最新閲覧日:

私は真紀子さんがとうとう巻き込まれてやめさせられたとしか思いません。
日頃からバッシングを受けていたのは、口が悪いからと言う人もいますが、
実は『悪』を暴こうとして頑張ったから目立ったという事ではないのでしょうか?
真紀子さんの発言や行動で、身の危険、錆の出る汚い政治家がたくさんいるので、つるんでいる政治家や記者までもが一丸となって攻撃し続けた、という風に私には見えます。
で、わからないのは小泉首相です。
何故『女の涙は・・・』なんて人ごとのようなことを言っていたですか?
今、3人を更迭し、自分の責任を問われたのに対しては遠回りな答えしかしないし、この人、どーなっちゃってるんでしょうか?

だんだん興奮してきて自分でもまとめられなくなりました。
・真紀子さんは今回更迭される必要がなかったのでは?
・宗男だけがやめればすむ問題だったのでは?
・小泉首相は実は曲者なのでは?
この3つの質問に対し、みなさんの意見をお願いします!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (35件中31~35件)

田中外相・野上事務次官が更迭の意向で、


鈴木議運委員長が辞任の方向でしたっけ。
(ニュースサイトを見ればはっきりしますが)

でも、後日、小泉首相が言いそうでしょう、
「喧嘩両成敗」って。
    • good
    • 0

小泉首相は個人的に好きなんですが、もしかして、首相になるために、真紀子さん利用したなんて考えられませんか・・・?。


というのは、小泉さんと田中角栄さんは仲悪かったというか・・・、派閥が違ってうんぬんと
いうことを聞いたことがあるんですよ・・・。石原さんとダブってるかもしれません!。
もしそうだったら、みなさん、ほんとごめんなさい!!m(._.)m!!。

ちなみに・・・、hanakotaroさんの気持ち、め~っちゃわかります!(>_<)!。
ハゲおやじとヒゲおやじの考えは、全然理解出来ません!!。ウッシッシもよくわかりません。
世の中って、ほんと不条理ですよね。。。
    • good
    • 0

小泉さんに限界がきたとだけ言わせてください。

    • good
    • 0

 hanakotaroさん、はじめまして。



 わたしも全く同意見です。わたしは今まで政治に無関心でした。難しそうだし、国会とか議員とかに親近感が湧かなかったからです。そんな国民はとても多かったと思います。特に森喜朗と言う人が総理大臣のときなんかは、腹立たしくって腹立たしくって、テレビを一切見ませんでした。
 でも、小泉さんが総理大臣になって、田中真紀子さんが外務大臣になったときは、とても国民に近い政治をしてもらえそうで正直言ってとても嬉しかったです。あまりにも国民とかけ離れた政治を国民の目の高さで判り易くやってくれるのが好きでした。このまま、どんどんわたしのような自分本位で生きて来た人間が、自分以外の周りの事、親とか家族とか、学校とか仕事とか、環境とか政治とかに興味を持って考え始めるようになればいいなぁと思ってました。その頼みの綱が田中真紀子さんでした。

 もうわたしも今怒りに震えている状態なので、何から書いていいのか混乱してしまってます。ごめんなさい。

 とにかく、わたしは今回の小泉さんの決断は絶対に間違いだと思います。責任をとるなら鈴木宗男、野上事務次官、その他これまで政治をここまで国民から遠ざけたこれまでの悪徳政治家達であって、それができないなら小泉さんも責任とるべきです。

 やっぱり何書いてるかまとまりません。ホントごめんなさい。出直してきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

色々な方のご意見を頂き、あらためて真紀子さんの更迭はおかしいと確信しました。外相としての善し悪しを、今問いうのはおかしいと思うからです。嘘を付いているのは・・・という問題が解決しないこともそうですが、外務省や各省の不祥事はこれでもう表には出てこなくなってしまったのだと思うと残念です。今回はすぐにSALADA-GIRLさんが書き込みしてくださって、気持ちが救われたので、今回のポイントは私の心を落ち着けてくれたという意味でSALADA-GIRLさんに付けさせていただくことにしました。沢山のご意見ありがとうございました。私は今回最悪のシナリオ通りに事が進んでいったと解釈しています。宗男があんな笑顔でいるのもおかしいし、野上が外務省内でよくやったと称えられてるのもおかしい。これはやっぱり真紀子さんつぶしのシナリオだったのですね。ただ決行する時期を、間違えたんですよ、小泉さんは。自民党改革など、真紀子さんと志が同じはずだった小泉さん、今回『真紀子を切るなら私も切れ!』くらいダダをこねて見せて欲しかったです。いや、本当に・・・。

お礼日時:2002/02/05 12:12

鈴木宗男は自民党内でかなりの力を持っているので


引きずりおろすには真紀子さんを更迭ぐらいの代償が必要だったのでは?
族議員を守っているのは何も鈴木氏だけに止まらず、
橋本龍太郎氏を始めとする橋本派や亀井・野中・森といった人たちも反小泉勢力な訳で、
そういった人たちとの板挟みのなかで、
政府が「鈴木氏が悪い」あるいは「真紀子さんが悪い」
と言わずにすむ方法として全員更迭の道を選んだのでしょう。
鈴木氏が悪いと言えば自民党から小泉引き下ろし運動が生まれ、野党にやられてしまうし、
真紀子さんが悪いと言えば嘘になってしまうので、仕方なく決断されたのだと思います。
結果として、小泉さんが反対勢力に屈し、結果として小泉政権の目指すところにたどり着くために、
政権に被害が一番少ない真紀子さん切りを選んだと言えるのではないでしょうか。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

←前の回答 1  2  3  4

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報