多糖類の加水分解は希硫酸等の酸性溶液中でおこなう
ことになっていますが、どうして酸性なのでしょうか?
H+イオン濃度によって加水分解の速度に差がでるとしたら
いったいなぜなのでしょうか?よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

rei00 です。

お礼拝見しました。

> いつもお世話になっております。
 そう言われると,お恥ずかしいです(お世話なんて・・・)。実はこの質問,大学生の方のつもりで回答したのですが,回答歴を拝見すると社会人の方のようですね。それでしたら,チョット不親切だったかと思いますので,以下補足致します。

> 環状構造をとる単糖類どうし-OH基からH2Oが脱水縮合して
> 多糖類を形成する
 これで良いのですが,脱水縮合する時の2つの OH 基の一方は,環状構造をとった時に出きるヘミアセタ-ルの OH です。そのため,この部分はアセタ-ルになります。具体的には,下1番目ののペ-ジ(高等学校_化学_テキスト)の「化学 II」の「Chapter 3 天然高分子化合物」の「3.2 糖類」をご覧下さい。

> 酸性溶液中でおこなうことになっていますが、
> どうして酸性なのでしょうか?
  まず参考のために,下の2番目のペ-ジ(おもしろ有機化学ワ-ルド)の「基礎有機化学講座」の「13.反応6 求核付加反応(カルボニル化合物)」の図24と説明24をご覧下さい。図24に糖の環状構造の生成について出ています。
 今,糖の環状構造を R-O(環)-CRH-OH と書くとすると,糖と糖の結合の形成反応は次の様になります(判り難くて済みません)。

 R-O(環)-CRH-OH + H+ ⇔ R-O(環)-CRH-O(+)H2 ⇔
 [ R-O(環)-C(+)RH ←→ R-O(環)(+)=CRH ]+ H2O
 R-O(環)-C(+)RH + R'-OH ⇔ R-O(環)-CRH-O(+)HR ⇔
 R-O(環)-CRH-OR' + H+
 ⇔:平衡反応,←→:共鳴混成体

 ここで,途中に出きる[ R-O(環)-C(+)RH ←→ R-O(環)(+)=CRH ]が共鳴によって安定化されるため,酸触媒によるこの反応はどちらの方向へも容易に進行します。

 一方,塩基触媒で加水分解が進行するとすれば,その機構は,OH- イオンによる求核置換反応になり,脱離基はアルコキシド(R'O-)になります。アルコキシドは非常に脱離しにくいですので,この反応は非常に起こりにくい反応になります。なお,酸触媒の場合は,酸が付加することで,悪い脱離基の RO- を良い脱離基の R-OH に変えています。

> H+イオン濃度によって加水分解の速度に差がでるとしたら
> いったいなぜなのでしょうか?
 上に示したように,酸触媒での反応が進行するには,H+ が付加して良い脱離基を持った R-O(環)-CRH-O(+)HR が出きる必要があります。この構造は H+ イオン濃度が高い程出来やすいですから,H+ イオン濃度が高い程反応速度は速くなります。

 いかがでしょうか。必要なら補足下さい。

参考URL:http://www.ed.kanazawa-u.ac.jp/~kashida/, http://www.geocities.co.jp/Technopolis/2515/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなって申し訳ありません。
カルボニル化合物の求核付加反応で、反応機構が酸触媒下と
塩基触媒下で異なっていて、塩基触媒下ではアルコキシドが
脱離基になっていて、反応が起こりにくいんですね。
詳細なご説明ありがとうございました。
糖の環状構造をテキストで表記する方法( R-O(環)-CRH-OH )を
考えるのも大変だったことと思います。本当に恐れ入ります。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2002/01/26 16:39

 多糖類の構造はお分かりですよね。

この糖と糖が繋がっている部分の構造をよく御覧下さい。アノマー位の構造は -O(環内酸素)-C(アノマー位)-O-(次の糖) となっています。つまりアノマー位はアセタール構造を取っています。

 したがって,アルカリ性条件では安定で酸性で加水分解されます。アセタールが酸で加水分解される理由は有機化学の教科書に詳細な機構入りで出ているはずです。詳細はそちらを御覧下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いつもお世話になっております。
私の知識が貧弱(有機化学は高校生程度)なので質問の仕方が
よくなかったかもしれません。私の知っている糖類の知識は
『糖とは多価アルコールの最初の酸化物でアルドースとケトースに分類される。
糖はアルデヒド基やケトン基の=Oが、糖内の-OH基と半アセタールを形成して
環状構造をとる場合が多い。環状構造をとる単糖類どうし-OH基からH2Oが
脱水縮合して多糖類を形成する』というものです。
今年になって過疎地に引越したため大きな書店に行けなくなって
しまいました。また機会があったら有機化学の教科書を読んでみたいと
思います。どうもありがとうございました。

お礼日時:2002/01/20 23:09

多糖類は単糖類が-C-O-C-結合で繋がったものだと思います。


真ん中の酸素原子に水素イオンが配位してオキソニュウムイオンを
形成するところから、加水分解反応が起こるからだと思います。
希硫酸から供給される水素イオンが触媒の働きをするのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳細なメカニズムは判りませんがH+イオンが触媒になっているということで
よさそうですね。ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/20 23:08

え~~!


多糖類は酸でも、アルカリでも、どっちでも加水分解するんだと思っていたのですが、違うんですか?
回答になっていなくてすみません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

実験書では希硫酸等の酸性溶液中でおこなうことになっているようです。
実験では中性でも温度さえ高ければ加水分解は進みます。アルカリ性では
実験してみたことはありません。

お礼日時:2002/01/20 23:07

こんばんは。


糖類はアルカリ性水溶液中では重合反応を起こして黒い物質になるカロメル化反応(もしくはカロメル反応)を起こすからではないでしょうか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

カロメル化反応は知りませんでした。Webで調べてみたのですが
カロメル(塩化第一水銀)やカロメル電極のことしか
わかりませんでした。こんど機会があったらチェックしてみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/20 23:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q溶液濃度測定方法(重曹&塩化カルシウム溶液)

重曹溶液(0.5%前後)と塩化カルシウム溶液(0.1%前後)をそれぞれ供給しているラインがあるのですが、実際に目的の濃度になっているのか確認する為の測定装置を探しています。
カタログやインターネットで探しているのですが見つけられず困り果てております。
重曹溶液は0.05~0.1%程度の精度、塩化カルシウム溶液は0.01%の精度で測定したいです。
ポータブルタイプで簡単に誰でも測れる物が理想ですが、そのような商品が存在しない場合は実験器具を使用して滴定したりする事も視野に入れておりますので、こちらの方法も併せてご教授願います。

Aベストアンサー

前の方が書いてあるとおり、重曹はpHメーターで塩化カルシウムは塩化物イオンを測定すればいいと思います。はじめに目的の溶液を調製してpHと塩化物イオンを測定して、これに外れないようにすればいいのはないでしょうか?ただし、共存イオンの影響もあるかもしれないので、メーカに使用目体を話して目的のメーターを選択すればいいと思いますよ。参考までに下記ホームページをご覧下さい。

http://www.toadkk.co.jp/product_ex/rseries/rseries6_4.html
http://www.rex-web.jp/sui/kan1501.htm

Q緩衝溶液の濃度は何の濃度?

例えば10mM酢酸(ナトリウム)緩衝溶液とあるとき、
10mMとは何の濃度のことですか?
ほかで調べてみると[CH3COOH]と[CH3COO-]の合量のように
理解しましたが、それでいいのでしょうか?

Aベストアンサー

通常は、CH3COOHとその共役塩基CH3COO^-の濃度の和が10mMである事を表します。
[CH3COOH]+[CH3COO^-]=10mM
例えば、10mMのCH3COOHとCH3COONaを等量加えた場合などにこの緩衝溶液が出来るでしょう。

Q溶液の濃度と輸液の濃度について

20%グルコース溶液を作成する場合は、グルコース20gに水80mlでいいんでしょうか?輸液について書かれているサイトに、「5%ブドウ糖液は、溶液100ml中にグルコースが5g溶けているということ」と書かれてありました。…ということは、20%グルコース液を作る場合は、グルコース20gに水100mlを加えるのですか?頭が混乱しています。回答をお願いします。

Aベストアンサー

混乱を招いて大変申し訳ないです。
自分もすっかり質量パーセント濃度について忘れていました。
パーセント濃度つまりは百分率には二種類あるのです。ひとつはpiccapeccaさんが高校の時に習った通り「溶質(g)/溶液(g)×100%」というと質量(重量)百分率(w/w)というものと先ほど、お答えしたように「溶質(g)/溶液(ml)」と質量体積百分率(w/v)というものです。
piccapeccaさんがみたサイトには後者で書いてあったということですね。
尚、経験上の話ですが、質量パーセント濃度(w/w)は殆ど使いません。なぜかというと、例えば5%グルコース溶液を試験管に入れるにホールピペットなどを使い、体積で入れることが多いのでw/wでは何グラムグルコースが入っているのかわからないからです。その点、w/vなら何グラム入れたかわかりやすいためw/vを使います。一応、w:weight重さで、v:volume体積のことです。

Q希硫酸の濃度変化について教えて下さい。

大気中で35%程度の希硫酸をビーカー等に放置し続けると、水分が蒸発して、どれくらいの濃度迄高くなるものなのでしょうか?

それから、濃硫酸になると大気中の水分を奪うと聞いたのですが、湿度の変化でどれくらい影響され変化するものなのでしょうか?

ポリカーボネートに付着し場合、どれくらいの濃度から、プラスチックを侵すようになるのでしょうか?

Aベストアンサー

大変古めかしい画面ですが、
http://www.fpri.asahikawa.hokkaido.jp/rggetu/04444005001.pdf
の、1/3くらいのところに、硫酸の濃度と平衡湿度の表があります。

どのくらいの湿度が、どのくらいの濃度に相当するか、ご覧ください。

それによると、35%の硫酸液は相対湿度65%に相当します。

これより湿度が高ければ、硫酸液は薄まるし、湿度が低ければ、水が蒸発するわけです。

ポリカーボネートの耐性は、
http://www.kyowa-r.com/catalog/proof.html
によると、室温30%は二重マルですが、70度30%は「何とか使用に耐える」というところのようです。
濃硫酸はダメですね。

Q揮発性物質の溶液濃度とヘッドスペースガス中濃度の関係

揮発性物質の溶液濃度とヘッドスペースガス中濃度の関係
臭気分析の初心者です。
密封バイアルにメチルメルカプタン水溶液を入れたとします。溶液中のメチルメルカプタンの濃度と、ヘッドスペースガス中のメチルメルカプタンの濃度は比例するのでしょうか?
例えば・・・仮に10%メチルメルカプタン水溶液のヘッドスペースガス中のメチルメルカプタンの濃度が100ppmだった場合、5%メチルメルカプタン水溶液のヘッドスペースガス中のメチルメルカプタンの濃度は、50ppmになるのでしょうか?

Aベストアンサー

手元に資料がないので、記憶で答えます。他の揮発成分をヘッドスペース法で分析したことがありますが、GC分析にかけると直線性がありました。 このとき、バイアル瓶の上部で凝縮がおこると結果に影響が出る可能性があるので注意(バイアル瓶の保温など)が必要です。 また、原理は単蒸留の原理(気液平衡)で説明できると思っています。したがって、質問の領域で液相の濃度と気相の平衡濃度が直線近似できるかどうかの問題です。 物理化学か化学工学のテキストで確認してみてください。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報