日本の公害問題でその原因物質となった元素のHgとCd。
公害の問題となった原因について、その性質を用いて説明
して欲しいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんにちは


GLAYaddictさんは大学2年くらいかな?
ADEMUさんの述べられているとおりだと思いますが、若干ヒントの補足をします。HgやCdについてはご存知だと思いますのでサイトを当たって下さい。その時代背景を補足します。
水銀の毒性については当時から良く知られていましが、その特異な性質から多量に使われていました。石油化学の分野で触媒としても使用されるようになり、アルデヒドの合成などに使われました。悲劇だったのはアルキル水銀が合成時の副産物として生成されることが全く判っていなかったことと当時の技術では微量分析が出来なかったことが背景にあります。
Cdについては(イタイイタイ病の原因物質として異論を述べている先生も居ますが)Znと性質がよく似てますよね。原子吸光が普及していなかった時代、やはり
分析技術がなかった事も公害を防止できなかった原因の一つです。これも精錬時の副産物が汚染原因です。
    • good
    • 1

これも宿題ですか?


公害とは殆どが人体や環境に影響のあるものです。
なぜ影響があるのか考えてみて下さい。
「水銀」・・・水俣病や「カドミウム」・・・イタイイタイ病などは代表的な公害です。これらを検索すればヒットします。
これらの金属は人体(に限らず生体内に)に蓄積します(代謝されません)。食物連鎖も。
またこれらの金属には毒性があります。
この辺を参考に調べて見てください。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

水俣」に関するQ&A: 赤チンが無くなった理由

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q重い元素が、他の元素と結合することで、電気抵抗率が高くなる物質

重い元素が、他の元素と結合することで、電気抵抗率が高くなる物質

こんにちは、「化学」で質問させて頂くのは初めてで御座います。よろしくお願い致します。
さて、下記HPは、電気抵抗率の比較をしたものです。一番下の水晶(SiO2)を見ますと7.5*10^17Ωmと超高抵抗です。Siが、Oと結合することにより、元のSiより高抵抗になっております。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%BB%E6%B0%97%E6%8A%B5%E6%8A%97%E7%8E%87%E3%81%AE%E6%AF%94%E8%BC%83

下記は各元素の周期表の電気伝導率を示しております。これを見ますと、原子番号が大きくなりますと、そこそこ電気伝導率も高くなっているようです。Agよりも大きい原子番号の元素で、例えば、SiやOなどと結合して、水晶(SiO2)のように電気抵抗率が大きくなる化合物(というのでしょうか?)は、あるのでしょうか?
例として、PbとSiとOが結合したり、PuとSiとO、PuとO、PbとOが結合したりという物質です。
(これはあくまでも例であって実際にはこのような物質は無いかもしれません。)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%BB%E6%B0%97%E4%BC%9D%E5%B0%8E%E7%8E%87

よろしくご教示願います。

重い元素が、他の元素と結合することで、電気抵抗率が高くなる物質

こんにちは、「化学」で質問させて頂くのは初めてで御座います。よろしくお願い致します。
さて、下記HPは、電気抵抗率の比較をしたものです。一番下の水晶(SiO2)を見ますと7.5*10^17Ωmと超高抵抗です。Siが、Oと結合することにより、元のSiより高抵抗になっております。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%BB%E6%B0%97%E6%8A%B5%E6%8A%97%E7%8E%87%E3%81%AE%E6%AF%94%E8%BC%83

下記は各元素の周期表の電気伝導率を示しております。これ...続きを読む

Aベストアンサー

残念ですがそちらの考え方の先には何もありません。
鉱物学をお勉強され、結晶構造が物性にもたらす効果をざっとご覧になると分かると思います。
現在(もう流行りは終わったけど)重元素の関係では「相対論的効果」が比較的新しいところです。

Q化学基礎の問題です。元素か単体かどちらの意味で用いられているか(1)水には約89%の「酸素」が含

化学基礎の問題です。元素か単体かどちらの意味で用いられているか

(1)水には約89%の「酸素」が含まれている

(2)空気中には「酸素」が約20%含まれている

(1)が元素なのは理解できるのですがなぜ(2)は単体なのかがわかりません。

ご回答お願い致します

Aベストアンサー

(1)元素は物質の質というイメージ。分子の中に含まれる構成物。

(2)水や炭素,有機化合物の気体中の酸素をカウントするということは、窒素も同様にカウントする(二酸化窒素、自動車の排ガス等)ということ。
これでは酸素が20%と言えなくなる。
ということでしょう。

Q同じ元素の陰イオンの半径はその元素の原子半径より大きい。

ハロゲンの性質で質問です。

同じ元素の陰イオンの半径はその元素の原子半径より大きい。

どうしてでしょうか。

たとえば、塩素で考えると原子番号17番、陽子数17個。

つまり、17個の陽子で17個の電子をひきつけるより、18個の電子を引き付けるほうが、1個電子が増えた分、原子核と最外殻の(M殻)間の距離が大きくなるということでしょうか。

初歩的な質問ですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

高校化学ならば、その理解で大丈夫だと思います。

たとえ電子配置が同じでも、陽子の数が違えば
O(2-) > F(-) > Ne > Na(+) > Mg(2+)
と、陽子の数が多い方がイオン半径は小さくなります。

Q牛乳に酢をいれてチーズを作る!その原理をコロイドを用いて説明していただけますか

牛乳に酢をいれてチーズを作る!その原理をコロイドを用いて説明していただけますか

Aベストアンサー

え~と、コロイドというと、普通は、塩析、凝析の話をするんですが、このケースは違います。
タンパク質が乳化して液体の中に漂っていますが、大量の食塩を入れると、乳化に必要な分子が剥がれてしまって、油成分が固まるようになります。そして固体が出てきます。。。という話に。。。
で、出来上がるのは、油が主体のバターになります。

で、この話ではなく、
酢を入れると、タンパク質は、不可逆的な変性を起こし、小さく丸まってしまい、液体に溶けていられなくなります。その析出したタンパク質がチーズのように見えるだけです。
析出するタンパク質は、主にカゼインと呼ばれ、フルーチェを作る原理ですね。中学で良くやる偽チーズ作りの実験です。
似た仲間に偽醤油というのも。

Q1・2・17・18族元素の製法、性質、反応について

宿題をやるにあたって専門のサイトにいってそれを参考にしたいと思って探しているのですが、なかなか見つかりません。どなたか、上のタイトルのことについて詳しく書かれているサイトがあったら教えていただけないでしょうか?大学レベルでもかまいません。お願いします

Aベストアンサー

英語ですが
http://www.webelements.com/

日本語も一つ
http://www.suginami.ac.jp/study/chemistry/atom000.htm

この他にも多数在りますので
googleなどで「周期表」とか「periodic_table」
で検索すると多数引っかかります。

最も、図書館に行って化学大辞典などを調べる方が確実ですが。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報