大学の卒業論文で、白色雑音をオシロスコープで観測する作業を
行っているところなのですが、波形のどの部分に白色雑音が出ているか
いまいちよく分からないので困っています。

それと、今使っているオシロスコープが「スペクトラムアナライザ」という
ものなのですが、普通使われるオシロスコープと、どのように違うものなので
しょうか?また、今回の白色雑音とどのような関係があるのですか?

もし知っていることがあれば何でも結構なので、ぜひ教えてください。
宜しくお願いします。

A 回答 (1件)

白色雑音と言うのは周波数の全域にわたって、全ての周波数の波が同じ程度の強さで確率的に発生すると言うものです。



まず、「オシロスコープ」と「スペクトラムアナライザ」は形は似ていても全く違うものです。

「オシロスコープ」は波形を見るものであり、「スペクトラムアナライザ」は波形を「フーリエ展開」した分布を見ています。

オシロスコープ・・横軸:時間・・・縦軸:波の強さ
スペアナ・・・・・横軸:周波数・・縦軸:周波数ごとの波の強さ

参考URLにでている白色雑音のスペクトラムを見れば、これに似た波形が「スペアナ」に出ればそれが、白色雑音ということになると思います。

参考URL:http://eieweb.yz.yamagata-u.ac.jp/~kkondo/infoco …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても詳しい説明ありがとうございました。
今後の実験に参考にさせて頂きます。
白色雑音も似たような波形が出ていました。

お礼日時:2002/01/12 01:14

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QオシロスコープのFFTで計測できる波形を組み込み機器で実現したい。

オシロスコープのFFTで計測できる波形を組み込み機器で実現したい。
テクトロのTPS2012で100KHz前後のLC発振の矩形波をCh1,Ch2に入力して見ている
波形があります。(発振交流波形でもほぼ同じ結果)

MATH設定FFTで得られる400~500kHzの周波数で必要な信号が見られるのですが
これをオシロではなくマイコン等を利用してその部分を抽出して利用したいのですが
要になる技術や手法,機材等に何が必要でしょうか。

Aベストアンサー

A/Dコンバータでデータを取り込み、マイコンでFFT演算をするだけです。

Q家電リモコン波形とノイズ波形(誤動作)・信号判定

よろしくお願いします。

以前下記のような体験をしました。
1)4mほど離れたところにTVがある状態で自販機にお金を入れました。
  すると勝手にTVの電源が入りました(無論主電源は入りっぱなし)
2)2台並べたコンポの電源の入っていた一方に挿していたヘッドフォンのジャックを抜いたところ、ちょうどいまからそのヘッドフォンを挿そうとした方のコンポの電源が入りました。

両者とも静電気やジャックを抜いた際の火花放電によるノイズが各家電のリモコン回路への回り込みだと思われます。

しかし、電源ONのリモコンパルスとノイズの波形が似ているようには思えません。

質問は家電リモコンの電源ONの判定はどのように行われているかということです。
一定時間間隔に何回信号電圧がある閾値を超えたかをカウントしているのでしょうか。

Aベストアンサー

「雑音で電源が入った」イコール「雑音波形をリモコンのパルス列と誤認した」とは言えないと思います。

雑音を拾ったリモコンが、その雑音を電源スイッチオン指示と誤認したのかもしれない。そしてそのあとリモコンがちゃんとしたパルスコード列を出してTVやコンポを電源オンさせた。スイッチを押したことを判別する回路なんて、OnかOffかだけなのだから、複雑なパルスパターンは必要有りません。
あるいは、
テレビやコンポの電源回路を駆動する回路が、リモコンとは無関係にノイズパルスで刺激されたのかも知れません。その回路は、普通なら電源スイッチを入れられた場合か、リモコン受信回路がパルスパターンを解読してオンにすると判断した場合かに機能するのだけど、それを駆動する論理回路の信号線一本に雑音が入れば機能してしまっておかしくないです。

要するに、リモコンのパルス波形と似ても似つかない雑音であっても、パルスコード解読回路とは全然無関係のルートで電源が入っておかしくはない。電源ライン経由かもしれないし。

のではないでしょうか。。。。

Qスペクトラムアナライザについて

スペクトラムアナライザ(以下スペアナ)のパラメータ?としてRBW、VBWがあります。何の略語なのか調べたのですが意味がわからなくて困っています。
1.VBWとはどういうものなのか。
2.RBWとはどういうものなのか。

 詳細をご存知の方がおられましたら、教えて下さい。

Aベストアンサー

RBWは、Resolution Band Widthの略で分解能帯域幅のことです。
スーパーヘテロダイン方式のスペクトラムアナライザでは、最終中間周波数の対数増幅器(ログ・アンプ)の前に帯域幅の違った複数の帯域ろ過フィルタが用意されていて必要な幅の物を選びます。
それがRBWの切り替えです。

VBWは、Video Band Widthの略で画像信号帯域幅のことで一般的にはビデオフィルタと呼ばれています。
対数増幅器で増幅された信号は検波器で検波されます。
その検波信号の周波数成分をどこまで通すかを複数用意された低域ろ過フィルタの中から選びます。
それがVBWの切り替えです。

RBWもVBWも今時のマイクロプロセッサで制御されるスペクトラムアナライザでは、中心周波数と掃引幅(スパン)を設定すれば適当と思われる標準的な設定が自動的に選択されます。
観測する対象によってはもちろん標準設定から外して使用します。

例えば発信器の近接スプリアス(やノイズ)の測定などではスパンとRBWとVBWの幅を狭くして掃引時間を長くして行ないます。すると幅が広い時はノイズに埋もれていたものが見えてきます。

Googleで「スペクトラムアナライザー RBW」で検索するとその中に
Tektronixの「リアルタイム・スペクトラム・アナライザ入門」があります。
解かり易く書かれていて参考になるでしょう。

書籍なら、大森俊一・横島一郎・中根央 共著「高周波・マイクロ波測定」コロナ社がおすすめです。

RBWは、Resolution Band Widthの略で分解能帯域幅のことです。
スーパーヘテロダイン方式のスペクトラムアナライザでは、最終中間周波数の対数増幅器(ログ・アンプ)の前に帯域幅の違った複数の帯域ろ過フィルタが用意されていて必要な幅の物を選びます。
それがRBWの切り替えです。

VBWは、Video Band Widthの略で画像信号帯域幅のことで一般的にはビデオフィルタと呼ばれています。
対数増幅器で増幅された信号は検波器で検波されます。
その検波信号の周波数成分をどこまで通すかを複数用意された低域ろ...続きを読む

Qスペクトラムアナライザの内部アッテネータについて

スペクトラムアナライザ(以下スペアナ)で信号を測定する際、耐電圧以上の入力がかかると破損する為に外部にアッテネータを入れ
信号を減衰させることがあると思います。
しかし、スペアナは内部にもアッテネータを持っているのですが、内部のアッテネータでは減衰出来ないのでしょうか?
(私の現在使っているスペアナは0~30dBの内部アッテネータを持っているということになっています。)
色々測定方法等を見ていますが、常にスペアナの入力側に外部アッテネータを接続して測定している図ばかりなので、非常に謎です。

さらに、スペクトラムアナライザによる高周波測定という本を読んでいた時に見つけたのですが
「内臓アッテネータの値を変更してもスペアナ内部の演算により測定値は変わらない」
という表記がありました。
(もしお持ちの方いましたら、参考までに54ページです)

これを見て、入力信号に対してのアッテネータではないのかと思いました。
そうすると、内部で発生した雑音や歪を抑圧する為なのかとも考えましたが、それなら常に最大で減衰した方が測定値が正しく出そうで
わざわざ任意で指定させる必要性が無いように思えます。

どうにも私では理解できませんでしたので、ご存知の方いらっしゃいましたらアドバイスをお願いします。

スペクトラムアナライザ(以下スペアナ)で信号を測定する際、耐電圧以上の入力がかかると破損する為に外部にアッテネータを入れ
信号を減衰させることがあると思います。
しかし、スペアナは内部にもアッテネータを持っているのですが、内部のアッテネータでは減衰出来ないのでしょうか?
(私の現在使っているスペアナは0~30dBの内部アッテネータを持っているということになっています。)
色々測定方法等を見ていますが、常にスペアナの入力側に外部アッテネータを接続して測定している図ばかりなので、非常に...続きを読む

Aベストアンサー

ANo.2,4 です。
補足回答します。
>つまり、内部ATTの限界レベルを超えた入力の為、まず内部ATTの許容レベルまで落とし
その後信号を観測し、内部ATTを調整し、ミキサの性質による歪(非直線歪)が発生しているのかいないのかを確認し
>・・・・・
>おそらくこういう使い方が一例かと思いましたが、あっていますか?

*その通りで完璧な考察です。
 

Qエイトマンの推進力は何で、どれくらいしょうか?

アニメのエイトマンの歌に次の一節があります。

 走れエイトマン 弾丸よりも速く 叫べ 胸を張れ 鋼鉄の胸を

これによれば、エイトマンは鋼鉄製で、弾丸よりも速く走れるということです。
実際にそのようなことは可能でしょうか?
スターウォーズなどのSF映画でも、弾丸よりもすばやく動けるロボットは登場しません。
人間と同じサイズで鋼鉄製というとかなりの重さです。
弾丸の速度は音速よりも速いのではないでしょうか?
それを二足歩行で走らせている推進力は何なのでしょうか?
電池なども可能ですか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

歌には、「鋼鉄の胸」となっておりますが、原作では鋼鉄よりもっと強く軽い「ハイマンガンスチール」のボディで出来ていて、時速3000Kmで走り、原子力エンジンを内蔵しています。

>人間と同じサイズで鋼鉄製というとかなりの重さです。
原作では、体重は設定されておりません。

>弾丸の速度は音速よりも速いのではないでしょうか?
時速3000Kmは、秒速で833mですので、音速340m(15℃にて)の2.45倍です。

>二足歩行で走らせている推進力は何なのでしょうか?
原子力エンジンです。

>電池なども可能ですか?
現時点の電池では不可能です。

参考URL:http://www31.ocn.ne.jp/~goodold60net/eightman.htm


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報