先日ホテルニューオータニのレストラン「BLUE SKY」で食事をした。
360度回転する変わったレストランだ。
従業員から「回転するのは、戦艦大和の技術が使われています。」との説明を受け、大変驚いた。
ホテルのレストランと戦艦大和?ミスマッチに見えるが?
いったいどういう事なのか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

戦艦大和に載せてある巨大な大砲の台座を回転


させる技術をホテルの回転レストランを駆動さ
せる技術に応用したということです。

そもそもホテルに展望レストランを作ろうとし
たのは着工してからのことで、オーナーの大谷
氏の発案によるものでした。オーナーの発案で
すから軽視するわけにはいきません。しかし、
いきなり回転するレストランといわれてもそれ
を駆動させる技術など無いように考えられてい
ました。

そのころ、戦艦大和に限らず旧日本軍の軍需産
業に勤めていた技師の多くは建築をはじめとし
た民需産業に移っており、彼らのノウハウが回
転レストランに転用され、世界に類を見ないあ
の建物が完成したわけです。

建築に関わらず、タンカーの製造や精密機械に
関する技術など軍需から民需へ転用された技術
も非常に多く、日本の経済発展に多大な貢献し
たことは私たち日本人として忘れてはならない
と感じますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
戦艦大和は、あの「沖縄特攻」で米軍空母艦載機の猛攻撃で撃沈されました。
しかし貴方のご指摘の通り、大和建造に結集された技術は、「遺産」となって、この例に限らず戦後さまざまな分野に応用され、日本の復興に多大な貢献をしました。
大和の「死」は、決してムダではなかったと言えるでしょう。

お礼日時:2006/02/27 09:47

戦艦大和の砲塔、非常に重いものなのです。

3千トン近いそうですから、ちょっとした船1積分の重さですね。
砲塔、敵艦に向けて回転させる必要があるのですが、ガタもなく回転させるためにベアリングなどに工夫があるそうです。
ニューオータニの回転レストラン、このあたりの技術が使われているそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

主砲塔1基で3000トンですか。
確か大和には、主砲は3基搭載されていましたから、いかにデカい船か、改めて思いしらされました。

お礼日時:2006/02/27 09:49

46センチ3連装砲塔3基(9門)-いわゆる大和の主砲です。


この主砲の砲座を回転する技術を用いて、ホテルニューオータニのレストランは回転するようになっています。
ここら辺りが、大和と関係があるという理由でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

今から65年以上前に、この様な高度な技術が日本にあった事に驚かされました。
ただ、残念なのは日本に「先見性」がなかった事です。

お礼日時:2006/02/27 09:53

主砲(砲塔)の回転技術。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2006/02/27 09:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qホテルニューオータニ回転レストラン

ホテルニューオータニのザ・メイン17階回転レストラン

「VIEW&DAINING THE SKY」

が、戦艦大和の主砲塔旋回コロの技術が使われているという。
どんな構造のコロなのだろうか?

Aベストアンサー

過去に同様の質問がありました。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/1992373.html

歯車が斜めになっているのが大和の砲塔で開発された構造のようです。
http://www.unexpectedprices.com/main-220.html

開店レストランや開店展望台に着いて纏めたブログがあります(ここには落ちているけど、秋の気配が感じられます。男鹿の寒風山や神戸のポートタワーにもにもあったはず)。
http://blog.goo.ne.jp/asabata/e/66b82ad6365e85cec723c42413f2ffcd

これによると、1950年代末から1960年代中期にかけて建設ラッシュがあったようで、ニューオータニ以外でも艦船設計の技術者が関わっているケースは多そうですね。

Q戦艦大和の砲台と回転展望台

戦艦大和の巨砲を旋回させる技術が戦後某有名ホテルの回転展望台を実現させたそうですが、日本における類似の軍事技術の平和利用の例があったらおしえてください。

Aベストアンサー

いっぱいありますよ。
金属関係ではジュラルミンやアルミ等合金の発達に繋がり
アルミは零戦の時高剛性の物を開発していました。
溶接技術は後に放電加工機に受け継がれ、
放電加工機とは放電に依って金属を溶かし形にしていくのですが、この機械によって精度の良い部品やプラスティック成型等が出来るようになり、
日本の金型技術が世界一になっていきました。
通信関係は八木アンテナやテレビ等
また、飛行機は自動車へ、大和の技術は世界最大のタンカー等造船技術、戦車はブルドーザ等キャタピラの建設機械へ技術が移転していきました。

又思わぬ所では昭和30年に後楽園遊園地に日本初国産ジェットコースターは、
川西飛行機の技術者の設計製作です。
細かく上げれば切りがありません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報