「教えて!ピックアップ」リリース!

交差点を左折するときの状況です。
車道より一段高い歩道があり、一段低くなって車道、白線、直進・左折レーン白線、右折レーン白線、対向車線。
という道路です。白線は実線です。
歩道があって白線があるのですが、その歩道と白線の間にバイクが2台入りそうなぐらいの余裕があります。
なのでバイクが来ないように白線を超えて歩道よりによって、信号待ちし左折したところ、同乗者より線超えていいの?をいわれ、いいんじゃないのか、と答えたがいまいち自信がなくてがなくて質問します。
歩道が独立して設けられている場合は目いっぱい左によっていいのでしょうか?
教えてください。

A 回答 (6件)

おかしな判例が出ているようですね。


事実なら、各県の公安委員会の路上試験の基準が間違っていることになります。
実際のところ、左折時に線を踏まないと減点されますから。
私は、試験後に試験官から、「線を踏んで幅寄せするよう」アドバイスされました。
    • good
    • 9

気になる判例(大阪高裁の左折車とバイク衝突事故)で


『車道外側線の左側部分は,車道とはいえないことが明らかであり,したがって,車道ではない,このような部分を車両で通行することは通行区分に違反し,特別の場合を除いて許されないものと解すべきである』
ということなら 車、バイク、人 全て走行してはならないようですが

参考URL:http://homepage3.nifty.com/theroad/topics009.html
    • good
    • 3

ただ注意しなければならないのは、既に車の横や斜め後方から自転車などがぴったり来ている場合は、強引に寄せず自転車を先に行かせた方が無難です。

(ちなみに道路交通法上、自転車は車道です。)

無理に寄せて衝突すると、本来防止するはずの「巻き込み事故」になり、本末転倒です。

車は自転車と衝突しても「強度」は「強い」ですが、「立場」は「大変弱い」のでぶつかると責任重大です。
自分も驚きましたが、スケボーに乗って飛び出した子供とぶつかっても100:0で負ける程です。
    • good
    • 2

みなさんご指摘の通り、踏んでいい外側線ですね。



これ、路上試験の採点ポイントなんですね。
左折時には、これを踏んで左に寄せないと、減点されてしまいますから注意が必要です。

私も大型二種を取得してから、意識して左に寄せるようになりました。
巻き込み事故防止にも有効だと思います。
    • good
    • 2

前の方が仰せの通りそれは路側帯ではなく車道外側線という線でそれは車道に含まれます



なので左折の際は巻き込み防止のため線の中に入って左に寄りましょう

歩道がない場合は路側帯となり進入は禁止です
    • good
    • 5
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
はい、車道外側線ですね。
歩道がない場合は路側帯で進入禁止、覚えておきます。

お礼日時:2006/02/27 12:03

こんにちは。


歩道が段差などでちゃんと設けられている時は、白線は路側帯ではなくて、車道外側線です。
これは進入禁止な物ではないので、左折時など巻き込みを防止する為に詰める時などは入ってかまわないものです。
というか、事故防止のためには、普通入ります。

#つい先月免許とったばっかりで、徹底的に覚えさせられました。(笑)
    • good
    • 4
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
車道外側線ですか、覚えておきます。
左折時の巻きこみ気をつけます。

お礼日時:2006/02/27 12:01

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング