っといった噂を耳にしたんですが、
リンクが英語であまり解読できませんでした↓↓
そのような情報は確かなんですか?(笑

確かだと、大変なことですが、
そもそも彗星が地球に近づいていて、
衝突する可能性は少なからずあるということなのでしょうか?
よろしくお願いいたします。^^

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

今回の話はまったくのガセではないですよ


でも、解釈の違いで間違って伝わっているようです。

今回は5年周期の彗星が地球の近辺(1000万Km)を通過するため、
彗星の尾(塵)の中を地球が通過する可能性が大きい

通常はこのようなときは流星群(沢山の流れ星)が見れる

今回警告されているのは、彗星の尾を横切った事例が無いので、
どのくらいの大きさの塵が存在するのかわからない。

仮に車サイズの物が燃え尽きないで地表に衝突したら、大惨事になるし、
何らかの理由で、地球近辺で彗星が分裂などしたら・・・

つまり、実際の彗星の通過と、最悪の仮説を交えた警告が出されているだけです

ちょっと検索すると沢山でてきますよ
http://blog.mocchi.cc/?eid=333678
http://hikaru.blogzine.jp/dress_you_up/2006/04/5 …
    • good
    • 0

国立天文台がシュヴァスマン・ヴァハマン第3彗星についてキャンペーンを行うようです^^。

↓参照

0.08天文単位まで近づく可能性があると言われていますから、普通の距離単位にすると大体1200万kmということです。
天文学的には「大接近!」ですが、われわれの感覚からすると、まだかなり遠いようですね。すでに日本の「なゆた」望遠鏡でも捉えられています。

参考URL:http://www.nao.ac.jp/phenomena/20060502/
    • good
    • 0

シュワスマン・ワハマン第3彗星に関しては下のサイトを。



参考URL:http://homepage2.nifty.com/turupura/new/new0604_ …
    • good
    • 0

若干の補足を。


1910年にハレー彗星が地球に大接近した際、彗星の尾の中を地球が通過するため、尾の中に含まれる有毒ガスによって人類が絶滅する、というデマが流布し、大騒ぎになりました。

彗星の尾はきわめて希薄なガスで、1気圧に換算したらすべて合わせても家1軒分程度の分量しかありません(彗星にもよりますが)。
従って、たとえ有害物質が含まれていても何の悪影響もないのですが、ガスの成分分析は信じるくせにこういうデータは信じない困った人たちが騒ぎを大きくした、ということですね。

この騒ぎで全財産を使い果たし、破産した人が続出したそうです。

今回のこともこれと同様の「空騒ぎ」で間違いないでしょうね。お気になさらないのが一番ですよ。
    • good
    • 0

 人はそれを「流れ星」と呼びます(笑)


 極小サイズのものであれば、ほぼ毎日地球に落下してますよ。
 計算上は1日に最低100個くらいは落下してないとおかしいんだそうで。(地球上の水は常に太陽の熱によって宇宙へ揮発しているため、彗星によって水分が供給されてくれないと、あっという間に干上がってしまうんです)

 実際に地球に危険があるんであれば、有名ニュースメディアがいっせいに報道するでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

流れ星ですか…
http://rerere.sytes.net/up/source/up12320.jpg
こんなのを予想してました(笑
ありがとうございました

お礼日時:2006/04/20 14:21

うろ覚えなんですが、


確か……

フランスの航空管制官が、個人的に天文を観測していて、
個人的に計測した結果では、5月25日に彗星が地球に衝突するという結果になったが、
最近になって、NASAが否定した。

という話なら聞いたことがありますけど。
そのことかな。
大丈夫みたいですよ。ご安心ください(笑)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

個人的ですか…
NASAの方が正しいですね^^
ありがとうございました

お礼日時:2006/04/20 14:18

今年の、っていう話なら「そんな話はありません」。


NASAをはじめとした各国の天文台が常時衝突しそうな天体を監視しており、実際なりそうなものについては公式案内がでるようになってます。
が、出ていませんから。

「○○年後の5月25日」っていうなら話は別ですけど。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

今年のです、、。(笑
そうですよね、、安心しました。。(笑
ちなみにソースは
http://live22x.2ch.net/test/read.cgi/news/114533 …
です。

お礼日時:2006/04/20 14:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q彗星はなぜ止まっているように見えるの?

記憶に新しいヘール・ボップ彗星(1997年)を観た時、まさに尾をひく巨大な彗星が北の夜空に静止しているのをはっきりと確認し、とても感動しました。ちなみに、1986年のハレー彗星のときは北半球では暗くてほとんど観れなかったと記憶しています。(残念ながら存命中に次回のハレー彗星を観ることは不可能になってしまいましたが・・・)

最初、彗星って流れ星のように一瞬で通過するものと思っていましたがあんなにも長い間、静止しているのには驚きました。(当時、写メールなどもまだ無くて今更ながら撮影しておけば・・・と悔やまれます)
惑星や衛星のように独自の軌道上を周回しているというのは分かります。だとしたら彗星も同じように地球上から結構長い間、観る事が出来るのでしょうか?尾(確か氷の粒?)があるので、さも流星のようなイメージがあっただけかなあ?分かり易く説明して頂ければと思います。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

流星(ながれぼし)は地表から百数十キロメ-トルから数十キロメートルの高さの極めて薄い大気圏内での発光現象ですが、彗星(ほうきぼし)は少なくとも月よりは遠い宇宙空間を移動している天体です。(これまでに地球に最も接近した彗星でも地球と月の距離の6倍近くありました)

したがって流星は瞬間的な現象であっという間(願い事を3回唱えることが難しいくらい)に天空を横切って消えてしまいますが、彗星は肉眼で見て直ぐに動きが分かるほど速くは移動しませんし、短時間で見えなくなるものでもありません。ただ地球に接近して見かけの動きが速い彗星の中には、短い時間でも明らかに移動がわかるものもありました。例えばヘール・ボップ彗星が明るくなった前年(1996年)3月に地球と太陽の距離の10分の1くらいまで地球に接近した百武彗星は、地球に最も近づいた3月25日には1日で角度の20度近く移動しました。

また来月地球に接近して4等級くらいまで明るくなるのではないかと期待されているルーリン彗星は、地球に最も近づく2月24日には、しし座で1日あたり角度で5度強、1時間あたりの角度で13分(0.22度)移動しますので、天体望遠鏡である程度の倍率をかけて10分間も見ていれば移動がわかると思います。

ところでご指摘のヘール・ボップ彗星は非常に大型で明るい彗星でしたが、地球に最も接近したときでも、地球からの距離は地球と太陽までの距離の1.3倍くらいありました。逆に言えばそれでもあれほど明るかったので、もし地球にもっと接近していたら昼間でも肉眼で見えたのではないかと思います。また肉眼で見えた期間も長く、空が暗く条件がいいところでは1年半に達したと言われています。

流星(ながれぼし)は地表から百数十キロメ-トルから数十キロメートルの高さの極めて薄い大気圏内での発光現象ですが、彗星(ほうきぼし)は少なくとも月よりは遠い宇宙空間を移動している天体です。(これまでに地球に最も接近した彗星でも地球と月の距離の6倍近くありました)

したがって流星は瞬間的な現象であっという間(願い事を3回唱えることが難しいくらい)に天空を横切って消えてしまいますが、彗星は肉眼で見て直ぐに動きが分かるほど速くは移動しませんし、短時間で見えなくなるものでもありませ...続きを読む

Q100年後に地球に衝突する彗星があると聞きました!

1992年に再発見された、「スウィフト・タットル彗星」が、2126年に戻ってくる時は地球に衝突するらしい・・と、天文学者が軌道を計算したということですが・・、現実性はどのくらいでしょうか?

Aベストアンサー

>NASA の Near Earth Object Program ウェブサイトによると、同彗星は
>西暦2126年8月5日に、地球と月の間の距離の59.7倍の距離まで地球に接近すると
>計算されている。
>また、西暦3044年には、地球と月の間の距離の42.8倍もの距離(約1645万km)まで
>地球に接近する。

衝突はしないようですが。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%A4%E3%83%95%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%BF%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%AB%E5%BD%97%E6%98%9F

Q彗星がもっとも近くに来る時のrの求め方

彗星がもっとも近くに来る時のrの求め方

太陽に彗星が速度vで近づいてきます
最初のvの延長線上に太陽から垂線を下ろして垂線の長さをb、太陽の質量をM、彗星の質量をm、万有引力定数をG、彗星がもっとも近づいてきたときの彗星と太陽の距離をr0としてr0をM、m、G、b、vを用いて表せという問題なのですが
もっとも彗星が太陽に近づいた時の速さや離心率もわからないのにとけるのでしょうか?
どなたかよければ回答よろしくお願いします

Aベストアンサー

こんにちは!

これは、力学的エネルギーの保存と円運動の向心力から求めることができます。

1.
まず、彗星がやってくるときの状況ですが、元の速さがvということは、速度vの等速直線運動に近似できます。
・運動エネルギーは 1/2・mv^2
・垂線との交点にあるときの位置エネルギーは -GMm/b
合計のエネルギーは 1/2・mv^2 - GMm/b です。

2.
次に、近日点における状況ですが、これは等速円運動と考えます。その速さをV、角速度をωと置くと、
Vx=-r0ωsinωt、Vy=r0ωsinωt
V = √(Vx^2+Vy^2) = r0ω
 = √(r0ω^2)・√r0   ・・・A
 = √(GM/r0^2)・√r0   ・・・B
 = √(GM/r0)
※AからBのところがポイントです。向心力は、rω^2 に等しいです。(VxとVyをtで微分すればわかります)
・運動エネルギーは、1/2・mV^2 = 1/2・GMm/r0
・位置エネルギーは、-GMm/r0
合計のエネルギーは 1/2・GMm/r0 - GMm/r0 = -1/2・GMm/r0 です。

3.
力学的エネルギー保存により
速さvのときのエネルギー = 近日点でのエネルギー
1/2・mv^2 - GMm/b = -1/2・GMm/r0
v^2 - 2GM/b = -GM/r0
・・・

以上でわかるとおり、mは約分で消えます。
もしもmが必要だとすると、彗星が融けて2つに割れると、突如速さが変わることになりますから変です。(ピサの斜塔の実験と同じことです)

私、計算ミスが多いので、鵜呑みにしないで検算してください。

こんにちは!

これは、力学的エネルギーの保存と円運動の向心力から求めることができます。

1.
まず、彗星がやってくるときの状況ですが、元の速さがvということは、速度vの等速直線運動に近似できます。
・運動エネルギーは 1/2・mv^2
・垂線との交点にあるときの位置エネルギーは -GMm/b
合計のエネルギーは 1/2・mv^2 - GMm/b です。

2.
次に、近日点における状況ですが、これは等速円運動と考えます。その速さをV、角速度をωと置くと、
Vx=-r0ωsinωt、Vy=r0ωsi...続きを読む

Q地球に近接する小惑星アポフィスが2032年に地球に衝突するというNEW

地球に近接する小惑星アポフィスが2032年に地球に衝突するというNEWSをみましたが、どのような計算をどこの部分から計算すればこんな事がわかるのでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは。
地球軌道と小惑星軌道に横道面角度を加えた楕円方程式を連立で解けば計算できます。ですが、惑星軌道には重力による摂動というものがありますので、正確な結果を予測することはどうしてもできません。

Q彗星へ衝突機をぶつけて彗星の軌道が変わりませんか。

彗星探査機「ディープインパクト」の衝突機(インパクター)を、7月4日秒速10キロメートルもの高速でテンペル彗星へ衝突させた。
質量の問題だと思いますが、彗星の軌道が変わって、地球へ彗星が衝突することになったりしませんか。

Aベストアンサー

「18輪の巨大トレーラーのフロントガラスに虫がぶつかるようなものだ」とヨーマンズ博士は言う。「衝撃弾によって彗星の速度は秒速0.0005ミリメートル遅くなるだろう。軌道変化は今後5年かけて100メートルを超える程度に過ぎない」

http://hotwired.goo.ne.jp/news/technology/story/20041222302.html

前にもどこかで同じ質問を見ましたが、その回答も彗星の軌道を大きく変えることがないだろう(無視できる範囲ではないか)というものだったと思います。

Q彗星の衝突

地球に長周期彗星が衝突すると
いうことが分かった場合、
衝突を回避するのに一番現実的な
方法はなんでしょうか?
現代の科学技術では
やっぱり実現不可なのですか?

Aベストアンサー

 現状では対策が出来ないとのことです。今は監視の目を強化していますが。

 ミサイルでの破壊など映画などでありますが、破片がさらに被害を増やす可能性がある。本当に塵のようになるのならともかくね。他に軌道を変えるという方法が考えられていますが。早めに分かれば対策も可能かもしれませんが、それが難しい状態だと覚悟は必要かなと。

 それとぶつかる可能性が有ることは理解されているが、その対策費があるかどうかですね。

Q彗星がもっとも近くに来る時のrの求め方

彗星がもっとも近くに来る時のrの求め方

太陽に彗星が速度vで近づいてきます
最初のvの延長線上に太陽から垂線を下ろして垂線の長さをb、太陽の質量をM、彗星の質量をm、万有引力定数をG、彗星がもっとも近づいてきたときの彗星と太陽の距離をr0としてr0をM、m、G、b、vを用いて表せという問題なのですが
もっとも彗星が太陽に近づいた時の速さや離心率もわからないのにとけるのでしょうか?
どなたかよければ回答よろしくお願いします

Aベストアンサー

こんにちは!

これは、力学的エネルギーの保存と円運動の向心力から求めることができます。

1.
まず、彗星がやってくるときの状況ですが、元の速さがvということは、速度vの等速直線運動に近似できます。
・運動エネルギーは 1/2・mv^2
・垂線との交点にあるときの位置エネルギーは -GMm/b
合計のエネルギーは 1/2・mv^2 - GMm/b です。

2.
次に、近日点における状況ですが、これは等速円運動と考えます。その速さをV、角速度をωと置くと、
Vx=-r0ωsinωt、Vy=r0ωsinωt
V = √(Vx^2+Vy^2) = r0ω
 = √(r0ω^2)・√r0   ・・・A
 = √(GM/r0^2)・√r0   ・・・B
 = √(GM/r0)
※AからBのところがポイントです。向心力は、rω^2 に等しいです。(VxとVyをtで微分すればわかります)
・運動エネルギーは、1/2・mV^2 = 1/2・GMm/r0
・位置エネルギーは、-GMm/r0
合計のエネルギーは 1/2・GMm/r0 - GMm/r0 = -1/2・GMm/r0 です。

3.
力学的エネルギー保存により
速さvのときのエネルギー = 近日点でのエネルギー
1/2・mv^2 - GMm/b = -1/2・GMm/r0
v^2 - 2GM/b = -GM/r0
・・・

以上でわかるとおり、mは約分で消えます。
もしもmが必要だとすると、彗星が融けて2つに割れると、突如速さが変わることになりますから変です。(ピサの斜塔の実験と同じことです)

私、計算ミスが多いので、鵜呑みにしないで検算してください。

こんにちは!

これは、力学的エネルギーの保存と円運動の向心力から求めることができます。

1.
まず、彗星がやってくるときの状況ですが、元の速さがvということは、速度vの等速直線運動に近似できます。
・運動エネルギーは 1/2・mv^2
・垂線との交点にあるときの位置エネルギーは -GMm/b
合計のエネルギーは 1/2・mv^2 - GMm/b です。

2.
次に、近日点における状況ですが、これは等速円運動と考えます。その速さをV、角速度をωと置くと、
Vx=-r0ωsinωt、Vy=r0ωsi...続きを読む

Q彗星核に衝突体命中 NASA探査機・・・大丈夫?

まったくの素人です。

本日NASAが「ディープインパクト」を成功させたそうですが・・・

これがきっかけで 彗星の軌道がおかしくなったり、彗星の磁石?がおかしくなって 地球にきてしまったり、バランスがおかしくならないのでしょうか???

Aベストアンサー

映画や小説では簡単にやってますが,
あの程度の彗星でも軌道をかえるのは困難で,
今の人類は理論的には出来ても,実際的に行うことは不可能です.
今回のは,言わば,疾走するトラックの荷台上で爆竹が爆発した,ようなものでしょう.

破片は来るかも知れませんね.
残念ながら,流れ星が多くなった,と思うほどではないでしょうが..

因みにこのようなことは事前にさんざん衝突実験や軌道計算を,
NASAに限らず世界中の人達がそれぞれに行って評価していますから,
不安要素があれば事前に必ずどこかのだれかが待ったをかけるものです.

しかし,小さな初期値の変化でも,長い時間に複雑な重力の摂動を受けて,
100万年後,1億年後に軌道が大きく変わっている可能性はあるでしょう.
これを正確に計算することは不可能ですので,可能性は否定できませんね.

Q彗星の尾の長さ

今までに確認されている彗星で最も尾の長さが長かったのは何彗星ですか。

Aベストアンサー

アストロアーツの天文ニュースによると 1996年の百武彗星です。
百武彗星の尾の長さは少なくとも5.7億kmあったそうです。
私が調べたわけではありませんので、自信なしにしています。^^;

アストロアーツ 天文ニュース
http://www.astroarts.co.jp/news/2000/04/06hyakutake/index-j.shtml

参考URL:http://www.astroarts.co.jp/news/2000/04/06hyakutake/index-j.shtml

Qもし巨大「彗星」衝突した時の予想

映画や小説などのストーリーで語られる、巨大隕石衝突による人類・地球滅亡の危機。テーマとしては食傷気味ですが、実際に起こり得るだけになかなか興味深いです。

さて、もし巨大隕石でなく、巨大彗星が、何の痛痒も感じずダイレクトにインパクトしてきたとしたら、その後の地球はどんな世界になってしまうのでしょうか? 
映画『アルマゲドン』ではどのような大きさだったかよく覚えていませんが、隕石でいうと確実に全人類が滅亡すると言われているチチュブクラス(直径10KM)のサイズだと仮定します。こんな巨大な代物が太陽系にあればの話ですが……もしなかったら、外から持ってきちゃいましょうね。

●隕石との違いは何なのか?
 ◎氷の塊である彗星は、燃えて落っこちてくる過程で衝撃に影響が出るほど小さくなる?
 ◎氷なので、衝突時には石(鉄)の隕石よりも広範囲に砕け散る?
 ◎恐竜の絶滅説が隕石のものであった場合、彗星の場合も長い氷河期が訪れる? また、彗星の氷が氷河期を過ぎた後も残り、北極、南極に次ぐ第三の氷大陸ができる?

いかがでしょう? 煩雑さを避けるために、地球上の全生命体は滅亡しているということにしましょう。安定期に入るまでの地球への影響を予想していただきたいと思います。
では、よろしくお願いします。

映画や小説などのストーリーで語られる、巨大隕石衝突による人類・地球滅亡の危機。テーマとしては食傷気味ですが、実際に起こり得るだけになかなか興味深いです。

さて、もし巨大隕石でなく、巨大彗星が、何の痛痒も感じずダイレクトにインパクトしてきたとしたら、その後の地球はどんな世界になってしまうのでしょうか? 
映画『アルマゲドン』ではどのような大きさだったかよく覚えていませんが、隕石でいうと確実に全人類が滅亡すると言われているチチュブクラス(直径10KM)のサイズだと仮定します。...続きを読む

Aベストアンサー

 
  彗星の特質は、水などが成分だという以外に、コアに、そんな巨大な質量の小天体がないというのもあったはずです。彗星は、ごく小さな粒子の集合体で、歴史的に確か彗星の尾が地球に触れた事件がありましたが、何も大したことは起こっていません。
 
  問題は彗星の核に、大きな質量の天体がある場合です。コアに直径1kmもの天体があれば、比重が違うとは言え、実質的には、それより少し小さい隕石・小惑星が衝突したのと同じ結果になります。問題は、衝突天体の質量です。天体の構成がもろくて落下乃至衝突途上、幾つにも分割しても、それほど効果に違いはありません。
 
  >◎氷の塊である彗星は、燃えて落っこちてくる過程で衝撃に影響が
  出るほど小さくなる?
 
  落下途上燃えるというか溶けるのは、表面のごくごく一部です。大部分の質量はそのまま地球と衝突します。
 
  >◎氷なので、衝突時には石(鉄)の隕石よりも広範囲に砕け散る?
 
  衝突前に分裂すると、幾分か影響が小さくなるかも知れませんが、衝突後、分裂しても関係ありません。
 
  氷の塊でも石の塊でも、岩の塊でも、或る質量以上のものが衝突すると、衝突の瞬間大地震が起こり、大津波が起こり、衝突した地点の物質を爆発同様ばらまき、大気中にもの凄い衝撃波をおこし、シベリアの小型彗星(多分、氷型の隕石の落下と考えられます)の衝突同様、もの凄い範囲で、樹木その他を倒します。また、衝突衝撃でばらまいた物質は、大気の上層で、塵の厚い層となり、太陽光を遮り、地球大気温度が低下し、場合によっては氷河期が訪れます。
 
  氷だからというのは関係ありません。問題は、衝突する天体の「質量」です。
 
  (なお、彗星の氷が残るような、そんな大規模な水の量の場合、途轍もない質量になります。直径10kmの彗星の質量は、比重を1とすると、直径 10^4 m ですから、(4/3)πr^3 の式だと、大体 4*10^12 m^3 で、1m^3は1トンですから、これぐらいの質量ですが、体積だと、10km四方で分けると、10^8 m^2 ですから、高さ4万メートル、すごい高さですが、溶けると、10km四方どころでないので、100km四方にしても、高さ400メートルで、地球の海洋全体に広がると、わずかに海面上昇が起こる程度です。数cmも上昇しないでしょう。表面4πr^2なので、rを6000kmとしても、r=6*10^6 m で、面積=4*10^14平方メートルぐらいで、この三分の二ぐらいが海洋ですから、3*10^14 m^2 で、これで先の体積を割ると、1cmになります。彗星の氷は残りません。溶けてしまいます。また南極などに落ちて残っても、大陸などというものではありません。非常に大きな氷山ぐらいです。……なお、直径100kmとかだと、氷河期どころの話ではありません。地殻を吹き飛ばし、マントルを露呈させ、地球全体が変形します。生物は全部滅亡します)。
 

 
  彗星の特質は、水などが成分だという以外に、コアに、そんな巨大な質量の小天体がないというのもあったはずです。彗星は、ごく小さな粒子の集合体で、歴史的に確か彗星の尾が地球に触れた事件がありましたが、何も大したことは起こっていません。
 
  問題は彗星の核に、大きな質量の天体がある場合です。コアに直径1kmもの天体があれば、比重が違うとは言え、実質的には、それより少し小さい隕石・小惑星が衝突したのと同じ結果になります。問題は、衝突天体の質量です。天体の構成がもろくて落...続きを読む


人気Q&Aランキング