠落や不受粉・不受精
が原因である。それ以降の落果は、胚の発育停止によるもので、6月に多いことから
ジューン・ドロップという」
となっています。

したがって、私は花振るいとは早期落果の1つだと理解しています。
また、花振るいに関する記述から
「ブドウでは花振るいが発生する」
        ↓
「ブドウでは早期落果が起こりやすい」
と理解していました。

ところが、農学の問題集を解いていると、
「ブドウは他の果樹と比べて、早期落果や成熟前落果がほとんど残らないため、
着果房をすべて残すと結果過多になりがちである」
となっていました。

このように、自分の理解と問題の回答が食い違っています。
おそらく、私の理解不足なのですが、何が間違っているのかよくわかりません。

とても困っているので、どなたかお願いします。

こんにちは。

早速ですが、ブドウの花振るいと早期落果についてどうしてもわからないことがあります。
教科書で調べてみましたが、納得できなかくて困ってます。
どなたかご存知の方がいましたらどうぞご教授下さい。

まず、花振るいについてですが、教科書を参照すると、
「ブドウは1花房100~150の小花があるが、そのうち2~6割だけが結実し、
かなりの数の不受精花が開花2週間前に集中的に落果すること」
となっています。

一方、早期落果についてですが、教科書を参照すると、
「果実発育の早い...続きを読む

Aベストアンサー

お困りのようなので・・・


私の認識がもしかしたら間違っている可能性もありますが、

問題集の回答としては、
「ブドウは、花振るいするが、早期落果や成熟前落果は起こらない」
で正しいと思います。
しかし、ご質問のとおり
広義には「ブドウの花振るいは、早期落果の一部と考える」ことができると思います。

ここでは、問題集の『ブドウは早期落果がほとんど起こらない』が正しい解説をします。


まず、確認をしておきます。

<多くの果樹>
枝(昨年伸びた枝 or 今年伸びた枝)に花が咲き、結実する

<ブドウ>
房(果房)の中に果実(果粒)が着く。花振るいしても、房は残るので、着果過多になる可能性もある



<花振い>
これは、結実不良。(栄養条件、気象条件など要因は様々で、主に花粉管の伸長が止まって起こります)
つまり“落花”であり、“落果”ではありません。
ブドウは、結実するとその後は自然に果粒が“落果”することはありませんし、当然果房も“落果”は絶対にしません。

<その他の果樹の落果>
一般に生理的落果と呼ばれているものかな?(今、参考書がないので定かでないですが。。。)
不受粉、不受精などの結実不良を含む場合もありますが、基本的には一旦結実した果実が落ちる現象。
(原因は、樹の栄養条件(着果量、施肥過多等)、気象条件(多雨等)等様々。モモの核割れなどが代表的な事例だと思います。)



問題としては、紛らわしい設問。果樹を勉強しているからこそ、分かりにくい問題かと思います。
何の問題集かは分かりませんが、その他の選択肢が正しくなければ正解にせざるを得ないでしょう。

お困りのようなので・・・


私の認識がもしかしたら間違っている可能性もありますが、

問題集の回答としては、
「ブドウは、花振るいするが、早期落果や成熟前落果は起こらない」
で正しいと思います。
しかし、ご質問のとおり
広義には「ブドウの花振るいは、早期落果の一部と考える」ことができると思います。

ここでは、問題集の『ブドウは早期落果がほとんど起こらない』が正しい解説をします。


まず、確認をしておきます。

<多くの果樹>
枝(昨年伸びた枝 or 今年伸びた枝)に花が咲き、結実する

<...続きを読む

Q甘くておいしいブドウの作り方(家庭菜園)

玄関先にブドウの苗木を植えて今年で2年目になります。うまくいけば実がつくかもしれません。実は以前も挑戦したことがあったのですが、その時は失敗しました。その失敗とは、(1)房が間延びしてプロがつくるように形の美しい房にならなかった (2)巨峰なのですが、色が濃くなく、紫色で、しかも甘みよりも酸味が強い などです。形の良い、黒々とした甘くて立派なぶどうを育ててみたいのですが、どなたか作業のコツや月別の作業メニュー、肥料のやり方などを教えてくださいませんか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

肥料のやり方については

開花10~20日前にP(リン酸)をやっておく。
実が小豆くらいになったらN、P、Kの入った配合肥料を
色が付くまで3回くらい少しずつやる。
肥料は秋から開花までN(チッソ)、 K(カリ)肥料はやらないこと。
なので収穫後の礼肥(収穫できてありがとうなどを意味した慣習)などは絶対やらないこと。

葡萄、特に巨峰は基本的に水やりは行なわなくて良い
ただし、雨が15日くらい降らなかったらやる。
肥料をやった後は必ずやること。

というのが専業農家の意見でした。

プロの意見や育て方の方が良いと思うので
↓こちらを参考にしてはどうでしょうか。
http://www.kyohouen.jp/howto/

このサイトのお便りコーナーなどに
上に書いた肥料や水やり方法なども書いてあります。
質問と答えなどがいろいろ書かれてあるので参考にしてみてください。

Qブドウの袋かけの袋って・・・

庭のブドウの実が大きくなり始めたので袋かけをしたいのですが、新聞紙なんかでもいいんでしょうか?
ビワの実にも新聞紙をかけましたが見事に鳥に食べられました。
カラスやヒヨドリが多い地域です。
去年は上から網をかけましたが下からくぐって根こそぎたべられました。少々は食べられてもいいので、袋かけした実ぐらい味わいたいと思ってます。どんな袋が最適なんでしょう?

Aベストアンサー

ブドウの袋掛けは病害虫の予防や、品種によっては色付きをよくするためなどに行われるもので、鳥から守るためとしてはあまり効果はないかも知れませんよ?
平気で紙を突いて破り、やはり食べられてしまうかも?

袋掛けは病害虫対策として行うに越したことはなく、それとは別に防鳥網など鳥対策は考えた方が良いかと思います。

Q酸っぱい葡萄に困っています

こんばんは、今日、「信州 巨峰」と書かれた葡萄を買いました。皮には傷があり、そんなに甘くないだろうと思いましたが、とても酸っぱくて、なにか甘くする方法がありませんか。皆さんの智恵をいただきたいです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

対処
果物の酸味は次第に抜けていきますので、しばらく置いておくと自然に酸っぱくなくなります。
酸は腐敗防止の作用がありますので、酸っぱいぶどうは、甘いものよりも日持ちがします。
急激な追熟では酸味が抜けにくいので、冷暗所に置いて、少し時間をかけて追塾すると良いのではないでしょうか。
その方が甘みも増します。

食べる時
果物の甘さである果糖やぶどう糖は、果物の中にある場合は低温の方が甘くなります。
ジュースなどにしてしまうと逆になるようです。
ですから、食べる一時間ほど前に冷蔵庫に入れて冷やしてから食べると食味もよくなり甘さも感じやすくなると思います。
あまり冷やしすぎると返って甘みを感じなくなりますので程ほどに

食べ方
ぶどうは房の上の方が糖度が高く、下の方が低いので
房の下から食べていくと、次第に甘くなっていくので良いのではないでしょうか。

Qぶどうの袋掛けについて教えてください

庭にデラウェアを植えて5年経ちましたが今年はたくさんの実をつけています。
去年までは実に黒い斑点がで出来てダメになっていましたが、ネットで調べて黒とう病らしいので
冬場に巻きひげ除去、皮剥ぎ、農薬(ビスダイセン)散布しました。今現在は5mm位の実をつけて黒い斑点も出ていません。今までは袋掛けもしませんでしたが今年はやってみようと思います。

そこで質問ですが袋はビニール袋でも良いですか?。紙袋でなければいけませんか?
食品用の丁度サイズのビニール袋があるので使ってみようと思っています。

どうぞよろしくご教示お願いします

Aベストアンサー

太陽光を防ぐ為の物だと聞いた事があります
更に言うと、紙は空気を通します
だから、紙袋が理想だと思いますが
ビニール袋を被せた物も、いくつか作ってみれば良いと思います
問題無ければ、来年はビニールで良いと思います

Qお菓子系で島根のお土産でお勧めを教えて

9月末に島根に旅行します。

出雲大社、松江城と松江市内観光、八重垣神社、足立美術館辺りをまわる予定です。
この近くで買えるお菓子系のお土産でお勧めを教えて下さい。

できれば1週間以上は日持ちがする物。
職場用には数が20個~30個は必要なので、単価が高すぎず味もまあまあの物。
お世話になっている方のお宅用には10個入り位迄でよいので、これは美味しいという様な物が希望です。

北海道の白い恋人、仙台?の萩の月、京都の八つ橋や阿闍梨餅の様にコレっていう様な物はありますか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

松江市在住です。
お世話になっているお宅用でしたら、「白うさぎフィナンシェ」にしましょう。
http://www.shirousagi.co.jp/294/1489.html
シャミネ松江やイオン松江ショッピングセンターなどで売られています。

職場用ですが、次の中から選ばれてはいかがでしょう。
姫小袖(一力堂、松江松平家お留め菓子)
http://www.ichirikido.jp/?mode=disp2&kdata1=1001002
蕎麦上用(彩雲堂)
http://www.saiundo.co.jp/2shop_sobajoyo.html
若草(彩雲堂)
http://www.saiundo.co.jp/2shop_wakakusa.html
薄小倉(桂月堂)
http://www.keigetsudo.jp/?pid=50515290
出雲三昧(桂月堂)
http://www.keigetsudo.jp/?pid=50515363
朝汐(風流堂)
http://www.furyudo.jp/item/asashio/index.html
くろがねもち(風流堂)
http://www.furyudo.jp/item/kurogane/index.html
島根県物産観光館やシャミネ松江、イオン松江ショッピングセンターなどで売られています。

松江市在住です。
お世話になっているお宅用でしたら、「白うさぎフィナンシェ」にしましょう。
http://www.shirousagi.co.jp/294/1489.html
シャミネ松江やイオン松江ショッピングセンターなどで売られています。

職場用ですが、次の中から選ばれてはいかがでしょう。
姫小袖(一力堂、松江松平家お留め菓子)
http://www.ichirikido.jp/?mode=disp2&kdata1=1001002
蕎麦上用(彩雲堂)
http://www.saiundo.co.jp/2shop_sobajoyo.html
若草(彩雲堂)
http://www.saiundo.co.jp/2shop_wakakusa.html
薄小倉(桂...続きを読む

Qぶどう(巨峰)の育て方:枝は切るのか切らないのか?

巨峰の苗を2年前に買ってきて育てている者です。
1年目小さな苗なのに1房なりました。
2年目の今年10房くらいなって色づきはじめています。
よくならすには枝を切ったほうがいいと聞きました。
別の方からは切ってそのあと伸びてくるその先の枝からは次の年ぶどうがならない
と聞きました。ということは多くのぶどうをならすには先だけを少し切るということかと思いました。

ぶどうにとっていちばん良いのはどうすることなのでしょうか。
切る?切らない?切るとすればその時期は?教えてください。

Aベストアンサー

ぶどうのけっか枝は.前年にできます。ですから.実をならせる場合には.花芽ができる期間.つまり.夏の間は枝を切りません。
夏に枝を切った場合に.勢いが良いですから.分岐枝(徒長枝?.ぶどうの場合には.名称が異なります。ぶどう用の名称を忘れました)がたくさん出ます。その結果.枝がごちゃごちゃして.光があたらなくなります。これを避けるために.成長が止まった冬に枝を切ります。

「農耕と園芸」の10年か20年前の特集で.きょほうの選定の特集記事が有りました。図書館などで探してみて下さい。
又.NHK(日本放送出版協会)の今日の園芸の関係書籍で.ぶどうの作り方という本が有りましたので.図書館で探して下さい(現物は30年ぐらい前に発行したものを.10年ぐらい前に古本屋で購入)
どうしても.分からなかったらば.農業改良普及所や公園などの家庭園芸相談所で聞いて下さい。

ぶどうの選定は.とちょうしの関係で結構難しいです。特に.きょほうは狭いところで育てた場合に.実がなり難く.又.風通しが悪いと即病気になります。
花ぶるい(部分的にしかけっかしない状態)が出ないように選定することが難しいです。

ぶどうのけっか枝は.前年にできます。ですから.実をならせる場合には.花芽ができる期間.つまり.夏の間は枝を切りません。
夏に枝を切った場合に.勢いが良いですから.分岐枝(徒長枝?.ぶどうの場合には.名称が異なります。ぶどう用の名称を忘れました)がたくさん出ます。その結果.枝がごちゃごちゃして.光があたらなくなります。これを避けるために.成長が止まった冬に枝を切ります。

「農耕と園芸」の10年か20年前の特集で.きょほうの選定の特集記事が有りました。図書館などで探してみて...続きを読む

Qアブラムシ駆除に有効なもの?

我が家のベランダ菜園の、ししとうとピーマンにアブラムシが大量発生してしまいました(T-T)
特にししとうはものすごくついています。

ここで色々検索して、牛乳を吹きかけると、皮膚の弱いアブラムシは死んでしまう、と知り、試しにやってみました。
なるほど・・・確かに死にますね。
しかし量が半端じゃないので、死んだアブラムシを
爪楊枝ではじき落としたりして結構大変でした。
(水で流しても取れなかったので)

・・・牛乳で死ぬ、と言うことは、他の物でも効果はあるんでしょうか?
例えば、クエン酸水とか、酢を薄めた物をかけるとか、
ジュースとか・・・
それとも、牛乳自体にアブラムシに効く成分??でも
あるんでしょうか?
観葉植物も枯らしてしまう超初心者な私なので、まさか
アブラムシがわくとは思ってもいませんでした・・。
アブラムシ駆除について色々教えていただければありがたいです。

Aベストアンサー

絶対に農薬を使いたくないなら
クラフトテープがお勧めです。
ガムテープじゃなくて紙で出来ているテープです。
あれでぺたぺたやってください。
アブラムシやヨトウミシや尺取虫などなんでも取れます。
おまけに植物に与える影響はまったくありません。
テープもあまり強く押しつけない限り葉っぱなどにもくっつきません。
アブラムシだけ取れます。爪楊枝で落とす必要もないのでらくちんです。
私もこの方法で薔薇をアブラムシから守ってますよ。
うちの薔薇は完全無農薬です。
今は100円均一で安く手に入るのし毒性はまったくないので(あたりまえ)
近所に迷惑も掛かりません。
取ったアブラムシはそのままテープをはっつけてしまえば手も汚れません
一度お験しあれ!

Qぶどう棚の作りかた

20年もののマスカットオブアレキサンドリアという木を持っています。
この冬に引越しをしましたので、ぶどうも植木屋さんに頼んで、移植しました。
最近やっと根付いた証拠にまた新芽が出てきました。以前は、父が棚を作ってくれてそれで間にあっていたのですが、今度は自分で棚を作らなければなりません。単管を支柱と横にわたすつもりですが、棚の部分をどうしようかと考えあぐねています。付近の農家のぶどうは麻のネット状のものを1本ごとにかけているようです。また、ガーデニングなどの格子状の柵を乗せることも考えました。
毎年、枝は4m四方ぐらいに伸びる木でした。昨年は実をわざと落とさなかったので、100房ほどつきました。しばらくは、元気もないと思いますが、また元の様になれば、丈夫な棚が必要です。どのように作ったらよろしいでしょうか?

また、最後になりましたが、今の家も4~6年以内に引越しをしなければなりません。

Aベストアンサー

ホームセンターにて、建築用足場パイプ(フレームパイプ)と直交クランプや被覆鉄線(少し太目が良い)やターンパックルを購入すると低料金でぶどう棚が出来ます。(見栄えを良くするためにフレームパイプに塗装すると良いかもしれません。また、クランプの締め付けようにラチェットレンチ又はウオーターポンププライヤーが必要です。ラチェットレンチがあればターンパックルは必要ありません。(ホームセンターで軽トラックなど貸してくれます)

Q三倍体とか倍数体がよくわかりません。

よろしくお願いいたします。
人の核相は2n=46ですよね。

倍数体はこれが3nになったりするということですか?
人がもしこうなれば体細胞分裂も減数分裂もどうなるの?
という感じですが、種無しスイカやパン小麦がなどの植物が
普通に生きているのが不思議です。
なぜでしょうか?

長い期間悩んでいます。
わかりやすい詳しいご解説やサイトを紹介してください
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

まず、倍数性とか倍数体といったときに、核相のこと(複相、二倍体の2nに対して配偶子のように単相、半数体のn、など)と、小麦や花卉などの場合のようなゲノムの倍化をさすをさす場合があるので、それを区別する必要があります。後者の場合は、たとえば小麦は6倍体ですが6nとは書かずに6xと書きます(高校生物程度の教科書では6nと表現されている場合もあるかもしれませんが、間違いであって、混乱のもとです)。6倍体であっても、複相の2nと単相(配偶子)のnがあります。6倍体小麦は染色体数が42本です。42本の染色体が、3種類の由来二倍体植物の染色体(それぞれ7対、14本からなる)からなっているので6xとなります。
つまり、2n=6x=42です
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%80%8D%E6%95%B0%E6%80%A7

>倍数体はこれが3nになったりするということですか?
ありえますが、両性生殖する生物にはないと考えてください。理由は他の方が書かれているように、奇数なので減数分裂がうまくいかないからです。植物、とくに品種改良された作物や観賞用の花などは倍数性が多く、奇数倍数性で配偶子ができないものが多いです。接木、挿し木、球根などの栄養生殖で継代します。

しかし、奇数倍数性でも全く配偶子ができないというわけではありません。種なしスイカ(私が子供のころには、まだ出回っていました)でも、一個の中に何個かは種があったものです。
3倍体なので、減数分裂でそれぞれの染色体について2対1で分かれるか、1対2で分かれるかがランダムです。ある染色体は1本だけれどある染色体は2本あるとか、染色体ごとに倍数性がことなると正常に発生しません。しかし、たまたますべての染色体が一本ずつあるいは二本ずつに分かれれば、配偶子ができます。

まず、倍数性とか倍数体といったときに、核相のこと(複相、二倍体の2nに対して配偶子のように単相、半数体のn、など)と、小麦や花卉などの場合のようなゲノムの倍化をさすをさす場合があるので、それを区別する必要があります。後者の場合は、たとえば小麦は6倍体ですが6nとは書かずに6xと書きます(高校生物程度の教科書では6nと表現されている場合もあるかもしれませんが、間違いであって、混乱のもとです)。6倍体であっても、複相の2nと単相(配偶子)のnがあります。6倍体小麦は染色体数が42本です。42本の...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報