急斜面のコブをすべる時、どうしても後傾になり、スキーがいうことを聞きません。誰かコツを教えてください。特にあの゛怖さ゛から克服できるコツとは?
因みに、スキーは10年前のケスレーをいまだ使用しております。

A 回答 (4件)

こんばんはまたメールします。


今度は感情面についてです。
人間は意志では、感情をコントロールすることはできません。怖いものは怖いのです。やはり技術(コントロールする力)を身に付ける以外はありません。怖いながらするしかないわけですが、スピードに慣れるには、こぶ斜面をパラレルターンで飛ばしてみるのもいいかもしれませんよ。こぶの頂点を2・3個跳んでみる、ちょっとオーバースピードになっても切れあがって山に登っていけば必ずスピードは落ちるのですから・・・。
小回りでも、腰が引けてしまったときのリカバリーをどうするか確実に出来る方法を身に付けることが大切で自信になります。前にも書きましたが体の後方にストックを突いて一気にまわしてしまうなどさまざまです。内足ですべる練習も取り入れられてはいかがでしょう。リカバリー能力は高まるし、チャールストンは滑っていて楽しい!

人からのアドバイスや本で読んだ事も、人によって受け取り方・感じ方が違うので、信用しすぎないようにしましょう。
 上半身のひねり・戻しは、こぶをすべるとき必要です。私は、上体を振る意識をもって先行動作をしています。
 ストックなしで早い小回りターンをしてみてください。うまく行ったなと思うとき、どんな感覚・身体操作をしているのでしょう。きっと私とは、違う意識でされていると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たびたびの回答ありがとうございました。プリントアウトしてポケットにいれつつ、今度練習したいと思います。(笑) 紙を持って滑っているヤツがいたら、是非声をかけてください。ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/13 18:02

 こぶの中腹をこぶに沿って回って行けという人がいますが、これは初中級者がこぶの急斜面を安全に降りられる方法で、スピードを出すと破綻します。



 krykさんの言われるように、こぶの中腹にスキーをぶつけて切り替える(エッジング)といくとうまいくと思います。
 ただ斜面が特に急だったりコブが大きかったりするとどうしても体が遅れますが、そうなると当然コントロールできなくなります。
(スキーを送り出してエッジングするのではなく、体の側面でエッジングする感覚を持つようにしています。←あくまでも基本)
 私も体が遅れたら
 kasuteraさんの言われるようにWストックや体の後方にストックをつくなどして上体を立て直しています。

 自然にできたコブは中腹を蹴ってばかりでは滑らせてくれないので、コブに乗り上げたときは上体をねじって先行(スキーの向きとは逆)動作をとるなど、状況に応じていろいろ試してください。
 難しいけど、だからスキーは楽しいんでしょうネ
 
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。頭では、わかっているんですがね、でも気合を入れて突進すると、殆どウルトラマン状態?になっちゃうんですよね。難しいですよね。だから
やめられないんでしょうね。でもヒントが得られた気がします。ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/28 18:35

比較的穏やかな斜面で、滑ろうとするコブ斜面をじっくり見てみましょう、(急な斜面プラスコブでは、ニガテ要因がおおくてゆっくり考えることができません。

)そうすると、溝と溝との間に一本のコースが見えてきます。
 
コブのできる過程は、人工的なものでない限りは、スキーヤーのターンによってできるため、上級者の多いコブ斜面ではきれいな、リズムのあるコースができています。
 
滑ろう!と意気込む前にまずそちらの観察から始めたらいかがでしょうか?
 
コブの中腹あたりを削るようにターンをして次のコブの腹を蹴飛ばすようにしてスピード調整をすると、比較的楽に滑れるはずです。(中腹でターンする場合板の両端が軽く中に浮く感じになり雪面への接地面積が少なくなるためスムースです)

 一気に滑らずはじめは2~3個のコブでとまって
感覚をつかみ、じょじょにならしていきましょう。
 慣れてくればそこからはリズムをつかみ、頭の中で
リズムを刻みながらすべると楽しくなりますよ。
 
スキーの板の件ですが十年前のケスレーというと、どのタイプかはわかりませんが、反発の強い確か硬めの板だったのではないでしょうか。
 
ひょっとすると、反発力の強さに、脚力が負けてしまっているのではないですか?
 
 今やスキーは、十年前の品物とは雲泥の差になっております、しかも値段が安い!
 ブランドやスキルにこだわることなく、まず今のカービングを乗られてみてはいかがでしょうか、きっと
世界が変わりますよ!
 
 ここのところゲレンデで肩身の狭くなったスキー、
でもやはりスキーは最高です!!
 がんばってくださいね!!!!!
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 目から鱗って感じです!! ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/28 18:38

こぶに乗ってしまったときって、上体が後ろにひけてしまいますよね。

そのときダブルストックで、上体を持ち上げる、うまくいえないけど、両方のストックをついて、腕に力を入れて、上体をぐいっと前に押し出す感じにすると、スキーの操作がしやすくなります。ちなみに「モーグルをやろう」というのであれば、ダブルストックは減点になると思います。ただこぶを楽しく滑りたいのであれば、これでかなり、楽になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございました。今度是非やってみます。

お礼日時:2002/01/28 18:39

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qコブ斜面での吸収について

私はもともと踵より後ろに刃が無いアイスホッケーの
靴を長い間履いていたせいか、後ろに体重をかけるのが
恐くて、スキーにおいてもかなりの前傾姿勢です。
スキーでは今まで後ろに転んだ事が無いほどで、
踵より後ろに板が無くてもきっと滑れるような気が
するぐらいです。
最近、スキーでコブを練習しているのですが、やっぱり
前に転んでしまいます。

コブを滑っている方にお聞きしたいのですが、コブに
差し掛かったときの膝の吸収動作時は、多少なりとも
踵より後ろの板に体重がかかった状態なのでしょうか?

かなり変な質問ですが、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

1級です。

コブのコツはいろいろあります。前に転ぶのはコブ以外でも同じようですね。でしたら、全体的なことですから、整地で問題なければコブでも関係ないでしょう。

とりあえず・・・足首を柔らかく動かしてください。
足首で前後左右の移動をしないってことですが、わかりますか?
足を持ち上げて、足首を前後左右に動かします。そのとき、アキレス腱も含めて、足首の筋肉が動きますよね。その筋肉に力を入れず、フリーにして滑ります。
安定して滑れますよ。

ちなみに、足首以外で荷重を移動させることになるから、膝とか腰を使うことになりますから、2級手前くらいのテクニックが必要かもしれませんね。

Qコブ斜面の滑り方

大体ハンターマウンテンのコブ斜面(FDRコース)で練習をしています。
このコースは斜度が余りなく、転ばないで何とか下まで滑れます。
ただ、自分滑りは結構えぐれた溝の壁にスキーをあて、吸収動作でコブを越える形で、スー・ドン・スー・ドンという感じとなり、結構、体に衝撃もきます。(スーはえぐれた溝と溝の間の滑りで、ドンはえぐれた溝にあてて吸収する部分)
上手い人の滑り方、ラインとは少し違うように思いますが、いかがしょうか。
後傾の為、滑らかなターンができていないようにも思います。
アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

私も以前そのような滑りをしていて、コブを一時間ほど滑ると次の日ひどい腰痛に悩まされていました。
それで、現在はなるべくバンクを使った滑りにしています。
この滑り方だとほぼ吸収動作無しで滑っても、膝や腰に負担がありません。
イメージとしてはコブの底から横向きにスタートし、
次のコブのできるだけ高い位置を目指して板のトップを向けます。
そのままコブの外へ飛び出すつもりで(スピードは控えめにして本当に飛び出したらNG)
コブの目一杯端っこを滑ります。
ブッシュや土が出ているコブを滑るつもりで、必死でそれらを避けるとイメージするとよいと思います。
コブの中はすり鉢状になっているので、横方向にトップを向けていても、
ハーフパイプのように必ず谷側方向から反対の横方向に向いて板のトップが向いてきます。
板が回ってきたら、最初に戻って次のコブのできるだけ高い位置を目指すだけです。
ポイントとしてはストックをできるだけ長い時間突き、ストック支点で体を回すようにするとよいです。

基本的にこの滑り方はコブをコブとして考えない滑り方ですので、
コブの一番えぐれた部分は見ないようにイメージするとよいと思います。

言葉での説明は難しいのですが、
茶碗を二つ並べて少し斜めに置いてみてください。
この時、茶碗の縁に指を滑らせるのがバンク、
茶碗の縁から底そして縁という風に滑らせるのが質問者様の滑り方だとイメージするとよいと思います。

付け加えておきますが、バンクの滑りは溝コブに対して有効ですが、天然コブにはあまり向いていません。

私も以前そのような滑りをしていて、コブを一時間ほど滑ると次の日ひどい腰痛に悩まされていました。
それで、現在はなるべくバンクを使った滑りにしています。
この滑り方だとほぼ吸収動作無しで滑っても、膝や腰に負担がありません。
イメージとしてはコブの底から横向きにスタートし、
次のコブのできるだけ高い位置を目指して板のトップを向けます。
そのままコブの外へ飛び出すつもりで(スピードは控えめにして本当に飛び出したらNG)
コブの目一杯端っこを滑ります。
ブッシュや土が出ているコブを滑るつ...続きを読む

Qどうしてもコブがすべれません!

毎年毎年、スキーをしていても、どうしてもコブがすべれないのと、ショートターンができません。足がバラバラになってしまいます。ゆっくりしたパラレルで、しかも中級位の整地してある斜面であれば、すべることが可能ですが、それをショートターンしようとすると、はっきり言って全くできない状態です。もちろん、これができないと、コブは無理と思いますが、どなたか、コツを教えてください。ちなみに私は31歳、身長178、体重70、普通の体系です。

Aベストアンサー

コブのトップの部分を滑ると疲れますので(^^;
コブの腹の部分を削るようにスキーをまわしこんでやります。
これを次々とやると、どんなに起伏があるように見えても同じ高さのところをずっと滑っていることになります。

勿論、そううまくは並んでないとこもありますのでトップの部分を滑らざるを得ない場合には抱え込むようにして、そこを乗り越えたら脚を伸ばすようにして押さえ込んでやります。

Qスキー、えぐれたコブの滑り方

スキーでコブを滑りますが、コブの中でもコブの溝が船底のようにえぐれている、言い換えますとコブの裏(横滑りでずらす面)が切り立ったコブが上手く滑ることができません。
ビビッて後傾になっていることが原因と思われますが、上手く滑るコツがありましたら、是非教えて下さい。お願い致します。バンクターンも外側の面が切り立っていて難しいところです。

Aベストアンサー

言葉でスキー操作が説明できればスキースクールはいらないし、本を読めば誰でも上級者。
難しいところですね。

スキーで後傾は全てNGなのでなんとか克服してください、後傾の原因は沢山あるので原因が特定出来にくいんです。
モーグル的な滑りは別として、イメージ的にはコブの腹を滑ることです。
ストック付くポイントは、コブのトップを目指すのも良いと思います。
視線は滑ろうとする次のコブです。
コブの腹を横切りコブの向こう側でスキーをずらしてスピードを制御し、スキーが真横になる前に次のコブへ移ります。
最初はゆっくりでいいのでスピードコントロール出来るようになったら徐々にスピードを上げてゆきます。
理想は谷まで落ちないこと、谷まで落ちると上下運動が大きくなるのでショックが吸収しづらくなるしスキーが跳ねると制御できなくなります。
上手な人ほどスキーを落とさないので体が上下しません。
デモレベルになるとトップの僅かなスペースでターンとスピードコントロールするので、落ちているほどのスピードでも体はわずかに上下するだけです。

やっぱり文章ではキツイです。

Qスキージャンプの怖さ

ふと疑問に思ったのですが、スキーのジャンプで人間が何メートルも飛ぶのに
凄く高くて急勾配な場所から飛びますよね。一番上は何メートルかわかりませんが選手はあの高くて急勾配の所から飛ぶのに一番最初はどのようにしたのでしょうか?
最初はあの高くて急勾配は誰でも怖いと思うのですが・・・

Aベストアンサー

以前北海道育ちの友人から聞いたのですが、最初は低く短い距離から始めるのだそうです。
北海道では小学校の体育でジャンプのあるところがあるらしく、当然その場合子供でも飛べる距離から開始されることになります。
そして段々長い距離・高さに移行するそうです。
それでもやはり怖かったそうですけどね。
誰でもいきなりあの高さ・距離は飛べないと思います。

尚、友人の子供時代当時のお話しですので、現在の北海道の小学校でのカリキュラムは判りません。


おすすめ情報