マンガでよめる痔のこと・薬のこと

ある画家の作家論を書かなくてはならないのですが,作家論とはいったい何なのでしょうか?客観的な捉え方でその作家を論じたらよいのか,あるいは主観的な捉え方でよいのか,まったく検討がつかず困っています。もともとの意味を教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

画家にはピンからキリまでいますが、作家論が書けるほどの画家はそんなにはいません。

名をなした画家で一般的には画集が発行されているとか、評論が新聞社や美術専門書に載っている作家などを対象にした画家の集約論と考えてよいと思います。評論家や新聞記者がまとめている論評を出来る限りたくさん拾い集め、また、作家自身が言っている言葉も出来る限り拾い集めそれを体系的にまとめ上げ、その傾向をさぐっていけばきっとよい作家論ができるものと思います。最後に自分なりの感想や意見を入れることも必要です。作家論は美術批評や美学研究の一分野と考えてよいと思います。作者の生い立ちから徹底的にさぐっていけばきっと誰もが気づかなかった何かを見つけることができるかも知れません。他の人が切り込まなかった視点を見つけることが、よい作家論を書く秘訣かと思います。頑張って下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご回答ありがとうございます。具体的な内容でたいへんよく理解できました。

お礼日時:2006/05/02 23:34

No.1さんと反対の意見になって混乱を招く可能性もありますが、あえて興味がある質問なので書かせていただいきます。


専門家と称する方が書いたものですら美術評論の場合私からみると主観的推論、もしくは主観論によるこじつけ程度にすぎないものが多いと感じております。(感想文とかわらない)
wind-sky-windさんも客観的な捉え方でとおっしゃっていますが、そもそも客観的見方というのはできるのでしょうか?
対人間(もしくは作品)である以上判断基準は常に主観でしかあり得ないと思います。
また一人の人間の中においてもその時々の状態でみえかたは変化し、時節においても相対的という問題を抱えている以上客観的に(絶対的、もしくは普遍性の上で)論じることは難しいと思うのです。

関連事項の歴史的事実(真実かどうか疑わしければ検証しつつ)を確認しつつ、その作家についての評論や論文があれば出来る限り自分なりのビジョンをもって検証または反証の可能性があればそれを切り口にして主観でいいので、すすめてみてはいかがでしょうか?
またもっともよいと思うのは、可能(物故作家でなければ)であればその作家にインタビューし対話の中から作家像をつかむべきだと思います。
wind-sky-windさんが学生さんでしたらそこまで要求するのは酷かもしれませんがプロを目指すななら・・・。
人間が通時的にも共時的にも相対的な存在である以上、作家に全身全霊で向き合うべきだと思います。
わたしは論文は書いたことはありませんが、つくりてのひとりとして言っておきたかったのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

適切な回答,どうもありがとうございます。本当にすっきりしました。これで自信をもって課題を仕上げられます。ほんとうにありがとうございました。

お礼日時:2006/04/20 23:20

大学のレポートですか。


それならば、その作家についてのこれまでの幾つかの評論があるのですから、それらの主な評論を紹介した上で、その中で一番妥当だと思う論をとりあげ、なぜそう考えるかの根拠を自分なりに説明してまとめ上げましょう。
自分の主観から出発しては、単なる感想文になってしまいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。早速いくつかの評論を読んでみます。作家論とは,評論的なものをイメージしたらよいのですね。少し見えてきました。ただ,事実だけを列挙すれば良いものでも,自分の考えだけを独断的に述べれ良いものでもなさそうですね。根本的な質問ですみません。たいへん参考になりました。

お礼日時:2006/04/14 19:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qレポート用紙で名前を書く位置は?

初めてレポート用紙を使うのですが、タイトルは規定のタイトル枠内に書くとして、名前や学籍番号はどこに書くのが普通なのでしょうか。タイトルを書き終わった後、本文欄に名前を書いてから本文を書き始めるのか、タイトル上部の空白部(用紙右上など)に書くのか分からず困っています。
基本中の基本を知らなくてお恥ずかしいのですが、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

学校や科目によって教官方のお考えや方針があるので一概には言えませんが、
基本的に『表紙』を1枚作ったほうがいいと思います。
私が提出する際は以下のようにします。

|-----------------------------------|
|                           |
|                           |
|                    |
|                    |
|     レポートの題名        |
|                    |
|                    |
|                    |
|                    |
|                    |
|                    |
|                    |
|                    |
|                    |
|       学籍番号:123456     |
|       氏 名 :山田 太郎   |
|                    |
|                    |
|    提出期限:平成17年8月11日(木) |
|     提出日:平成17年8月11日(木) |
|                    |
|                    |
|-----------------------------------|

あくまでも例ですので、ご自分で適当に構成してください。
指示が無かったのなら厳しい決まりはないと思いますので、そんなに気を使う必要は無いと思いますよ。
心配なら提出する際に確認して、ダメなら表紙だけ書き直せばいいですし…
がんばってください!!
ついでなので、レポートを書く際に気をつけることなどを書いたページがあったのでお教えします。参考までに。。。
http://www.h7.dion.ne.jp/~okachan/page010.html
ちょっと下にスクロールすると『レポートについて』というのがあります。
では

参考URL:http://www.h7.dion.ne.jp/~okachan/page010.html

学校や科目によって教官方のお考えや方針があるので一概には言えませんが、
基本的に『表紙』を1枚作ったほうがいいと思います。
私が提出する際は以下のようにします。

|-----------------------------------|
|                           |
|                           |
|                    |
|                    |
|     レポートの題名        |
|      ...続きを読む

Qレポートの書き方

こんばんは。
冬休みの課題で、「美術館に行ってレポートを書く」というものが出ました。
ですが、あまりレポートを書いたことが無いので書き方がわかりません。
アイヌ文様の美というのに行こうと思っているんですが・・・
やはり写真もレポートには入れた方がいいでしょうか?
レポートの書き方に次いでわからなくて困っています。
美術が好きなので、良いレポートを書きたいと思っています。
どうか、書き方を教えてください。お願いいたします。

Aベストアンサー

美術大学に在籍しています。ご参考程度に、私の経験からアドバイスをさせて頂きます。


全体の構成としては
(1)表紙(主題タイトル)
(2)本文

主題について、どういうところが自分にとって魅力的なのか、
それにはどういう由来や歴史があるのか、何を意味するのか など
いくつかの項目に分けて考えると書きやすいと思います。

例えば…「印象派について モネの魅力」が主題だとすると
1.印象派とは
2.モネの生きた時代とその功績
3.代表作『睡蓮』の連作とその変化
(以下必要なだけ項目を設ける。最終的に、
ある程度自分の主観を入れた論述があったほうが「美術館に行って」という部分が活かされるので、良い と
私は思います。)

…など
主題の背景(アイヌの文化でしたら、アイヌ民族のことなど)から
徐々に幅を狭めていって、主題を浮彫りにしていくと読み手がすんなり入り易く、
印象に残るレポートができるのではないでしょうか。
又、写真は効果的に入れていったほうが良いと思います。
レポートの読み手はその内容について知らないわけですから
いわば教科書や新聞のようによりわかりやすく情報を伝えることを考えると…
あったほうが、親切なように感じます。

(3) まとめ
上にも記述しましたが、「美術館に行って」ということなので
美術館に対する感想、今回レポートを作ったことによって気付いたことや良かったことを書き、あとがきとします。
ある程度の長さがあったほうが説得力があると思います。
又、最後に
参考にした文献(本やWEBページ)について「参考文献」として記述しておきます。(箇条書きで大丈夫です)
本はタイトルとISBN、WEBはタイトルとURLを記述します。
版権的な問題のためもありますが、これだけ色々調べました というアピールにも繋がると思います。


私は以上のような手順で、レポートを書いています。
わりと高評価を頂くこともあるので…ある程度参考にして頂けると思います。

余談ですが
「美術館の入場券の半券を
表紙かはじめのほうに展示タイトル・日時・場所 の明記と共に貼って提出しなさい」という指定で
レポートを作ったことがありまして…
指定が無くてもそうすると、なんだかそれらしくなる気がしますので、
ちょっと使える手かもしれません。


レポート制作 頑張ってくださいませ!
微力ながらお力添えできていましたら幸いです。

美術大学に在籍しています。ご参考程度に、私の経験からアドバイスをさせて頂きます。


全体の構成としては
(1)表紙(主題タイトル)
(2)本文

主題について、どういうところが自分にとって魅力的なのか、
それにはどういう由来や歴史があるのか、何を意味するのか など
いくつかの項目に分けて考えると書きやすいと思います。

例えば…「印象派について モネの魅力」が主題だとすると
1.印象派とは
2.モネの生きた時代とその功績
3.代表作『睡蓮』の連作とその変化
(以下必要なだけ項目...続きを読む

Q「採用担当御中」か「採用担当様」、どちらが正しいか。

会社にエントリーシートを郵送する時、宛先が「~株式会社 採用担当宛」となっていたら、「採用担当御中」ではなくて、「採用担当様」と書いて送った方がいいのでしょうか?

Aベストアンサー

「御中」は 担当部署宛 担当者不明の場合。
今回の場合は担当者がわかっているので「○○様」とします。

Q作家研究について

尾崎紅葉の作家研究をレポートとしてまとめたいのですが、押さえておくべきポイントはどんなことなのでしょうか?
有名な作家なのですが、太宰や芥川ほどの人気のある作品の数が少ない為どのようにしてまとめればいいのか分かりません。
A4一枚程度、大体多くても2000字程度でまとめる予定です。

尾崎紅葉に限らず、作家研究とはどんなことなのか、また方法についてのアドバイスを頂けると嬉しいです。

ちなみに金色夜叉について、という授業内容です。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>有名な作家なのですが、太宰や芥川ほどの人気のある作品の数が少ない為…

なにがどう有名なのか確かめもしないで、「太宰や芥川ほどの人気のある作品の数が少ない」などと勝手に言明してはならないでしょう。
弱冠22歳にして紅葉は露伴とともに、そのデビュー作からしてたちどころに「咲盛る文壇の花形といふべき作家」(緑雨「日用帳」)と称賛されたほどで、しかも一文壇に留まらずその反響は社会的事件をなしたほど画期的だったとされています。

太宰のデビューが27歳で自殺が39歳(作家歴16年余)、芥川のデビューが22歳で自殺が35歳(作家歴13年)に対し、紅葉のデビューが22歳で肺がん死が36歳(作家歴14年弱)でほぼ類似しており、またその作品ごとの当時の人気度は決して勝るとも劣るものではありません。

しかも、紅葉の場合は、その衝撃的なデビュー作は雅俗折衷の美文体として言文一致の動きに挑戦したものですが、24歳の作品では「である」調の洗練された文体を創作して大成功を収め、「だ」調の二葉亭、「です」調の実妙とで、見事に鼎立させる新機軸を以て当時の社会に衝撃を走らせた事は歴史に残された通りです。

新時代の開拓者として、この「である」調の研鑽・辛苦を重ねたがために、その後の創作活動は停滞を余儀なくされたものであり、またそれ故に代表作「多情多恨」という精妙な成果を生むに至ったものでしょう。また、彼の新聞小説「金色夜叉」が未完でありながら永年にわたり日本の演劇界に、いや大衆社会に齎したインパクトの強大さのほどは、芥川・太宰クラスとは比較にさえなりません。

何よりもまず、紅葉の作品そのものを読む作業なくしては、ことは始まりません。
そして、こつこつ読みながら、強く感じた箇所ごとにチェックを入れ、感想メモを付けることです。
たくさん溜まったそのメモを纏める作業を始めたら、それがあなたの作家研究への確かな一歩です。

おまけですが、読み続ける困難さに疲れた時には、私が参考にした次のような評論などで骨休めを愉しんだらいかがでしょう。
坪内祐三「慶応三年生まれの旋毛曲り─漱石・外骨・熊楠・露伴・子規・紅葉・緑雨とその時代」(新潮文庫)
http://www.shinchosha.co.jp/book/122634/

>有名な作家なのですが、太宰や芥川ほどの人気のある作品の数が少ない為…

なにがどう有名なのか確かめもしないで、「太宰や芥川ほどの人気のある作品の数が少ない」などと勝手に言明してはならないでしょう。
弱冠22歳にして紅葉は露伴とともに、そのデビュー作からしてたちどころに「咲盛る文壇の花形といふべき作家」(緑雨「日用帳」)と称賛されたほどで、しかも一文壇に留まらずその反響は社会的事件をなしたほど画期的だったとされています。

太宰のデビューが27歳で自殺が39歳(作家歴16年余)、芥川の...続きを読む


人気Q&Aランキング