【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

ドイツとスイスで話されているドイツ語は違うんですよね?
友達(スイス人)が「僕達はドイツ人の話す言葉が分かるけど、ドイツ人は僕達の話す言葉は分からないだろう」と言っていました。
どのように違うのですか?
以前、スイスのドイツ語を少し教えてもらったのですが、それがスイスしか通じないならショックです・・・(近々ドイツへ行くので)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

スイス以外のドイツ語はオーストリアも含め地域によって違いがあってもお互いが理解できてもちろん通じるのですが、スイスのドイツ語は発音の仕方が違うのでほとんどわかりません。


スイスの人は自分の地域方言のスイス・ドイツ語を話して、それとは別に標準ドイツ語も話すので、ドイツ人や外国人には標準ドイツ語で話してくれます。

台湾で台湾語をふだんしゃべっているけれど北京語もみんなできるとか、バルセロナのあるカタルーニャ州のカタラン語とスペイン語の関係とか、そういう感じと近いかもしれません。
    • good
    • 1

スイス語とドイツ語はかなり違います。


他の方も説明されていらっしゃいますが、「標準スイス語」というものは存在せず、文書化されたものも存在しないので、一言で「スイス語」と定義すること自体が不可能です。
だからといってドイツ語圏に住むスイス人が“母国語はドイツ語です!”というのは絶対に解せません。

電車やバスなどを利用する場合でも、駅の構内アナウンスや車内アナウンスは、スイス語で話されることが殆どです。スーパーやデパートなどでも同じです。
個人的に対面して話をすれば、明らかにこちらが外国人であることがわかるので、観光地で外国人慣れしている人達や、気を遣ってくれる人であれば、ドイツ語に切り替えて会話してくれる人もたくさん居ますが、基本的にはスイス人の多くは「標準ドイツ語」や「ドイツ人」を好まない人が多いので、返事を標準ドイツ語で返してくれないことも多々あります。

例えば、数字の発音にはとても大きな差があります。
「ドイツ語」をしっかり学んでおいても、「スイス語」で言われると「???」となりますよ。
“9.99”ならドイツ語で
“ノイン・ノインウンドノインツィッヒ”(←※無理を承知であえて強引にカタカナ表記しましたが…)となりますが、
「スイス語(東北部)」だと
“ヌゥ・ヌゥヌゥヌゥンツゥク”(←※もの凄く強引なカタカナ表記です。)です。
「木曜日・金曜日・日曜日」なんかだと
独:「ドンナァースターグ/フライターグ/ゾンターグ」ですが、
瑞:「ドーンシュティッグ/フリーティッグ/ゾンシュティッグ」です。(※あくまでも強引なカタカナ表記です。)

瑞:「イー ガンゲ ゴ ポシュティ」は
独:「イッヒ ワー アインカウフェン」(=私は買い物に行きました。)(←※あくまでも強引なカタカナ表記です。)
ドイツ人がスイスへ来ると、「スイスではポスト(郵便局)へ行く人がとても多いようだ。」と思う人がかなりいるそうです。(←冗談ではありません。)

またスイス語は、ドイツのシュワーベン地方で話されるドイツ語(シュウェービッシュ)と大変似通っているらしく、スイス人とシュウェービッシュ人が話すときには、通訳の必要が殆ど無いそうです。
つまり、ドイツと一言で言っても、どこでも「(標準に近い)ドイツ語」が話されているわけではないので、スイス語を知っていて得をすることもあれば、損(?)をすることもあるのです。
まあ、スイス語を身体や頭に染みついてしまっているほど拾得している、というのでなければ、ドイツへ行かれても問題は殆ど無いと思いますが。

昨今ドイツも大量の移民が入ってきており、特に大都市などでは「本当に綺麗なドイツ語」を話せる人が少なくなってきています。
文化は常に変化していくものですから、いろんなカルチャーショックを受けながら、新しい文化を吸収していくのも楽しいのではないですか?
    • good
    • 4

東京の人が、東北弁を理解するのに苦労するような感じではないかと思います。

スイスジャーマンは、ドイツ語とは特に発音と単語においてかなりの違いがあり、文法においても違うところがあります。それでも、その相違に規則性はあるので、ドイツ語がわかればスイスジャーマンの理解も容易になります。とはいっても、ドイツの番組でスイス人がスイスジャーマンを話す時には共通ドイツ語の字幕あるいは吹き替えが入ります。

スイスジャーマンは書き言葉ではなく、完全な話し言葉です。学校の教科書、その他手紙や文章はすべて共通ドイツ語でかかれますが、話す時にスイスジャーマンで話します。スイスジャーマンの音声を無理矢理文字にすることもありますが、正しい表記というのはないので、スイス人にとっても読みにくいものです。

ほとんどのスイス人が共通ドイツ語を話せますが、それでもスイスジャーマンのアクセントがとても強い場合が多いので、だいたいすぐにスイス人だな、と分かります。

スイス人は自分達の言葉の特異性を良く心得ているので、質問者さんの教えてもらったドイツ語はきっと共通ドイツ語なのではないでしょうか?ちなみに少し例を挙げると、

・「こんにちは」ドイツでは「Guten Tag」、スイスでは 「Gruetzi(グリュッツィ)」
・軽い意味合いでの「ありがとう」はドイツでは「Danke」, スイスでは「Merci(メルスィ)」
・「さようなら」はドイツでは「Auf Wiedersehen」、スイスでは「Uf Wederluege(ウフ ヴェデァルゥエゲ)」

等々です(上述以外にも言い方はあります)。
    • good
    • 2

スイスへ行ったことがありませんが、スイス人の授業を(ドイツ文学)


2年間受けたことがあります。もちろんいわゆる標準ドイツ語で授業が行われたのですが、最初は理解するのに結構困りました。
その後スイス地方のドイツ語のことを少し知りましたが、一概にスイスドイツ語と言っても、地方地方により相当違いがあるようです。スイス
ドイツ語の標準語と言うものは無いと思います。
ですから、標準ドイツ語だけ知っていれば、ドイツ、オーストリア、スイスなどでは一応大丈夫ですでしょう。相手が外国人だと思えば、彼らは十分に注意して、出来る限り地方色を出さずに話してくれますよ。ドイツでも、バイエルンとホルシュタインの人々がでは元来の地元の言葉で話し合ったら、相互理解はかなり困難です。私はホルシュタインの言葉をちょっと勉強しておりますが、その言葉の会合に現地で参加したことがあり、その時、バイエルン出身の新聞記者のインタビューを受けましたが、”低地ドイツ語じゃ全く分からない、ここがドイツなのに、まるで外国にいるようだ。”と彼は言ってました。
ですから、我々外国人は標準ドイツ語だけで大丈夫ですよ。ただし、だれ一人としてドイツ語辞書通りには喋らずに地方色(発音、語彙、言い回し)があります。
    • good
    • 1

こんにちは!


ドイツ語の門外漢ですが、スイスにはよく行きます。話している内容はわかりませんが、ドイツ人のドイツ語とスイス人のドイツ語は、明らかに調子が違いますね。
昨年、スイスを旅行中、こんな面白い経験をしました。

ポストバスで移動中、ある停留所で、運転手さんが交代しました。
降りる方の若い運転手さんが、何やら嬉しそうに、初老の運転手さんをドイツ語と英語で紹介しました。
“He speaks German very well, but he speaks only Swiss German.”
バスの中から、どっと歓声があがりました。雰囲気から、ドイツからの観光客だとわかりました。その後、運転手さんがマイクで観光案内などを言うたびに、くすくす笑い、爆笑の連続でした。私のすぐ後ろに座っていた上品そうな中年夫婦も笑いをこらえるのに必死でした。ダニエル カールの山形弁みたいなのでしょうか。
そういう観点で見ると、田舎風ドイツ語を日本人が話すと、純朴でしかもおかしいという印象を与えるでしょうから、絶対、悪いことではないと思います。
    • good
    • 1

No.2です。



なるほど、No.3の説明でrosenheimさんのおっしゃっていることを理解いたしました。

(って私が解ってもしょうがないですね ^^;)

質問者さん、お邪魔しました。
    • good
    • 0

追加です。


以下のようなページをみつけましたので、ご参考になれば。

参考URL:http://swisskaz.exblog.jp/1765657
    • good
    • 0

はい。

そうです。
カタラン語とカスティーヤ語は別の言葉であることは私も知っています。そのくらいに、スイスのドイツ語とドイツのドイツ語は違うということです。
スペインのスペイン語とラテンアメリカのスペイン語は違いがあっても互いに通じますが、スイス人がスイス国内でしゃべっているドイツ語はドイツではほとんど通じないのです。

>それでスイスのドイツ語を少し教えてもらったのですが、それがスイスしか通じないならショックです

逆にその言葉を言ったら、スイス方言を知ってるなんてすごいね、と驚かれていい会話のきっかけになるかもしれません。
    • good
    • 0

No.1の方にお言葉を返すようですが(^^;


スペイン語(カスティーリャ語)とカタルーニャ語(カタラン)は、方言以上にもっと別の言葉です。
似ていることは似ているのですが。

それよりは、スペインのスペイン語と中南米諸国のスペイン語とか、ポルトガルのポルトガル語とブラジルのポルトガル語の違いのほうが近いかも?

フランス語を齧ったことがあるのですが、フランスのフランス語とカナダの(ケベック州の)フランス語とドイツのフランス語は、通じるけど単語の使い方が違うので誤解する場合がある、と聞きました。

複数の国で話されている言語には国によって、発音、単語、ときには文法に、差異が出てきます。
(英語もそうですね)

で、ブラジル発音のポルトガル語に慣れていると、ポルトガルのポルトガル語は解りにくいらしいんですよ。
(ちらっと知ってるだけでもけっこう違うと思う)
ネイティヴのポルトガル人ならブラジル発音で言われても解るらしいんですが。

それほど大きく変わらないはずのスペイン語でも、中南米発音に慣れている私はスペイン発音が意外と聴き取りづらいときがある。

ドイツ語から話が外れてしまいましたが、違いをどの程度カバーできるかは、その言語のネイティヴかノンネイティヴかもちょっと影響するようです。
でもスイスのドイツ語が他の地域で通じにくいとしても、全然ドイツ語を知らないよりいいんじゃありませんか?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q北欧の言語について

北欧の言語と言えば デンマーク語、スウェーデン語、
ノルウェー語、フィンランド語がありますね。
フィンランド語を除く3つの言語は非常に似通っていているらしいですが、デンマーク語に関しては発音が
非常に難しいらしいですね。それらの3ヶ国語は語彙の面では 英語よりもドイツ語に近いんでしょうか?文法の面では 英語に近いのかドイツ語に近いのか、それともラテン語やロシア語のように語尾変化が複雑なのか見当がつきません。また、英語ともドイツ語とも違う独特の性質があると思います。
それから フィンランド語というのは それらの3ヶ国語とは言語学的に別系統らしいですね。むしろ 日本語に近いんでしょうか?そうだとしたら フィンランド語も日本語のようにSOVの形を取るんでしょうか?
どなたか、ご存知の方 回答お願いします。

Aベストアンサー

面白い主題ですね。
まず、デンマーク語、スウェーデン語、ノルウェー語、そしてアイスランド語は原始北欧祖語(古代スカンディナビア語)という言語からそれぞれ分かれたと言われています。ここで今のノルウェーに住んでいたバイキングの一部やアイランド、スコットランドから来たケルト人達が
今のアイスランド人の先祖になっており、(900年頃)
その後、殆ど異民族との交流とか移住がなかったので、地球上で遺伝学的に単一民族として認められる少ない例だと言われていますね。
そのせいか、アイスランド語はいちばん古形を保っていて
言語学的な化石とも言われます。外来語も中国語みたいに
全部既存の古有語を組み合わせて作りますね。当然、ヨーロッパの他の言語の影響が続いた残りの3つの言語とは
ぜんぜん通じないし、文字の上の特徴も目に付きますね。

三つの言語はお互いに通じると知られていますが、実は
そうでもないようです。おっしゃるどおりに
デンマーク語は声門閉鎖音というもののせいで、変わった
発音で有名なんですね。そのせいか、スウェデン人においてはデンマーク語が聞き取れないという話を聞いたことが
あります。これに比べて、スウェデン語にも他のゲルマン語にない特徴として、高低アクセントというものがあって、音楽的な音感があるといいます。中国語の
声調のような感じかな?ノルウェー語はさらに Bokmal
と Nynorskという二つの公用語が並立しており、一つの
ノルウェー語がないということです。Bokmalは 文章語が
ほとんどデンマーク語と同じ、 Nynorskは主に地方の方言を集めてデンマーク語と異なるノルウェー語を作ろうとして成立したそうです。使用比率は 80 : 20 らしいですね。
普通、ノルウェー語としたら、このBokmalのことです。

相互関係を言えば 口語はノルウェー語(Bokmal)とスウェデン語が近いし、文語(文章語)はノルウェー語とデンマーク語が近いと思われます。

語彙や文法はこれらの言語がゲルマン語のなかでも別のグループなので英語かドイツ語かどちらにちかいか、単純比較は無理がありますね。文法の性は両性名詞と中性名詞の
対立があって、ドイツ語と近い感じですが、格変化は
しないようで、英語と近い感じです。語彙は中世以来には
ラテン語、ドイツ語、フランス語などから入ってきましたが、英語からの影響は近代以来からです。まとめて見れば
難易度は英語とドイツ語の中間で(日本人から見て)
その特徴もドイツ語よりは文法が簡略化されているけど、
英語ほどはないと言っていいようです。しかし、綴りは
逆に英語よりは規則的であるが、ドイツ語ほどはないと
いうことですね。

フィンランド語の場合はフィンウグル語派なので、エストニア語に近い言語です。ヨーロッパではハンガーリ語と
ともに難しい言語として、有名ですね。けど、基本的には
SOVで日本語と同じで格の数が15になっておりますが、ロシア語とかドイツ語の格概念じゃなくて、接詞みたいものです。

minä olen (わたしは です)
sinä olet (あなたは です)
hän on (かれ かのじょは です)

たしかに語順が同じ 名詞に性の区別がない 後置詞を遣うということで日本人に馴染みやすい部分はありますね。

面白い主題ですね。
まず、デンマーク語、スウェーデン語、ノルウェー語、そしてアイスランド語は原始北欧祖語(古代スカンディナビア語)という言語からそれぞれ分かれたと言われています。ここで今のノルウェーに住んでいたバイキングの一部やアイランド、スコットランドから来たケルト人達が
今のアイスランド人の先祖になっており、(900年頃)
その後、殆ど異民族との交流とか移住がなかったので、地球上で遺伝学的に単一民族として認められる少ない例だと言われていますね。
そのせいか、アイスラン...続きを読む

Qたぶんドイツ語・・「Es tut mir leid !」の意味は?

たぶんドイツ語だと思いますが、「Es tut mir leid !」の日本語の意味は何になるのでしょうか?
英訳すると、「I'm sorry!」となるようですが、sorry自体が日本語だと「ごめん」か「残念」どちらにも捉えることができるので、英訳からだと判断がつかないのです。
わかる方がいましたら、「Es tut mir leid !」の日本語の意味を教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

Es tut mir leid, dass ich Ihnen behilflich sein kann.
= I am sorry that I cannot help you.
あなたのお力になれなくて申し訳ありません。

Es tut mir leid, aber...
= I am sorry, but...
残念ですが...

Es tut mir leid (Mir tut es leid) は I am sorry に相当しますが和訳は状況に応じて「申し訳ない」にも「残念」にもなります。

leid や sorry には「気の毒だ」という気持ちがあり

Es tut mir leid um ihn. = Er tut mir leid.
= I am sorry for him.
彼が気の毒だ。

何かの原因が話し手を気の毒な気持ちにさせています。

ですから「残念」と言っても自分が何かに負けたとか失敗や失望で「残念だ!」と言っているのではありません。

Ich werde enttaeuscht. = I get disappointed. は「私はがっかりする」は自分が失望した気持ちを表す表現です。

Ich bin von ihm enttaeuscht.
= I am disappointed at him.
彼にはがっかりだ。/彼は残念だ。
(Ich werde enttaeuscht. は「私は失望したようになる」ということなので実際には bin = am を使う方が多いようです)

「残念」と leid/sorry の表す範囲にズレがあるので字面だけで判断はできません。Es tut mir leid! は何かに対して申し訳ない、かわいそう、気の毒と感じていることは言えます。

Es tut mir leid um das Essen.「ご飯がもったいない」

Es tut mir leid, dass ich Ihnen behilflich sein kann.
= I am sorry that I cannot help you.
あなたのお力になれなくて申し訳ありません。

Es tut mir leid, aber...
= I am sorry, but...
残念ですが...

Es tut mir leid (Mir tut es leid) は I am sorry に相当しますが和訳は状況に応じて「申し訳ない」にも「残念」にもなります。

leid や sorry には「気の毒だ」という気持ちがあり

Es tut mir leid um ihn. = Er tut mir leid.
= I am sorry for him.
彼が気の毒だ。

何かの原因が...続きを読む

Qドイツ語の男性、女性、中性名詞の覚え方について

ドイツ語の男性、女性、中性名詞の覚え方について

なのですが、同じような質問は何度もされていてたいていは「冠詞もひっくるめて覚えるのが結局は良い」との答えが多く出ていました

ところで、自分は最近ドイツ語勉強しはじめて、名詞の性を覚える際にイメージを使っています
たとえば「schokolade→チョコ→女の子はチョコが好きな人が多い気がする→女性名詞」といった具合にです
もちろん男性でだって好きな人はたくさんいますし、あくまでこれは主観的なのですが、まぁ自分で覚えれればよいのではないかと思っています。

そして質問したいのが、こういった具合でイメージを利用して覚えていって、後々になって困ることが出てくると思いますか??
やはり1つ1つの単語にイメージをつけていくと(もちろんつけにくいものは詰め込みますが)、1単語あたりに多くの記憶力を使わなければならないので、将来的にパンクするんじゃないかと不安です。

どうでしょうか??

Aベストアンサー

>ドイツ語の男性、女性、中性名詞の覚え方につい

>名詞の性を覚える際にイメージを使っています

30年以上前の初級のドイツ語の先生たちはよくidapota さんの様にイメージで覚えなさいとおっしゃってましたよ。 私も、最初は男性が身につけるから、die Krawatte, die Pfeifeder  女性が身に着けるから der Rock なんていう風にはじめました。 

日本語には男性、女性、中性名詞などありませんから、ドイツ語のその感覚を身につけるのにはとても役に立ちました。

でも、そのこじつけは単語の数が増えて行くに従ってうまく行かなくなります。
結局、単語と一緒で覚えるしかないことに気がつきます。

男性、女性、中性名詞を簡単に見分ける方法は中級になると勉強します。 (Wortbildung Nomen)
ドイツ語の単語は日本語の漢字の様に、上級になると、簡単な単語がくっついた熟語が増えるのと、動詞の名詞化とか出てくるからですね。(例: der Kindergarten:die Kinder(das Kind)+ der Garten 熟語の名詞の性は後ろの単語のを使います。 das Spielは動詞のspielenが名詞化)


ドイツ語初級で、男性、女性、中性名詞を簡単に覚える方法として、
○男性、女性、中性名詞、(複数だけで使う名詞)で区切った単語帳を作る。
○教科書の末巻などに載っている単語表を使い、男性、女性、中性名詞、(複数だけで使う名詞)を色分けする。
○身の回りの物に色の付箋を貼って、指を指してその名前のドイツ語を言って見る。(青の付箋der Computer,赤の付箋die Schere, 黄色の付箋das Buch,)
など、自分のやりやすい勉強方法で試してみてください。

ドイツ語は入門が一番の高い壁です。今idapotaさんが習っていらっしゃることは、ドイツ語を習って行く上でずっと使って行くもので、建物に例えれば、土台や基礎で、その辺りがしっかりしていないと、例えば形容詞の変化など出てくると勉強をやめたくなるほど、分からなくなります。 
大変ですが、是非頑張ってみてください。
「Aha!」と思えたら一つの壁を乗り越えられた証拠です。
そこから勉強がもっと楽しくなりますよ。

>ドイツ語の男性、女性、中性名詞の覚え方につい

>名詞の性を覚える際にイメージを使っています

30年以上前の初級のドイツ語の先生たちはよくidapota さんの様にイメージで覚えなさいとおっしゃってましたよ。 私も、最初は男性が身につけるから、die Krawatte, die Pfeifeder  女性が身に着けるから der Rock なんていう風にはじめました。 

日本語には男性、女性、中性名詞などありませんから、ドイツ語のその感覚を身につけるのにはとても役に立ちました。

でも、そのこじつけは単語の数が増えて...続きを読む

Qドイツ語のヨーロッパでの通用度

ドイツ語はヨーロッパではどの程度通用するのでしょうか?
今ドイツ語学んでいて、ドイツ語は思ったよりも通用度が高いと聞きます。
以下の国の状況を教えて下さい。以下の国で通用する?という噂を聞いたことがあります。
実際どうなのかどうか以下の点を考慮の上、わかる範囲で結構ですので教えて頂けると助かります

(1)繁華街ではどうか
(2)地方ではどうか
(3)理解出来る層とその人間は結構いるか(経験上の憶測でも構いません)
(4)標準ドイツ語(TVや新聞とかで用いられるドイツ語)が通じるか

◆北欧

ノルウェー
フィンランド
スウェーデン
デンマーク

◆中欧

スイス
ベルギー
ルクセンブルク
オーストリア
チェコ
ポーランド

◆東欧

ブルガリア
バルト三国
など

Aベストアンサー

ドイツ語は、かなり通じます。
上に書いてある国で通じないのは、ベルギー、ルクセンブルク、ブルガリア、バルト三国くらいです。

しかし、ヨーロッパで、ドイツ語が話せて、英語が話せない人と言うのは、低レベルの教育しか受けていない(ヨーロッパでは、一部の大学の授業は、英語で行われ、英検二級くらいの英語が話せないと、高卒できないので、出来ないやつは、中卒の知能と思って過言ではない。)ので、外国で文化の交換をしたり、自分が学んだりするには、適しません。滞在が短いと気づかないことも多いのですが、その分時間を損したと思っても、過言ではないでしょう。だから、英語をきちんと勉強して、ドイツ語も話せる人とは、ドイツ語でも話すことにした方が、ある程度、知識や文化のある方たちとお友達になることが出来ると思います。


人気Q&Aランキング