≪≫春や昔の春ならぬわが身ひとつはもとの身にして

照りもせず曇りもはてぬ春の夜の朧月夜に≪≫ぞなき

大海の磯もとどろに寄する波≪≫さけてちるかも

春の夜の≪≫とだえして峰にわかるる横雲の空

桜さく遠山鳥の≪≫ながながし日もあかぬ色かな


≪≫のところにことばが入るのですが、
その言葉と作者を教えてください。

A 回答 (5件)

桜さく遠山鳥のしだりをのながながし日もあかぬ色かな   後鳥羽院


大海の磯もとどろに寄する波、われて砕けて裂けて散るかも 源実朝
照りもせず曇りもはてぬ春の 夜の朧月夜にしくものぞなき  大江千里
春の夜の夢の浮橋とだえして峰にわかるる横雲の空     定家
月やあらぬ 春や昔の春ならぬ 我が身一つは元の身にして 在原業平
http://www.asahi-net.or.jp/~sg2h-ymst/yamatouta/ …
http://www.isemonogatari.com/haru/ume.htm
http://ha4.seikyou.ne.jp/home/misaya/wakasyuu/ko …

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~sg2h-ymst/yamatouta/ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すごくくわしくどうもありがとうございました。
助かりました。

お礼日時:2002/01/26 15:51

>確かに、源氏物語中では朧月夜の君は「似るものぞなき」と歌っていますが、これは物語中の替え歌で、本歌は「しくものぞなき」です。



HIROYOさん、そうだったんですか。まったく知りませんでした。
古文を習って数年経ち、もう既に記憶もあやふやだったので、正確なことが分かってとても良かったです。
どうもありがとうございます。

salasalaさん、そういうことなので私の不正確なアドバイスはお忘れ下さいm( _ _ )m
    • good
    • 0

> 一部だけですが、上の≪≫は「似るもの」だと思います。


確かに、源氏物語中では朧月夜の君は「似るものぞなき」と歌っていますが、これは物語中の替え歌で、本歌は「しくものぞなき」です。
これは諸説ありますが、「しくものぞなき」は、「いかにも漢文訓読調であるので「似るものぞなき」と女らしく言い換えた」というのが定説だそうです。

言葉と作者となると、「しくもの」で大江千里が正解でしょう。

参考URL:http://www.geisya.or.jp/~zumiko/hatune3.html
    • good
    • 0

>照りもせず曇りもはてぬ春の夜の朧月夜に≪≫ぞなき



一部だけですが、上の≪≫は「似るもの」だと思います。
源氏物語の主人公「源氏の君」の愛人「朧月夜の君」が、たしかこの短歌(和歌?)を口ずさみながら、登場したシーンがあったと思います。
古文では、この歌が「朧月夜の君」という愛称になったと教えられました。
    • good
    • 0

「月やあらぬ」春や昔の春ならぬわが身ひとつはもとの身にして


在原業平


照りもせず曇りもはてぬ春の夜の朧月夜に≪しくもの≫ぞなき

大江千里


大海の磯もとどろに寄する波≪われてくだけて≫さけて散るかも
源 実朝

春の夜の≪夢のうき橋≫とだえして峰にわかるる横雲の空
定家朝臣  

桜さく遠山鳥の≪しだりをの≫ながながし日もあかぬ色かな


だと思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qおぼろ月夜の歌詞の意味

菜の花畑に 入り日うすれ
見渡す山のは かすみ深し
春風そよふく 空を見れば
夕月かかりて においあわし

の、歌詞の意味を調べているのですが古語辞典を持っていないのでどうしてもわかりません;;
 分かる方いらっしゃいましたら現代語に訳していただけたら幸いです。
すみませんorz

Aベストアンサー

この歌は大正3年に文部省唱歌として登場したもので、内容は決して「古語」ではありません(^^)。当時の「文語調」といえるでしょう。
意味は(たぶん、です)
菜の花畑に夕陽が沈んで、すでに夕焼け色が薄くなった。
見渡す限りの山の輪郭に、かすみが深くかかっている。
春風がそよふく空を見上げれば、
夕方の月が空にかかって、かすかな良い香りがする。

Q≪至急≫青年の不倫の物語

青年の夫を持つ女性に対しての不倫の物語。

これは古くから小説の主題としてあるようなのですが、このことについて教えてください。

それはいつ頃から?

どのようなことを意図して物語は作成されたか(青年の成長)?

僕の知っている限りでは、フランス小説にこれにそった内容の物語が多いように思えます。「ボヴァリー夫人」とか…。

Aベストアンサー

「フランス恋愛小説論」工藤庸子 岩波(中公?)新書

に青年と年上女性との恋愛に関する言及があったと思います。
フランス小説が好んでテーマとして扱ってきた・・・と、工藤氏も述べていました。
今すぐ確認できないのですが、至急なんですよね。もう終わったかな?

他に思いつくのは
「赤と黒」スタンダール
「シェリ」「青い麦」コレット(不倫じゃないけど)
ですね。私はコレットで卒論を書いたのですが、そのとき読んだフランス人の研究書によると、青年と恋愛をする年上女性のことを
deniaiseuse (綴り自信なし)と言うそうです。
deniaiser :利口にする、世慣れさせる で denisiseuse は「少年を大人の男にする女」の意味になります。

どのようなことを意図したかについては、全く分かりません。
が、古くは中世の騎士文学が、夫ある女性(年上の可能性あり)を崇拝する詩を云々・・・というのを授業でやった記憶があります。ただし、この騎士道恋愛っつーのはかなり形式的な所があるらしく、恋愛というのは「必ず夫ある女性」を恋いこがれることだったそうです。但し、想うだけでそれ以上の行動に出てはいけない。そして結婚はそれなりの家の自分より遙に若い娘とする。「型」だったわけですから、実情は分かりませんね。

ちなみに、
「シェリ」:25歳上の愛人に甘やかされて過ごし、5歳下の娘と結婚。
「青い麦」:16歳の少年が30代後半の女性に誘惑される。彼女が去った後、幼なじみの14歳のGFと寝る。

そう考えると貴方の仰るように、青年の性的・精神的成長に、年上の経験豊富な女性の手を借りると言うのであっているかも。
余談ですが、日本の某歌舞伎俳優は、今は亡き大女優に「人間としても役者としても”男にして貰った”」というのを聞いたことがあるなあ・・・。

かなりいい加減な回答で申し訳ありません。

「フランス恋愛小説論」工藤庸子 岩波(中公?)新書

に青年と年上女性との恋愛に関する言及があったと思います。
フランス小説が好んでテーマとして扱ってきた・・・と、工藤氏も述べていました。
今すぐ確認できないのですが、至急なんですよね。もう終わったかな?

他に思いつくのは
「赤と黒」スタンダール
「シェリ」「青い麦」コレット(不倫じゃないけど)
ですね。私はコレットで卒論を書いたのですが、そのとき読んだフランス人の研究書によると、青年と恋愛をする年上女性のことを
deniais...続きを読む

Qyuiが歌うRolling starの歌詞

Rolling starの歌詞についてですがbleachのopで使われてた時は「夢にまで見たような世界で争いもなく平和に暮らしたい」という歌詞から始まってますがpvや歌詞のサイトではこの最初歌詞の部分が省かれてました。

この最初の歌詞だけはbleachだけのオリジナルの歌詞なんでしょうか?

Aベストアンサー

>この最初の歌詞だけはbleachだけのオリジナルの歌詞なんでしょうか?

そうみたいですね。
他のアニメのOPでも、アニメverって作られている物もあるようです。

Qアイデンティティ≪同一性≫ に付いて詳しく教えて下さい

≪同一性≫ を辞書で調べたら≪一般に二つ以上の相異なる事物がその性質その共通性の故に、その点では相互に区別できない事≫と書いてありましたが、いまいちピンと着ませんアイデンティティ≪同一性≫の意味について例え話も付け加えて分かりやすく説明してくださったら嬉しいです

Aベストアンサー

自分というものが、他の誰でもない特徴をもつ自分自身であり、現在の自分が何者であるか、将来何でありたいかを自覚すること、つまり自分を発見することがアイデンティティの確立です。「私」を「私」たらしめ、一貫性つまり、同一性を与えているものは何かということへの意識、自己確信。他者や社会によって承認され認識される自己の同一性。平たく言うと、自分が何者であるかという感覚は、他者と何が同じで何が異なり、社会でどう言う位置付けにあるのかというところから芽生えるのではないでしょうか。

エリクソンの理論の中での自我同一性とは、「自分は何者でもない自分であり、過去現在未来を通して不変である」という感覚と、そして、「そうした自分に対する感覚が、社会の中で同様に認められ位置づけられている」という感覚を併せ持つ事とされています。自らを社会的現実の枠組みのどれと同じなのかを探し出すこととも言えると思います。

アイデンティティとは、社会や歴史を認識した個がその中に自分を位置付ける必要性を感じ、そうすることで社会や歴史に対して能動的に関与できるといった思想から生まれた概念であり、同一性とは、個人が社会でのなんらかに位置付けに当てはめていく作業であるとも言い換えることができると思います。

自分というものが、他の誰でもない特徴をもつ自分自身であり、現在の自分が何者であるか、将来何でありたいかを自覚すること、つまり自分を発見することがアイデンティティの確立です。「私」を「私」たらしめ、一貫性つまり、同一性を与えているものは何かということへの意識、自己確信。他者や社会によって承認され認識される自己の同一性。平たく言うと、自分が何者であるかという感覚は、他者と何が同じで何が異なり、社会でどう言う位置付けにあるのかというところから芽生えるのではないでしょうか。

エ...続きを読む

Q歌詞を見たい【iPod touch】

iPod touchにLyrics Masterで歌詞を
入れることに成功したのですがどうにやれば
見れるのかがわかりません。

歌詞は…
Tunes に登録されている曲は全て、歌詞入力欄を持っています(一部の例外があります。詳細については以下を参照してください)。歌詞入力欄は、iTunes で曲を 1 つ選び、「ファイル」メニューから「プロパティ」を選択し、「歌詞」タブをクリックすることで、表示することができます。

通常、この歌詞は自分で入力する必要がありますが、Lyrics Master を使って歌詞を簡単に入れることができます。

なお、この歌詞入力欄に書き込んだ歌詞情報は、一部の iPod でも閲覧することができます

を参考に入れました。

Aベストアンサー

自分もipod touchを買おうと思い調べていたんですが、
この機種は歌詞をみることができないと聞いたことがあります。

それが正しいとしたら、バージョンアップで歌詞対応可能になるのを期待するしかなさそうです。

Q「太平の眠りを覚ます春曲丼、たった一杯で夜も眠れず」 春曲丼(ハルマゲドン)は北朝鮮が持っていると言

「太平の眠りを覚ます春曲丼、たった一杯で夜も眠れず」

春曲丼(ハルマゲドン)は北朝鮮が持っていると言う水爆の事です。この狂歌は歴史に残るでしょうか?

Aベストアンサー

カケラも残りません。

QPowerAMP 歌詞表示されない…

先日、AppleロスレスからFLACに手持ちの曲を変えたんですが歌詞情報が飛んだためTagScannerを使用して新たに歌詞情報を追加しました。

終わった曲をケータイに入れましたが、PowerAMPでは歌詞タグがありませんと表示され歌詞が見れません。しかし、パソコンでファイルの詳細なプロパティを見るとしっかりと歌詞が挿入されています。

これはどういうことなのでしょうか。TagScannerが悪いのか、PowerAMPがFLACの歌詞表示に対応していないのか、それとも別の理由なのか…

ALACの頃はiTunesを使用して歌詞を挿入していました。その時は、PowerAMPでも歌詞が表示されました。

PowerAMPをSDに入れていたのでそれが原因かもしれないと念のため端末に戻しましたが、結果は変わらずでした。

どうしたらAMPでも歌詞が表示されるようになるのでしょうか?

Aベストアンサー

音声データの「再生」はともかく、ご質問は「歌詞の表示」とのことですが、

「PowerAMPではID3タグの歌詞もしくはmp4/m4a アトムをサポートします。」とありますよ?
mp3データ、もしくはmp4/m4aでなけれだめなのでは?

Q子の髪の風に流るる五月来ぬ

子の髪の風に流るる五月来ぬ

という大野林火の俳句について調べているのですが、検索してもなかなか見つかりません。
この句の解釈と現代語訳、それと出来れば句切れも教えていただきたいです。

Aベストアンサー

青葉若葉の皐月の風が、幼子の柔らかい髪がなびいているという、素晴らしい俳句ですね。

Qいい歌詞って、どんな歌詞ですか?

いい歌詞って、どんな歌詞ですか?

作詞をしているものですが、以前はつらつらと思ったことを書いていたのですが、
最近それではダメだとおもい、色んなアーティストさんの歌詞を読んだりしますが、いい歌詞ってどんな歌詞なんだろうと考えてます。

誰か教えてください!

Aベストアンサー

こんにちは。
良い歌詞というのは「相手の心を動かす作品」です。言葉といいますのは自分の気持ちを相手に伝えるものです。ですが、相手がそれをどう思うかは別問題です。では、歌詞とは文芸である以上、それは言葉を用いて相手の心を動かすことができるものでなければなりません。
心を動かすというのは、言いたいことを相手に伝えるだけではなく、その心の中に喜びや悲しみ、あるいは反発といった変化を生み出すことです。ですから、自分はそう思っていなくても、甘い言葉や洒落た言い回しだけでもそれは十分に可能です。但し、どんなに上手い言葉でも、相手の気持ちを予測することができなければそれを刺激することはできません。そして、より多くのひとに受け入れてもらうためには、より多くのひとの気持ちを予測できなければなりません。

作詞に行き詰まるのは視野が狭いからです。もう亡くなりましたが、作詞家の阿久悠さんの作品を勉強して下さい。このひとはありとあらゆるイメージを言葉でもって自由自在に操れるひとです。そして、その裏には社会や世相などに関する膨大な認識があります。
良く、響きのいい言葉やありきたりの言い回しを繋ぎ合わせて詩を作るひとがいます。ありきたりの言い回しがいけないとは言いません。ですが、言葉を操るというのは、それを使って相手の気持ちを自分の思い通りに動かせるということです。このためには、その言葉がイメージ通りの効果をもたらすかどうかは自分自身の頭で噛み砕き、それを冷静に評価した上で適切に選択できなければなりません。

自分の感じたことをそのまま言い表せばそれでいい考えるひともいると思います。ですが、言ってしまえばそれは「純文学」であり、そんじょそこらの素人にできることではありません。果たして、ある程度の知識や技術も習得せずにこれに甘んずるならば、それは独り善がりの邪道でしかありません。
では、少しでもこれに近付こうとするならば、自分の言いたいことを相手に伝えるのではなく、「問い掛ける」というスタンスになります。そしてこれにより、自分と相手のイメージが一致したらならば、そこにオリジナリティーが成立したということになります。そして、プロのライターというのは、技術や体験を糧にこれを突破したひとたちです。

こんにちは。
良い歌詞というのは「相手の心を動かす作品」です。言葉といいますのは自分の気持ちを相手に伝えるものです。ですが、相手がそれをどう思うかは別問題です。では、歌詞とは文芸である以上、それは言葉を用いて相手の心を動かすことができるものでなければなりません。
心を動かすというのは、言いたいことを相手に伝えるだけではなく、その心の中に喜びや悲しみ、あるいは反発といった変化を生み出すことです。ですから、自分はそう思っていなくても、甘い言葉や洒落た言い回しだけでもそれは十分に...続きを読む

Q大原や蝶の出て舞ふ朧月

『大原や蝶の出て舞ふ朧月』の
解釈のようなものを知りたいのですが、
どなかたご存知ではありませんか?

Aベストアンサー

私の解釈を書きます。何も参考になるものを見ていないので、一般的な解釈かどうかわかりません。参考にはならないとは思いますが…。

内藤丈草は、芭蕉の弟子で、17世紀後半、江戸時代はじめの俳人ですよね。大原は、京都の奥座敷、大原を指しており、大原は平安時代から、寺院などが多い山里でした。当然、周りは林だらけなので、虫も多いでしょう。

蝶といえば春の季語、おぼろ、おぼろ月も春の季語ですから、春の情景を詠んだものでしょう。「朧」(おぼろ)は、「霞」(かすみ)の夜バージョンの呼び名で、霧ほど濃くないかすみ方をしているもの。おぼろ月は、かすんだ月で、風の強くない湿度の高いときになります。一方、江戸時代もまだはじめのころは、蝶と蛾をはっきりと区別していません。ですから、ここで詠んでいる蝶は、昼飛ぶ現在の蝶ではなく、夜飛ぶ蛾のことを指している可能性が高いです。蛾が夜飛ぶ条件は、ある程度以上気温が暖かいこと、風があまりなく、湿度が高めなこと、なので、おぼろ月と蛾の飛ぶ条件は重なるので、この推測を裏付けます。また、蛾が飛んでいるのが見える、という情景から、月明かりが結構明るいことが想定できます。

出て舞う(いでまう)とは、ただ飛んでるんじゃなくて、出てきて飛び出す様子を描いています、明るくて穏やかな月夜に誘われるように飛び始める様子だと思います。春は気温が低いので、蛾は暖かい夜じゃないと飛びません。寒い夜は林の葉の陰に隠れてじっと夜をすごしています。

蛾の飛び方は、一般に蝶ほどしっかりしてなくて、あっちいったりこっちいったり、踊っているように見えます。明るい月夜に蛾の飛ぶ情景は、非常に美しいもので、蛾の翅がつきの明かりを反射しますので、蛾のはばたきにあわせて翅がかすかにきらきら光ります。(現代の街灯だともっと強く光りますが)ちなみに、夏の蛾と春の蛾は種類も違っていて、春の蛾は個体数も少ないです。そこらじゅう蛾だらけで気持ち悪い感じにはなりにくいです。

という感じで、山里の穏やかで暖かな春の夜、霞のかかった明るい月夜に、蛾が誘われるように飛び交う情景を詠んだ句だと思います。そこに、どんな思いを込めたのか、これはこれを読んだ人1人1人が感じるところがあるでしょう。純粋にその光景の美しさなのか、冬の終わりと春の訪れなのか(大原の冬は寒いですよね)、山里の自然の豊かさなのか、お寺での修行の合い間の息抜きの一コマなのか、いろいろあるんだと思いますが。

蝶というのを、いわゆる水商売の女と考えても、それなりの解釈ができそうですが、後代の川柳じゃないので、それはちょっと違うような気もしますので、省略。

私の解釈を書きます。何も参考になるものを見ていないので、一般的な解釈かどうかわかりません。参考にはならないとは思いますが…。

内藤丈草は、芭蕉の弟子で、17世紀後半、江戸時代はじめの俳人ですよね。大原は、京都の奥座敷、大原を指しており、大原は平安時代から、寺院などが多い山里でした。当然、周りは林だらけなので、虫も多いでしょう。

蝶といえば春の季語、おぼろ、おぼろ月も春の季語ですから、春の情景を詠んだものでしょう。「朧」(おぼろ)は、「霞」(かすみ)の夜バージョンの呼び名で...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報