Apple IDログイン機能メンテナンスのお知らせ

昨年の9月に庭工事のために生垣のツゲを部分的に抜き取り、工事が終わってから新たなツゲを数本植え直しました。今年に入ってからこのツゲで小枝が枯れるのが出始めました。写真のような状況で、濃い緑の中に黄色~ベージュ色の枯れ枝があるため目立ちます。
 ・植替えは造園業者にお願いし、バーグ堆肥を入れてから植えてました。
 ・ツゲの大きさは、根元の太さが径4cm~5cm程度のものです。
 ・剪定は一度もしていない。ツゲの高さは植えたときに調整。
 ・肥料はまだ与えてません。
 ・この小枝枯れの発生場所は根元から樹の上の方までいろんなところにあります。
 ・従来から植えてあるツゲにも小枝の枯れや黄色の葉が若干ありますが、植え直したツゲほどは
  目立ちません。

小枝が部分的に枯れることは自然なことでしょうか、それとも何らかの原因があるのでしょうか。
原因があるとすれば、対処する方法はありますか。
又、樹勢が強く小枝が密集しております。小枝を間引くなど必要でしょうか。(業者からは、枝が伸びてきてから、まわりのツゲにあわせて刈り込むようにとの話がありました)

ご存知の方、宜しくお願い致します。

「ツゲの小枝が枯れるのはどうしてでしょう」の質問画像

A 回答 (1件)

植木屋さんが移植されたのであれば問題は無いと思います。



植付けして数ヶ月は小枝が枯れる事は良くある事です。植付け時に根が
傷む事がありますので、どうしても弱い部分は枯れが生じます。

剪定には少し早い気がします。出来れば気候が完全に安定してから極端
に刈り込まず、形を整える感じで軽く剪定をされてはどうですか。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

お世話になります。
どうしても気になったものですから、質問させて頂きました。
暫く自然に任せてみます。 有難う御座いました。

お礼日時:2013/04/13 10:27

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています