初級者の質問ですので悪しからず。
演算増幅回路の基本的な回路で良く目にしますが、
オペアンプの記号の-側にあるRiと帰還回路にあるRfについて教えて下さい。
(1)RiとRfは一般的に何と呼べば良いのでしょうか?
(2)この値が何Ωが適切かというのを一般論で片付けられるものでしょうか?
また、+側にオフセットを打ち消す為の抵抗Rを+側~接地間に取付けたとして
(3)Rはどのような値にすべきなのでしょうか?
ちなみに抵抗はRi、Rf、Rの3種類しか用いません。(図で説明出来ないので)
こういう漠然と理解しにくい問題を出題されたので
出題者の真意が全く理解出来ずに参っています。
僕は分からないなりに問題ミスもあるような気がしてますし・・・。
どちらにせよ誤解を招くような出題をすること自体が浅はかと言うか・・(愚痴)
いや、出題者の意図をも推測して解かなければならない難問なのかな?笑

出来れば分かり易く説明していただけませんでしょうか?お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

質問内容から「反転増幅器」の構成としてお答えします。



Ei=増幅器の入力電圧
E0=増幅器の出力電圧
Zi=増幅器の入力インピーダンス(構成が全て抵抗なら「入力抵抗」と考えて可)
このとき、
G(ゲイン)=Eo/Ei=-Rf/Ri、Zi=Ri となります*。

さて、質問(1)ですが、
一般にRiは「入力抵抗」、Rfは「帰還抵抗」でいいと思います。

(2)の+端子、グランド間に接続する抵抗Rについては、極端にオフセット電流の大きなオペアンプ
でない限りは、オフセットによって決めるよりもアンプとしての入力インピーダンス(抵抗)をいくつ
にするか、によって決ると考えてください。
すなわち、この構成の増幅器の場合入力インピーダンス(抵抗)は、ほぼZi=Riになり、

(3)このRの値は、
R=Ri//Rf=Ri・Rf/(Ri+Rf) ;RiとRfのパラ接続抵抗値にしますが、もしRf>>Riなら、R=Riにします。

*この構成では、+側の”交流電位”はゼロ[V]ですから、-端子の”交流電位”もゼロ[V]になります。
したがって入力端から見た入力インピーダンス(抵抗)は、Riになるわけです。

図がないので解りにくいかも知れませんが、この内容を図に書いてみれば解りやすいと思いますので
やってみてください。

★この回答に疑問がある、間違いだという向きがあるかもしれませんが、その際は遠慮なく別回答を
お寄せください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

遅くなりましたが、ありがとうございました。
大変分かり易く、参考になりました。

お礼日時:2002/01/27 02:18

既に反転増幅器の説明がなされていますので。

補足のみ。Riは入力インピーダンスになりますので、つながる信号源のインピーダンスより大きくする必要があります。アンプなどのアクティブな信号源ならドライブ能力を超えないように選びます。つまりImaxの電流が流せる信号源でVmaxの出力を出す信号源ならRi>Vmax/Imaxにします。大きければその分雑音が増加しますので必要以上に大きくしないようにします。Rfは必要なゲインにより一義的に決定されてしまいます。
入力バイアスの保障用の抵抗R=Ri//RFはバイポーラタイプのOPAMPのように入力バイアス電流によるオフセットを保障するためのものですので、FET入力のOPAMPには必要ありません。ただ雑音を増やすだけです。R*Ib
(Ibは入力バイアス電流)がオフセット電圧になりますのでこの値が目的のオフセット電圧値より小さければやはり必要ありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

遅くなりましたが、ありがとうございました。
参考になりました。

お礼日時:2002/01/27 02:21

大学で実験物理をやっている者からコメントします。



問題は(2)ですね。
OPアンプ回路のゲインを定めたとしても、考えられる外付け抵抗の組み合わせ方は無数にあります。最適な抵抗値を如何に決めるかという問題です。

一般論としては、前段につながる回路(センサー)系の出力抵抗、問題とするノイズの種類、周波数特性、抵抗の誤算の出やすさ、電流許容範囲などが、先ず考慮すべき事柄ということになります。例えば、大きな抵抗値の組み合わせを使うと、電流性のノイズやバイアスの影響を受けやすく、かつ、高周波特性も不利になります。一方、抵抗が小さいと、前段の出力抵抗の影響による誤差が出やすくなり、また、電流的な負荷が過重となる危険も出てくる、といった具合です。その他、詳しい説明は、OPアンプ回路のテキストや雑誌記事に多数あるはずです。

ただし、近年は性能の方向を特化したOPアンプが数多く開発されておりますので、一般論は役に立たないことも多いです。例えば、OPアンプの種類によっては、帰還抵抗を100Ω以下にせよとか、「オフセットを打ち消す為の抵抗R」はつけない方がいいとか明記されていたりします。現実的には、まずどのような性能を重視するかという方針を決め、それに適するOPアンプICを選び、その後に、そのICのデーターシートを見て、推奨の回路方式と外付け部品の定数を選ぶというのがうまい方法です。結局、どういう目的に使うのかが明確でないと、設計の最適化はできないということです。

ところで、出題者の真意云々のことですが、このような回路製作の実際をよくご存知の方が、「本を写したりするのではなく、自分の責任で製作する立場に立つことを想像して、少し本気で考えてくれよ」という気持ちで出された問題ではないかと思います。「浅はか」などと言わずに、書きたいことが湧き出てくるように勉強されることをお勧めいたします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

遅くなりましたが、ありがとうございました。
参考になりました。
ちなみに説明する程の解答欄がないので・・・やっぱり出題の仕方が変です。
何せ、図以外は何の条件も与えられてないのですから・・・。

お礼日時:2002/01/27 02:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q反転、非反転、減算回路について教えてください

(1)反転増幅回路と非反転増幅回路とを比較すると、入力電圧と
   出力電圧の周期波形が、反転増幅ではずれており、非反転増幅
   ではほぼ一致している、なぜずれが生じるのか教えてください
(2)(1)のずれの名前を教えてください
(3)同じ抵抗の組み合わせを使用したにもかかわらず、増幅率は反転回路より非反転回路の方が大きくなるのはなぜですか?
(4)減算回路の波形の一部が削られてしまう理由を教えてください
   

Aベストアンサー

(1)反転増幅器では出力波形は入力波形の振幅が正負入れ代わりますので、正弦波を入力した場合、位相が180°(πラジアン)ずれたような出力波形になります。非反転増幅器ではただ増幅されるだけですから、出力波形の位相は殆ど入力波形の位相と同じになります。

(2)180°(πラジアン)の位相進み または 180°(πラジアン)の位相遅れ

(3)参考URLを見て頂ければ同じ抵抗の組み合わせでも
反転増幅器の増幅率は -Rf/Rs
非反転増幅器の増幅率は {1+(Rf/Rs)}となりますから
符号は別にして、増幅率が非反転の方が1だけ大きくなります。

(4)減算回路でなくても、
OPアンプの入力端子や出力端子に加わる電圧が、OPアンプの電源電圧の範囲を超えると、出力電圧の振幅は正負側の越えた部分の波形の頭はカットされて、振幅制限された出力波形になります。

参考URL:http://www.mizunaga.jp/opamp.html

QRF増幅器のRFとは何の略ですか。

RF増幅器、RFアンプ、のRFは何の略ですか。
また、RFアンプとはどのようなアンプのこと
ですか。詳しいウェブサイトがあったら
ご教示ください。

Aベストアンサー

Radio Frequencyの略です。
高周波またはラジオ周波数といいます。
RFアンプと言うのは高周波帯を増幅するアンプです。
簡単にことをいえばラジオやテレビで放送された電波を受信してこれを強い電波に増幅するのがRF増幅です。

Qエミッタ接地における出力信号の反転について

あけましておめでとうございます。
新年そうそう申し訳ございませんがよろしくお願いいたします。
(1)エミッタ接地回路における入力信号と出力信号の関係についてですが、ベースバイアスを加えた場合には、出力信号は入力信号に対し反転しているのですが、ベースバイアスなしの場合ではも同様に反転するのでしょうか。あくまで、出力信号が反転するのはベースバイアスを加えたときだけなのでしょうか。

(2)この出力信号の反転について、なぜ反転して現れるのでしょうか。理論にこだわりすぎで、このようなものはよく結果として得られるものもあるかと思いますが、どの回路で・・・というか、どのような仕組み、原理から反転しているのでしょうか。

(3)この反転は出力信号で現れますが、コレクト電圧(コレクト-エミッタ間電圧)において、入力信号に対して反転して現れているのでしょうか。

細かい事項で申し訳ございませんがヨロシクお願いいたします。

Aベストアンサー

 エミッタ接地トランジスタ回路における出力信号(電圧)は、入力信号(電圧)に対して反転します(位相が逆になります)。ベースにバイアスを与えるかどうかには関係しません。

 入力信号(電圧)によってベースに電流が流れ込むと、それがコントロール作用をして、コレクタに増幅された電流が流れることが可能になります。電圧増幅するためにはコレクタに一端を電源に接続した負荷抵抗をつけるわけですが、コレクタを通じて負荷抵抗に増幅された電流が流れると、コレクタの電圧は接地側に近づくので、コレクタから取り出す出力信号(電圧)は原理的に入力信号(電圧)に対して反転します。

 エミッタに抵抗をつけ、この抵抗を介してエミッタを接地すると、エミッタの出力信号(電圧)は、入力信号(電圧)と同相になります(反転しません)。

 コレクタとエミッタの両方に抵抗をつけると、コレクタ出力電圧は反転し、エミッタ出力電圧は反転しません。

Q微分回路の理論式 画像の積分回路の理論式の導出手順を参考にした微分回路の理論式を求めてほしいです。

微分回路の理論式

画像の積分回路の理論式の導出手順を参考にした微分回路の理論式を求めてほしいです。

Aベストアンサー

回路? 単なるコンデンサーの電圧と電流の関係式ですよ。

オペアンプの入力側に抵抗 Rs が、出力側に静電容量 C のコンデンサーを接続した積分回路なのではありませんか?

微分回路を作りたければ、静電容量 C のコンデンサーを入力側に、抵抗 Rs を出力側にすればよいのです。
↓ こんな構成に。
http://www.nteku.com/opamp/opamp-differential.aspx

そうすれば、
 Vout = -Rs * Ic = -Rs * dQ/dt = -Rs * d(C*Vc)/dt = -Rs * C * d(Vin)/dt
です。

Q左右反転した「AMBULANCIA」

テレビを見ていると、外国の救急車の前面に、左右反転した文字で「AMBULANCIA」と書かれていました。
試しにGoogleで「AMBULANCIA」を画像検索すると、「AMBULANCIA」の表記が反転した救急車と反転していない救急車が出てきます。また、一台の救急車の前面に、反転した「AMBULANCIA」と反転していない「AMBULANCIA」が併記されたものまであります。

反転している意味は何なのか、教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

文字を反転させた救急車は実は日本にもあります。名古屋市の説明をご紹介します。
http://www.city.nagoya.jp/kurashi/category/20-3-5-2-2-5-0-0-0-0.html

で、海外ではどうかとググッてみました。
http://www.bubblews.com/news/583563-why-ambulance-posts-reversed
「バックミラーごしに、きちんと”救急車”という文字が見えるので、高速道路などが混んでいる時より円滑に道をゆずってもらえる」
とありました。私も海外で運転をしますが、サイレンは聞こえていても、自分が後を振り向いて救急車を確認できない時などがありますので、ミラー越しに文字が確認できるのはなるほどと思ったことがあります。

Q電気回路の抵抗について

ツェナーダイオードと,5Ωの直列回路の抵抗を
テスターにて測定したのですが,2MΩも,出てしまいます。
なぜでしょうか?
確か,ツェナーダイオードって,ある程度の電圧がかからないと,
抵抗が小さくならないのですよね?
その電圧が,テスターの掛ける電圧よりも高いのでしょうか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ダイオードは順方向でもある一定の電圧をかけないと、殆ど電流が流れません。ツェナーのように雪崩現象を起こさせる素子ともなればなおさらで、普通のテスターごときの電圧では導通も微少です。

ですからご質問の最下行のとおりです。

Q物質の持つ基本的な値の反転

ある小さな磁石に強烈な磁石を近づけ場合、その極が同じ向きなら小さな磁石の極は反転するのでしょうか?

また、あるプラスとマイナスの対になった電荷を持った物体に、強烈な電荷を持つ物体を近づけた場合、その極が同じ向きなら前者の電荷が反転するような事象は起こるのでしょうか?

その他、物質の持つ基本的な値(例えば電荷・スピン・その他正負がある値)が、何らかの作用により反転する事象がありましたら教えてください。

但し、これらは保存則を成立させるため、単独で極性が反転することはないと思うので、ある値が反転したら、その反対の値がまた反転するはずだと思います。

Aベストアンサー

> 例えば1T(テスラー)程度の磁石に1cm程度離して電磁石を置いたとき、電磁石の電流を増加させて磁力を大きくさせた場合、何T(テスラー)程度で磁石の磁極の反転が開始するのでしょうか?

 下の回答で書いた保磁力とは、一度ある方向へ完全に磁化を向けてある磁性体(この場合は磁石)に対し、磁化と逆方向の磁場をかけて逆磁場の強さを強めていき、磁性体の磁化がゼロになった時の磁場の強さで定義します。磁化がゼロというのは実際には、磁性体の中の磁区(小さな磁化領域)の方向が元の方向と逆方向の間で分布して、全体として磁化がゼロに見える状態です。
 磁石材料で、この磁化の反転を阻止する主な原因は、磁石材料の持つ結晶磁気異方性と呼ばれるもので、磁化の素となる原子レベルでのスピンが、結晶の特定方向に安定して留まり易い性質です。ただし、他にも、磁区構造の反転にかかわる磁壁移動の容易さ(これは、磁石材料の結晶粒界の出来具合などが影響する)など、いろんな要因も関係しています。また、磁石は通常多結晶なので、磁石の中で結晶磁気異方性の方向もバラバラに向いており、ある磁場の値で揃って一斉に磁化の向きを反転するわけでは有りません。
結晶磁気異方性だけを考えた場合ですが。ほぼ磁性体の磁化方向を揃えた磁場(飽和磁場と言います)から徐々に+方向の磁場の値を減らしていくと、まず無理矢理磁場方向に向けられていた磁区の磁化の中で、比較的動きやすい状態のものから順に結晶の磁化安定方向へと磁化の向きを変えていきます。ただ、磁石材料の場合には、この結晶の磁化安定方向を比較的同じ方向へと揃えて作ってあるので、それほど極端には磁化方向は回転しません。やがて、かけている磁場をゼロにまで減らします。このゼロ磁場状態で示す磁化を残留磁化と呼び、出発時点での磁化(飽和磁化)で割った値を角形比と呼びます。この角形比の1に近いものが良い磁石と言われます。たぶん、出来の良い磁石なら、この時点では1,2%程度の磁化減少ぐらいでしょう。
 そして、今度は-方向に磁場をかけていくと同じような感じで徐々にそれぞれの磁区の中の磁化は、多少のバラツキを持って反転していき、角形比の良い磁石なら保磁力付近で急激に磁化反転が進み、一気に逆方向に磁化が向きます。
 ですから、回答としては、磁石の磁化は逆方向の磁場を加えた場合も、逆磁場を加えると直ぐに磁化反転は徐々に始まり、保磁力付近の逆磁場で急激に磁化反転が進む、です。

> その場合、ある値で一気に磁石の磁極の反転が起きるのでしょうか?
> あるいは、電磁石の磁力に比例して、磁石の磁極の反転の割合が比例して増加するのでしょうか?

 磁化反転は相転移のようなものではないので、一気に起こる現象ではないです。棒の両端にぶらぶらと同じ重さの重りをぶら下げたようなものを考えれば良いでしょうか。その棒の真ん中を滑りの良い軸で支えると、棒は地面に平行な状態で安定になるでしょう。これが磁石の中の一つの磁区の磁化の出発状態です。磁場を加えて反転させるという作業は、この棒に力を加えて徐々に回転させていくようなものです。回転させる力を徐々に増やしても、最初は棒はゆっくりとしか回転していきませんが、ちょうど棒が地面に垂直になった付近、これが磁化反転での保磁力付近で急激に、回転(反転)が進みます。

> また、電磁石の磁力を大きくさせた場合、磁石の磁極の反転する割合は、量子力学か固体物理学(?)等の式を使用して計算できるのでしょうか?

 磁石の磁化反転はマクロな物理現象なので、量子力学は表だっては出てきません。理想的な磁石として結晶磁気異方性だけを考えるなら、磁化の回転角と磁場の関係は普通の力学計算で計算出来ます。

> 例えば1T(テスラー)程度の磁石に1cm程度離して電磁石を置いたとき、電磁石の電流を増加させて磁力を大きくさせた場合、何T(テスラー)程度で磁石の磁極の反転が開始するのでしょうか?

 下の回答で書いた保磁力とは、一度ある方向へ完全に磁化を向けてある磁性体(この場合は磁石)に対し、磁化と逆方向の磁場をかけて逆磁場の強さを強めていき、磁性体の磁化がゼロになった時の磁場の強さで定義します。磁化がゼロというのは実際には、磁性体の中の磁区(小さな磁化領域)の方向が元の方向と逆方向の...続きを読む

QR=r//Ri

R=r//Ri
これって RはrとRiが平行のときの合成抵抗ってことですか?

Aベストアンサー

出所は不明ですが、私の周りではその意味(rとRiの並列合成抵抗値)
で使っているみたいです。

Q反転アンプ

OPAMPを使った増幅回路で反転AMPは音がよいという定説があります。実際私もOPA604で非反転と反転AMPをそれぞれ作って聴き比べました。ゲインは4倍です。反転のほうが音が柔らかく、ホールトーンの響きがよいと感じました。なぜでしょうか? よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

昔、直流から使うアンプを作るためいろんな方式のアンプを精密に測定したことがあります。デスクリートアンプ、オペアンプ、両方とも各種測りました。反転アンプの方が性能が良かったので、結局全て反転アンプを採用しました。

理由は、反転アンプだと初段の差動回路の電位が変動しないためです。非反転アンプだと差動回路の電位が入力信号に追従して変わるので、差動回路の周りに付いている回路に影響を与えます。負荷抵抗、ソース(エミッタ)側の定電流回路、差動回路自身、が電位変動の影響を受けて特性が変化したり、電流が変化したりしました。

このため、ゲインの直線性、波形の再現性、などほとんど全ての性能で非反転増幅器の方が悪くなります。ゲインを1倍に近づけるほど差が大きくなりゲインを100倍ぐらいにするとあまり差がなくなります。

そうですか、音も違いますか。性能が違うのでありそうなはなしです。こんど試してみようと思います。

Q無線工学 LCR回路 合成抵抗 電流

図に示す回路において、抵抗R に流れる電流の大きさの値は?
ただし、交流電源電圧は100〔V〕、R の値は3〔Ω〕、コンデンサC1 及びC2 のリアクタンスの大きさは、それぞれ5〔Ω〕及び20〔Ω〕とする。

とういう問題において、理解することができません。
出来るだけ解りやすく、教えていただけませんか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

下のほうにあった雑音指数の問題は、解決されたのでしょうか?
さっき、解答を投稿したら、問題が削除されてしまっていました。
折角書いたので、ここに書いておきますね。

--------------------------------------------------------
アンプの雑音指数の利得をG1,G2・・・Gn、雑音指数をF1,F2・・・Fnとします。また、多段接続したアンプの総合利得をG、総合雑音指数をFとすれば、次の関係式となります。
F=F1+{(F2-1)/G1} +{(F3-1)/G1・G2}+・・・+{(Fn-1)/G1・G2・・・Gn-1}

この問題では、2段ですので、
F=F1+{(F2-1)/G1}
となります。
ただし、利得も雑音指数もデシベルではなく、真数の部分で計算します。

7dBは、7=10logF1より、F1≒5
10dBは、10=10logG1より、G1=10
13dBは、13=10logF2より、F2≒20

以下省略

答え 6.9(約7?)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報