キャッシュフローと総資本利益率との違いを詳しく教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

キャッシュフロートは、資金の流れから経営状況を把握する方法で、営業活動によるキャッシュフロー ・投資活動によるキャッシュフロー ・財務活動によるキャッシュフローと分かれます。


つまり、前期よりも資金が増えていれば、業績が上がったということです。
(参考
http://www.nikkei4946.com/today/basic/55.html)

総資本利益率は、次のように計算されて、会社の経営に透過している財産をどの様に効率よく運用しているかを表します。
この比率が高いほど、効率的な経営をしていて、業績がよいといえます。
総資本利益率=税引利益/資産合計(当・前年度末の平均)×100

ただ、総資本利益率が高くても、資金が効率よく運用されていないと、資金繰りに影響が出て、経営が苦しくなることがあります。
    • good
    • 0

キャッシュフローは企業活動によって1会計期間にどれだけ資金が流入し、


どれだけ資金が流出したかを表すものです。
総資本利益率はNo.2の方を参考にしていただくとして、その元の決算書は、
対税務署を意識しているため、企業の業績を正しく表しているとは限りません。
キャッシュフロー計算書は非常に信憑性が高く、例えば銀行から見れば、フリー
キャッシュフロー(営業活動CFから設備投資額をマイナス)の大きい企業は
安全性が高いと判断することになります。
    • good
    • 0

キャッシュフローって文字通りお金の流れを追ったモノです。


つまり利益構造を明らかにするものであり、
現在、投資家、融資家が最も重視するモノです。
キャッシュフローがしっかりしてれば今後も利益が見込めますから。
総資本利益率って数字ですよね?
じゃ、根本的に違うのでは?
詳細は専門家にまかせますけど。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんなに早く答えが返ってくると思わなくて、すごい嬉しかったです。ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/20 15:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q売上総利益率と営業利益率と経常利益率について

収益性分析などに使われる、売上総利益率・営業利益率・経常利益率は
それぞれ売上総利益・営業利益・経常利益を売上高で割って×100
で求めますが。
その際に算出された%は数値が高い方が良いのでしょうか?
低い方が良いのでしょうか?
合わせてROA・ROEも高い方が良いのでしょうか?
低い方が良いのでしょうか?
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

> その際に算出された%は数値が高い方が良いのでしょうか?
 『高い方が良いのか』と言う観点で答えれば、Yesです。

> 合わせてROA・ROEも高い方が良いのでしょうか?
 こちらも高いほうが良いと教わりましたが、「財務レバレッジ」に気を付ける必要が有ります。
 ROE⇒借入金が多くなれば、純資産は相対的に減少するので値が大きくなる
 ROA⇒借入金が多くなれば、総資産が増えるので値は小さくなる
http://www.nsspirit-cashf.com/inv_st/roe_roa.html

どの指標に於いても、何故高いのか?の分析が必要です。
又、本当に高いのかどうかは、対前年の値と比較したり、同業他社(業界の平均)の値と比較しなければ判りませんよね。

Qフリーキャッシュフローとキャッシュフローの違い

キャッシュフローとフリーキャッシュフローの意味するもの
は同じでしょうか?

現在、ファイナンス関連の勉強をしているのですが、例えば
問題文に
「キャッシュフローを求めよ」
と書いてあるのに、回答を見てみるとフリーキャッシュフローの
計算式を当てはめていたりするケースもあります(減価償却費の
扱い方も異なるかと思います)。

情報が整理しきれていない可能性、または何か重要な論点・考え方
が抜けているのではないかと感じています。

どなたか、ご教授いただけないでしょうか。

Aベストアンサー

その問題文というのを載せて頂ければ
答えやすいのですが。

キャッシュフロー>フリーキャッシュフロー
キャッシュフローという概念の中には、
フリーキャッシュフローも含まれる。
キャッシュフローはより広い意味を持つ概念
といえます。

あと、会計の世界でキャッシュフロー計算書
という書類がありますが、ここのキャッシュ
フローは、現金及び現金同等物を意味し、
一般的なキャッシュフローとは意味が異なった
りします。

問題を解いたとの事ですが、おそらく、
ファイナンスの問題で、キャッシュフローと
言えば、フリーキャッシュフローを意味するの
が当たり前だから、フリーキャッシュフロー
の計算をしている、そんなところだと思います。

Q総資本と株主資本と自己資本の違いについて

総資本と株主資本と自己資本の違いが分かりません。
経営分析などをする際に、例えば有名なROAを求める
計算式は 経常利益/総資本×100と書籍には書いてあります。
総資本はBSの純資産の部のどの項目(勘定科目)を見れば良い
のでしょうか?
またROEの計算式は 当期純利益/株主資本(自己資本)×100
と書いてあります。
この場合はどちらを使っても、良いという意味なのでしょうか?
つまり意味は同じと解釈して良いのでしょうか?
株主資本と自己資本の意味が違うなら、BSの純資産の部の
どの項目(勘定科目)を見れば、株主資本と自己資本
が分かりますでしょうか?
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

その言葉が使われる場面によって意味合いが違ってきます。

会計上は、従来は「株主資本=自己資本=純資産」という考え方でしたが、新会社法施行後は、資本金、資本準備金、利益剰余金、自己株式のことを「株主資本」と呼び、これに評価・換算差額等を加えたものを「自己資本」と呼び、さらに新株予約権、少数株主持分を加えたものを「純資産」と呼びます。
従って株主資本<自己資本<純資産という位置づけになります。

しかし財務分析で用いられる「株主資本や自己資本」はここまで厳密に考えなくても大まかに「純資産」を代用しても特に問題はないと思います。
要は同じ条件で比較すれば良いことですから。

なお「総資本」は貸借対照表の左側全部(あるいは右側全部)の合計額のことであり、いわゆる「総資産」のことです。
これも実際の分析では、経営に使用されていない資産(あるいは負債)を除いた「経営資本」が使われることもあります。

Q総資本営業利益率について

総資本営業利益率の算出式は
総資本営業利益率(%)=営業利益÷総資本×100
ですが、営業利益がマイナスになり、営業損失となった場合はどのように計算すればいいのでしょうか?

Aベストアンサー

> 営業損失となった場合はどのように計算すればいいのでしょうか?

そのまま計算します。
結果はマイナスの%になります。

平成10年度の資料ですが、中小企業では総資本営業利益率がマイナスの企業が30.6%、プラスの企業が69.4%でした。これに対して、大企業ではマイナスの企業が13.5%、プラスの企業が86.5%となっていました。

参考URL:http://www.meti.go.jp/statistics/downloadfiles/h2c7k1aj.pdf

Qキャッシュフロー見積法による貸倒引当金は、なぜ当初の約定利子率に基づく現価係数を使用するのですか?

A社の経営不振を理由に、貸付金180,000円の返済期限の2年延長と利子を4%から2%に変更したという場合のキャッシュフロー見積法による貸倒引当金の算定です。
変更後の利率2%を掛けるのは解りますが、なぜ変更前の利率4%の現価係数を掛けるのでしょうか?
2%に変更した以上、現価係数も2%のものを使うべきなのではないでしょうか?

Aベストアンサー

キャッシュフロー見積法は、債権は時価評価しないことを前提に、キャッシュフローに変動があった場合にそれぞれの現在価値の比べっこをして、現在価値が当初より下がったときに引当をしようというものですよね。
当初の約定利子率を使用するのは、これをいじると比較ができなくなるからだと個人的には理解しているのですが。(理解したつもりになっているだけかも)

これ以上の回答は私にはちょっと・・・。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報