雪平鍋(行平鍋?)について教えてください。

1)通常フタ無しで売られているのはなぜですか?
 (合羽橋では別売のフタが売られていますがなぜですか?)
2)在原業平の兄弟の名前が語源というのは本当ですか?
3)もともとは海水塩作り用途の土鍋であったというのは本当ですか?
4)プロ用のアルミ打ち出し品は木製の柄が抜けるようになっていますがなぜですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

注ぎ口と取っ手があり、ふたのあるなべでを「ゆきひら」といいます。

土鍋の一種です。
厚手につくられるので煮たものが冷めにくく、粥を炊くには最適です。

最近は、アルミ製のものが普及していますが、プロ用のものは、忙しい厨房で、手早く煮炊きするのに浅い鍋が使われ、それがたまたま「ゆきひら」に似ていたために「ゆきひら」と呼ばれているのでしょう。

オーブンに入れることもあります。
木製の柄はつけずに縁をヤットコでつかんで移動させたり、他の容器に移したりします。
よく似た形で、はじめから柄のないヤットコなべというものもあります。

蓋をして長時間煮るような料理にはあまり使われないようですが、煮物、汁物、ソース作りなど、料理の分野を問わず使用されています。次々と色々な料理に使われ、蓋をしている暇などないのでしょう。

行平の語源については、在原業平の弟・行平(ゆきひら)が須磨で海女に塩を焼かせた故事にちなむとも、煮たものの湯げのぐあいを〈湯気平(ゆげひら)〉と表現し、それを行平にしたなどとする説があるようですが、いずれも「ゆきひら」が『行平』とも『雪平」とも書けるためのこじつけでしょう。

「ゆきひら」は、天明(1781‐89)末ころから作られるようになったそうで(大田南畝の《一話一言》)在原行平とは、1000年近い年代のずれがあります。

「週刊文春」に「お言葉ですが」(高島俊男)というエッセイが連載されています。1月24日号(1月17日発売)は「漢字がらみ語源説」で、『日本の民間語源は漢字がらみが多い』『漢字がらみ語源説はたいがいマユツバだと思ったほうがいい』そうです。
「ゆきひら」について言及しているのではありませんが、興味があったらご覧ください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
以前、合羽橋で浅い鍋もヤットコなべも見ていました。
おかげさまで、相互関係、用途など良くわかりました。

語源について勉強になりました。
確かに民間語源って怪しいところがありますよね!
TVを見ていると、放送局によって言ってる事が違う
ということがよくありますものね。
俗説を楽しむのは良いけれど、ホント、取り扱いは注意しないといけないですね。

お礼日時:2002/01/25 00:54

確実ではないのですが、聞いた限りでお答えさせて頂きます。



鍋の名は、在原業平の兄さん(多分)が須磨で海女に潮をくませて塩を焼いたらしく、塩を焼く器を雪平鍋と呼んだところから、陶器の平鍋を雪平鍋というようになったらしいです。

その他はわかりません。。。僕も同じく知りたいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。
反応の速さに感激してます。
他にどんな回答が寄せられるか楽しみです。

お礼日時:2002/01/24 03:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q雪平鍋とは?

スーパーでも、ホームセンターでも、調理器具の売り場にいくと、雪平鍋(ゆきひらなべ)っていう小型の鍋がたくさん売っていますが、あれはいったい何なのでしょうか?
雪平鍋自体は、もちろん自宅にもあるし、どこに行っても見かけるので、子どものころから知っているのですが、それを雪平鍋と呼ぶことを大人になってから知って、なんでそういう名称なのか、なんのためにそのような鍋が存在しているのかが気になって調べています。(純粋に知的好奇心からです)

名称については、在原行平(ありわらのゆきひら)という人に由来することがわかりましたが、
雪平鍋っていうと、必ず独特の模様?がありますよね。(全面を打ち出したような、あの小さな凹みのことです。)
あれは何か意味があるのでしょうか。

ただの「小型の鍋」というのではなくて、「雪平鍋」じゃないといけない(あるいは雪平鍋らなしめている)何らかの理由、要素がありますか?

また、雪平鍋と名乗るための条件というのがあるのでしょうか?

変な質問かもしれませんが、何かご存知の方がいらっしゃいましたら教えていただければ感謝します^^

スーパーでも、ホームセンターでも、調理器具の売り場にいくと、雪平鍋(ゆきひらなべ)っていう小型の鍋がたくさん売っていますが、あれはいったい何なのでしょうか?
雪平鍋自体は、もちろん自宅にもあるし、どこに行っても見かけるので、子どものころから知っているのですが、それを雪平鍋と呼ぶことを大人になってから知って、なんでそういう名称なのか、なんのためにそのような鍋が存在しているのかが気になって調べています。(純粋に知的好奇心からです)

名称については、在原行平(ありわらのゆきひ...続きを読む

Aベストアンサー

鍋の表面を打ち出し、強度を付けることで、アルミの欠点を補います。また打ち出すことが表面積すなわち加熱する面積を増加させ、熱の伝導性をさらに高めます。
ということだそうです。

http://www.kodawariyasan.com/nakao/yukihira.htm
http://www.furaipan.com/shouhin/13arumi/arumi-yukihira/furaipan349.html

Q雪平鍋のふた

母親に3つめの雪平鍋(サイズ違いの大きいもの)をもらって、
どう使って良いものか悩んでいます。

現在、小・中サイズの雪平鍋を使っていて
火の回りが良いのは実感しており、ちょっと湯がくときに利用していますが
蓋がついていないので、煮物などのときは使うのを避けています。
蓋がないと熱が逃げてもったいない感じもしますし・・
他の鍋の蓋を流用しても、形があわないので
水が端からこぼれる始末。

雪平鍋をうまく使いこなすにはどうしたらよいか、
蓋はあるのか教えてください。

Aベストアンサー

>蓋がいらない料理というのは、私なんかのレベルではほとんど思い当たりませんし・・
 あれば結構重宝する鍋です。少人数の味噌汁を作ったり、残り物を暖めたり、インスタントラーメンを作ったり・・

>煮込み料理に使うのは本来の役割ではないのですね。
 それはあります。煮込み鍋にはもう少し厚手のものがよいでしょう。業務用では段付の吹きこぼれしにくい鍋がありますが、すこし厚手のものがよいでしょう。それでも荷崩れを防ぐために蓋よりは落し蓋を使うことが多いでしょう。

 図は業務用の雪平鍋で、
・柄の取り付け部分が長めのテーパーになっていて、焦げて痩せたら先を切り落として叩き込んだり、簡単に交換できるようになっている。
・柄の取り付け金物が漏水を防ぐために鋲ではなく溶接でとめて、しかも鍋の縁にかかっています。
 横から見ると、柄の取り付け金物や注ぎ口の部分で段差があって、密閉蓋が出来ないのです。
 蓋がないというのは、そういう意味です。

Q行平鍋(雪平鍋)について

台所道具大好き人間です。

少しずつ、集めていこうと思っているのですが、今度京都にいくので、鍛金工房にいって買い物しようかと考えています。
すでに、小さめの段付き鍋は購入予定なのですが、行平で迷っています。

1. 行平は、鍛金(手打ち)か、機械打ちの大量生産系(中尾アルミ・アカオアルミ等)にするか迷っています。金額が約半額か半額以下で済むので…
手打ちと品質の良い機械打ちだと、やはり違いがあるでしょうか?

2. 何年くらい持ちますか?柄の部分を取り替えていけば一生ものでしょうか?

3. 一人か二人用で使うのですが、一番使いやすい大きさは何センチでしょうか?

お値段がやはり手打ちのは高いですが、一生持つならいいものを買おうか迷っています。
でも、他にも欲しい台所道具はいっぱいあるので、行平のように大きさ違いでもっていると便利なものは、機械打ちでもいいのかな、とも思っています。
アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

後悔した理由ですが
ある職人さんの銅の雪平を手打ちをするところをじかにみてその美しさに
惹かれたからです。
価格は2万円前後だったかと思いますが買っていません

もっている雪平はもうかなり前に色々なものと一緒に買ったものなので価格は忘れました。

先日、近くのスーパーに行ったのですが、価格は1000円~1200円程度までのものが最高で
見る限りうちのモノのほうが良いように思いました
ただ、使用感は悪くないのである程度のものではないかと思いますが確信はありません。

基本的に10年ほど前より台所製品は電気製品や陶磁器、消耗性のものを除き
ブランドにこだわらずなるべく一生つかえそうなのものを買うことにしています。
またできるだけ職人から直接手渡しで買いたいと思っています。

職人と相談して買うことのいいことは用途や料理の種類また体型などをみて
予算に合わせて相談しながら買えることです。
特に包丁は直接買うのが良いと思います。

もちろんすべて職人から買っているわけではありません
多くの物は近所の店やデパート、あるいは物によってはネットで購入することもあります。
安価なものであっても現物をみて、場合によっては何度も店に通い
悩みに悩んで買っていることが多くこんなに時間をかけて良いのかと思うこともあります。

熟考して購入したものは使い心地もよく長く使えることが多いです。
中には熟考した割に外れのものもあります。
人からもらったり適当に買ったものはあまりよくないことが多いですね。

後悔した理由ですが
ある職人さんの銅の雪平を手打ちをするところをじかにみてその美しさに
惹かれたからです。
価格は2万円前後だったかと思いますが買っていません

もっている雪平はもうかなり前に色々なものと一緒に買ったものなので価格は忘れました。

先日、近くのスーパーに行ったのですが、価格は1000円~1200円程度までのものが最高で
見る限りうちのモノのほうが良いように思いました
ただ、使用感は悪くないのである程度のものではないかと思いますが確信はありません。

基本的に10年ほど前より台所...続きを読む

Qステンレス鍋とアルミ鍋、どっちが使いやすい?

いま、ステンレス製の片手鍋を1つ持っているのですが、
お料理を同時進行させるためにもう1つ鍋を購入しようと
考えています。

ステンレス製の鍋は保温力&ふたの密閉力?が高くて、煮物には
向いていると思うのですが、すこし重い感じがします。
ですので、アルミ製は軽そうなので使いやすいのかな?でも
使ったことがないので、思わぬ欠点もあるのかも・・など
迷っています。

ステンレス製の鍋とアルミ製の鍋は、どちらが使いやすいと
思われますか? メリット・デメリットを教えてください。

よろしくお願いします!

Aベストアンサー

はじめまして

最初に補足ですが、アルミ鍋が有害なのではなく、アルミが有害です。
調理中にアルミが溶け出す量は極微量で、体に影響がでるほどは溶け出しません。
アルミニウムは自然界に多い物質ですので、薬や食料品等にも含まれており、鍋以外からの摂取量の方が多いと思われます、

本題です。
ステンレスのメリット
・丈夫で錆びにくい
・保温性が良いので、煮込む料理や保温調理にむいている。(これは板厚が薄い物は該当しません)
・IHに使用できる物が多い(使用出来ない物もあります)
デメリット
・熱伝導が悪い
・重い(軽い物もありますが、薄すぎると調理にむいていません)
思わぬ欠点は、中国製などで非常に安い物は錆びたりすることもあります。
板厚が薄すぎると炎があたっているところが焦げやすいです。

アルミニウム
メリット
・熱伝導がよい
・軽いので扱いやすい
デメリット
・ステンレスよりやわらかいのでぶつけたりすると、へこみやすい。
・ステンレスと比べると保温性が低い。
思わぬ欠点は、板厚の極端に薄い物・その地域の水道水の塩素濃度が高いという条件がそろうと、「腐食」という現象を起こし、穴が開くことがまれにあります。

結果的には、みそ汁など短時間で簡単な料理はアルミニウムで、長時間煮込むような料理はステンレスで、というような感じです。

どちらにもいえるのは、購入するのであれば「国産」のもので、板厚は最低1mm以上あるものがよいと思います。

はじめまして

最初に補足ですが、アルミ鍋が有害なのではなく、アルミが有害です。
調理中にアルミが溶け出す量は極微量で、体に影響がでるほどは溶け出しません。
アルミニウムは自然界に多い物質ですので、薬や食料品等にも含まれており、鍋以外からの摂取量の方が多いと思われます、

本題です。
ステンレスのメリット
・丈夫で錆びにくい
・保温性が良いので、煮込む料理や保温調理にむいている。(これは板厚が薄い物は該当しません)
・IHに使用できる物が多い(使用出来ない物もあります)
デ...続きを読む

Q皆さんの使っている、長く使えるおすすめの鍋を教えて下さい。

皆さんの使っている、長く使えるおすすめの鍋を教えて下さい。

圧力鍋、無水鍋、シャトルシェフ、十得鍋・・などなど。
(ルクルーゼは、おいしいとは聞きますが、重いのでパスです)
長所や短所。素材(アルミかステンレスか)や大きさ。
調理法別の違いなども合わせて教えて下さい。

希望としては、
・ちょっと高くても(1~2万円)、長く使える
・幅広い料理に使える
・ガス代をおさえたい
・手入れが簡単(かなりのずぼらです)
・おいしく食べたい


結婚して10年近くたちますが、恥ずかしながら現在持ってる鍋は
旦那が独身中に使っていた、アルミの両手鍋(カレー、豚汁などに)・片手鍋(ちょっとした煮物に)。
500円で買ったミルクパン(みそ汁)。
私の実家に眠っていた、寸胴鍋(おでんと煮豆)と浅型両手鍋(ほとんど使わず)。
新しい鍋を買って、台所でのテンションをあげたいのも理由の一つです。


圧力鍋を買いたくてずっと悩み続け買おうとしたのですが、調理や片づけが面倒そうだし、コトコト系の料理はあまり味がよくないようなので、気持は冷めつつあります。あと、一生モノなので高くてもいいというものの、部品交換の出費が。。

無水鍋は手入れも簡単そうで、お手頃だしと思いましたが、そこまで重宝されてないような書き込みが多く、今はシャトルシェフに気持ちが移りつつあります。

実際使われている皆さん、いかがでしょうか?

とにかく面倒くさがりなので、手入れが簡単に越したことはありません。
ゴシゴシ洗えて、収納面も。

それから、今使っているIH炊飯器の内釜のコーティングがボロボロで、これを機に炊飯も鍋に変えようかとも思っています。(タイマーの便利さに負けないか不安なとこですが・・)


旦那と、子供2人の4人家族です。一日1回、4合炊いています。
とりあえず、カレーサイズの鍋を一つ検討しています。
ご飯も鍋でいけそうだったら、また後日買いたすとして。

結局は、使う人の好みや性格、何に重きを置くかだと思いますが、色々検索して逆に分からなくなってきました。よきアドバイスをお願いします。

皆さんの使っている、長く使えるおすすめの鍋を教えて下さい。

圧力鍋、無水鍋、シャトルシェフ、十得鍋・・などなど。
(ルクルーゼは、おいしいとは聞きますが、重いのでパスです)
長所や短所。素材(アルミかステンレスか)や大きさ。
調理法別の違いなども合わせて教えて下さい。

希望としては、
・ちょっと高くても(1~2万円)、長く使える
・幅広い料理に使える
・ガス代をおさえたい
・手入れが簡単(かなりのずぼらです)
・おいしく食べたい


結婚して10年近くたちますが、恥ず...続きを読む

Aベストアンサー

#4です

私が愛用しているのは16cmのKBB-1600です。
一番小型のサイズですが、お味噌汁や肉じゃがなどではぴったりのサイズですね。
カレーもディナーカレーとかザ・カリーのような小箱サイズのだと、ちょうど作れる大きさです。
ただ、お子様が食べ盛りでしたらもっと大きなのがいいでしょう。
うちの場合は保温容器の置き場所の関係上この大きさが限界でしたが。

シャトルシェフの利点は、保温加熱中に具材が動かないので
味がよく染みているのに煮崩れしていない煮物が作れるところです。
ポトフなども、綺麗な透明なスープが取れますよ。
欠点は普通に火にかけるよりも調理に時間がかかるところでしょうか。
そのあたり逆算して調理をはじめないといけないですね。

あと、炊飯器ですが、予算に余裕があれば圧力IH炊飯器にすると世界が変わります。
やすい炊飯器にありがちな、べちゃっと感がまったくなく、ふんわりしゃきっとした美味しいご飯が炊けますよ。

Qなぜ、片手鍋といえば「雪平鍋」なのでしょうか?

こんにちは。

なぜ、片手鍋といえば「雪平鍋」なのでしょうか?
ここまで普及したのは、利点があるからでしょうか?

私から見た特徴は、・小さいヘコミがある。・中が軽く湾曲して丸みがある。です。

1.名前の由来は何でしょうか?
※ 特定の会社しか作っていない「商品名」でしょうか。

2.雪平鍋の長所は何でしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 雪平鍋とは、元々行平鍋と書いていましたね。戦前まではこちらが普通で材質も陶器でできていました。
 一方、おかゆなどを作る陶器の鍋も行平鍋と言われてました。
 あまり区別はされてなくて、混乱してますね。
 小型の片手の浅めで底の角が丸いもの--底が丸いのは坊主鍋--の一般名程度の意味です。
 叩いてあるのは、薄いアルミで強度を出すために叩くことで硬化させているもので、空焚きをするとひずみが取れてしまうためやわらかくなりますから、叩き直すことが必要。

 アルミ製のユキヒラ鍋が登場したのは,戦後です。

○なお、アルミの行平鍋もピンからキリまであります。柄の取り付け部分がしっかりと長くテーパーになっているもの。
 ビスで留めずに、先を切って叩き込んでいくのが正しい
○取っ手を取り付ける金物部分が鋲で止めてないもの。
 鋲から水漏れする。
○十分な厚みがあるもの
 腰抜けになるよ

Q木製のまな板を使っていらっしゃる方教えて下さい!

木製のまな板をもうずっと使っています

先日、ふだんどおりにスポンジや亀の子タワシにキッチン洗剤をつけてまな板を洗っていたところ、それを見ていた知人から、木製まな板は液体を吸収して次に使う時にまな板を濡らしたとき、まな板から微量ながら洗剤が還元?されて表に出てくることもあるから、洗剤つけて洗っちやいけないんだよと言われ困惑しています。

・・本当ですか?
今は毎日このまな板で離乳食作っていたんですけど本当ならやめるべきだけどどうしたらよいかわからず質問してみました。

その知人が言うに、すりこぎなんか買っても「洗剤で洗わないでください」と必ず記載があるでしょう?と。
木製のまな板は、洗剤はつけずに亀の子タワシや金タワシで洗うのが正しいとのこと。熱湯消毒すれば完璧とのこと。金タワシで毎日洗うから何年も使ってたらまな板が削れて薄くなるけど、それが正しい使い方なんだっていうんですが、私としては肉や魚を切ったあとに水洗いだけというのもちょっとどうなんだろうとか思っちゃったんですが。

本当に彼女がいうように洗剤がまな板の表面に染み出てきてたりするもんでしょうか?(ちなみに彼女は結構心配症な人なので..)

果たしてこのまな板は処分すべきでしょうか?
それともこのままこのまな板を使い続けて、離乳食作りに使用してても大して問題ないと思いますか?

みなさんは木製のまな板の毎日のお手入れ、どのようにしてらっしゃいますか?たくさんのご意見きかせてください!
よろしくお願いします!

※ちなみに私は、まな板にキッチン洗剤をジャーッとかけて、亀の子タワシでゴシゴシこすって、そのあと水道水をかけながら亀の子タワシでゴシゴシこすって充分にすすぐ..って感じでした。もう8年ぐらいずっとこうして使ってきたまな板です。 他の食器を洗うとき、洗剤のついた食器の一時置き場としても使うこともよくあるので、その間30分位、洗剤がついたままの食器をまな板の上にずっとのせてたりもします..旦那にこの話をしたら、大丈夫!心配しすぎ。このまま使い続けて離乳食にも使ってまったく問題ないって言われました。

木製のまな板をもうずっと使っています

先日、ふだんどおりにスポンジや亀の子タワシにキッチン洗剤をつけてまな板を洗っていたところ、それを見ていた知人から、木製まな板は液体を吸収して次に使う時にまな板を濡らしたとき、まな板から微量ながら洗剤が還元?されて表に出てくることもあるから、洗剤つけて洗っちやいけないんだよと言われ困惑しています。

・・本当ですか?
今は毎日このまな板で離乳食作っていたんですけど本当ならやめるべきだけどどうしたらよいかわからず質問してみました。

そ...続きを読む

Aベストアンサー

熱湯と塩で洗う。

洗剤は木を腐らせ、繊維が傷んですぐに黒ずんでしまいます。
石けんは生分解が盛んなので、カビが生える原因になります。
漂白剤は、匂いが染み込むので、絶対に使えません。


手入れの方法は
シンクの中に鍋や洗面器のようなものを置いて、
その上に、使い終わったまな板を乗せる(鍋や洗面器は浮かせるため)。
そのまな板に、片面にヤカン1杯分の熱湯をかけるだけです(両面行うのでお湯は2回分用意する)。
シュワーっという音がするので、それが聞こえなくなるくらいまで行う、で、裏返して同じようにする。

しっかり手入れしたいという時には、
まな板全面(横も)に塩を良くすりこんでから熱湯をかける。
普通に売っている安い塩で充分です。
夏場は週に1回くらいやれば大丈夫です。

まな板がへこんできたら、鉋をかけて平らにします。
金物屋さん等で請けている所があります。

魚を一匹捌くときには新聞の広告を敷いた方が片付けるときに楽です。

Q鍋とフライパンについて

最近、鍋とフライパンを買い替えようと思っています。
私は最近までよく知らなかったのですが、ステンレス・アルミ・テフロンの鍋は危険性があり使用するべきではないなどということを知りました。しかし調べてみると、他のものについても危険性があるということなので、買い替えるならどれを買えばいいかで迷っています。
(今現在使っているのは、ステンレスの鍋とテフロン加工のフライパンです。)
そこで、どのような調理器具を使用すればいいのか教えていただけるとありがたいです。また、皆様が普段どのような鍋・フライパンを使ってるかも教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

 危険性は何にでもありますよ。大抵は売っている鍋と異なる鍋を攻撃するために恣意的に宣伝されることが多いです。
ステンレス:重金属であるクロム(Cr)の溶出かな(^^)。御存知(理科で学ぶ)のようにクロムは表面に酸化クロムの不動態( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8D%E5%83%8D%E6%85%8B )の強固な不溶性の皮膜を作りますから、それが水溶液中に溶出することはありません。そもそもクロムは必須元素ですから毒性はないし、もし溶出すればステンレスは錆びる---ですよ。

アルミニウム:二十数年前にドイツだったか、脳の中のアルミニウムの蓄積とアルツハイマー病の関連を示す疫学データが公表されたことがあります。結果的に原因ではなく結果--アルツハイマー病になるとアルミニウムが蓄積するのであって、原因と結果が逆と言うことで現在は否定されています。もしアルミニウムが原因でしたら鍋から溶出する量よりもはるかに多い埃や・・・。アルミニウムも酸化アルミニウムの不働態(サファイヤやルビー)と同じ物で通常は覆われています。

テフロン:高温で熱分解させたときの生成物が問題になったことがありますが、通常の使用で問題になることはありませんし、テフロンか分解する260℃以上でテフロンが焼け焦げて剥離した状態になれば、その前に料理自体が「黒こげ」・・そんな物食べないです。
 ⇒アルミニウム/人体への影響 - Wikipedia( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%9F%E3%83%8B%E3%82%A6%E3%83%A0#.E4.BA.BA.E4.BD.93.E3.81.B8.E3.81.AE.E5.BD.B1.E9.9F.BF )
 ⇒クロム/必須元素としてのクロム/クロムの毒性 - Wikipedia( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%A0#.E5.BF.85.E9.A0.88.E5.85.83.E7.B4.A0.E3.81.A8.E3.81.97.E3.81.A6.E3.81.AE.E3.82.AF.E3.83.AD.E3.83.A0 )
 ⇒ポリテトラフルオロエチレン/毒性 - Wikipedia( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%83%95%E3%83%AD%E3%83%B3#.E5.AE.89.E5.85.A8.E6.80.A7 )

 以前本を書くときに随分と調べたのですが、残念ながら、鍋による健康被害の実例と言うものは寡聞にして聞いたことありません。

[鍋]はそれぞれの料理に適した物を使用するのが最善です。逆はダメです。その最も悪い組み合わせの例としては「テフロンのフライパン」ですかね。
 テフロンは上記のリンクをご覧になると分かるように耐熱性は260℃前後と考えられますが、フライパンを使う炒め物や炒りもの料理では、この温度に達することは多いです。そのために寿命がとても短いです。---だから、こぞってメーカーはテフロンのフライパンを販売する。--他の鍋の寿命は「末代物」くらい持つので回転率が悪く利益が上がりませんが、テフロンのフライパンは半年から数年で買い換えてもらえる。プロの厨房を覗いてテフロンのフライパンは見たことないです。--一週間持たない--。

フライパン:圧倒的に鉄です。空焚きにも耐えますし、焦げ付くこともない(使い方間違えなければ)。ソースやルーを作るときはアルミニウムや銅のフライパンを使います。熱伝導率( 熱伝導率 - Wikipedia( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%86%B1%E4%BC%9D%E5%B0%8E%E7%8E%87#.E5.80.A4.E3.81.AE.E4.BE.8B ) )が良いですから--フランス料理は銅、イタリアンはアルミという感じですね。
 また、玉子焼きにも同じ理由と色がきれいに出るので銅の玉子焼き鍋( https://www.google.com/images?hl=ja&q=%8B%CA%8Eq%8F%C4%82%AB%93%E7 )が多いですね。

煮物汁物:アルミニウムが良いですね。これに関してこそ!!テフロン加工がされていても良いです。洗い易く空焚きでもしない限り持ちます。表面をステンレスで覆った物もあります。ステンレスで覆われると熱伝導が悪く金属光沢があり冷め難い。
 この手の鍋のテフロンは本当に少なくなりました。一度買えば何十年も持つため利益が出ないために多くのメーカーは止めてしまいました。(業務用は多いです。)
 家庭用では、ホクアのマイスター( http://www2.hokua.com/houseware/?cat=5#info723 )とか、

炒め物:鉄の中華鍋、片手(北京鍋)、両手(上海)のどちらでも良いでしょう。底に角がなく全体が曲面なので混ぜやすいです。二周りくらい大きめなサイズを使うのがポイントです。
 https://www.google.com/images?hl=ja&q=%92%86%89%D8%93%E7

ステンレス/チタン:
 鍋の素材としては最悪です。熱伝導が悪く重いのが最大の理由です。そのためストックポット・キッチンポット、寸胴鍋のように保管やつくり置きのための容器や、粘性のないスープや出汁取りに使われます。家庭用としてなら、アルミニウムを間に挟んだ三層鍋でしたら良いでしょう。
 湯を沸かすだけとか、味噌汁とか粘度の低い調理専用になります。

 危険性は何にでもありますよ。大抵は売っている鍋と異なる鍋を攻撃するために恣意的に宣伝されることが多いです。
ステンレス:重金属であるクロム(Cr)の溶出かな(^^)。御存知(理科で学ぶ)のようにクロムは表面に酸化クロムの不動態( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8D%E5%83%8D%E6%85%8B )の強固な不溶性の皮膜を作りますから、それが水溶液中に溶出することはありません。そもそもクロムは必須元素ですから毒性はないし、もし溶出すればステンレスは錆びる---ですよ。

アルミニウム:二十数年前にドイ...続きを読む

Q作り置きした味噌汁を冷蔵するのに適した鍋

こんばんは。

少し堅い題名で申し訳ありません。
作り置きした味噌汁を鍋ごと冷蔵庫で保存しておきたいのですが、どんな材質・形状の鍋が良いでしょう?

ホーローの両手鍋で冷蔵庫の棚に入るものが良いかな?と思っているのですが、皆さんはどうしていらっしゃいますか?

材質だけでも、アルマイト・銅・ステンレス・土鍋・アルミなどありますし、形もデザインも多いですので、もっと良い知恵がありそうな気がするのですが・・・。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして

残り物を鍋に入れておくのはあまり良くないですね。
ステンレス・アルミ(アルマイトも)・銅も長時間(一昼夜)入れておくと金属の腐食が起きやすく、お鍋を傷めてしまいます。フッ素樹脂も同様です。

土鍋は臭いもつきますし、大きさから論外でしょう。

あえて言うのであれば、ホーロー製品ですが・・・お鍋ですと取手が邪魔になりますので、シール蓋のあるガラス製が一番良いのではないでしょうか?

質問からはずれてしまいました。
すみません。

Q柳宗理のミルクパン・・どこが良いのか分かりません。

某料理研究家のお勧めってだけで
柳宗理のミルクパン(つや消し)買いました。
16cmと18cmで迷い
「大は小をかねる」かな?と思い18cmを。

1ヶ月使ってみて、はっきり言ってどこが良いのか分からないのです。
18cmという大きさも使いにくかったし
こびり付くし、なんか変色もしてきてるし
これで5000円???・・かなり後悔です。
安い雪平鍋と何ら変わりない、というか
今まで使ってた16cmの雪平鍋の方が使いやすかったというのが
正直な感想です。。

柳宗理のミルクパンを使っている方
どこが良いのか教えて下さい。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

同じ18cmです。
毎日のみそ汁や野菜の下ゆで、パスタなんかだと2人前くらいならパキッと折ってゆでちゃったりします。
あとラーメンやうどんの調理にもぴったりです。
大きさはお子さんが大きくなるにつれて解消されるのでは?
手に入れた当初はわたしも「意外と普通のナベじゃん・・」と思いましたが使っていくにつれて良さがわかってきました。
aoisora1999さんにもそんな日が来ますように・・。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報