プロが教えるわが家の防犯対策術!

数ヶ月前の記事でしたが、徳山昌守のジムの会長が亀田興毅のジムの会長に対戦の申し出をしたというのを読みました。
確か相手側は対戦を保留していたと思うのですが、実際ありえるんでしょうか?

個人的にはこれほど面白いカードはないので非常に楽しみにしているのですが、なんせ徳山は減量苦から現役続行をするにしてもバンタム級に階級を上げるとかいう噂もありますし、そうなると亀田とは二階級もひらくことになります。

これって実現できるんですかね?
回答よろしくお願いします。

ちなみに私見ですがもしS.フライ級あたりで試合するとすれば2-1の判定で徳山の勝利だと思いますが皆さんはどう思いますか(?_?)(私はアンチ亀田ではありません)

A 回答 (3件)

残念ながらないですね。


まず、亀田選手はこれからフライ級をとらなければなりません。そのあとスーパーフライ級ということになりますが、その頃まで徳山選手がスーパーフライ級でいるのは大変ですね。
また、実際対戦したら亀田選手は不利です。アウトボクシングでテクニシャンタイプには分が悪いのはお父さんも理解しているので、亀田陣営が回避するのは間違いありません。階級を上げたとしても徳山選手を避けて他のチャンピオンにチャレンジするでしょう。
判定は3-0しかも大差の判定で徳山選手ですね。亀田選手が勝つとしたら、11~12ラウンドに徳山選手がKOに欲を出して打ち合うときですね。徳山選手は大差の判定となった時に打ち合出だすことがあるんですよね。そのときがチャンスですかね。
まぁ、油断しなければ徳山選手の圧勝です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり無理でしょうかね。
やっぱり判定となるとポイントのとれる徳山の方が有利ですね。
それにしても亀田が本格的なボクサーと試合をしてどのような動きをするのか本当に見てみたいです。

回答ありがとうございます。

お礼日時:2006/05/09 00:21

以前亀田は徳山を「しばく」と言っていたので亀田側がOKすれば実現するんじゃないでしょうか?


亀田は3階級以上の制覇ももくろんでいることですしお父さんへのプレゼントベルトの視野に入っているかもしれませんね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

しかし亀田には時間がまだまだありますが、徳山には年齢的にベストにやれる時間がありません。というより日に日に身体能力は低下しているでしょう。
できるだけ早い対戦を期待したいですね。

回答ありがとうございます。

お礼日時:2006/05/08 22:37

亀田はR.フライ級も視野に入れているのでは?


この間の試合で、R.フライ級の世界チャンピオンまで紹介されていましたし、減量も可能だと。
ということは現時点でも実質2階級の差がありますし、減量がきついならなおさら差は開きます。
それに引退を出したり引っ込めたりする選手と戦っても亀田にメリットはありません。
目標を持った選手が、目標を持たない選手と無意味な試合をする・・・
興行は成功するかもしれませんが、ローリターンハイリスクです。

ということで、徳山が本気で亀田のみを倒す決意をしない限り実現しないでしょう。
例えば、先にフライ級のチャンピオンになるとかね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます

お礼日時:2006/05/08 22:34

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)


人気Q&Aランキング