かつてACミランの監督であったアリゴサッキはいいました「私が作ったミランは完璧である、しかし私のゾーンプレスを崩す可能性のある例外が一人いる、ディエゴマラドーナだ」。ぼくは、あのときのミランは世界最強であると思いました。もし自分のチームが統制のとれたゾーンプレスのチームとあたる場合どのように崩すことができるのか?教えてください

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 確かにマラドーナは例外でしょう。

1人でなんでも出来てしまいますし、彼のような人間はそうはいないし今後も現れないと思っていた方がよいでしょう。

 しかし、現実的な側面で、ご回答するとすれば「素早いパス交換」と「スペースの有効活用」と言うことに尽きると思います。

 素早いパス交換とはボールを持ちすぎることなくワンタッチもしくはツータッチで味方にボールを預ける。そして自分は空いたスペースへ走り込んでボールが回って来るのを待つか、ゴールを狙うためにそのまま相手DFラインに侵入する。(オフサイドラインは気にしよう!)

 スペースの有効活用は、プレスをかけると言うことはその分だけ守備側は自陣の何処かにスペースが出来るわけですからそこを突いてボールを廻す。あるいは選手を走り込ませて攻撃の起点を作ることに腐心することだと思います。

 現代のfootballは非常にコンパクトで中盤の真ん中のエリアではそう簡単にボールは持てませんしプレスの餌食になることは必死です。となると、その厳しいプレス網をかいくぐるために必要なことは「空いたスペースを使う」ということになるのです。とりわけ、あまりプレスの餌食になりにくいのはサイド。日本代表をみてください。サイドにはゲームメイカータイプが配置されてますよね。小野伸二や中村俊輔が。あまりプレッシャーのかからないところでボールを保持してゲームを作ることをトルシエはコンセプトとして貫いています。これは非常に分かりやすい例であり、又プレスの網をかいくぐる策の一つとして一番有効な策だと私は思います。

 サイドのスペースを突く。これも大切ですし現代のサッカーはサイドから攻撃を仕掛けることが非常に大切になってきていると思います。ベッカムやフィーゴをみると分かると思いますが2人ともトップ下の選手ではなくサイドから切り込んで仕掛けるタイプの選手です。ベッカムにはクロスが、フィーゴにはサイドからのドリブル突破があるじゃないですか!

 長々と書きましたが要約すると以下の感じになります。

(1)素早いパス交換
(2)スペース、とりわけサイドの有効活用。

 加えて、パススピード&シンキングスピードが速いというのは言うまでもないことと思います。

 些末的な要素も多々ありますが大きなゾーンプレス崩しのコンセプトはこれだと私は思っております。
    • good
    • 0

前の方がおっしゃっているように、単純にスピードとテクニック、あとは想像力なんじゃないですか?サッキさんの言葉は知りませんが。



サッカーでいうところのスピードというやつは、瞬発力、ドリブル時の速さ、判断の速さ、オフ・ザ・ボールの時のスペースに入り込む速さ、トップスピード・・・挙げていったらきりがないくらいの要素があるわけで、それに技術、フィジカル、創造性を兼ね備えた人であれば可能でしょう。

今でいったら誰でしょう?

オーウェン、アンリあたりなんじゃないのかなぁ。
つきなみだけど(笑)。他にいないし。
    • good
    • 0

ゾーン・プレスは相手プレーヤーに複数人でプレスをかける事によって、ボール奪取に優位性を持たせ、相手のミスを誘因する守備体系ですが、いくら複数人で取り囲んでも、個人技(マラドーナ)で突破されてしまうと守備陣形が大きく崩されてしまうんですね。



例えば、ライカールト、アルベルティーニ、ドナドーニの3人でマラドーナのボールを取りに行ったものの、ドリブルとフェイントで交わされてしまうと、後はバレージしかいなくなってしまって大ピンチになっちゃいます。

ただし、これはゾーン・プレスと言わず、すべてのプレッシング・サッカーに当てはまります。
もちろん、日本代表にも。。。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qゾーンプレスの崩し方

かつてACミランの監督であったアリゴサッキはいいました「私が作ったミランは完璧である、しかし私のゾーンプレスを崩す可能性のある例外が一人いる、ディエゴマラドーナだ」。ぼくは、あのときのミランは世界最強であると思いました。もし自分のチームが統制のとれたゾーンプレスのチームとあたる場合どのように崩すことができるのか?教えてください

Aベストアンサー

 確かにマラドーナは例外でしょう。1人でなんでも出来てしまいますし、彼のような人間はそうはいないし今後も現れないと思っていた方がよいでしょう。

 しかし、現実的な側面で、ご回答するとすれば「素早いパス交換」と「スペースの有効活用」と言うことに尽きると思います。

 素早いパス交換とはボールを持ちすぎることなくワンタッチもしくはツータッチで味方にボールを預ける。そして自分は空いたスペースへ走り込んでボールが回って来るのを待つか、ゴールを狙うためにそのまま相手DFラインに侵入する。(オフサイドラインは気にしよう!)

 スペースの有効活用は、プレスをかけると言うことはその分だけ守備側は自陣の何処かにスペースが出来るわけですからそこを突いてボールを廻す。あるいは選手を走り込ませて攻撃の起点を作ることに腐心することだと思います。

 現代のfootballは非常にコンパクトで中盤の真ん中のエリアではそう簡単にボールは持てませんしプレスの餌食になることは必死です。となると、その厳しいプレス網をかいくぐるために必要なことは「空いたスペースを使う」ということになるのです。とりわけ、あまりプレスの餌食になりにくいのはサイド。日本代表をみてください。サイドにはゲームメイカータイプが配置されてますよね。小野伸二や中村俊輔が。あまりプレッシャーのかからないところでボールを保持してゲームを作ることをトルシエはコンセプトとして貫いています。これは非常に分かりやすい例であり、又プレスの網をかいくぐる策の一つとして一番有効な策だと私は思います。

 サイドのスペースを突く。これも大切ですし現代のサッカーはサイドから攻撃を仕掛けることが非常に大切になってきていると思います。ベッカムやフィーゴをみると分かると思いますが2人ともトップ下の選手ではなくサイドから切り込んで仕掛けるタイプの選手です。ベッカムにはクロスが、フィーゴにはサイドからのドリブル突破があるじゃないですか!

 長々と書きましたが要約すると以下の感じになります。

(1)素早いパス交換
(2)スペース、とりわけサイドの有効活用。

 加えて、パススピード&シンキングスピードが速いというのは言うまでもないことと思います。

 些末的な要素も多々ありますが大きなゾーンプレス崩しのコンセプトはこれだと私は思っております。

 確かにマラドーナは例外でしょう。1人でなんでも出来てしまいますし、彼のような人間はそうはいないし今後も現れないと思っていた方がよいでしょう。

 しかし、現実的な側面で、ご回答するとすれば「素早いパス交換」と「スペースの有効活用」と言うことに尽きると思います。

 素早いパス交換とはボールを持ちすぎることなくワンタッチもしくはツータッチで味方にボールを預ける。そして自分は空いたスペースへ走り込んでボールが回って来るのを待つか、ゴールを狙うためにそのまま相手DFラインに侵入...続きを読む

Qマラドーナとメッシ

マラドーナよりメッシが優れているまた、メッシよりマラドーナが優れている所を何点かお願いします。

ドリブル、パス、シュート、フリーキック、ゲームメークなどなど

Aベストアンサー

サッカー好きオヤジです

●ドリブル
マラドーナ=メッシ

●アジリティ
マラドーナ<メッシ

●戦術眼(ゲームメイク)
マラドーナ>メッシ

●得点力
マラドーナ<メッシ

●フィジカル
マラドーナ>メッシ

●個人表彰
マラドーナ<メッシ

●クラブ実績
マラドーナ<メッシ

●代表実績
マラドーナ>メッシ

●人間性
マラドーナ<メッシ

●母国での評価
マラドーナ>メッシ

私が独自に挙げた10項目のうちマラドーナの4勝1分け5敗なので、私の中では僅差でメッシの勝ちとなりました。(別に勝ち負けは問われていませんが)

Q横浜伊勢佐木町ワシントンホテルについて

よく新宿のワシントンにはお世話になるのですが、伊勢佐木町のワシントンには行ったことがないので知っていたらお教え下さい。

エレベーターとフロントは離れていますか?といのも、宿に着くなりフラフラすぐ出歩いては戻るという若干挙動不審な人間でして、フロントの前を通りいちいち挨拶をするのが億劫なためです。

新宿のワシントンは1Fにファミマがあり暇さえあれば行ったり来たりしています。その際、中央に複数のエレベータがあり直通なのでフロントの人に挨拶せずにコンビニに行けたり外に出れるので便利です。

という意味もあり、(本当はダメなのかも知れませんが)いちいちフロントに鍵を預けず、下のお店に行けるか?を知りたいです。軽いコミ障か?と思えるくらい何度も挨拶とか苦手なもので、そういうエレベーターだと助かります。

新宿と同じ造り(別館のほう)だと使いやすいですが、問い合わせをしても多分不審者扱いでしょうからお知りの方がいましたらお教え下さい。

Aベストアンサー

伊勢佐木町ワシントンホテルは、フロントの目と鼻の先にエレベーターがあります。
でもご安心ください。フロントは2階です。2階を通過して1階までエレベーターで降りてしまえば、ローソンがあります。外へも出られます。ホテル従業員には、まず会わないでしょう。

QACミランのACって?

何の略でどういう意味ですか?

Aベストアンサー

seven_samuraiさん、こんにちは~☆♪

「Associazione Calcio」の略で、「アソシエーション・フットボール」

下記URLのよると「サッカー協会」という言葉を使っております。

『チーム史』の項をご参照願います。

http://www.sportspace.co.jp/intl/football/it/clubs/milan/


ではでは☆~☆~☆        - by パピヨン -

参考URL:http://www.sportspace.co.jp/intl/football/it/clubs/milan/

Q囲碁の「王銘エン」九段の腕、あるいはゾーンプレスが冴え渡った棋譜といえば?

お伺いしたいことは、件名の通りです。

最近、「囲碁の対局」はほとんどしていないのですが、なぜか「新聞連載の棋譜の鑑賞」が面白くなってきまして。で、ゾーンプレスのこの先生の棋譜も読みたくなりました。一応調べてはみたのですが、「普通に打って普通に勝ったり負けたりした棋譜」くらいしか見つけられませんでした。

私が見たいのは、「とんでもない大模様を広げて、入ってきた相手を小さくまとめて逃げ切る」といった、張栩が自身の打碁鑑賞シリーズで「メイエンワールドへの挑戦」とまで言わしめたような、そんな棋譜です。

みなさんが思う、「これぞメイエンワールド」と呼べる棋譜を教えていただければ幸いです。

※「棋譜」でさえあれば、「総譜」でもかまいませんし、何譜かにわかれているものでもかまいません。また、「棋譜」の示し方にも、とくに強制したい点はありません。本でも結構ですし、ネットに落ちているものでもかまいません。解読方法は、自分で調べます。

Aベストアンサー

カテゴリーを
エンターテインメント > 卓上ゲーム > 囲碁・将棋
にすると適切な回答が返ってきやすいです。
此処はアンケートのカテゴリーなので囲碁の棋譜に関して詳しい人は乏しいと思います。

QACミランのスケジュールについて

16日に試合を観にいきます。16日の試合が終わって、17日に帰国すると想像していますが、どの飛行機に乗るかご存知の方いらっしゃいますか?
空港まで見送りに行きたいのですが。
また、横浜から成田空港までの所要時間(電車)や宿泊先もご存知でしたら教えていただけますか?

Aベストアンサー

宿泊先:横浜ロイヤルパークホテル

Qゾーンプレスについて

No81で質問しました。
いっぱい返事をもらってうれしかったです。
僕は今小学校6年生です。
何回も読んだんですがむずかしくてわからないところが
あったので半分ぐらいしかわかりませんでした。
もうちょっと僕でもわかるくらいに簡単に教えて下さい。
お願いします。
今度の試合は6年生最後の大きな大会なので絶対勝ちたいです。
チームのみんなとも話しています。
僕はキャプテンなので自分でもなんとかしたいんです
よろしくお願いします。

関連URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?qid=164871

Aベストアンサー

僕は中3なので、わかりやすいアドバイスができるかと思います。まず、ゾーンプレスを切り崩すには、すばやいパス回しからです。センターは、ハイポストにポジショニングして、できるだけ早くパスをまわします。相手のゾーンプレスの形によるんですが、どんなゾーンプレスでも必ず穴があります。コーチや監督に聞いてみてください。各ポジションのプレイヤー全員が広い視野を持てばいいプレイにつながると思います。自分のポジションの役割を考えて攻めればチームがうまく機能するでしょう。
あと、リバウンドは気持ちが大事です。絶対に負けないぞ、という強い気持ちがあれば、リバウンドは取れると思います。
それにボックスアウトをするのは大前提です。
頑張ってください。

Qマラドーナとペレって、どのくらい凄いのですか?

こんにちは。

サッカー中継が放送されています。
(私は、サッカーに関しては、詳しくない素人です。)

マラドーナ・ペレの再来とか言われている選手いますね。
ところで、マラドーナやペレというと偉大な選手らしいですが、どのように凄かったんでしょうか?

1.
現役の全盛期の彼らも、今の海外のトップ選手と比べれば、能力的には普通。当時は確かに凄かったんだろうけど。

2.
現役の全盛期の彼らを、今の海外のトップ選手と比べたとしても、全く見劣りせず、今のサッカー界でも能力的に上回る選手は少ない。

3.
マラドーナやペレは、能力と言うよりも残した成績で凄いとされている。

4.
サッカーは戦術やトレーニング方法・組織力は進歩したかもしれないけど、トップ選手の能力はそれほど変わりない。
なのに、当時の環境でマラドーナやペレほどの水準の選手が生まれたのは奇跡的。


マラドーナやペレとは、どのように偉大だったのでしょうか?
素人の私に解るようにニュアンスを教えてください。
お手数をかけてしまうと恐縮なので、簡単で結構です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。オールドファンです。

ペレは66年のイングランドW杯の時から、マラドーナは79年の日本でのワールドユース(現20W杯)から見ている者です。ペレは生では見ていませんが、マラドーナの試合は神戸でボカジュニアーズ時代の21歳ぐらいの彼をまじかで見ました。

二人に共通しているのは。

(1)卓越したボールコントロール・ボディーバランス・創造性・・・DFにタックルされてもなかなか倒れなかったです。今のメッシもそうですね。二人とも相手の逆をつくプレーが多かったです。

(2)国民にも世界からも愛された・・・性格は正反対でしたが。共に世界中の人から愛されました。メッシも世界中から愛されていますね。ネイマールはまだ19歳。これからの成長が楽しみです。

(3)共に身長が低かった・・・ペレは170cm、マラドーナは165cmだったと思います。「小さくても偉大になれる」。世界の子供たちに勇気を与えたと思います。フィジカルは強かったです。

(4)伝説のゴールがある・・・ペレならば58年スウェーデンW杯での「幻惑のゴール」があります。「一瞬ボールが消えた」と子供の頃サッカー部で話題になりました。マラドーナならあの86年メキシコW杯での「5人抜き」があります。

ペレはサッカーで一番大切なものはとの問いに「ひらめき」と答えています。サッカーのシステム・戦術・練習方法・環境とかが時代と共に変化しても不変のもの・・それが「イマジネーション」なのかもしれません。

余談ですが私自身歴史上最高のチームと思うのは72年欧州チャンピオンの西ドイツチーム(ギュンター・ネッツァー、ベッケンバウアー、ミュラー、フォクツとかいて「イマジネーションフットボール」と呼ばれていました)、それと現在のFCバルセロナでしょうか。

時代が違っても変わらないものがあるのですね。一言でいえば「驚き」でしょうか。

ペレが王様になったのは70年メキシコW杯で30歳、マラドーナが神となったのは86年メキシコW杯で25歳だったでしょうか。二人ともメキシコに縁がありますね。メッシが真の神になるにはW杯優勝が必須かもしれません。14年ブラジルワールドカップが楽しみです。

こんばんは。オールドファンです。

ペレは66年のイングランドW杯の時から、マラドーナは79年の日本でのワールドユース(現20W杯)から見ている者です。ペレは生では見ていませんが、マラドーナの試合は神戸でボカジュニアーズ時代の21歳ぐらいの彼をまじかで見ました。

二人に共通しているのは。

(1)卓越したボールコントロール・ボディーバランス・創造性・・・DFにタックルされてもなかなか倒れなかったです。今のメッシもそうですね。二人とも相手の逆をつくプレーが多かったです。

(2)国民にも世界からも...続きを読む

Qゾーンプレスのくずしかた

ミニバスケをやっています。うちのチームは、ゾーンディフェンスに弱いです。
背もあまりおおきくないので、大きいチームがゾーンをしてきた時中に入っていけません。
外からシュートを打つのですがリバウンドもとれません。
なにかいい方法はありませんか?来週に試合があるので
いい練習もあったら教えて下さい。

Aベストアンサー

ゾーン攻略の基本は
1)速攻  2)アウトサイドシュート  3)2対1のポジションをとる
4)ランニングリバウンド
これはどのレベルでも同じで、大切な基本です。

1については、ゾーンを組まれる前に攻めるということです。組まれる前ならゾーンでも関係なく普通の速攻ですから。

2についてはこれはもう当たり前なんですが、外からのシュートが一番効果的で、これが得意だとゾーンは組めません。でもミニバスや中学ぐらいだと、確率のいいシュートは無いと思います。それでも、オフェンスの流れの中や、必要な時には打たなくてはいけませんが。

ここで大切になるのが3のポジションです。常にディフェンスの間に入るようなポジションを取るんです。別のいい方をすると、オフェンス2ディフェンス1という形を作るんです。ゾーンはこれが簡単につくれますし、弱点です。

例えば2-3ゾーンの場合、オフェンスの配置はトップ、両サイド45度、両ミドルとなります。実は僕もはっきり分からない部分があるので、センターの配置は少し違うかもしれませんが、ハイポストに入るのは流れの中で、常にいてはいけないと思います。ローポストにしても、ミドルや逆サイドからそのポジションに入るのがいいと思います。
このポジションを取ると、ディフェンスからすると一人で二人守る事になります。オフェンスの数的有利となりますよね。パス回しもしやすいはずです。
2対1と考えると苦手意識も無くなると思います。後は2対1の連続です。常に2対1のポジションを取れば、ディフェンスは後手後手になりいつかフリーが生まれます。
よく、ゾーンはパスを良くまわせと言いますが、ディフェンスを崩すためですよね。それを効果的にするにはこのポジションが必要になるんです。
ゾーンを崩すにはディフェンスを動かせてフリーを作らなければなりません。逆にディフェンスを動かせれば以外と簡単にフリーが作れます。これはゴールしたでも作れます。あるいは1対1の状況も作れます。

あとはじっくり攻めるという意識、周りを良く見て、ディフェンスを良く見てボールを回し、みんなでフリーを作るという意識が大切です。
これが身につくとゾーンを攻略するのが楽しくなりますよ。マンツーとは違って、頭を使う楽しさがあるし、ディフェンスを操るって言う楽しさもあります。

ちょっとポジションの話に戻りますが、2-3でも、3-2でも2-1-2でも、穴があるって事です。弱い部分。2-3だと下のラインは強いですが、トップと45度は弱いですし、3-2なら上は強いけど、0度に弱い。2-1-2はゴール下に弱い。
2対1のポジションはディフェンスの間に入るような感じです。隙間に入ってやるんですね。

ほんとはボードに書くと隙が分かりやすいんですけど、やってみてください。


あと、練習方法ですが、5対5でディフェンスにゾーンを組ませて、ポジションを取ります。それでパス回しの練習をするのがいいと思います。ドリブルを禁止したりすると効果的です。
少し高度になると、「あわせ」って言うのが必要になります。特にセンターですね。上手く2対1が作れるようにパスの流れにあわせてポジション移動できるようになれればいいと思います。他にはセンターのハイローのあわせとかありますが。

下のホームページを探せばもっと専門的な事があると思います。それではがんばってください。子供がバスケットが好きになってくれるといいです。それでは。

http://mk.sakura.ne.jp/~fixx02/bblink/

もう一つは、ROOQって言うページです。

ゾーン攻略の基本は
1)速攻  2)アウトサイドシュート  3)2対1のポジションをとる
4)ランニングリバウンド
これはどのレベルでも同じで、大切な基本です。

1については、ゾーンを組まれる前に攻めるということです。組まれる前ならゾーンでも関係なく普通の速攻ですから。

2についてはこれはもう当たり前なんですが、外からのシュートが一番効果的で、これが得意だとゾーンは組めません。でもミニバスや中学ぐらいだと、確率のいいシュートは無いと思います。それでも、オフェンスの流れ...続きを読む

Q90年イタリアワールドカップの準決勝で初めてテレビでマラドーナを見まし

90年イタリアワールドカップの準決勝で初めてテレビでマラドーナを見ました。当時は小学生でした。今朝NHKで放送したイングランド戦を見ました。確かに瞬時に凄いプレーはしますが、ドリブルも結構止められてたし。簡単に相手をドリブルで抜いていく印象が強かったので余計に。マラドーナってあんなもんやったのでしょうか?準決勝のベルギー戦や決勝の西ドイツ戦もっと素晴らしいパフォーマンスを見せたのでしょうか
お願いします。

Aベストアンサー

二十数年ぶりに見ましたが、私も思いました。
あれ?やけにボール取られてるな?という感じですね。

イングランド戦、ベルギー戦、西ドイツ戦の中では、ベルギー戦が一番よかったような気がします。決勝の西ドイツ戦は3点目のアシストこそしましたが、前半マテウス、後半カールハインツ・フェルスターという手強い相手にマンマークされて、あまり派手な活躍はできませんでした。

ただ、ワールドカップというのはやはり非日常の試合ですから。マラドーナの真髄を知るには#1さんの言われるようにナポリ時代のプレーを見るのが一番なんですけどね。

プラティニも上手かった。ファンバステンもジダンも素晴らしかった。ロナウジーニョもメッシも凄い。ただ私が見てて思うのは、彼らの上手さというのはギリギリ常識の範囲内。それに対してマラドーナって、理解不能・意味不明な上手さがありました。

試合の中のちょっとしたトラップひとつをとっても
え? なんだそりゃ!? どうやったらボールがそんな風に動くんですか?????
と思わされることがしばしばありました。

現代の優れた選手、たとえばメッシなどはいくつかの点で既にマラドーナを超えていると思いますが、そういうボールコントロールの奥深さという点ではマラドーナの域には達していないと思いますね。そこが、いまだにマラドーナが別格視されている所以だと思います。

二十数年ぶりに見ましたが、私も思いました。
あれ?やけにボール取られてるな?という感じですね。

イングランド戦、ベルギー戦、西ドイツ戦の中では、ベルギー戦が一番よかったような気がします。決勝の西ドイツ戦は3点目のアシストこそしましたが、前半マテウス、後半カールハインツ・フェルスターという手強い相手にマンマークされて、あまり派手な活躍はできませんでした。

ただ、ワールドカップというのはやはり非日常の試合ですから。マラドーナの真髄を知るには#1さんの言われるようにナポリ時代のプ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報