利子があり経済が成長していく限りマネーは増え続けていくと思うんですが、
信用創造できる額には級数の和の公式で表されるように限度がありますよね?

理論的にはお金ってどこまで増やせるもんなんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>たただポンってお金を作る(供給)ことなんてできないですよね、買いオペにしたって、国債の発行にしろ、それは裏づけのあるお金ですもんね。



仰る意味が、「紙幣をすって誰かにプレゼントするわけにはいかない」という意味ならそうでしょう。でも、国債買いオペにしろ、国債引受にしろ、それは実質的には「国債という担保をとって民間に資金供給している」事に他なりません。何を担保として要求するかは貸す側が決めるので、国債が足りなければ、別の金融商品にすれば良いし、それもなければ、無担保で貸せば良いだけです。実際、日銀は政府の保証(=理論的には額に限界の無い担保)で、国債などの担保はなしで、貸出をした事があります。(確か山一証券宛だったと記憶しているのですが、自信はありません。)
ですから、日銀の通貨の供給が、例えば国債の発行残高などの制約を受けるわけではありません。金本位制度から管理通貨制度に移った段階で、通貨発行のルールは自分達(=政府なり中央銀行なり)が決める事になりました。発行する人間自身が決めるルールですから、そこには理論的な限界はありません。
(尚、この議論は、質問者の方の主旨に合わせて「理屈上の話」をしているだけで、実際に日銀が何をすべきか、という事とは無関係です。)

>この50万円は信用創造によって作られたお金なので本源的預金ではないと思うんですが。

日銀が紙幣を増発したり国債買いオペなどで銀行に供給する金はハイパワードマネーとかベースマネーとか呼ばれます。その金は、そこから信用創造の結果ではなく、そこから銀行の信用創造が始まるもの、として本源的預金と同じ性格のものです。(参考URLをご覧下さい。)中央銀行の中央銀行たる所以は、自分自身で『本源的預金』(と同じ意味を持つもの)を作って市中銀行にそれを供給できる事です。
ですから、私の言っている50万円は市中銀行の信用創造の結果として生まれる預金通貨ではありません。

参考URL:http://www2.csc.ne.jp/~uchocobo/term/termj.html, …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こういう答えが聞きたかったんです。ありがとうございます
いつもこの質問しても、聞きたいことと違う回答が帰ってきていたんですが、ハイパワードマネーとか知らなかったんで、勉強不足からくるギャップが質問者と回答者とのあいだのくいちがいを生んでいたんだと思いました。
とにかく大変よくわかりました。何度も回答書いていただきありがとうございます

お礼日時:2002/02/12 08:00

信用創造できる額は、単純な計算の問題として限界があります。

しかし、それは最初に預金された50万円が最大でいくらの通貨の増加につながるか、という意味でしょう。支払準備率を下げれば、その限界は増えるだけでなく、最初の50万円と同じ様な金(考え方としては「本源的預金」などといわれる)が新たに預金されれば、社会全体の信用創造の限度は増えます。
実際問題、日銀は、「通貨価値を守りかつ経済活動も円滑に行なう」という目的に沿っている限り、自由に通貨を発行・供給できます。極端に言えば、日銀が日銀券を発行しまくれば、皆がタンス預金でそれを全部抱え込まない限り、きっと「本源的預金」は増えますから、「お金」の理論的な上限はないと思いますが…。別の言い方をすれば、インフレにならないように、日銀は「お金」を増やしたり減らしたりするのが義務だ、という事だと思います。

この回答への補足

たくさん答えていただき、ありがとうございます。
>最初の50万円と同じ様な金(考え方としては「本源的預金」などといわれる)が新たに預金されれば
とありますが、この50万円は信用創造によって作られたお金なので本源的預金では
ないと思うんですが。
言葉でうまく説明できなくてすみません、やっぱり支払準備率が存在する以上ぜったいに限度があると思います。まあ、日銀がその準備金を貸し出しに使っているなら、事実上支払準備率は国全体で考えれば0%ということになってしまいますが。
知識がなくて分からないんですが、日銀って準備金を貸し出しに使ってませんよね?
>自由に通貨を発行・供給できます
とありますが、ただポンってお金を作る(供給)ことなんてできないですよね、買いオペにしたって、国債の発行にしろ、それは裏づけのあるお金ですもんね。
もしポンってお金を作れるなら、まさに本源的預金がふえることになるので、無限におかねは増えていきますけどね。

補足日時:2002/02/10 07:47
    • good
    • 0

マネーをどのように定義するかによってそれがどのくらい増やせるか


という答えに違いが出てくると思います。
たとえば,よく経済学で定式化される信用創造の式とは
ΔM=(C/D+1)/(C/D+R/D)ΔH
ですが,これはハイパワードマネーの増加が名目マネーサプライの増
加にどの程度寄与するかという倍率をあらわしています。いくら名目
マネーサプライが増えたとしても,それと同時に物価が上がれば,お
金をたくさん持っている割に経済的にあまり豊かではないことになり
ます。第2次世界大戦のあとのドイツにおけるハイパーインフレは,
持っているお札の数はやたらと多いのに,ぜんぜん買えるものがなか
ったというのはまさにその典型例といえます。
名目で捉えればあなたの言うようにマネーサプライは増加し続けるで
しょう。しかし,実質的な購買力で考えれば,無尽蔵に増加している
わけではないといえるしょう。

この回答への補足

回答ありがとうございます。
質問のし方が悪かったんですが、私が聞きたかったのは利子(銀行)が永遠に存在する以上、マネーサプライは無限に増えつづけなくてはならないのに、信用創造には限界があるということです。
つまり、資本主義は根本的な矛盾を抱えているんですかね?ってことでした。
経済や景気といったことはどうでもよく、数学的な興味です。

補足日時:2002/02/10 08:06
    • good
    • 0

マネーを増加させ続ければインフレになりますね~。



世界全体を見ても、景気が良い国もあれば悪い国もあるので理論値では、世界全体を見れば、収支0だと思います。

お金の定義の仕方で変わると思います。貨幣の場合だと、貨幣の原材料が枯渇するまで、電子的に取引されている場合では、コンピューターが認識してくれるまでだと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q信用創造について

銀行には信用創造という機能があると聞きますが、SuicaやICOCAを発行しているJR東日本やJR西日本も信用創造をしているのでしょうか??たとえば今後JR東日本とJR西日本が協力して、Suicaにチャージされたお金でICOCAを買えたりすると、それは信用創造と同じような状況になるんですか?もしそうだとすると、JR東日本やJR西日本にもお金を創り出す機能を持つということなのでしょうか?

Aベストアンサー

 最近、ICOCAとPITAPAを利用しはじめました。あのスムーズに改札を通り抜けられる快感は、もう後戻りできないですね。 パタン彡〕〔==(^0^)彡ロ

 さて、プリ・ペイド方式の「スイカ&イコカ」には、それ自体、信用創造機能があるか?という質問ですが「若干は有る、ただし限定的、現時点では無い」というのが正確かと。
 ICOCAチャージされて未使用の金額はある程度あるでしょう(一か月分後払いのPITAPAに比べれば少額ですが)、JRにすればその全額を準備金としてプールする必要はなくて、有る程度を残して投資にまわせますから、その分は信用が創造されたことになります。
 ただし、チャージ金額の未利用分が、投資的な利用には廻らないという問題が現時点ではあります。2005年現在、JR各社は多額の借金を抱えている状態ですから、投資にまわすよりも借金の返済に廻っているとも取れるので、そのぶんは信用創造ではなく信用縮小の作用が働いている言えます。

#ポスト・ペイ方式のPITAPAカードは、信用創造機能があります、というか信用創造そのものですね。

 最近、ICOCAとPITAPAを利用しはじめました。あのスムーズに改札を通り抜けられる快感は、もう後戻りできないですね。 パタン彡〕〔==(^0^)彡ロ

 さて、プリ・ペイド方式の「スイカ&イコカ」には、それ自体、信用創造機能があるか?という質問ですが「若干は有る、ただし限定的、現時点では無い」というのが正確かと。
 ICOCAチャージされて未使用の金額はある程度あるでしょう(一か月分後払いのPITAPAに比べれば少額ですが)、JRにすればその全額を準備金としてプールする必...続きを読む

Q国内利子率>世界利子率のとき・・

『国内利子率が世界利子率より、少しでも高ければ、資金の移動に費用がかからないから、資金の借り手は海外からの資金を調達しようとするので資金が流入する』
のだそうですが、利子率の低いほうから資金を借りようとするのは納得いくので、
「資金の借り手は海外からの資金を調達しようとする」ということはわかるのですが、「資金の移動に費用がかからないから、」の部分の意味がわかりません。

なぜ、国内利子率>世界利子率のとき、資金の移動に費用がかからないですか??

Aベストアンサー

「資金の流出・流入には費用がかからないものとする」と仮定されているからです。

一般的に言えば、「資金」はグッズのように物流コストがかかりません。手数料等は通常の資金調達の規模に比較すれば僅少だから「費用がかからない」と無視できる程度だと言えるためかもしれません。

Q信用創造について

こんにちは。
高1のflankです。

信用創造について質問です。
信用創造が行われるためには管理通貨制度でなければ
いけないと習いました。
なぜ金本位制度とかではいけないのでしょうか・・・??

Aベストアンサー

金本位制では、すべての通貨に金の裏づけがなければならないため、信用創造はできません。

信用創造は、銀行が預金者からお金を預かり、一部を現金として保管した上で、残りを企業に貸付け、その貸付金で取引先に支払われたお金の一部が預けられ、その預かり金で銀行はさらに貸付といったことで貨幣流通量が増えることによって生じます。
金本位制度はすべての通貨に「金」の裏づけが必要となります。そのため、たとえば管理通貨制度の下では、(1)1人1万円を100人が銀行に預金し、(2)銀行はそのうち、90万円を企業に貸し付けるという行為(預金通貨)ができます(貨幣の流通量:(1)の100万円+(2)の90万円=190万円「信用創造あり」)。
金本位制度の下ではこのようは行為はできません。(2)で企業にお金を貸し付ける場合、金本位制度で金の裏づけは預金者が預けた100万円しかないので、結果的に預金者が直接企業に90万円を貸し付けたことになり、預金者は銀行から90万円の引き出しができなくなるとともに、預金による送金・振込み等もできなくなります(貨幣の流通量:(1)のうち預金者が自由に使える金額10万円(100万円-90万円)+(2)企業90万円=100万円「信用創造なし」)。

金本位制では、すべての通貨に金の裏づけがなければならないため、信用創造はできません。

信用創造は、銀行が預金者からお金を預かり、一部を現金として保管した上で、残りを企業に貸付け、その貸付金で取引先に支払われたお金の一部が預けられ、その預かり金で銀行はさらに貸付といったことで貨幣流通量が増えることによって生じます。
金本位制度はすべての通貨に「金」の裏づけが必要となります。そのため、たとえば管理通貨制度の下では、(1)1人1万円を100人が銀行に預金し、(2)銀行はそのうち、90万円を...続きを読む

Q電子マネーはリアルマネーになるか。

いつか通貨は単位としての存在でしかなくなり、
現金に置き換わって電子マネーが通貨となる時代が来ると思いますか?

国が発行する通貨となりえるかどうかについて調べたいのですが、
「電子マネー」で調べても民間の発行を前提としてあるものばかりです。

条件によっては通貨となりえる存在でしょうとか、
いずれ現在のリアルマネーに置き換わる物だろうとか、
その程度にしか触れられていません。
もしくは電子的な決済手段としてのみ扱われています。

もっと具体的に知りたいです。
こんな条件を満たせば電子マネーはリアルマネーになれるとか、
こんな理由から通貨とはなりえない、二次的な通貨に留まるとか、
そんな扱い方をしている本があったら教えてください。

皆さんの考えも聞きたいです。

Aベストアンサー

 たとえば現在での電子マネーの最大手であるエディやスイカにしても、使える店舗が限られていますよね。貨幣として電子マネーがどこでも使えることが、当然ですが現在の現金の流通に代わるための条件になると思います。
 また、仮にどこでも使えるようになったとしても、電子マネーの規格が一本化されていないと、「ウチではスイカは使えるんですけど、エディはダメなんですよ~」などといわれると現金のようには使えませんね。
 
 電子マネーを国が発行するようになるか…。正直なところ何とも言いがたいと思います。
 マネーといっても、現在の電子マネーは再度書き込みのできるプリペイドカードですから、その仕組みはあくまでも現金の上に成り立っているわけですよね。
 ご質問はその現金の発行そのものが電子化されるかどうかということですが、国としては、一部であっても電子マネーが使えないということが考えられる以上は電子マネーを貨幣として全面的に切り替えていくことは難しいのではないかと思います。現在のように、国は現金を発行していって、民間がその利用法として電子マネーを開発していくのではないかと私は思っています。

 たとえば現在での電子マネーの最大手であるエディやスイカにしても、使える店舗が限られていますよね。貨幣として電子マネーがどこでも使えることが、当然ですが現在の現金の流通に代わるための条件になると思います。
 また、仮にどこでも使えるようになったとしても、電子マネーの規格が一本化されていないと、「ウチではスイカは使えるんですけど、エディはダメなんですよ~」などといわれると現金のようには使えませんね。
 
 電子マネーを国が発行するようになるか…。正直なところ何とも言いがたいと...続きを読む

Q信用創造について

以前、国民の貯金額が昔より増えた理由について質問したら、信用創造をしらべて
ごらんという回答をもらったんですが
つまりそれは、信用創造により世の中を回るお金の額が増える、するとみんなが稼ぐ給料の額もふえる、よって貯蓄額が増える、と自分なりに解釈しました。
(間違っているところがあったら指摘してください)

とすると、貯金が増えつづけるには信用創造される額も増え続けなければならないということになってしまうんでしょうか?
(参考URや本の紹介でもかまいません)

Aベストアンサー

最初に書かれた
『信用創造により世の中を回るお金の額が増える、するとみんなが稼ぐ給料の額もふえる』は正しいんじゃないかと素人ながら考えます。信用創造についての解説が参考URLに書かれていますが、その結果大切なのは流通通貨量が増えて刺激が景気上昇につながるから給料が上がるということだと思うのです。
それで貯蓄が増えるかどうかは…際限なく増やすことは出来ないし(級数の和として示されています)また増やすことに経済的な意義はないように思います(消費につながらなければ景気は下向きます。)

参考URL:http://www.finac.net/yogo/0016.htm

Q古典派理論での市場分析手順・ケインズ派理論での市場分析手順

こんにちは、現在資格試験の試験勉強で経済学の勉強をしています。
先日やっと経済学の問題集をマクロミクロ1周した程度の知識の経済学初心者です。
私の受ける試験ではほとんどが計算問題ばかりです。ですから古典、新古典、ケインズなどの理論の根本や相違についてそれほど完全な理解をしないままでも個々の理論モデルについてバラバラにある程度は理解でき問題集の学習をそれほど詰まることもなく進めることができました。
【数式とグラフ】から、「この理論モデル(この章の学習)では何を論点の中心にしているか?」「何がこの理論モデル(この章の計算問題)では最も望ましい答えか」はある程度は推測できますし、私の受ける試験の問題もそれほど難解な問題は多くなく、計算問題の答えを出すことだけについてならそれほど頭を抱える事もあまりございませんでした。
 
しかし今、問題集を1周してかなり頭を抱えております。
個々の理論は分かりました。というより問題の解き方を覚えたというレベルです。動物の学習実験でレバーを押せばごほうびが出る事を学習したサルのレベル、理解というには恐れ多いです。
全体が把握できていません。

以下より、皆様の失笑をかうほどの私の「経済学不理解露呈し放題疑問文」が記述されますが、分からない事を分かるためには恥を忍んでお伺いするしかございません(汗)
どうか心の広い経済学の先輩方、なぜレバーを押せばごほうびが出るのかをサルにご教示ください。


~以下、やや長い質問の前置きが続きます(汗)~

私の問題集には「ケインズ派の分析方法であるIS-LM分析やAD-AS分析を古典派の視点からみるとどうなるか」のような記述があり、他にも双方の分析方法を互いの学説視点から見た場合といった具合にひとつの理論×2(学説対比のためにあえて混在させて)のような記述がよくあります。
経済学においてこれはよくある考察方法のひとつなのかもしれませんが、これで私はやや混乱しております。
ここが最も今回私が皆さんにお伺いしたい疑問点の発生原因の核かもしれません。
というのも、いくつかの説が混在していてそれらを単純にその理論モデル内において区別する事は、それ自体はそれほど困難ではありません。
しかしその理論モデルからの視点をいったん離れ、それら前述の説を主張するそのおおもとの学派の個別の経済理論の全体像という視点に立ったとき、その学説がそもそもその学説たりえるための、十分条件としての理論が何なのかが、把握できないのです。
要は、「古典派が古典派理論のもとで経済を論ずる」という原点にかえったときそもそもどの理論を用いどの理論が他学派の不必要な理論なのかが区別できないのです。
例えば古典派がケインズ派の「政府の裁量的な財政政策」を長期的視点で否定するためにIS-LM分析を基礎に理論展開することはあっても古典派が古典派としての理論を単独で展開する際には物価一定を前提とするIS曲線(IS-LM分析)は用いる必要はないのではないでしょうか?

このような混乱した疑問を解決するために実際に古典派とケインズ派がそれぞれどういった順番でどの理論を用い市場を分析し提案していくのかの手順のようなものを別々にご教示いただきたいのでございます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【質問】

古典派(新古典派)およびケインズ派の市場分析の手順を個々の理論モデルの羅列で結構ですので教えてください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「そもそも疑問の前提になっているお前の知識が間違っている」等の指摘でも結構です。
【理論の展開、流れ】を説明する際、難しい説明をガンガンしていただいても結構です。問題集をいちおう1周しているので鼻血がでるまでがんばって理解します

読むのがイヤになるくらいに煩雑で長い駄文になってしまっていないか心配です(汗)
申し訳ありませんが、この駄文の要点は【質問】の上下線分内です。読み返す際はそこだけ読んでくださっても結構です。

古典派のみ、ケインズ派のみでも結構です。
どうか宜しくお願い致します。_○/|_

こんにちは、現在資格試験の試験勉強で経済学の勉強をしています。
先日やっと経済学の問題集をマクロミクロ1周した程度の知識の経済学初心者です。
私の受ける試験ではほとんどが計算問題ばかりです。ですから古典、新古典、ケインズなどの理論の根本や相違についてそれほど完全な理解をしないままでも個々の理論モデルについてバラバラにある程度は理解でき問題集の学習をそれほど詰まることもなく進めることができました。
【数式とグラフ】から、「この理論モデル(この章の学習)では何を論点の中心にして...続きを読む

Aベストアンサー

資格試験のマクロ経済学などではいまだに「古典派対ケインズ派」とか「IS-LM図式」などが紋切り型で載っていますが、現代の経済学ではもはやそういう区別は時代遅れです。

マクロ経済学におけるミクロ的基礎の確立、というおおまかな方法論的な合意の下に、リアル・ビジネス・サイクル(RBC)とニューケインジアンが融合しつつあります。キーワードは動学的一般均衡モデル(DGEとかDSGEとか略称される)で、その仮定を変えていろいろとシミュレーションする分析手法がメインストリームになっています。資格試験では上記のような知識はかえって邪魔になるだけかもしれませんが、根本的なところに疑問があるなら一度そういう学説史的な流れをさらってみるのもいいかもしれません。

以下のテキストはどれも定評のあるものですが、読み比べるとかなりクセのあることがわかります。いずれもあまり簡単ではありませんが。
※そもそも現代の展開については入門レベルのテキストが無い。
齋藤誠「新しいマクロ経済学」(新しい古典派寄り)
加藤涼「現代マクロ経済学講義」(DSGEの説明)
脇田成「マクロ経済学のナビゲーター」(最近のマクロへの展望)
吉川洋「マクロ経済学」(ケインジアン寄り)
ローマー「上級マクロ経済学」(ニューケインジアン寄り)

それから、古典派にしてもケインズ派にしても「自分の理論を他の理論の分析用具で解釈するとこうなる」といった説明については、比較したり解釈を明確にするために行われるのですが、それ自体が自説に必要なわけではありません。たとえば「古典派のケースのIS曲線」といった概念は「ケインズ派の枠組みで古典派を解釈するとすれば」ということに過ぎず、古典派自体ではIS曲線などという概念はそもそも無くても理論として完結して成り立っています。なぜなら(紋切り型風な説明をすると)古典派ではセイ法則で「需要は供給を作る」だから実物市場での貯蓄と投資が均衡するように利子率が決まり、IS曲線を持ち出さなくても均衡が自明だからです。貨幣市場(LM曲線)も、貨幣量の変動はただ比例的な物価変動にしかつながらず、流動性選好という概念を重要視しないので、LM曲線といったものを考える必然性が全く無いのです。したがって、どちらの理論が「何を前提条件として考えているか」をよく吟味すると、モデルの組み立てがその前提にしたがっているだけだと理解できることが結構あります。

答えになっているかどうかわかりませんが、ご参考まで

資格試験のマクロ経済学などではいまだに「古典派対ケインズ派」とか「IS-LM図式」などが紋切り型で載っていますが、現代の経済学ではもはやそういう区別は時代遅れです。

マクロ経済学におけるミクロ的基礎の確立、というおおまかな方法論的な合意の下に、リアル・ビジネス・サイクル(RBC)とニューケインジアンが融合しつつあります。キーワードは動学的一般均衡モデル(DGEとかDSGEとか略称される)で、その仮定を変えていろいろとシミュレーションする分析手法がメインストリームになって...続きを読む

Q信用創造

保証金100万円で330株(1万円*100*3.3)を信用買い、330株を次の担保とします。

(330-100株)*掛目0.7*3.3=531…万円が信用創造され、531株を信用買い、531株を次の担保とします。

(531-100-((330-100)/3.3)*0.7*3.3)=833…万円が信用創造され、833株を信用買い、833株を次の担保とします。

…略…

1.上記のような信用創造は可能でしょうか。
2.信用買いを空売りとしても可能でしょうか。

Aベストアンサー

>>保証金100万円で330株(1万円*100*3.3)を信用買い、330株を次の担保とします


とりあえず
信用買いしたものは担保になりません。現引きしたらなりますが。

Q経過利子

経過利子の公式の(1-0.2)っていうのは何でしょうか?

どこから出てくる数字なのでしょうか?

わかる方お願いします。

Aベストアンサー

税金を考慮しているのではないですか?
http://www.findai.com/kouza/307bond.html

ただ、実際には非課税になるようです。

Q国債発行は信用創造か?

国債を発行するのは信用創造ではないのですか? 
世の中が赤字財政に大騒ぎしている理由がよくわかりません。

Aベストアンサー

給料が40万円で95万円も使っているようなもの とか言っている人はお金の絶対額でしかモノを考えていなく、数字のごまかしでいくらでも動かせる何も考えていない操り人形みたいなモノですね。

恐慌へ突入しかねない経済環境下においては信用創造と全く逆の動きの信用収縮が起こります。
いわばこの流れを止めるために国債発行が行われます。

お金は銀行に沢山あります。しかし経済環境の悪化でお金が流れない状況が恐慌です。
本来なら、
「預金者」預金 → 「銀行」貸出し・投資 → 「企業や個人」支払→ 「銀行」→
このような循環が信用創造となりますが、企業や個人が借金返済を優先し続けるとこの流れが代わり銀行へお金が滞留し始めます。
「企業や個人」支払 → 「銀行」 貸出し・投資 → なし、滞留
「預金者」預金 → 「銀行」」 貸出し・投資 → なし、滞留
需要が縮小してお金を借りる人が減り続けると、その減り続けた分だけ生産が減少し、仕事がなくなり、需要がなくなり、税収も減りる事になります。こうやって銀行など金融機関へお金がたまって行くのです。そしてそれが更に需要を縮小させ貸出先は減り仕事が減り、どんどん貧乏な人が増えてゆく事となってしまいます。

経済環境が悪化し続けると不良債権化しやすい企業が増え、銀行は貸し出せるところが少なくなり、ますますお金の流れが悪くなります。そこで国家が国債を発行して事業を行うと、貸出先投資先に苦慮していた銀行は投資先として国債を買いに来る事となり、同時に出資の激減もそれなりに防がれるようになり、銀行に滞留したお金を市場に流し出す役割を果たすことになります。これは瀕死状態の市場という存在が生存のために政府に事業拡大を願っているようなものです。
逆に市場が好況な時期に政府が国債発行などを行えば、市場では国債が売られ金利は上昇し、必然として政府のその行動の歯止めとして働く事と同じで、ゼロ金利下での財政出動はそれを鏡で写したような存在です。

つまり財政出動・国債発行は、民間が事業縮小などへ傾倒しお金が銀行に滞留する事を打破するための一手段として、民間に代わり国が銀行からお金をかり、有効な需要不足の解消に動いているのです。またこのような経済環境下となると通常では考えられないくらい低い金利で資金調達が出来る事態であり、他には選択しのないその時点でのベストな行為であると言えます。

給料が40万円で95万円も使っているようなもの とか言っている人はお金の絶対額でしかモノを考えていなく、数字のごまかしでいくらでも動かせる何も考えていない操り人形みたいなモノですね。

恐慌へ突入しかねない経済環境下においては信用創造と全く逆の動きの信用収縮が起こります。
いわばこの流れを止めるために国債発行が行われます。

お金は銀行に沢山あります。しかし経済環境の悪化でお金が流れない状況が恐慌です。
本来なら、
「預金者」預金 → 「銀行」貸出し・投資 → 「企業や個人」支払→ 「...続きを読む

Q古典派利子論

古典派利子論では、政府部門、海外部門を捨象して、財市場の均衡:I
=Sとして資本のレンタル価格としての利子率が決まるとしています
が、これは政府部門、海外部門を含んだ場合でも同様に言えるのでしょ
うか?
ただ、話を簡単にするために、捨象していると考えてよいのでしょう
か?

Aベストアンサー

話を簡単にするためです。
古典派利子論では、貯蓄の供給と投資の均衡する水準での利子率が均衡利子率です。部門はあまり関係がないですから。一方、ケインズ派利子論もあまり部門は関係ないです。流動性の需要と供給が均衡する利子率が均衡利子率。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報