自分は全くの素人です。
ただ、この会社に投資したい。空売りしたい。(特に空売りをしたい)
という思いがあるのです。

貯金は数十万しかない、個人事業主ですが、どこに行ってどうすればよろしいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

株式会社の取引をはじめるには、証券会社の店頭か、ネット証券で口座を開設することからはじめます。



ただ、初心者の方が、いきなり「空売り」をすることは、お勧めできません。

下記のページで、株取引の勉強をしてください。

株式投資
http://www.smartfinance.net/eqty/

株式入門
http://biz.yahoo.co.jp/docs/howto/

やさしい証券投資入門
http://www.okasan.co.jp/investment/chishiki/inde …

慣れたら、ゲームで勉強しましょう。
http://www.so-net.ne.jp/carina/monex/game/
    • good
    • 0

先ず、証券会社に自分の口座を開設する必要があります。


口座を開設するには、印鑑と身分証明書(写し)などが必要です。
ネットで資料を取り寄せることが可能なので、各社から取り寄せてみて、比較検討すると良いかと思います。


「DLJdirectSFG証券 」
http://www.dljdirect-sfg.co.jp/

「オリックス証券」
http://www.orix-sec.co.jp/

空売りに関しては、私は未経験なのでコメントは控えます。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QFXってどんなもの? ハイリスクハイリターンで株より怖い?

最近「FX」が流行ってるみたいですが、どんなものか分かりません・・・ 簡単に教えてください。

ちなみに「株」は250万円の資金でやっています。 「FXのほうが儲かるよ。」とよく言われるのですが仕組みが分かりません。 株とどう違うのでしょうか? 資金力は株と違って少なくて済む? 29歳男

Aベストアンサー

・リスク
 必ずレバレッジ100倍で取引する必要はありません。レバレッジ1倍であれば、1万$購入していて1円の変動があっても1万円のリスクしかありません。株の場合は信用取引をしていなくても、去年のようにあっという間に資産が半分になるケースもありますよね。$円が半分になるということは、アメリカが崩壊するようなもので株かFXかなんて言っている場合じゃないですよね。

・銘柄選択
 株は銘柄選択が大変ですよね。FXは主要通貨のマトリクス分($円、$ポンド、ポンド円など)しかなので、一つの銘柄分析に集中できます。

・その他
 株はその会社のおかれた環境に目がいきますが、FXは原油価格、EUの経済状況などグローバルな視点をもつことになり視野が広がります。

・儲かる?
 これはその人が決めた取引手法が成功するかどうかなので、FXだからというものではないと言えます。テクニカルでもファンダメンタルでも決めた手法を継続して、結果儲かるものだと思います。

・資金力
 NO1さんのとおり、レバレッジを高くすれば資金は少なくて済みますが、リスクは高くなるだけのことです。

FXのことが知りたければ、口座開設してみてくだい。
無料でセミナー、講座、デモトレードなどができる会社がたくさんあります。取引する必要はありません。

・リスク
 必ずレバレッジ100倍で取引する必要はありません。レバレッジ1倍であれば、1万$購入していて1円の変動があっても1万円のリスクしかありません。株の場合は信用取引をしていなくても、去年のようにあっという間に資産が半分になるケースもありますよね。$円が半分になるということは、アメリカが崩壊するようなもので株かFXかなんて言っている場合じゃないですよね。

・銘柄選択
 株は銘柄選択が大変ですよね。FXは主要通貨のマトリクス分($円、$ポンド、ポンド円など)しかなので、一つの...続きを読む

Q素人が空売りする時が反転する時期?

下げ相場で、空売りすれば儲かると考え出す人も多いようですが
素人が空売りをやりだす時期から反転するとも聞きました

これはどうしてでしょうか?

Aベストアンサー

質問:素人が空売りする時が反転する時期?

回答:下げ相場で、素人のカラ売りが増えれば反転時期近し、
    一概にそう言えるものではないが、その可能性があるぐらいに留めないと^^


Step1 株式市場は買い方中心で動いている

 そもそも論でごわす、株式市場で使われている言葉・株の書籍・雑誌・
 会社四季報・新聞・TV・アナリスト・掲示板、そしてこの「教えてgoo!」に至るまで、
 ”全て”、買い方の言葉が氾濫し、買い方の視点から見た論議しかされていない。

   ・日経平均は、利益確定売りに押され反落
   ・押し目買いが入り反転
   ・個人の手仕舞い売りが膨らみ上値の重い展開
   ・円安を好感して、自動車などに物色対象が
   ・高水準な信用買い残に対する警戒感が
   ・高値警戒感や先高期待を背景に、戻り売り圧力や押し目買いが行き交う展開
    etc. etc. etc.・・・・・・・
      ありとあらゆる全てが買い方側の言葉

 いまだかつて、日経新聞が、信用売り方・空売りをする者の側から見た相場解説を
 読んだことがない。(除く、空売り規制導入前後)
 空売りをする者は少数派、圧倒的多数の「買いから入る人たち」「買いから入った
 人たち」でこの世界は彩られている。
 買い方の視点のみで語り(語り継がれ)・解説され(解説され続け)・
 予測され(予測され続けて)いる。誰一人、売り方の視点から語り・解説し・予測する
 ものはいない。

 空売りの玄人は、闇夜で活躍する「ねずみ小僧」でごわす。
 空売りの素人は、いっぱいいますが・・・


Step2 株式市場の主導権

 さて、株式市場=大きな川の流れと考えた時、流れを変える主導権は、いつも
 買い方(買いから入る人達、買いから入った人達)にあります。
 暴落は買い方の自滅、反転・急騰は、買い方がカンフル剤でハッスルした時、
 売り方が主導権を握ることはありません。


Step3 空売りの素人と玄人を分け隔てる鍵はなにか

 空売りの素人と玄人を分け隔てるもの、いくつかあります。おいどんも、
 最近、おぼろげながらその違いをつかみ始めた駆け出し者です。
 『急所』『みんな』『寝返り』の三つがキーワードと言ったところでしょうか?
 やはり、玄人と素人では、仕掛けるポイントが全く違うと考えます。


以上でごわす、相場の動向は、多数派の買い方が握っています、空売りの動向を、
反転時期等の予測に結びつけない、少なくとも直結しない方がよいと考えますよ。

質問:素人が空売りする時が反転する時期?

回答:下げ相場で、素人のカラ売りが増えれば反転時期近し、
    一概にそう言えるものではないが、その可能性があるぐらいに留めないと^^


Step1 株式市場は買い方中心で動いている

 そもそも論でごわす、株式市場で使われている言葉・株の書籍・雑誌・
 会社四季報・新聞・TV・アナリスト・掲示板、そしてこの「教えてgoo!」に至るまで、
 ”全て”、買い方の言葉が氾濫し、買い方の視点から見た論議しかされていない。

   ・日経平均は、利...続きを読む

Q一番ハイリスク・リターンの投資はFXだと思うのですが?

いちばんハイリスク・ハイリターンの投資は
FXだと思うのですが如何ですか?

当方、FX暦2年で負け組です、

投資といえば株、FX、先物が思い浮かびますが
FXほどハイリスク・ハイリターンは無いと思うのですが、

先物はやったことが無いので分かりませんが、
如何でしょうか?

また、他の投資でよく行われるものは何がありますか?

Aベストアンサー

結局、年利が大きくてドローダウンが小さいシステムが優秀です。
以下で、sysman228さんが詳しく解説しています。http://okwave.jp/qa4581895.html
「年利÷最大ドローダウン」が優秀であることが最も重要で、あとはハイリスク・ハイリターンかローリスク・ローリターンかはレバレッジの問題です。

負けているのであれば、システムトレードがお薦めです。
下記サイトで、いろんなシステムトレードの登録と成績(フォワードテスト含む)が見られます。第3者が評価しているので信頼できます。

しかし、基本的にシステム販売は、自分でトレードするよりもシステム販売したほうが儲かるからそうしているだと思って疑ったほうがよいです。特に225先物やFXはカーブフィッティングがひどく、過去の成績をよく見せるだけで販売後はいきなり下降まっしぐらの商材ばかりでうんざりしています。まさに販売目的と言えます。株でよいものがあればと思って探しています。

また、ロジック非公開での売買シグナル配信などは、フォワードテストが良ければ、それなりに信頼できると思いますが、今のところ上記サイトへの売買シグナルの登録はないようです。あきらめずにチェックしています。

結局、年利が大きくてドローダウンが小さいシステムが優秀です。
以下で、sysman228さんが詳しく解説しています。http://okwave.jp/qa4581895.html
「年利÷最大ドローダウン」が優秀であることが最も重要で、あとはハイリスク・ハイリターンかローリスク・ローリターンかはレバレッジの問題です。

負けているのであれば、システムトレードがお薦めです。
下記サイトで、いろんなシステムトレードの登録と成績(フォワードテスト含む)が見られます。第3者が評価しているので信頼できます。

しかし、基本...続きを読む

Q信用売り 空売りについて

つまりこういうことなのでしょうか?

仮に、私が20万円を担保として、100万円相当の株を借りたとします。
1株1万円として合計100株を保有しています。

下がりそうな雰囲気の時に売却して、現金100万円にしました。
株価が1株9000円に下がったので買い戻しました。
90万円で100万株買い戻せました
10万円もうかりました

って事でいいのでしょうか?

ようするに証券会社から「100万円」を借りているのではなく「100株数」を借りているという認識でいいのですよね?

判りやすいようにぶっとんだ質問をしますが
1株1000円に下落して、10万円で100株購入できた場合は90万円の儲け、という認識でよろしいのでしょうか?
(100株に10万円の価値しかなくても、とにかく100株を返せばOK?)

Aベストアンサー

そうですね、その認識で正しいです。


より厳密に言えば、信用売りというのは
「証券会社から株券を借りてお金を貸す」
という行為です。

信用売りしたい銘柄の株券を証券会社から借ります。
借りて売った売却代金は、証券会社に貸します。
貸したお金を返してもらうには、借りた株券を証券会社に返す必要があります。

100株を借りてきて、これを1000円で売ります。
売却代金の10万円を証券会社に貸します。
もしこの100株を900円の時に仕入れることができれば、差額の1万円儲かりますし、逆に1100円に仕入れれば1万円損をすることになります。


ですから、信用売りでは株券を借りる「貸株料」を支払うと同時に、お金を貸しているため「金利」を得ることができます。
ただ、現在は市場金利が低すぎるため、この金利がゼロとなっています。

Q株とFXは、どちらが初心者向きか?

給料以外に、副業的なお金が欲しく株かFXを始めたいと思っています。

しかし投資は、リスクとお金が必要なので一歩踏み出せずにいる状態です。

投資が、初心者に向いているのは株、それともFXになるのでしょうか?

Aベストアンサー

どちらともいいかねます。投資資金はどの程度あり、どういうスタンスで投資にのぞむかによってどちらがむいているかは違ってくるからで、初心者であるからどちらという回答にあまり意味があるとは思えません。FXも大きな利益を狙う方法もありますが、同時に、外貨預金がわり的に使う方法もあります。株式についても、一発勝負にいく売買もあれば、大きな損失を出すことを避け長期に少しずつ利益を得ようとするような売買もあります。個人的には、FXと株、どちらが単純かといえば、単に為替レートの変動にかけるFX、どちらが面白いかといえば非常に幅広いことに関わってくる株式投資かなと思います。あれこれ考える前に損失が出てもしょうがないと思える範囲の額、例えば10万とか20万の資金で、まずはじめてみてしまう方が身につくことは多いかもしれません。

Q株式分割時の信用売り(空売り)について

株式分割の権利取得最終日の、空売りの清算はどうなるのですか?

例えば「8701 イートレ」を、100万で空売りし120万で権利取得日をむかえたなら、空売りした方は追証が発生すると思うのですが、そのお金はどうなる(不足分はイートレに行くの?)のですか?

間違っていたらすみません。

Aベストアンサー

損失が20万円ですんでいるなら、決済後にあなたの元に返って来ます。

10万円を追加入金した場合、保証金は50+10=60万円です。

一方であなたの出している損失は20万円ですから、60-20=40万円が残るお金です。

追加入金が必要な理由はルール上、信用取引の保証金率を維持するためです。べつに証券会社に余分なお金を支払うわけではありません。売買によって出した損失分以外は全て返って来ます。

Q株とFX

株とFXではどちらがハイリスクハイリターンですか?
どちらが儲けやすいですか?
どちらが分かりやすく簡単ですか?
あと株の世界ではBNFさんや三村さんなどの成功した有名な方がおられますが、FXの世界にもそのような成功した有名人はいますか?

Aベストアンサー

特徴がありますが、株は投資、為替は投機の要素が高いです。
また、株式にも証拠金取引(CFD)というのがあり、FXのようなことができます。

投資は資産として保有しますが、証拠金取引はあくまでも他人の資産を動かして、約定時の利ざやを得る権利を持つだけの行為です。
両方とも投機目的であれば、リスクは全く同じです。

また、値動きの特徴と値動きの理由に違いが出ます。
為替は貿易需要から来る要素と投機目的から来る需要があり、政治的なニュースから突発的に動く値動きがこれに加わります。
一般に為替の値動きの複雑さは、株式と先物の値動きの比ではありません。それだけに為替はチャート分析派の割合がとても高いのも特徴です。
また、為替は取引量が高く、株取引に比べて圧倒的に注文が通りやすいです。
株式は資産保有の意味合いで行う割合が多く、ファンダメンタル要素がやや強めに出ます。チャートグラフにはギャップが多々見られるように、急な値動きが目立ちます。注文が約定しにくく、出遅れるタイプの人はちょっと手こずるケースもありますが、チャート分析ができる人には比較的簡単に利を上げることができるでしょう。


このような違いは、トレードを行う者の正確にマッチするものとマッチしない者が出てきます。これは実際にトレードをしないと分かりません。
マーケットノイズに対してトレードを行い、損切りに引っ掛かってばかりの人は、値動きの複雑な為替の魔の手にかかってしまいます。
逆に、ギャップが出るような激しい値動きになって初めてトレードを行い、出遅れがちな者には、そのような場面での約定の難しい株はリスクが高いでしょうね。

あと、有名人のケースはレアケースなので忘れてください。
宝くじで成功した人の数が圧倒的に多いですよね?
億以上当てる人は年間1000人くらいですから。
それを排除して考えることから、有名人のケースは考えないほうがトレードセンスがあると言うことです。

特徴がありますが、株は投資、為替は投機の要素が高いです。
また、株式にも証拠金取引(CFD)というのがあり、FXのようなことができます。

投資は資産として保有しますが、証拠金取引はあくまでも他人の資産を動かして、約定時の利ざやを得る権利を持つだけの行為です。
両方とも投機目的であれば、リスクは全く同じです。

また、値動きの特徴と値動きの理由に違いが出ます。
為替は貿易需要から来る要素と投機目的から来る需要があり、政治的なニュースから突発的に動く値動きがこれに加わります。
一...続きを読む

Q空売りして売り玉をかかえたまま配当権利日を過ぎると、配当権利金分を支払わねばならないのですか?

空売りして売り玉をかかえたまま配当権利日を過ぎると、その玉の分の配当権利金分を逆にこちらから支払わねばならないのでしょうか?

お教え頂きたくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

はい。支払う必要があります。
ただし、扱いとしては金利・手数料などと一緒です。
(逆に受け取るときは配当としての課税ではない)

ちなみに、義務は権利日に決定しますが、
金額が確定するのは、株式総会などを経て配当金が
確定した後になります。

支払い時期については、証券会社によってルールが異なるので、
ご利用の証券会社でお確かめください。

E*Tradeの場合は、権利落ち日に一旦予定金額が引かれ、
その後調整されます。

QFXが一番ハイリスク・ハイリターン?

私的にFXがいちばん、株や先物、その他投資に比べてハイリスク・ハイリターンだと思うのですがどうでしょうか?

その最大の理由はレバレッジとロスカットがあるからですが。

いかがでしょうか?

Aベストアンサー

 FX自体が常にハイリスク・ハイリターンではありません。証拠金を大量に預けておいて、レバレッジ1倍でやれば、現物と同じです。

 とは言え、やはりFXのレバレッジは他の金融商品よりもはるかに大きいでしょう。300倍も可能だし。漫画じゃないけど、1日で絶対に大金持ちになりたいならFXでしょう。極端な例ですが、100万円を1日のうちに200万円(失敗したらもちろんゼロ円)にしたいということなら、FXが一番手っ取り早いでしょう。

 おおざっぱに1ドル=100円と計算して、100万円で300倍だと、300万ドル(3億円!)の勝負ができます。33銭上がったら(すなわち1ドル=100.33円)100万円儲け、33銭下がったら(すなわち1ドル=99.67円)100万円損します。33銭なんて1時間以内に動く場合が多いでしょう。

 あくまでも自己責任です。また、損失は急激な円安の場合だと、ロスカットの範囲だけでは済まなくなることも少なくありません。

Q株の空売りについて

株初心者で勉強中です。

売りと買いを同時にする空売りできる会社は少ない
と教えてもらいました。

そこで教えて頂きたいのですが、空売りできる銘柄
かどうかはどこを見たらわかるのでしょうか?

初歩的な質問ですが御回答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

最初から間違ってます。
空売りとは、持っていないカブを売る事です。
信用取引でなければできませんが、バブル崩壊時など、長期的に下落傾向の場合は下がっているのに儲ける事ができます。おいしい。
カブを持っていないのに売る事ができるのです。不思議ですね。信用取引で貸株制度になります。いわゆる信用銘柄だけ可能です。証拠金も別枠でちょっと高いです。貸株、つまりカブを借りる事になるので利息がかかる場合もあります。
でも、バブル崩壊時にはみんながみんな下がりましたから儲かりました。

売りと買いを同時にする事はできませんが、信用で空売りし、同時に現物か信用で買い注文を出す事は可能です。証拠金さえ積んであれば。
地獄の沙汰も何とやら。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報