フライングディスクの競技であるディスクゴルフについて調べています。
起源や歴史、詳しいルールなどを知っている方教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ディスクゴルフの起源は,はっきりしませんが,アメリカで誰がより正確に目標物にディスクを当てられるかを競ううちに今のような形になったと聞いたことがあります。



ルールはボールを使うゴルフによく似ており,各ホール,ティーからスローし専用のゴール(バスケットとも呼ばれる鎖つきのゴール)にディスクが入るまで,スローしたディスクが止まったところからスローを続けます。通常18ホールをプレイしてスコアの少なさを競います。ゴルフとの違いはホールの長さに関わらず,すべてパー3になっていることです。(18ホールでパー54)
以下,プレーにしたがって主なルールを説明します。

1.ティースロー:競技ではスコアカード順にティーからスローします。助走はとって構いませんが,スローの際前にある足が,ティーのプレート幅・ティー後方2mのエリアから出ると,1回目は警告,2回目からは1ペナルティとなります。スローの後足が出ることは構いません。
2.2投目以降は,ゴールから遠い順に投げます。前のスローで止まったディスクの前方,ゴールとの線上にマーカーディスク(直径の小さいミニディスク)をおいてからディスクを取り上げます。この時別のディスクに代えることができます。スローの際は,マーカーの後方30cm以内に軸足がないと,ティースローと同じく1回目警告2回目以降1ペナです。スローの後足が出ることは構いません。
3.OBゾーンにディスクが入った場合は、ディスクが境界線を横切った場所にマーカーを置き,1ペナを加えてスローします。この際スタンスがOBゾーンに入る時には,マーカーを境界線から1m以内の内側に動かすことができます。
また、高さのOBもあります。OBゾーンでなくても,木の枝などに止まり,高さが2mを超える時にはOBです。ディスクの真下にマーカーを置き,1ペナ加算でスローします。
4.パット:10m以内のパットの時は,他のスローと違い,スローした後はマーカーを拾い上げてから,前方に足を出さないといけません。

ルールについては,主催団体(後述)によって若干詳細が異なる場合もあるようです。また,コースや大会によってローカルルールが定められることが多いです。

ディスクゴルフは,年齢や性別に関係なく楽しめること、お金をあまりかけずにできること(ディスク1枚数百円程度からあります。)から、愛好者が増えつつあります。昨年秋田で行われた「ワールドゲームズ」でも実施されました。コースは全国に50個所ほどあります。東京近辺でしたら、立川の「昭和記念公園」が有名です。国営公園の場合入場料が400円ほどかかりますが、ディスクゴルフコースは無料で利用できます。公園内はさまざまな方が利用しますので、プレーの際は安全に十分留意され、マナーを守って行いたいものです。

ディスクゴルフの関連団体は次の2つが日本にあります。
日本ディスクゴルフ協会(JPDGA)
日本フライングディスク協会(JFDA)←他のディスク競技も行っています。
都道府県によっては上の2団体の支部が開設されています。

参考URL
JFDA:http://www.yukiguni.ne.jp/JFDA/index.html
関連リンク:http://www.asahi-net.or.jp/~nr9h-atm/Misc/Flying …
ディスクレイジー:http://www.netlaputa.ne.jp/~tama8/discgolf.html

参考URL:http://www.yukiguni.ne.jp/JFDA/index.html,http:/ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考になりました、ありがとうございましたm(_ _)m

お礼日時:2002/01/24 00:00

#1の回答中に誤りがありました。



1.ティースローの 「ティーのプレート幅・ティー後方2mのエリア」←誤
          「ティーのプレート幅・ティー後方3mのエリア」←正

でした。
公式ルールブックは,JPDGAまたは各支部で購入できます。
あと,JPDGAの公式HPはありませんが,各都道府県支部のHPはあります。
参考URLは東京都ディスクゴルフ協会のものです。

参考URL:http://www.discgolf-tokyo.com/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ど~も、わざわざありがとうございます。

お礼日時:2002/01/24 23:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフライングディスク競技

フライングディスク競技に興味があります。
宮城県内でフライングティスク競技を行っているサークルをご存知の方、
情報を頂けると有り難いです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

競技団体の「日本フライングディスク協会」ホームページです。

ヘッドページの左に「都道府県協会連絡先」がありますので、これで連絡先がわかります。

また関連団体の日本学生フライングディスク連盟のリンクで↓があり、学生や社会人のHPをリンクしています。
http://www.gakuren.com/links.htm

参考URL:http://www.yukiguni.ne.jp/JFDA/

Qトラック競技の、競技場/競技器具の進歩について

現在、学校のレポートを書くために、調べ物をしています。
その際、競技器具の進歩について、調べたいと思ったのですが、なかなか資料が見つからず困っています。
なにか、参考になりそうな情報かサイトを教えて頂けないでしょうか?

トラック競技の短距離、長距離走を中心に、世界記録の推移について書こうと思っています。自由課題なので、変更出来るのですが、できれば調べてみたいのです。

グラウンドだけ、靴だけ、スタータだけ、計測機器だけといった断片的な情報でも非常に助かります。
検索サイトで検索、ポータルで検索、各機器メーカのホームページを見る等はしてみたのですが、断片すら得ることが出来ませんでした^^;

水泳だとそこそこ情報があったのですが、水泳はまだまだ進歩途中であるように思われるので(記録の更新ペースが速い)、できれば、技術的に枯れていそうなトラック競技で調べたいのです。

どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

非常に断片的な情報で申し訳ないのですが、
スポーツタイミングといって計時に関して、セイコーが自社のスポーツ計時の歴史を、下記の参考URLで紹介しています。
また、
「スポーツタイミング百物語」
(著者: 浅原保明、ベースボール・マガジン社、ISBN:4583033303、1996年刊)
という本があります。
スポーツの計時に関するエピソードがいろいろ載っています。
図書館で探してみてください。
また、記録自体は、
「日本陸上競技連盟」のサイト、http://www.rikuren.or.jp/
にあるのはご存知だと思います。
関西在住ならミズノのスポートロジーギャラリーという博物館が大阪南港にあり参考になると思います。
とても少ない情報しかありませんが、参考になれば幸いです。

参考URL:http://www.seiko.co.jp/nihongo/shinchaku_joho/sports_events/sports_timing.html

Q同じ技術でルールの複数ある競技

体の動かし方、用具の使い方、パフォーマスンスは同じで、ルールの違う競技方法が並存している種目はあるでしょうか。

例えば、野球で言うと、今のルール以外のやり方をしているのをとんと見ませんが、投げる打つのパフォーマンスは同じとして、2アウト制とか2ストライク制とか3ベース制とか、そういうものが正式競技として登録され、普通の野球をやるプロがそちらも並存してやる、今日の試合はどっち方式みたいに日程が組まれているようなこと。

とにかく、間に合わせ的なルールでなく、その競技の一流プロ(あるいはアマ)がどちらのあるいは複数のルールを兼任すること。そんな競技がありますでしょうか?

なにか、普段見るスポーツは、どれもこれも同一のルールでしか行われていないと思うのです。

Aベストアンサー

どうも今晩は!

ゴルフの場合、「ストロークプレー」と「マッチプレー」が存在します。

ゴルフのトーナメントは通常は「ストロークプレー」(男子の場合、通常4日間の総ストローク数)で勝敗が決まりますが、「世界マッチプレー選手権」や「HSBC女子世界マッチプレー選手権」、2003年まで実施されていた「日本プロゴルフマッチプレー選手権」などのように1ホール毎のストローク数で勝敗を決め、最終的に勝ち越したホール数が多い方を勝ちとする「マッチプレー」が少ないながら実施されています。
http://www.golf-gtpa.or.jp/rule_book/etc/


ご参考まで

Q バランスボール を使った競技 スポーツ 大会 ルールなど

バランスボールを使った競技があると聞きました。
競技内容、ルール、大会など、情報お願いします!

Aベストアンサー

違ってたらゴメンナサイですが。
バランスボールではありませんが、バランスボールのような大きなボール、という意味だとしたら「キンボール」というスポーツがあります。キンボールの直径は122センチなのですが、小さい子供には大きすぎるので、小さい子供にキンボールをさせるときにバランスボールを使うことも、たまにあります。
まあ違っていても(苦笑)、ご存知なければぜひ見てください。おもしろいですよ。

参考URL:http://www.newsports-21.com/kin-ball/

Qフライングディスクの飛ぶ原理

フライングディスクの飛ぶ原理が知りたいです。あの独特の軌道を描く秘密が解れば、と思うのですが、知っている方教えて下さいませんか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

揚力(浮き上がる力)を得る原理に付いては一番大きなファクターは#1の方が述べられている通りでしょう。補助的な揚力の要因としてもディスクの形状に大きな関係があります。ディスクのが上方に膨らんだ形のため、ある方向にディスクが進行すると、ディスク上面と下面では気流の速度に差(下面ではまっすぐ進み、上面ではディスクの膨らみに沿って流れます。その結果上側の距離のほうが長くなるため、上面を流れる空気の方が等遠回りをすることになり速い速度で流れなければ、つりあいが取れなくなってしまいます。そのため上面の気圧が低下して上に引き上げる力が働きます)ができます。

もう一つディスクが回転しているためジャイロ効果が働いていることがあげられます。一定の速度で回転している物体はその回転軸の方向を保とうとする性質があります。これをジャイロ効果といいますが、独楽が安定して回っているのと同じことです。投げ出されたディスクは回転していますので、その発生する揚力は重力に対して垂直の宝庫でなかった場合、その角度を維持したまま(傾いたまま)にしようとする性質があります。そのため独特の弧を描いた軌道になるのではないでしょうか。またその効果も空気との摩擦で刻々と変化するの一様な曲線にはならずあのような奇跡を描くものであると考えられます。

揚力(浮き上がる力)を得る原理に付いては一番大きなファクターは#1の方が述べられている通りでしょう。補助的な揚力の要因としてもディスクの形状に大きな関係があります。ディスクのが上方に膨らんだ形のため、ある方向にディスクが進行すると、ディスク上面と下面では気流の速度に差(下面ではまっすぐ進み、上面ではディスクの膨らみに沿って流れます。その結果上側の距離のほうが長くなるため、上面を流れる空気の方が等遠回りをすることになり速い速度で流れなければ、つりあいが取れなくなってしまいま...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報