「風俗を害すべき書籍、図画」というものは、イコール「わいせつな書籍、図画」と考えてしまっていいのでしょうか?どなたか教えて下さい。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

一般的な意味としましたら「風俗を害すべき書籍、図画」に残虐な表現物をも含むことができますが、そのような解釈を取りますと、憲法の表現の自由からそのような規定は明確でないとの理由で違憲無効なものとされる恐れがあります。

したがって、「風俗を害すべき書籍、図画」を猥褻な書籍、図画等のみを指すものと解すべきであるというのが、最高裁の多数意見です。詳しくは次の意見を参考にしてください。
多数意見
http://courtdomino2.courts.go.jp/chomei2.nsf/ea1 …
補足意見
http://courtdomino2.courts.go.jp/chomei2.nsf/ea1 …
反対意見
http://courtdomino2.courts.go.jp/chomei2.nsf/ea1 …
    • good
    • 0
    • good
    • 0
この回答へのお礼

素早い回答ありがとうございます!!参考ホームページにずばり書いてありましたね(^_^;) 逆に、わいせつな文書、図画以外で風俗を害すべき文書、図画というものはないのでしょうか?もしご存知でしたら教えて下さい。

お礼日時:2002/01/14 22:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qわいせつ物図画頒布罪・公然わいせつ陳列罪

出会い系サイト等で利用者(相手)へ玩具の男性の局部写真を送付した場合、サイトの管理会社(経営者)は送付した利用者に対しわいせつ物図画頒布財または、公然わいせつ陳列罪で訴訟など起こすことは出来るのでしょうか。またそういった法律に触れた利用者からサイト内で定められている利用規約に従い罰金を取ることはできるのでしょうか。
教えていただきたいと思います。

Aベストアンサー

その辺の罪名なら送付された方が被害届けを出すという前提のお話です。刑事でするなら管理会社側からは威力業務妨害とかそっちの方では?
罰金云々の話は民事でなら幾らでもできます。請求だけは。
罰金の額などについてはあらかじめ契約書でも結んでいてそれが社会通念上妥当なものであれば、おそらく簡単に認められる可能性があります。ただ利用規約にあるからと言ってそれが全て認められる訳ではありません。相手も訴訟をおこしてくれば、果たしてどの程度が妥当な金額であるかとかで揉めることになります。裁判までやれば両者とも結果的に赤字になることは確実ですので、相手がごねだしたら適当なところで折り合いをつけるしかありませんし、それもやはり法的に根拠のある方式で行うことになるでしょうから、裁判ほどではないにしろ、やっぱりコストはかかります。
罰金を取るのではなく、あくまでも請求できる権利は幾らでもありますから、どうされるかは好きにしましょう。まずは弁護士にでも相談されてください。相談だけなら最低で5000円程度から可能です。

Qなぜ 「図画」 を 「とが」 と読むのですか

法曹界においては、 「図画」 を 「ずが」 ではなく 「とが」 とよむと聞きました。
なぜ、そう読むのでしょうか。

Aベストアンサー

 社会一般で使われる用語とは意味が違うからです。
 日常用語で使われる「図画」(ずが)は,一般に「絵」または「絵を描くこと」と理解されているようですが,法律用語の「図画」(とが)は,絵に限定されるわけではなく,広く象形的方法により表示されたもの一般を指します。
 具体的には,絵画や写真,映画のほか,ビデオや未現像の映画フィルムといったものでも,法律用語としての図画には該当すると解されています。わいせつな映像が入っているDVD(白地)を販売して捕まった人が,DVDディスク内の映像は通常「図画」(ずが)とは言わないと弁解したとしても,処罰の対象となるのは法律用語の「図画」(とが)なので,そのような弁解は通用しないわけです。
 このように,法律用語では日常用語とは異なる意味で使われていることを明確にするために,敢えて日常用語とは異なる発音が使われることがあり,例えば民法上の「遺言」は「いごん」と,民事執行法上の「競売」は「けいばい」と呼ばれています。

Qわいせつ図画公然陳列

夫婦自らのみだらな行為をホームページ(HP)で映像公開したとして、わいせつ図画公然陳列の罪に問われた、
映像送信型性風俗特殊営業(アダルトサイト経営)
で逮捕者が出たようですが、
わいせつ画像をネットで公開することは違法なんでしょうか?
やっている所は沢山あるように思えますが・・。

Aベストアンサー

>わいせつ画像をネットで公開することは違法なんでしょうか?

刑法175条に言う「わいせつな文書、図画その他の物」なら、
ネットで公開することはもろに「公然と陳列」でしょう。

>やっている所は沢山あるように思えますが・・。

著作権侵害と同じで、たくさんやっているから合法とは限りませんよ。

海外サーバを使っていればOKという主張もありますが、判例は否定しています。
(サーバもアップロードもみんな海外でやっていれば別でしょうけど)

過去にあった質問で回答していますので、ご参考に…
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2672192.html
私の回答はNo.2です。

Q相続について 相続すべき? それとも放棄すべき?

相続について教えてください。

財産:1000万(現金、不動産、有価証券含む)
を相続しようと思うのですが、この他に連帯保証人となっていることがわかりました。

実際にはまだ連帯保証した先が優良なので、借金は発生していませんが、
もし破産すると、多分2500万~3000万位の借金がかかってくると思われます。
(連帯保証した先は順調に返済が進んでいるとの事)

この場合、財産1000万を相続すべきでしょうか?
それとも連帯保証した先が破産することを恐れ、放棄すべきでしょうか?
一緒に暮らしていることもあり、全て放棄するとなると不動産関係で困まりますが、それでも2500万~3000万の借金よりマシと考え、放棄すべきでしょうか?

どうしたら良いか、教えてください。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 まず、連帯保証債務の内容について、しっかり把握することが大切です。相続放棄は3ヶ月以内が原則ですから(※家裁に申し出て認められれば期間を延長することも可能)、早急に調査することが必要だと思います。

 連帯保証債務については、原則として相続しますが、相続しなくてもよい連帯保証債務があります。根保証というもので、「責任の限度額ならびに保証期間の定めのない根保証について相続を否定した」最高裁の判決があります。この最高裁の判決(昭和37年11月9日)については、最高裁HPから下記、参考URLに貼っておきます。
 
 質問者さんの連帯保証債務の内容がわからないので、相続しなくてもよい連帯債務もあるというアドバイスにとどめ、詳細は地元の弁護士に法律相談をして下さい。

 ご相談先として、東京の場合には弁護士会が運営している「法律相談センター」があります(下記、参考URL参照)。「有料相談」の相談料は、原則として30分以内5,250円(消費税込)で15分毎に延長料金2,625円(消費税込)を基本としているそうです。
http://www.horitsu-sodan.jp/
 お住まいの都道府県の弁護士会にも同様の窓口があると思いますので、「法律相談センター」HPなどもご参考にされて、探してみて下さい。

参考URL:http://courtdomino2.courts.go.jp/schanrei.nsf/VM2/9ADF29D69F91FA4649256A8500316180?OPENDOCUMENT

 まず、連帯保証債務の内容について、しっかり把握することが大切です。相続放棄は3ヶ月以内が原則ですから(※家裁に申し出て認められれば期間を延長することも可能)、早急に調査することが必要だと思います。

 連帯保証債務については、原則として相続しますが、相続しなくてもよい連帯保証債務があります。根保証というもので、「責任の限度額ならびに保証期間の定めのない根保証について相続を否定した」最高裁の判決があります。この最高裁の判決(昭和37年11月9日)については、最高裁HPから下記、...続きを読む

Qわいせつ図画販売

わいせつ図画販売で捕まるとしたら、どういう罪名なんでしょうか?


宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

下記のようになります。

わいせつ画像を販売したら「わいせつ図画販売罪」
販売する目的で所持していたら「わいせつ図画販売目的所持罪」
自分のHPで公開したら「わいせつ図画公然陳列罪」


人気Q&Aランキング

おすすめ情報