数年前、本田技研工業から販売された、世界最小4ストローク芝刈り機エンジンを購入しました。
 しかし、分解し組み立てようとしたところ、バルブタイミングを合わせる刻印がクランクシャフト側についていなかった・・・・・。
 どのようにギヤを合わせればよいか教えて下さい。
 サービスに問い合わせたところ、「必ず刻印はしているはずです」「ピストンを上死点にして、カムギアを中立にしてくみ上げる」と教えていただいたのですが、動きません。
 宜しくお願いします。

A 回答 (2件)

思い当たることを書き込んでおきますが状況は定かではないために自信無しです。


私もOHVのエンジンという前提でですが、分解した部分はバルブ周りだけですか?
バルブを組み付ける際に「バルブクリアランス」は調整しなおしましたか?
バルブをはずす際に専用工具(バルブスプリングコンプレッサー)を使わずに、バルブに負荷を与えたはずし方をしていませんか?
スプリングを組み付ける際に「リテナー」がずれていませんか?
思わぬところを見落としている可能性がありますから、分解した部分についてもう一度第三者の目で点検してください。
可能ならば、サービスから該当する部分のサービスマニュアルのコピーをFAXで送信してもらうとわかりやすいと思います。
No1の回答にもありますが、ガソリンエンジンが始動する要件は
1.良い吸気
2.良い圧縮
3.良い点火
です。
この流れに一つでも支障が生じていればエンジンは始動しません。
流れに沿って点検しなおしてみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 後日、メーカーからサービスマニュアルのFAXが届きました。マニュアル通りにくみ上げてもエンジンは始動しませんでした。
 原因は、生徒がエンジンを分解し、適当にくみ上げバルブとピストンが干渉し合い、バルブが変形し、圧縮の際、吸気側から混合気が漏れるため始動しなかったようでした。
 貴重なご意見ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/24 10:27

OHVのエンジンですか?カムシャフトのどちらのカムもタペットを押し上げない位置とピストン上死点をあわせて組み立てること自体はあっていると思いますが、タペットを押し上げない範囲で1こまか2こま程度のずれが生じている可能性がありますので、修正してみてはいかがでしょう。

通常タイミングギアには必ずあわせマークがある物なのですが・・・

また、圧縮状態にある時にバルブが完全に閉じているかも確認する必要があるでしょう。バルブクリアランスの調整不良によりバルブが完全に閉じていない可能性もありますし、点火系統が完全に働いているか(火花が出るか)やキャブレターの調整が正常かなどもエンジンが動作する重要な要素です。

まずしっかり圧縮があるか、点火火花は確実に飛んでいるか、適度な濃さの混合気が供給されているかの順で再度点検してみましょう。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qキャブは綺麗にしたがエンジンが掛からない

実は車のエンジンではなく、農機具(管理機・・・ガソリンエンジン)ですが、中古品を1年半ほど前に購入しました。購入後一年ほど経ってから、エンジンが掛からなくなりました。その後キャブレターをクリーニング、エアーエレメントを交換しましたが、たまにはエンジンが掛かりますが、しばらくするとスロットルが自動的にブルーン・ブルーンと動いて、やがてエンジンが止まります。ちょうどフューエルコックを止めてしばらくするとエンジンが止まりますが、その前に起きる現象と同じです(アナログ人間でそのような表現しか出来ませんが)。変な話ですが、プラグを抜いて、はめなおしてエンジンをかけるとすぐ掛かります、しかしそのエンジンも長くは動かず上に述べたようにして、やがて止まります。どこに原因があるかどなたか教えて下さい。畑の管理に使うため時期的な問題もあり回答を急いでおりますので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

農機具屋です。

その症状からすると燃料供給の問題かと思われます。
キャブにつながる燃料ホースを外し、コックを開けると勢い良く燃料が出ますか?
チョロチョロ程度だとタンク~コック経路の詰まりが考えられます。

他に考えられるのは、キャブ内のフロート、フロートバルブの組み付け不良。
金属製フロートの場合だと、バルブとの接点が簡単に曲がってしまいますので、油面が変わってしまったとか。

燃料タンクキャップの空気穴が詰まっていてガソリンが流れていかない場合もありますので、キャップを緩めて様子を見るのも良いと思います。

他に電気系統の不良も考えられますが、まずは燃料系から見ていきましょう。

Q農機キャブエンジンの不調について

エンジンの不調に悩んでおります。
スロットルを開き、回転を上げていくとグゥーン、グゥーン、グゥーンと息継ぎをしたような感じで不調になり、2分位するとエンジンが停止してしまいます。またアイドリング状態で放置していると、1分位経った頃からだんだん不調になり3分位でエンストしてしまいます。エンジンが停止した際は再始動しようとしてもかかりません。その際プラグを外してみても燃料で濡れておらず白く焼けている状態になっています。その後5分位でしょうか暫くしてから始動を試みるとかかります。そしてまた同じ状態でエンストします。キャブをオーバーホールしても特に詰まっているジェットはありませんでした。また、キャブとフローとチャンバーとの合わせ部から滲みがありました。
考えられる原因やその他点検してみるべき個所がありましたら教えてください。

Aベストアンサー

燃料タンク内か燃料ラインなどにゴミなどが原因で詰まりがある、燃料コックに沈澱瓶が有れば大抵大きなゴミを取るくらいしか役はしませんがゴミが溜まっているなど、後はタンクのエヤー弁との穴がきちんと作用していない等キャブまでスムースに燃料が来ていない。

もちろんキャブのフロートバルブなどが正常ならと言うことでエンジン停止時にはキャブのフロート室にガソリンが少しづつ来るが回転を上げるとあっという間にキャブのガソリンが無くなる、しばらくしたら又フロート室に溜まるから始動できる。

もちろん燃料ラインのゴミ詰まりが無くても同じ症状ならタンクのキャップを外すなどしてタンク内が負圧に成っていることが原因か確認もしましょう、農機具などでは埃などが原因でエヤーベントの詰まりは結構経験してますよ(大抵タンクキャップに有るはず)

後はメーカーにも夜かも知れませんがキャブ自体にフロート室内の空気が自由に出入りできるようにキャプに大気解放の為に下向きなどにゴムやビニールのホースが取り付けている場合がありここが詰まるとスムースにキャブに燃料が来ません(有るメーカーのゴルフカートも同じような構造でした)耕耘機などでも見ています。

従って上記の様な事が無いか今一度確認しましょう・・・

燃料タンク内か燃料ラインなどにゴミなどが原因で詰まりがある、燃料コックに沈澱瓶が有れば大抵大きなゴミを取るくらいしか役はしませんがゴミが溜まっているなど、後はタンクのエヤー弁との穴がきちんと作用していない等キャブまでスムースに燃料が来ていない。

もちろんキャブのフロートバルブなどが正常ならと言うことでエンジン停止時にはキャブのフロート室にガソリンが少しづつ来るが回転を上げるとあっという間にキャブのガソリンが無くなる、しばらくしたら又フロート室に溜まるから始動できる。

もち...続きを読む

Q農機のエンジンがかかりません始動方法を教えて下さ

ガソリンエンジンの農機が始動できません。
・チョークは引いています。
・プラグはスパークします。
・プラグを外して直接シリンダ内に燃料を少し入れ、再度プラグを取り付けた後にリコイルロープを引いても爆発すらしません。
・リコイルロープ引いていると、たまにマフラーからバックファイヤーします。
これらの症状から考えられる対処方法を教えて下さい。

Aベストアンサー

農機の点火系統はフライホールマグネトー、断線以外に壊れる所がありません。
チョーク引いて何回もトライすると、ガソリンの飲み過ぎになります(プラグの状態は?),濡れているようならプラグはずしたまま(アクセル前回)クランキングしてはき出してから(特に2サイクルは)トライ。
ガソリンの点下はキャブのエア吸い込み口への方が効果的。
燃料がキャブにきている状態では、チョークで数回トライの後は、チョーク引かずにトライ、アクセルの開度微妙に調整してトライ。
ダメなときは、先の回答者のとおり基本の整備。

Qキャブクリーナで農機具のエンジンを掛かるようにしたい

田植え機で、エンジンは2~3PSの4サイクルです。放置によりガソリンタンク、キャブ内ガソリンが変質してました。キャブの燃料ホースまではきれいなガソリンで洗ってみました。プラグは点火OKですが全く燃料を吸ってません。キャブを外してドレインからも変色したガソリンは抜きましたがNGです。キャブクリーナーを買ってきましたが使い方を教えて下さい。また何か完全にキャブが詰まってる感じですが、良く荷札の針金で通して直す話を聞いたことがありますが、これはキャブを分解(OH)した場合の事でしょうか。出来れば機械は好きですがエンジン関係には弱いのでキャブ分解はさけたいと思います。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

残念ながら今回の場合はキャブクリーナだけでは治りません。

その前に・・
農機のガソリンエンジンの不調の場合、9割方がキャブレターの
詰まりによるものです。

農機の場合は常に使うものが少なく、時期によって使いますから
その間は放置されてしまいます。
特に燃料はキャブレターの中に残り、膠着してキャブレター内の
直径、コンマ何ミリという孔をふさいでしまいます。

また、燃料をガソリンスタンドでガンで直接入れるわけではなく
口の周りが汚れたポリタンクや、中にさえほこりの入っている
ジョッキなどで補給するためゴミが混入します。

さらに、農機具は空気の条件があまりよくないところでの作業が多いです。つまり細かいゴミや巻き上げた土ぼこりなどがある中を
作業しますので、エアクリーナがついているとはいえ
これらを吸い込んでしまうことがります。

さて、田植え機となるとその不調原因は9割9分までが
キャブレターです。さらに1年間放置してありますから
キャブレター内のいくつかの孔がふさがっています。
(まず間違いありません)

これらはエアクリーナーの取り付け口から直接キャブレタークリーナーを吹き付けても治りません。
その孔まで到達しません。
そこから吹いてもエンジンのシリンダーの直接入ってしまい
大事なところを通りません。

さて、ではその修理方法となりますが
キャブレターをはずし、分解しないと無理です。

まずキャブを本体からはずします。
エアクリーナをはずしてからキャブをはずしますが
これは通常ナット2本で取り付けられています。
2本のナットを取ったらアクセルとつながっているロッドがありますからこれをはずします。
すると完全にフリーになりますのでキャブが本体からはずれます。

さてはずしたら、一番下のねじ(カップみたいなものがついていると思いますがこれを止めているねじです)をはずします。
すると中に「浮き」のようなものが入っています。
これはフリーですからはずしてそばにおいておきます。

真下から見ると真ん中に小さい穴が開いているものが中に入っているはずです。
これにはドライバーが入るような横溝が切ってあるはずです。
これをどらーバーを突っ込んでねじをはずす要領で
引き抜きます。

真鍮でできたパイプが出てくるはずです。メインジェットといいます。
このパイプの底にも穴が開いているし、
また横穴(直径、0.3mmくらいの)が4つ~6つ
空いています。
これらが詰まることが多いです。
特に多いのは底に空いている孔です。
これを荷札の針金で掃除するわけです。
(もっといいのはアクセルワイヤーです。アクセルワイヤは
細い針金をよってありますのでこれをほぐして一本にするとできます)

横穴まできれいに掃除します。この掃除にキャブレタークリーナを
使い汚れを溶かしておいて針金で孔を通します。

さらに、気化濃度を調整する孔を掃除します。
外からばねのついた斜めに入っているねじが見えると思いますが
これをはずします。このねじは先がとがったようにできています。はずすと中にやはり同じくらいの穴が開いてますからこれも針金とクリーナーで掃除します。
これを元に取り付けるときには
ずーっと締めこんでいって「クッ」と止まったところから1回点半戻して下さい。「ぎゅーっ」ではありません。軽く「クッ」と止まったところからです。

もうひとつ、上側に外から見えるねじがあります。
普段見慣れたねじのような形をしておらず、頭に横溝が切ってあります。これもマイナスドライバーではずします。
これにも先ほどはずしたメインジェットと同じように底と横穴がついています。これも針金とキャブクリーナで掃除します。

今、全部穴の開いているねじ類ははずしましたので
そのねじが入っていた部分もキャブクリーナーを吹き込み
それぞれの孔を通します。
そして、コンプレッサーがあったら全部吹いておきます。
(もちろんジェット類も吹いておきます)

それから、全てを元に戻していきます。
このうち一個でも穴が詰まっているとエンジンは不調となります。

田植え機の中にはメインジェットが取れないものもあります。
キャブのカップをはずして下からのぞいてもメインジェットに
横溝がなく打ち込み式になっていてはずせない場合があります。
これの場合は
はずせるねじをはずしておいて、一晩キャブレタークリーナーの液に
浸けておいてください。

キャブレタークリーナ一本丸ごと使っちゃいますが
なにか容器にキャブレターがつかるくらいになるまで
しゅーーーーーーーーーーーーーーーーっと
出しちゃってそれに浸けておきます。
翌日下からコンプレッサーで吹きます。
すると横穴まできれいになる可能性が高いです。

上記説明でわからないようでしたら、はずす前に
修理のできる農機店さんに機械を持ち込んで修理を依頼して下さい。
はずして以っていったり分解してから持っていくと農機屋さんは嫌がります。必ず機械ごと持ち込んでください。
「余計なことしやがって・・・」です。

キャブだけ持ち込まれても、試運転できないのです。
スロー調整とか、あるいはキャブではない可能性も
ありますから。
キャブだけ持ち込んでオーバーホールして
ユーザーが取り付けて調子悪かった場合
そのユーザーはクレームつけたがります。

キャブは完璧に掃除してあっても
試運転できないということは空気量の調整などができません。
キャブだけ持ち込んでくれば修理屋サンは当然ユーザーが調整できるんだ・・と思いますから、それが素人だったりすると
必ずトラブルになります。素人は掃除さえすれば自分が取り付けても
エンジンは調子よくなると思ってます。

ですので、自信がなかったらそのままの状態で持ち込んでください。
今なら、まだ田植え機のシーズンではありませんから
時間も取れるしあわてずにやってくれます。

時期になって、苗のころあいもいい!
さて田植えすっか!で故障だと一日の猶予もありません。
その時期にあわてて持ち込んでくるユーザーはたくさんいます。
修理屋さんだって一台修理するのに最低でも1時間以上かかります。

まして、あなたのためだけに修理時間を空けて待っていてくれるわけではありません。あなたのペースで修理は進みません。今日やってくれと言っても、その前から依頼されている修理品(田植え機ばかりではなく)はたくさんあります。
そんな忙しいときに「今すぐ!修理してくれ」なんてかまってられません。余裕を持って持ち込んでください。
どんなに押し詰まっても3週間前までにはもっていっておきましょう。

尚、修理工賃は農機店さんによっても違いますが
キャブの脱着、分解、洗浄、組立で洗浄剤や他経費入れて
6000円~1万5千円くらいだと思います。

6000円だったらあまり技術もなく資格もない
修理屋さんだと思いますが・・。

開きがありますが、1万5千円でも安いくらいだと思います。
平たく言えば、あなたにはできない技術なのですから。
少なくともあなたのために1時間以上時間を割いて
(下手したら2時間くらいかかる場合もあります)
修理屋さんが長年かけて得た技術を使って修理するのですから
1万5千円とられても仕方ありません。
(それだけだったらそれ以上高いことはないと思います)

私がやったら3~40分くらいでできますが、
その代わり3万円いただきたいくらいです。

自分でキャブのオーバーホールができるのだったら
それに越したことありませんが、
まぁだいたいやったことのない人はねじ山つぶしてみたり、
不完全だったりして、結局持ち込むことになるようです。

私?
以前、○菱重工の汎用小型エンジンを取り扱ってたものです。
研修などで修理屋さんに講義していた側の人間です。
超専門家ということで・・・。

とりあえず、上記解説を頼りにやってみて下さい。
ご検討を祈ります。

残念ながら今回の場合はキャブクリーナだけでは治りません。

その前に・・
農機のガソリンエンジンの不調の場合、9割方がキャブレターの
詰まりによるものです。

農機の場合は常に使うものが少なく、時期によって使いますから
その間は放置されてしまいます。
特に燃料はキャブレターの中に残り、膠着してキャブレター内の
直径、コンマ何ミリという孔をふさいでしまいます。

また、燃料をガソリンスタンドでガンで直接入れるわけではなく
口の周りが汚れたポリタンクや、中にさえほこりの入って...続きを読む

Qチョークレバーを全開にするとエンジン停止してしまう

ロビンエンジン EH17-2B搭載の高圧洗浄機(中古)を購入したのですが、チョークを全閉状態では始動するのですが、始動後半開~全開に戻そうとするとエンジンが停止してしまいます。

通常運転時はチョークは全開状態だと確信しているのですが、このエンジンだけには頭かかえています。  どなたか アドバイスをお願いいたします

Aベストアンサー

どんなキャブレターなのかわからないのですが、キャブレターのインテークを塞ぐ方式(文字通りのチョーク)ですか?
バイクなどでよく見かけるスターター回路を持つタイプだとレバーオンでオープン状態でオフではクローズになります、でも一般的にそういうタイプもチョークと呼んでいる場合も多いので操作そのものが逆になることを理解しておかなければなりません(後者の場合操作時ほ基本的にスロットルバルブは閉じて始動します。

もし、ごく普通にインテークを閉じるタイプでおっしゃる現象ならば、スロットルに状態はどうでしょうか?
コンディションの良いエンジンならばアイドリングは維持できますが、そうでない場合はスロットルを若干開き気味にするといいかもしれません。また、暖まってしまうとアイドリング維持するのであれば混合気が薄過ぎかもしれません、スロージェットのつまりやメインジェットのつまりなどの可能性もあります(いわゆるキャブ掃除が必要)。

Qサイクロコンバータについて教えて下さい

 正弦波インバータとサイクロコンバータの違いを教えて下さい。

Aベストアンサー

またも追記です。
サイクロかインバーターかにかかわりませんが、もう一つ重要な品質項目を思いつきました。
>出力電力:安定して使用するには、使用機器の所要電力に十分な余裕が必要でしょう。
と書きましたが、モーターやコンプレッサーの起動の時には、停止状態から起動しますから、定常回転時の電流の数倍に及ぶ起動電流が流れます。
そこで発電機の方が、余裕が十分にあればよいのですが、その瞬間に大電流に対応できるかどうかが問題になります。
商用電源で使用しているときは、電源が強いので短時間大電流が流れても問題はありませんが、発電機は、容量に限りがあります。
また発電機のエンジンの短時間に出せる力も心配です。まさかエンストは無いかも知れませんが、回転が落ちると周波数と電圧が短時間ですが落ちる可能性があります。
そのときにモーターやコンプレッサーが正常に起動できるかどうかです。
一辺に起動せず大きな物から順に起動すれば、かなり軽減できるとは思いますが。
そこで瞬間的過負荷にどの程度対応できるかも、仕様書では、記載があるかどうか分りませんが、問い合わせなどで確認しておくと良いと思います。

またも追記です。
サイクロかインバーターかにかかわりませんが、もう一つ重要な品質項目を思いつきました。
>出力電力:安定して使用するには、使用機器の所要電力に十分な余裕が必要でしょう。
と書きましたが、モーターやコンプレッサーの起動の時には、停止状態から起動しますから、定常回転時の電流の数倍に及ぶ起動電流が流れます。
そこで発電機の方が、余裕が十分にあればよいのですが、その瞬間に大電流に対応できるかどうかが問題になります。
商用電源で使用しているときは、電源が強いので短時...続きを読む

Qモータコイルの焼損の原因は?

三相誘導電動機のコイルが焼損してしまいました。

原因を突き止めようとしているのですが、
考えられる原因をお教え下さい。

また、機械の運転の仕方で、1秒運転→89秒停止の繰り返しで1年半ほど動かしておりました。
この様な運転方法がコイル焼損と関係があるのでしょうか?(モータに過負荷を掛けてしまったとか?)

Aベストアンサー

定格以上の負荷運転による異常な温度上昇及び経年による絶縁劣化で巻線の短絡に至る現象です。

電動機の中の巻線は巻線間及び巻線-本体間でショートしないよう絶縁物質で包まれています。
この絶縁物質は熱や使用期間が長くなる事で絶縁する能力がだんだん落ちていきます。

電動機の起動時は電流が定格の7倍程度流れ、一気に熱が発生するので、電動機の寿命を短くする一番の要因です。
悪いことにこの起動電流の熱はコイルばかり温度が上がり、本体に伝わってくるころには、中はさらに熱くなっていて、電動機本体温度からは推測が困難です。
(起動停止の回数が少ないほど電動機にやさしい。)

容量にもよりますが、数10kW以上の電動機であれば、通常許容起動頻度が有り、一般的な電動機は連続運転状態から1回停止して起動すると次に停止して起動する際には1時間以上停止させる必要が有るというくらいの物です。
ほぼ1分間隔で寸動を繰り返しておられたようなので焼けて当然です。1年半もよく持ちこたえたと思います。

電動機を新品にしても、また同じ事になります。
電動機メーカに許容起動間隔を問い合わせその範囲内で使用するようシーケンス(運転停止間隔)を変更する必要が有ります。
これが許容できない場合は、電動機を熱容量の大きな物にする、台数を増やし1台の起動頻度を減らすなどの対策が必要です。

定格以上の負荷運転による異常な温度上昇及び経年による絶縁劣化で巻線の短絡に至る現象です。

電動機の中の巻線は巻線間及び巻線-本体間でショートしないよう絶縁物質で包まれています。
この絶縁物質は熱や使用期間が長くなる事で絶縁する能力がだんだん落ちていきます。

電動機の起動時は電流が定格の7倍程度流れ、一気に熱が発生するので、電動機の寿命を短くする一番の要因です。
悪いことにこの起動電流の熱はコイルばかり温度が上がり、本体に伝わってくるころには、中はさらに熱くなっていて、電...続きを読む

Qアンダーバーの出し方

単純な質問ですみません。

HPのアドレスなんかでアンダーバーの入力をしないといけないんですが、キーボードのどれを押せばアンダーバーは出てくるのでしょうか?

調べてもよく分からないのです、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

SHIFTを押しながら、キーボード右 「 ろ 」 キーを押して下さい。

Qバルブクリアランス

バルブクリアランスについて教えてください。
自家用車でクリアランスが広い時のいい点と悪い点、クリアランスが狭いときののいい点と悪い点です。
アイドリングの調子が悪いなどエンジン不調にもどのように関係してくるのですか。
朝一の始動後の不調感などにも関係あるのですか。
AT車なのにエンストする事にも関係するのですか。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

バルブクリアランスが、何のために有るのかと言いますと、エンジンの温度が上がるとバルブステムが熱で伸びるので、その伸びる分を隙間(クリアランス)として、開けておく訳です

さて、クリアランスが広すぎるとどうなるか?
バルブステムをカム(ロッカーアーム)で押してバルブを開けたときに、カムのストロークの一部がクリアランスに取られてしまうので、バルブ開度が少なくなります
吸気及び排気の穴が狭くなり、十分な吸気、排気が行われず、出力が低下します

クリアランスが狭いとどうなるか?
温度が上がった時に、カムが引いて、バルブを閉じようとした時に、ステムがカムに当たり、バルブが完全に閉まらなくなります
圧縮が上がらないため、燃焼効率が低下し、出力が低下します

ということで、バルブクリアランスは狭くても広くても出力が低下する事になります

Q刈払機のキャブ不調に詳しい方教えて下さい。

刈払機のキャブ不調に詳しい方教えて下さい。

一般的なUハンドル型刈払機を使用しているのですが最近不調に悩まされています。

症状はスロットル全閉の時にプラグがかぶるというものです。
燃料の調整はできています。

草刈作業を終えてエンジンを切ると再始動はプラグを外して10回位クランキングをして
シリンダー内、キャブ内の燃料を飛ばしてやらないとかかりません。

スロー時、およびエンジン停止後に多めに燃料が吸い込まれているようです。

燃料タンクのキャップを緩めて内圧を下げる等も試してみましたが代わりないようです。

どなたかご教授下さい。

Aベストアンサー

他の方が沢山書かれているので、それ以外についてアドバイスします。問題は再始動時に燃料かぶりによりエンジンがかからないとの事から判断すると、燃料のオーバーフローが原因の可能性がある。この現象は夏季に炎天下でエンジンを使い、そのまま置いておくと燃料タンク、パイプ、気化器がオーバーヒートされ中の燃料がエンジンのクランクケース内に流れ込み、プラグをかぶらせたり、オーバリッチになってエンジンが始動しないことが多々あります。燃料タンクのキャップを外しておくとタンクの内圧が上がらないので、この問題は解決される場合もありますが、パイプ内、気化器内の燃料が矢張りエンジン内に流れ込むので、解決できない場合もあります。特に刈った草等がエンジンのシリンダ・フィン、冷却フアン入り口、出口等に詰まっていると多分この現象は起こるでしょう。きれいに掃除して草等の塵は取り除く事が必要です。また熱間再始動の場合は、エンジンを止めるときにしばらくアイドリングで回し、エンジンを冷却してから止めると解決される時もあります。
逆に、燃料系のオーバーヒートがあれば、燃料系のパイプ内でガソリンが気化し、気体となり燃料が流れなくなりエンジンンがかからない場合もあります。これも熱間再始動時のトラブルになります。この問題は今回の場合の原因でないかもしれませんがーーーーーー。

他の方が沢山書かれているので、それ以外についてアドバイスします。問題は再始動時に燃料かぶりによりエンジンがかからないとの事から判断すると、燃料のオーバーフローが原因の可能性がある。この現象は夏季に炎天下でエンジンを使い、そのまま置いておくと燃料タンク、パイプ、気化器がオーバーヒートされ中の燃料がエンジンのクランクケース内に流れ込み、プラグをかぶらせたり、オーバリッチになってエンジンが始動しないことが多々あります。燃料タンクのキャップを外しておくとタンクの内圧が上がらないの...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング