恥ずかしい話なのですが、敬語について質問です。
先生など(目上の方)にものを送る場合、
「○○を送付させていただきます」これはOKですよ・・・・ね?(自信がない)
しかし、「~申し上げます」というときはどうでしょうか?
「○○を送付申し上げます」でしょうか?「○○を『ご』送付申し上げます」なのでしょうか?
分かるかた、教えてください!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

 「ご送付申し上げます」。

この表現は、私の敬語感覚ではクドイと同時に固く感じる表現です。

 「ご~する」は一般的な謙譲語の表現です。「ご」と「する」の間には漢語が入り、相手に対する自分の行動に使います。したがって、「ご送付する」は謙譲語です。「申し上げます」もやはり謙譲語です。

 しかし、「ご送付する」自体が謙譲表現なので、それ以外の謙譲語、ここでは「申し上げる」をつける必要はありません。意味は通りますが、敬語に慣れた人には下品な表現に映ります。文章の要所要所だけを敬語で締めるのが、上手な敬意表現です。

 また、漢語よりも和語の方が表現が柔らかくなります。そして、現在形ではなく、過去形で表現すると、さらに柔らかくなります。つまり、この場合の表現は「お送りしました」が上品です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。
「くどい」というのは確かにあるかもしれませんね。
あまりくどいと、下品に感じてしまったり、慇懃無礼と
感じてしまうという、逆効果なばあいもありますよね!
私もときどきあります。

お礼日時:2002/02/06 16:44

すんません、no.10の者ですが、説明し足りなかったのでもう一度。


「先生の伝言を、夫にメールでご送付した」
これも、オッケーなんですよ。「(誰それ)に」の部分が尊敬する人という場合のみならず、「(誰それ)に」の部分が尊敬する人でなくても、先生に関係することを送付するなら、自分の行為に「ご」を付けてオッケーなのです。
長くなりますが、知り合いの国語の専門家にこの件で以前問い合わせた時のメールがあるので御参考迄貼り付けます。
【私の質問メール】
> 「担当者(下の立場の人)にお伝えする。」
> という文は、それだけで完結した場合は、自分を低くすることによって担当者を高

> ることになってしまうのでまちがっているのはわかりますが、お客様に対して、
> 「では、その旨担当者にお伝えします」
> 等と言う場合は、お客様を高めることになり、正しいのか? それとも、その場合

> もやはり間違っているのか?

【国語の専門家からの回答】
間違っていません。
「その旨を担当者にお伝えさせて頂きます」と言うのが、さらに丁寧な
返答になりますね。伝える中味が、尊敬する相手の言葉の場合
敬語の動詞が使われる事が、正しいのです。
ただし、その内容が、すでに相手の手を離れて関係ないものに
なっている場合には、(例えば、「あなたの友人の誰誰は奇麗だね」と言った
一般の話しの場合)尊敬語の使用はおかしいでしょうね。間違いとは言えないけど。

ほんと、この問題は、難しいと、私も思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
「先生の伝言を、夫にメールでご送付した」というのもいいのですか?
「夫の伝言を、先生に・・・・」ではなく・・・?
でも、『担当者』の例はわかりやすいです、ありがとうございました!

お礼日時:2002/02/06 16:52

こんにちは(^○^)


質問no.168003でも同類の質問があり、(この場合は「お伝え致します」の正誤でした)、ひとり「正しい」と回答した私は、肩身が狭かったのですが、回答に自信を持っています。同じように「ご送付」も、質問のような場合なら、正しいと思います。
あのですねー、「丁寧を表す為に『ご』を付ける」と考えるとわからなくなってしまうのですが、「その行為が敬うべき相手にも及ぶときは、自分の行為に『お』や『ご』をつけていい」と考えればいいのです。
例えば、「私は、今朝、夫に、メールをご送付した(申し上げた)」というのは、身内である夫を敬うことになり、おかしいわけです。でも、「私は、先生にメールをご送付した(申し上げた)」は、先生を敬うことになり、正しいわけです。
つまり、送付したのが自分でも、送付相手を敬うことになるんですね。
おわかり頂けると嬉しいです。*^-^*

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=168003
    • good
    • 0

再びで申し訳ありません。


個人的には「送付いたします」に一票!という感じです。

その他に丁寧にしたければ、私だったら
「送付いたしますので、お時間のあるときにご一読ください」
などとしますけど・・・?
    • good
    • 0

いろんな回答が出ていますね。

困ってしまいますね。

敬語は「何が正しいか」より「使う相手が何を正しいと考えているか」の方が現実的な問題だという良い例だと思います。

つまり…

marineblueさんには 「送付いたします」
hiromuyさんには 「送付申し上げます」
buuuuuuunさんには 「ご送付申し上げます」
may-may-jpさんには 「送付申し上げます」
neil_2112さんには 「ご送付申し上げます」
fuchikomaさんには 「お送りしました」

で送ればよいということです。

といっても相手によって簡単に使い分けられるものでもないでしょうから、この場合、敬語は「お送りいたします」といった程度の無難な表現にとどめて、敬語以外の部分で尊敬や親愛の気持ちを丁寧に表現するのが一番だと思います。

ただどうしても「申し上げます」を使うのであれば「送付申し上げます」でしょう。
「ご」を付けるのは間違いだという人はいますが、「ご」を付けないのは間違いだという人はいないからです。


私には「送るね」の後にハートマークでもつけて送って下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼を送るね!(はぁと)
・・・・冗談です。(笑)
ありがとうございます。

『敬語以外の部分で尊敬や親愛の気持ちを丁寧に表現する』というのは
大切ですよね。

お礼日時:2002/02/06 16:48

こんにちは。



結論からいうと、「ご送付申し上げます」が一番いいと思います。

「自分の動作に『ご』はつけない」と回答されている方が多いようですが、例えば…
目上の方にものを尋ねる時に、
「お聞きしますが・・」といわずに「聞きますが・・」って言わないでしょう?
お年寄りの荷物を持ってあげる時に、
「持ちましょう」より「お持ちしましょう」って言った方が自然じゃありませんか?
自分の動作だから「ご」や「お」をつけて丁寧にするのはおかしい、というだけでは誤りで、本当は「相手に対する自分の動作も時に丁寧に言う」ことで相手に対する尊敬を表す、というのがあって、古い日本の伝統に属します。

一方、「させて頂く」という言葉の響きがあまり良くないのはよく言われるところです。敬語も必要簡潔に意を尽くすことが大事で、必要以上にへりくだると卑屈に聞こえますし、そもそも尊敬の意味が逆に薄まって失礼に聞こえます。(テレビでよくタレントが「この度、○○の役をやらせて頂くことに・・」などと言うのは聞き苦しい、と思いませんか?)

以上のことから、「ご送付申し上げます」がベストと断言できます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

『ご』は丁寧な表現ということですね!
納得!
今日は、送付いたします・・・・・にしました。(苦笑)
明日からは「ご送付申し上げます」ですね!
ありがとうございます。

お礼日時:2002/01/29 15:01

「送付する」に「ご」をつけるのは本当はNGだと思います。



動詞の頭に「ご」をつける場合、それはその動作をする人(主語)に対する敬語となります。「送付する」の主語はあなたですから、せりふを言っているあなたから、送付するあなたへの敬語となるわけです。

ただ、日常的にはそこまで考えませんよね。よく使われている表現だとは思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ううううーーーん・・・・・
そうですか・・・・。
難しいですね。

お礼日時:2002/01/29 15:16

「させていただく」は仏教の他力本願の思想に由来するらしいです。

(有名な国語学者がそんなことを言っていたような気がします。誰なのかは全然覚えていませんが。)
そうした背景を踏まえずに「させていただく」を濫用することには根強い異論がありますので、使わずに済むなら使わない方が賢明だと思います。

極々少数派だとは思いますが、中には聞いただけで虫唾が走るという人もいます。何もそこまで目くじら立てなくてもとは思いますが、万一使った相手がこの少数派だったらと考えると…

参考URL:http://www.sf.airnet.ne.jp/~ts/language/itadaku. …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんですか・・・。
確かに使いすぎて過ぎると、へりくだりすぎて
逆に嫌味な感じはしますね。
やはり基本は「送付いたします」ですかね!
ありがとうございます!

お礼日時:2002/01/28 11:43

「ご送付申し上げます」OKだと思います。


私など実際結構使っていますね。

目上の方に何か送るときに使える他の言葉を考えますと
「お送り致します」一番シンプルですかね。これでもいいと思います。
「送らせて頂きます」謙った感じが出るような。
「お送り致しますのでよろしくご査収ください」…「ご査収」はちょっと硬すぎますかね。ビジネス用語になるんでしょうか。中身をあらためて受け取る、という意味です。

敬語は難しいですよね。これはいい敬語だな、と思ったら覚えておいて使ってみるのが身につきますよ。私も自信を持って使えるようになりたいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
私の普段は「お送りいたします」を利用しているのですが、
「~いたしましたので」の後など、時々、「致しました」が続いてしまって
「~申し上げます」を使ったほうが文章がしまるかな?
というときに使う程度なんですが・・・・・。

お礼日時:2002/01/28 11:41

「送付」するのは自分自身の行為ですので、それに敬語の「ご」をつけるのは、本当なら間違ってると思います。


(よく見かけますけど・・・)
ただ、上記のような場合でも、「お伺いします」のように、伺うのは自分自信でも「お」をつけて丁寧な表現にする場合もあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事、ありがとうございます。
そうなんですよね、「お聞きしたいことが・・・・」とか、
一種の「丁寧語」的に「ご送付」というのかな・・・・?と
迷っているのです。

お礼日時:2002/01/28 09:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「○○になった」「○○になっていた」「○○になってきた」等のニュアンスの差

問題が山積みで頭が  痛かった。
                痛くなった。
                痛くなっていた。
                痛くなってきた。
                痛くなってきていた。

5つの表現のニュアンスの違いを知りたいのですが。

Aベストアンサー

痛かった。 (過去に、そうなった)
痛くなった。 (結果として、そうなった。)
痛くなっていた。 (知らないうちに、そういう状況になっていた。)
痛くなってきた。 (次第にそうなった。)
痛くなってきていた。 (過去に、次第にそうなった。)

このようなニュアンスと受け止めました。
あくまでも、私の見解です。
ご参考程度に。

Q「¶」・「仝」・「⇔」・「¢」・「£」・「ゞ」・「〆」・「≒」・「∵」の名前は何という?

IMEパッドで見て気になる記号が、いくつかあったのでこの記号の名前を知ってるという方、1つでもいいですから是非教えてください。

 「¶」・「仝」・「⇔」・「¢」・「£」・「ゞ」・「〆」・「≒」・「∵」です。  
他にもいくつかあります。「Å」・「;」・「∫」・「Σ」・「∽」・「"」・「!」・・・
 教えてください。

Aベストアンサー

以下のURLに、全角記号の意味とJISコードが記載されています。

参考URL:http://wwwmac.cc.sojo-u.ac.jp/kamaga/IPB/fullchar.html

Q敬語について。 今月点検作業において設備の漏水が確認され… 上記の「され」は敬語になるのでしょうか

敬語について。

今月点検作業において設備の漏水が確認され…
上記の「され」は敬語になるのでしょうか?

ご回答宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

敬語にはならない。
基本的には、「(ら)れる」は主語に敬意を表す。
「社長が漏水を確認された。」
これなら、社長に敬意を表している。

「設備の漏水が確認された」
漏水に敬意を表しているとは考えにくいから、ここでは受動の意味。

Q「○○を迎えられた。」は○○になった?なる?

先日職場でモメたのですが、
「誕生日を迎えられた方。」「出産を迎えられた方。」は
誕生日になった・出産した。
なのか??
誕生日が来る・出産する。
なのか??

7:3くらいで「なった(過去):なる(未来)」と意見が分かれました。正しい日本語の意味としてはどちらが正しいのでしょうか?
ちなみに私は「なった」過去派です。

Aベストアンサー

 はっきり言って、「誕生日を迎えられた方。」「出産を迎えられた方。」だけでは過去か未来かの判断はつきません。前後の文脈から判断するしかないと思います。
ポイントになるのは「~た」という部分で、この「~た」はご指摘のように助動詞です。意味は普通、学校文法で、

  (1)確認    これはきみのだったね。
  (2)過去    昨日は暑かった。
  (3)完了    やっと今完成した。
  (4)存続    親に似た子。

と、分類しています(もちろん他にも説がありますが)。

 さて、質問文の「誕生日を迎えられた方」「出産を迎えられた方」の「た」を上の(2)過去 の意味に解釈すると、「誕生日はすでに過ぎている」「出産はすでに済ませている」ということになり、皆さんのご意見の通りになります。
 次に(3)完了 の「た」と解釈すると、「誕生日を迎えるという行為を完了した」「出産という行為を完了した」ということになり、(2)過去 との区別は曖昧です。
 しかし、(4)存続 の意味に解釈すると、「誕生日を迎える状態に今ある」「出産を迎える状態に今ある」という意味に取ることになります。つまり現在の状態は、「誕生日がもうすぐくる」「近いうちに出産する」ということになり、“過去”とはいえなくなります。

 例えば、下のような文が成立するのは「~を迎えられた方」の「た」を(4)存続と解釈するからで、当然まだ出産はしていないということになります。

 この病院には、来週に出産を迎えられた方もたくさんいらっしゃる。

因みに、存続の「~た」は連体形でしか使われません。

(独断の荒っぽい説明なので、自信なしです。)

 
 

 はっきり言って、「誕生日を迎えられた方。」「出産を迎えられた方。」だけでは過去か未来かの判断はつきません。前後の文脈から判断するしかないと思います。
ポイントになるのは「~た」という部分で、この「~た」はご指摘のように助動詞です。意味は普通、学校文法で、

  (1)確認    これはきみのだったね。
  (2)過去    昨日は暑かった。
  (3)完了    やっと今完成した。
  (4)存続    親に似た子。

と、分類しています(もちろん他にも説がありますが)。

 さて、...続きを読む

Q敬語「どなたさま」と「どちらさま」・・・?

敬語のことで、ちょっと曖昧な記憶しかないのでお聞きしたいと思います。

「どなたさまでしょうか?」と「どちらさまでしょうか?」のふたつは
どう違うのでしょうか?

ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

違いとかいう以前に、とりあえず「どなたさまでしょうか?」という言い方自体が存在しないような…。

相手に尋ねるときは「どちらさまでしょうか?」というのが正しいと思います。
それでもカドが立ちそうなときは「失礼ですが、お名前をちょうだいできますか?」とか聞くのがいいと思います。

どういうシーンでこの解答が必要なのか、よくわからないので、曖昧なお答えしかできないのですが…。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報