今年の10月頃に高知県の四万十川に行ってきたのですが、そこで本当に三葉虫そっくりの生き物を見つけました。

場所は西土佐村の近く、河原から手の届く浅瀬の石の裏側に張り付いていたのですがこれは何と言う生き物なのでしょうか?

大きさは1センチあるかないか、と言ったところです。よくヒザラガイが三葉虫に似ているといわれますがもちろんそんな物ではなく(淡水ですし)、本当に三葉虫そっくりでした。(化石がそのまま動いているみたいな感じ)
どなたかお分かりになる方がいらっしゃいましたらお願いしますm(._.)m

A 回答 (4件)

ヒラタドロムシではないでしょうか?



大きさ:5~10mm
生息場所:上流から中流の瀬や波のある湖岸に生息している。
主な特徴:体は黄色または褐色で、表面は硬く、平たい円形か卵形。

という昆虫です。以下URLを見てください。

http://www.edunet.city.honjyo.akita.jp/ishizawa_ …

http://www.chokai.ne.jp/simosho/suiseiseibutu.html

http://www.mogamigawa.gr.jp/kankyo/suisitu/072.h …

参考URL:http://www.edunet.city.honjyo.akita.jp/ishizawa_ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ビンゴです!そう、これですこれです!
私が見たのは参考URLの物より黒っぽく、もっと「三葉虫」ぽく見えた様に思ったのですが、多分これで間違いないと思います。結構ポピュラーな生物なのでしょうか・・・。←私が知らなかっただけ?
ありがとうございました(^-^)頭の中のもやもやが取れました!

お礼日時:2002/02/01 16:03

>色も透通っている訳ではなく黒っぽかったように記憶しています。



うーん「トリオプス」にも色々種類があって黒の物なんかもいるんですが、私も他に考えられる物はちょっと無いですねー
    • good
    • 0
この回答へのお礼

asucaさん、長々お付き合いいただいてありがとうございましたm(._.)m
どうやら↓のかたが回答してくださったのが私の見た物のようです。
説明が下手でゴメンナサイ・・・。ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/01 16:09

どうも三葉虫から分化した生き物のようですね。



http://www.asahi-net.or.jp/~BV7H-HSM/odekake2.html

参考URL:http://www.kagakukan.sendai-c.ed.jp/html/triops. …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

説明が難しいのですが、まさに三葉虫としかいいようのない形をしています。
私は水辺の生き物が好きなので、日本の淡水産の生物(魚類・水生昆虫など)のうち代表的な種類は大体知っているつもりでしたが、今までにあんなものは見たことがありません。まさか三葉虫の生き残りか・・・とか本気で少し考えてしまいましたがそんな訳もなく・・・。

お礼日時:2002/02/01 04:01

おそらく「カブトエビ」だと思います。


参考URLに写真がありますので比べてみてください。

私が中学生の頃にガチャポン(カプセル)で飼育用の物がありました。実際に育つとカブトガニのミニチュアみたいでした。

参考URL:http://member.nifty.ne.jp/kenichi/mizu9.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速回答ありがとうございます(^.^)
しかし残念ながらカブトエビではありません。あれは私も飼ってた事がありますが、カブトガニというよりはまさに「三葉虫」そのものなのです。色も透通っている訳ではなく黒っぽかったように記憶しています。

お礼日時:2002/02/01 03:52

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q雲南省第一の淡水湖について

私は今、学校で中国の地理を勉強していて、雲南省第一の淡水湖がどこなのかを調べています。雲南省第二の淡水湖が「じ海」で雲南省第三の淡水湖は「撫仙湖」というところまでわかったのですが、雲南省の第一の淡水湖がどこなのか、どうしてもわかりません。どなたか知っている方がいらっしゃったら、教えていただけないでしょうか?どうぞ、宜しくお願いします!

Aベストアンサー

rio-chi さん、こんにちは~☆♪

> 雲南省の第一の淡水湖がどこなのか、どうしてもわかりません。

湖面面積のことですよね。

1. テン池(テンはさんずいに「真」或いは「眞」)昆明池とも呼ばれています。

  湖面面積 297平方Km  水深 深いところで8m


2. 撫仙湖 (中国で2番目に深い淡水湖)

  湖面面積 212平方Km  水深 平均水深87m 深いところで155m


3. じ海 

  湖面面積 246平方Km  水深 平均水深10.5m

下記のURLを参考にしました。

http://j.people.com.cn/special/mapchina/yunnan/m/g3.htm

http://homepage1.nifty.com/mamoruokada/konmei.html


ではでは☆~☆~☆        - by パピヨン -

Q淡水化のコストについて

海外(特に中東地域)で淡水化プラントを開発するとなると、コストはどれくらいかかるのでしょうか?
また、海水を淡水にする技術には、蒸発法と、海水に圧力をかけてろ過膜を通して海水をこす逆浸透法があるようですが、それぞれの方法で淡水化する場合には、どれくらいのコストがかかるのでしょうか?

Aベストアンサー

中東地域のペルシャ湾岸沿いの場合、淡水化プラントはほぼ100%蒸発式であり、発電プラントと併設されています。 発電で使い終わった熱を淡水化プラントで使用するためです。

この場合、淡水化のコストというのは「発電用に燃やした燃料のうちどれくらいを淡水化に使っていると見るか?」また「淡水化で使う電力(ポンプ用)はいくらで作っているのか?」によって大きく変わってきます。

それを踏まえて、一般的な値では、蒸発法のコストは淡水1立法メートルを得るのに100円~150円くらい(上記のように発電と組み合わせた場合)であると言われています。
参考URLのレポートでは、
「水の生産と配水のコストはUS$1.07~US$1.60/m3 であるといわれている。」と書かれています。

一方、逆浸透法のコストも、電力価格と原海水のきれいさによって大きく変わります。 中東エリアですと、インド洋に面するオマーンで淡水1立法メートルあたり約70円の淡水化コストを達成、という実証実験結果(造水促進センター)を読んだことがあります。

参考URL:http://www.jaif.or.jp/ja/news/2006/desalination_report.pdf

中東地域のペルシャ湾岸沿いの場合、淡水化プラントはほぼ100%蒸発式であり、発電プラントと併設されています。 発電で使い終わった熱を淡水化プラントで使用するためです。

この場合、淡水化のコストというのは「発電用に燃やした燃料のうちどれくらいを淡水化に使っていると見るか?」また「淡水化で使う電力(ポンプ用)はいくらで作っているのか?」によって大きく変わってきます。

それを踏まえて、一般的な値では、蒸発法のコストは淡水1立法メートルを得るのに100円~150円くらい(上記のように...続きを読む

Q発電も含む化石燃料の猶予

震災における日本の原発停止における多くの火力発電所
再稼動や、自家発電の急増、
また、それによる節電による電気使用からガス使用へのシフト

その他、途上発展国の急成長等や、日本等を除く
世界的な人口増加による各種化石燃料
(石炭、石油、天然ガス、及び近年利用検討されている
 メタンハイドレートや、シェールガス)の使用猶予は
どれぐらいになるでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

化石燃料の埋蔵量には色々な種類があり、発見されている全ての量を言う究極埋蔵量と、現在の売買価格と技術を合わせ考えて採取可能と考える量の可採埋蔵量が良く使われます。
可採埋蔵量はエネルギー価格が上がると増えるので、使用猶予と言う事からは究極埋蔵量が対象になるかも知れません。
2008年時点の可採埋蔵量と一次エネルギー全消費量で計算した寿命は66年、究極埋蔵量では918年と言う計算結果がある様です。
この場合の一次エネルギーには化石燃料以外も含まれるので、その計算はもう少し長くなるのですが、その後シェールガス開発と言う大きな変化が発生しました。

天然ガスについて新しい採取法でガスが得られる新田が、2009年の一部地域の調査だけで今までの世界中の埋蔵量以上に発見されたのです。
また海底油田もメキシコ湾の事故以降も新しく発見が続き、石油埋蔵量自体も可採で5割増は下らないとされています。

ですから化石燃料寿命の計算はもっと伸びて、無くなる事を気にするレベルではありません。


勿論、人口増や開発途上国の一人当たりのエネルギー使用増は、そのまま続けば資源寿命を減らす要因ではありますが、需要が増えればエネルギー価格が上昇し、既に可採埋蔵量に算入され始めたオイルサンドだけでなく、オリノコ原油やオイルシェールと言った採取コストが掛かる新資源も「埋蔵量」に追加されるので、燃やすものが無くなる事はないでしょう。

むしろ燃やし続ける影響の方が、人類存続にとっては問題になると思います。

化石燃料の埋蔵量には色々な種類があり、発見されている全ての量を言う究極埋蔵量と、現在の売買価格と技術を合わせ考えて採取可能と考える量の可採埋蔵量が良く使われます。
可採埋蔵量はエネルギー価格が上がると増えるので、使用猶予と言う事からは究極埋蔵量が対象になるかも知れません。
2008年時点の可採埋蔵量と一次エネルギー全消費量で計算した寿命は66年、究極埋蔵量では918年と言う計算結果がある様です。
この場合の一次エネルギーには化石燃料以外も含まれるので、その計算はもう少し長くなるのです...続きを読む

Qエコキュートや太陽熱の給湯器の発展させた海水淡水化システムについて

エコキュートや太陽熱の給湯器がしばしば紹介されています。

しかし、それならもう一ランク温度を上げて、その熱を利用して海水を水蒸気にして真水をつくることは不可能なのでしょうか。

ドラム式洗濯乾燥機では衣類をヒートポンプを使い乾燥させるわけですから(衣類の水分を蒸気に変える)、同じ原理で海水を水蒸気にして真水を作れるようにも思えます。

水不足で悩む夏場などにはとっておきの技術のように思えるのですが・・。
それともこれは技術的に無理で採算のとれないものなのでしょうか。

Aベストアンサー

> それともこれは技術的に無理で採算のとれないものなのでしょうか。
・海水淡水化プラントは、日本が先進技術国であり、砂漠の国、サウジアラビアなどの中東を中心に、スペイン、韓国、シンガポールなどの世界各地で活躍しています。
http://www.toray.co.jp/news/eco/nr080918.html

日本の水不足の場合。
発生地域と時期、日数に不確定要素が多く、建設する淡水化プラントが年間の30日や60日程度の稼働率では、残念ながら採算が合わないのです。

Q化石

よく化石などから石油が採れるといいますが、具体的に
なぜ恐竜などの骨が何万年もかけて石油になるのでしょうか?

Aベストアンサー

 誰がそんなことを言うのですか?

 もしかして、「化石燃料」のことでしょうか。一応参考 URL を上げますが。

 少なくとも、恐竜の骨の化石から石油は、取れません。

参考URL:http://www.iae.or.jp/energyinfo/energydata/data2001.html


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報