【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

8年落ちくらいの中古の軽自動車を買いました。

古い割には走行距離が少なく、実際走りも良く、調子良いです。
ただ、気になるのは、、、
エンジンを止めた後も惰性でしばらく(2-3秒?)エンジンが回って
いるようなのです。結構、ゴゴゴンと回転が不規則だったりしま
す。
これって問題あるでしょうか? 教えてください。

よろしくお願い致します。

A 回答 (4件)

以前「燃焼室内のカーボンが火種になりランオンの原因になる」


というのを何かで見た事が有ります。

エンジン内部が汚れているのではないでしょうか。

オイル交換をまめにしてみる(オイルには洗浄効果が有る)
洗浄効果の有るガソリン添加剤を使ってみる(カーボンバスター等)

というような事でエンジン内のクリーンアップをされてみては。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
エンジンが汚れているということですね。

まずは、簡単なガソリン添加剤から使ってみて様子を見たいと思います。

お礼日時:2002/02/09 14:58

他の方の補足です


ランオン(プレイグニッシションともいう)
の原因はカーボンの堆積等のほかに
キャブのスローカットソレノイドバルブが作動していない
事が挙げられます
イグニッションキーのON-OFFで
キャブからカチャカチャ聞こえないか確認してみましょう

当然の事ながらイグニッションキーのOFF時に
燃料の供給が停止するインジェクション車は
この現象は起きません
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
イグニッションキーのOFF時には燃料供給は停止していると
思います。確認します。

お礼日時:2002/02/09 15:06

それは、ディーゼリング、又はライオンという現象です、


これはガソリンエンジンに特有の現象で、燃焼室内のホットスポット、(以前に回答されているようなカーボンの堆積)によって起こったり、、エンジンの負荷が大きく過熱状態の時に起こったり、又はキャブレーターの調整不良によって起こります。
対処法としては、簡単なものから、
1,プラグの熱容量を上げる。
2,キャブレーターを調整し、低速時の燃料を薄くする。
3,冷却系統を点検して、冷却水を交換する。
4,エンジンをオーバーホールして、ホットスポットの原因であるカーボンを除去する。
れぐらいだと思われます。
まず、一番お金の掛からない方法で、プラグをはずしてみて、白くなっていないかを確認します。白くなっていれば、燃焼室の熱容量に対して、プラグが容量不足なので、プラグを、熱容量の大きなものに交換します(1本400円~800円ぐらいです)
逆に黒くなっている特は、キャブレーターを疑ってみます。
もし、きつね色でいい焼け色の時は、冷却系統、又はエンジン本体を疑います・・・。これで如何でしょうか?
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
gatorにとってはハイレベルのご回答です。
メカをいじったことがありませんので、まずは勉強からしたいと思います。

お礼日時:2002/02/09 15:01

こんばんは♪



たぶん「ランオン」という現象だと思います。
でも2~3秒程度なら症状は軽い方だと思うんですよ。
10秒とかそれ以上エンジン切ってもボコボゴいいながら回っていることありますから。
対策についてはちょっと・・・
詳しい方回答を待ちましょう^-^;

http://www.honda.co.jp/news/1996/296102.html
http://www.dab.hi-ho.ne.jp/mekachanpresents/shoo …
http://www.kt.rim.or.jp/~ssaijo/850/rep/rep00/re …
http://member.nifty.ne.jp/fujitagroup/Nobuo/n_ca …
http://www.alpha-net.ne.jp/users2/cardamom/a112d …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
ご紹介いただいたページ、大変参考になりました。

まずは、簡単なところから対策してみたいと思います。

お礼日時:2002/02/09 14:56

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qエンジンが止まらない?

7年目のランサーMXを乗っていますが、最近エンジンを止めるときキーを回してもボロボロと動いたままエンジンが止まりません。どうしたらよいのでしょうか(点火プラグは交換したばかりです)

Aベストアンサー

ランオン(ディーゼリング)ですね、これは燃焼室内に堆積したカーボンが赤熱したり、プラグの熱価が合わないためにプラグの電極が異常に高温になったりして、プラグに火花が飛ばなくても、吸い込んだ燃料に点火してしまうためエンジンが回りつづけるもので、激しいノッキングを伴いながら回りつづけるのが特徴です。プラグを交換したとのことですが、熱価は適正でしょうか?エンジンからプラグを取り外し電極の色を確認してみてください。こげ茶色に焼けていればOKですが、真っ白や真っ黒であれば熱価があっていない場合もあります。プラグが正常でも起こる場合は燃焼室内のカーボンということになりますが、分解整備となると大事なので、エンジンコンディショナーなどのケミカル品を使用してみてはいかがでしょうか?使用法は少々面倒ですが結構効果があります。また、該当車種にはフューエルカットソレノイドがついているはずですが、そちらの動作もおかしいようです。正常な場合キーオフと同時にスロー系統の燃料がカットされる構造になっているので、カーボンの堆積があってもランオンはしないはずですのでそちらの手入れも必要です。これにはキャブクリーナーが使用できます。どちらもカー用品店や、ホームセンターなどで入手できますし価格も安価なので試してみる価値はあるでしょう。使用にあたっては製品の説明をよく読み十分に手順を理解してから作業にあたることが肝心です。

ランオン(ディーゼリング)ですね、これは燃焼室内に堆積したカーボンが赤熱したり、プラグの熱価が合わないためにプラグの電極が異常に高温になったりして、プラグに火花が飛ばなくても、吸い込んだ燃料に点火してしまうためエンジンが回りつづけるもので、激しいノッキングを伴いながら回りつづけるのが特徴です。プラグを交換したとのことですが、熱価は適正でしょうか?エンジンからプラグを取り外し電極の色を確認してみてください。こげ茶色に焼けていればOKですが、真っ白や真っ黒であれば熱価があって...続きを読む

Qエンジン始動部の鍵をオフにしてもエンジンがかかったままになる。

下の質問とはまた別の話なのですが、
スーパーカブに乗っていて
少し前から(2ヶ月くらい前)
エンジン始動部の鍵をオフにしても、
エンジンがかかったままになります。
それでしょうがないので
左ハンドルにあるチョーク部をあけるとやっと
とまります。
2ヶ月前まではなんとも無かったのに
なぜ急にこんなことになったのでしょうか?
改善するにはどうしたらいいですか?
(またいたずらされたのかな?)

Aベストアンサー

これは明らかに”ラン・オン”という現象です。

この現象はとくに圧縮比の高いエンジンで、吸入された混合気が電気火花によって発火する以外に、燃焼室の熱せられた部分によって加熱されて着火する現象です。

なおラン・オンを防ぐ方法として以下のものが考えられます。

(1) アイドリング速度を規定回転数にすること。これ はアイドリングが高いと、ラン・オンの発生原因に なります。

(2) エンジンに合ったオクタン価のガソリンを使用す ること。

(3) 点火時期の調整。点火時期の進みすぎや遅れが原 因でノッキングをおこしてラン・オンしている可能 性があります。

(4) 点火プラグを点検します。点火プラグが過熱した りプラグにカーボンの付着や故障が原因になってい る場合がある。

(5) 燃焼室内にバリなどがあったり、ヘッド・ガスケ ットの一部が燃焼室に出っ張っていたり、カーボン の堆積が原因となっていることがあります。これら をただちに除去してください。

(6) 高負荷で長時間運転したらすぐにエンジンを切ら ずしばらくアイドリングして各部を冷却してくださ い。

これは明らかに”ラン・オン”という現象です。

この現象はとくに圧縮比の高いエンジンで、吸入された混合気が電気火花によって発火する以外に、燃焼室の熱せられた部分によって加熱されて着火する現象です。

なおラン・オンを防ぐ方法として以下のものが考えられます。

(1) アイドリング速度を規定回転数にすること。これ はアイドリングが高いと、ラン・オンの発生原因に なります。

(2) エンジンに合ったオクタン価のガソリンを使用す ること。

(3) 点火時期の調整。点火時期の進みすぎや遅...続きを読む

Q原付バイクのエンジンが止まらない。

何時ものように帰宅後 エンジンキーを抜いたが
エンジンが掛かったまま 止まりません 
仕方なく マフラー排気口を塞いで 停めました。
キーを抜いたときは ガソリンメーターも下りました
キーを入れ 始動は 通常通り セルで掛かります
どの様な故障ですか?
このまま使っていて 危険は有りませんか?

スズキ セピア 型式 CH1HA-111602 です。

Aベストアンサー

エンジンを停止できなくなるのは

1、自然発火(ディーゼリング)と
2、キーシリンダの劣化

 が考えられます。

1、の場合はバイク屋さんに相談したほうが
  よさそうです。
2、は根気があれば直せるかもしれません。
  キーシリンダーを分解してみましょう。

Qエンジン始動時に回転数が以上に上がる

スズキのハスラー50(TS50W)を軽レストアしています。

エンジンがかからなかったので、キャブをOHし、エンジンを始動させると、アクセルを全快?にしたみたいに一気に回転数が高くなってしまいます。
慌ててエンジンを切ったのですが、考えられる原因は何でしょうか?

私としては以下の原因を考えたのですがどうでしょうか?
1、スロットケーブルを差し込む時、逆に差し込んだ。
2、スロージェットが逝かれた
3、パワーフィルターに変えているのがいけないのか
4、ギアが一速に入っていた?

ちなみにMT車は初めてです。

Aベストアンサー

こんにちは。恐らく貴方のバイクのキャブレーターは「ピストンバルブ式」のキャブレーターだと思います。ワイヤーで直接スロットルを開いてエンジン回転数を上げるタイプです。

 ピストンバルブ式のスロットルバルブはそのピストンに2つの「溝」があります。一つはスロットルワイヤーを脱着する為の溝、もう一つはアイドリング回転数を決める為の斜めに削ってある溝です。ピストンを外して中をもう一度見てください。その斜めに削ってある溝に丁度入るように突起があるはずです。その突起はねじになっていて、閉めこむと回転数が上がり、緩めると回転数が下がると思います。
 そのねじは点検したのでしょうか?また、脱着するときにそのねじが何回転全閉時から緩めているか?のデーターなどつけましたか?その辺ももう一度点検する必要がありますね。
 あとはチョークの状態ですね。何処まで分解したのか?どんな方法で詰まっていたジェットなどを綺麗にしたのか?解りませんが、私としては、あえて、貴方の中の選択肢を選ぶとするならば、1が一番怪しいかな?・・・2についてはスロージェットが仮に逝かれても結局はアイドリング時の燃料しかコントロールしていないので回転数が上がっても全開みたくはならないはずです。3については、かえって調子が悪くなると思いますよ。低速度域の空気の流速が落ちるわけですから、アイドリングは安定しない方向に行くはずです。4については?です。エンジンを始動させようとするとバイクが動いちゃいますよw(キックが降りないかな?)あんまりMT、などは関係ないと思います。
 根本的にキャブレーターの分解図や整備書をご用意してもう一度やり直すことをお勧めします。プロに任せればあっという間に直しちゃうと思いますが、それをやりたくない気持ちもわからないでもないですが、直すところを見ながら勉強すると言う方法もありますし、そこから更にアドバイスなどもお近くのバイク屋さんに相談することも良いかもしれませんね。

 ご参考までに・・・

こんにちは。恐らく貴方のバイクのキャブレーターは「ピストンバルブ式」のキャブレーターだと思います。ワイヤーで直接スロットルを開いてエンジン回転数を上げるタイプです。

 ピストンバルブ式のスロットルバルブはそのピストンに2つの「溝」があります。一つはスロットルワイヤーを脱着する為の溝、もう一つはアイドリング回転数を決める為の斜めに削ってある溝です。ピストンを外して中をもう一度見てください。その斜めに削ってある溝に丁度入るように突起があるはずです。その突起はねじになっていて...続きを読む

Qアイドリング時の回転数が高くなってしまいました。

今朝、信号待ちでタコメーターを見たらいつもよりアイドリングが高く、
「おかしいな?」と思いギヤをニュートラルにしてみたら、1000rpmを
示していました。家を出てから10km位の地点で気が付いたので、
エンジンは完全に暖気されています。
それまでは暖気すると750rpm位で安定したので、250rpmほど高くなってしまいました。
この症状と関係あるかどうかわかりませんが思い当たることといえば、
先週に車検を受け、そのときの整備で「カーボンクリーンシステム」という
オイル交換時にオイルラインに洗浄液を流して、カーボンを除去するメニューを
してもらいました。あとはバッテリーのマイマス端子を外したと言っていました。
ちなみにアイドリングは1000rpmで安定しています。
車は平成8年式のハイラックスサーフ、V6、3400ccのオートマチックで、
走行距離は約、126,000Kmになります。
本日は車検を依頼した販売店が定休日の為、こちらに質問させてもらいました。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

調子が良くなったようですね。

エンジンシステム内の汚れなどを取り除いたため、通常より吸入空気量などが増えてエンジン回転数が今現在上がっているようです。ECUとアイドリングを調整しているISCVがまだ学習していないのではないでしょうか?

今の車は学習機能があるので、機能が劣ってくるとアイドリングを上げようとして補正がかかります。その状態で機能が突然回復したのですから、本来のアイドリングの状態で補正がかかったままなので回転数が上がったようです。
 車がまた学習してきますので、走っていけばアイドリングを徐々に落としていって、750rpmに戻っていきますよ。

 それまでもうしばらく様子を見てください。

Qプラグコードの不具合を見分ける方法とは?

車の回転数が安定しないので車やに見せに行きましたらその道中で調子がもどってしまいました・・・。
一応見せたところ調子が悪くなったところを見ないとなんとも言えないが、おそらくプラグコードだろうということでした。(プラグは交換して半年位しかたってないので)
。次は3日後に突然アイドリングが異常に低くなりました。
一応、アイドリング回転数をいじってみたのですがあまり効果がありません。
車やに見せに行けばよいことなのですが(笑)
一応プラグコードが原因かどうか確かめられたらなと思いました。
また、ほかに思い当たる原因などがありましたら教えてください。

Aベストアンサー

プラグコードの不具合は主に断線か絶縁不良(リーク)です。
断線の診断はテスターでコードの抵抗を測定して基準値(限度値)をこえていればNGです。
また、エンジン回転中に1本ずつコードを抜く事でも判断できます。正常なコードを抜けば不調になりますが、断線のコードを抜いた場合はあまり変化が出ません。
ただ、この方法は車によっては点火装置に良くなかったり、やり方によってはしびれますので素人にはお勧め出来ません。
絶縁不良(リーク)はコードの途中から電気が逃げてしまいプラグに十分な電気が行かず失火してしまう症状です。
特に湿度の高い時に症状が出やすいです。
雨天時に不調になる場合はこの可能性もあるかも知れません。
エンジンが調子良い時に、霧吹きでプラグコードやデスビに水をかけて不調になれば絶縁が悪いかも知れません。
ただ、不調の原因は点火系以外にも考えられますので、専門家に見てもらうことをお勧めします。

Q長時間のアイドリングによるクルマへのダメージは?

たとえばガソリンエンジンの普通乗用車で、車内でゆっくりと映画を観たい時などは、二時間くらいはアイドリング状態でいると考えられます。そこで以下の事を知りたいのですが
(1) 1~2時間のアイドリングは、車のどこに負担を与えるのか。その原理も加えて。

(2) 2リッターDOHC、NAエンジンだと、ガソリンはどのくらい消費するのか

以上、お願い致します。なるべく無駄なアイドリングは避けるつもりですが。

Aベストアンサー

いろいろな複合要素が絡んできますね。
車の年式や整備状況、走行距離、アイドリングの頻度、季節などの時期、日向か日陰か、風があるか、ないか。
だから、時間だけでは判断できません。

極端に言えば新車で1回だけ2時間のアイドリングをしても特に影響はないですが、昔のキャブの車では、1時間のアイドリングでも、エンジンルームの熱で、燃料が気化し過ぎてアイドリングが止まったりします。

で、どこに負担がかかるか?というご質問ですが、私がどこに注意しているかと書かせていただくと、
「1時間アイドリングしたら、50km走ったと思う」
事です。
現在の走行距離に、アイドリング時間×50kmで車のメンテナンスをしてください。
だから、2時間のアイドリングを15日関すれば、1,500km走行したのと同じですから、走行距離が1,500kmでも、合計で3,000kmになりますからオイル交換をしてください。
その他のメンテナンス、ファンベルトやタイミングベルト、ラジエター液なども計算上の走行距離で交換するようにしましょう。

そうすれば、いろいろかかる負荷に関して、少しはフォローできると思います。


ガソリンの消費量は、環境省では10分で0.14Lといわれています1時間では840ccということになりますね。
http://www.env.go.jp/earth/cop3/dekiru/ta_03-2.html
排気量は分かりませんが、1時間1L程度でしょう。

いろいろな複合要素が絡んできますね。
車の年式や整備状況、走行距離、アイドリングの頻度、季節などの時期、日向か日陰か、風があるか、ないか。
だから、時間だけでは判断できません。

極端に言えば新車で1回だけ2時間のアイドリングをしても特に影響はないですが、昔のキャブの車では、1時間のアイドリングでも、エンジンルームの熱で、燃料が気化し過ぎてアイドリングが止まったりします。

で、どこに負担がかかるか?というご質問ですが、私がどこに注意しているかと書かせていただくと、
「1時間...続きを読む

Qエンジンの焼きつきってどんな症状で気がつくんでしょうか?また自分で直せ

エンジンの焼きつきってどんな症状で気がつくんでしょうか?また自分で直せないものなのでしょうか?

エンジンが焼きついたまま走るとどのようになるのでしょうか?またそのためにエンジンが焼きついた時の症状を教えてください。

また私には無理でしょうが、バイク屋に修理を頼まなくても自分で修理できるものなんでしょうか?
できるのであれば方法が載っているサイト等も教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

焼き付きも症状が軽い場合抱きつきと表現する場合も有り、この場合エンジンが冷えれば取りあえず始動することが多いです、しかし、どのみちきちんと修理しないとエンジンは正常に無いために完全に焼き付く等の可能性が高く成ります。

又激しい焼き付きの症状であれば走行中でもエンジンがロックしてMTのバイクであれば転倒することも有ります、当然焼き付きをおこした状態ではクランキングも出来ません。

どちらの場合でもエンジンに寄りますがここで質問しているレベルだと修理は無理だと思います、まず原因を特定しないと修理しても短期間で再発するでしょうし、2ストなどクランクまでダメージが有ることも・・・

又4ストでも同じで時には修理よりもエンジン載せ替えを洗濯する方が安くなることも有ります(カブのエンジンで知人の場合そうなりました)なお、バイクのエンジンから車のエンジンまで色々と修理経験は私も有りますがオーバーヒートや焼き付きは非常に高価な修理に成ることも有ります(時にはヘッドの交換まで)この辺りまで来ると付け焼き刃で修理なんてしない方が良いと思います(返って高く付くかも)

もし質問者が勉強だと思い実施されるならそのエンジンに寄っては色々と特殊工具なども必要になりますからきちんとした工具からそろえることになり、それだけで修理費用を上回る可能性も有ります(エンジンにも寄りますが)カブなどの単気筒ならともかく4気筒などは敷居が高いですよ(私も今では他の仕事をしているため触りたくないくらい)

なお、現在は自分の大型バイクの修理は(外車)していますが今までそろえた工具では駄目なことも有り時には工具探しからすることも有ります(今のところ大きいトラブルはないけど)簡単に書きましたが焼き付きといってもその原因も複数、トラブルの箇所も見ないと全ては特定しきれませんから少しづつ簡単な事から勉強した方が良いです。

焼き付きも症状が軽い場合抱きつきと表現する場合も有り、この場合エンジンが冷えれば取りあえず始動することが多いです、しかし、どのみちきちんと修理しないとエンジンは正常に無いために完全に焼き付く等の可能性が高く成ります。

又激しい焼き付きの症状であれば走行中でもエンジンがロックしてMTのバイクであれば転倒することも有ります、当然焼き付きをおこした状態ではクランキングも出来ません。

どちらの場合でもエンジンに寄りますがここで質問しているレベルだと修理は無理だと思います、まず原因...続きを読む

Qランオンが治まらない

こんにつわ
空冷vw乗りです。
先日、ランオンの原因についてこちらで質問したところ「点火時期を進角すべし」とアドバイス
頂き、その理由についても詳しく解答いただきました。
で。さっそくタイミングライトを購入し測定したところ暖気後で13~14度ありました。
20度以上まで進めましたがランオン治まりません。キャブのセッティングとの兼ね合いが出てくるのだろうと思います。
熱い状態でランオン発生しているのを解消するには、MAX何度ぐらいまで進角させ、キャブのミクスチャー調整するのがいいのでしょうか?
(そもそもミクスチャーいじって平気??)

Aベストアンサー

 ども。補足要求を頂いたので再登場です。などと言いつつ・・・ん~、ビートルの電気系の知識はありませんが・・・と最初に弱気な発言をしつつ。

 フツーのクルマでは、キーがイグニッションOFFの位置にあるなら、コイルに電流が供給されることはありません(クルマでもバイクでも、イグニッションOFFでは押しがけ出来ませんよね?)。故に点火タイミングが原因のランオンというのは、機械工学的に有り得ない現象です。
 ここまで、御理解頂けます?御理解頂けたなら次の話。

>でも、デスビのコード抜くと止まるんですよ。。。何故でしょうか、、、

 1回だけそうなったというなら『たまたま』と言ってしまってよい様に思いますが、再現性があるなら(何度も同じ方法でランオンを止めることが出来るなら)、御指摘通りイグニッションをOFFにしてもプラグがスパークしていると考えるしかありません。
 しかしすると、これは点火タイミングが異常なのではなく、『イグニッションOFFでもコイルに電力が供給されている』ということこそが異常と考えるべきでしょう。

 で、一つ思い出すのは・・・同様に太古の設計が長らく生き残っていたクルマ『ミニ』でもランオンは時々発生する現象ですが、イグニッションリレー(コイルの2次側電源をON/OFFするリレー)の接点固着が原因とされています。
 ミニの場合は永久にランオンすることは無く、かなり悪化しても2~3秒でエンジンが止まるのでこの為にワザワザ対策するヒトはあまりいませんが、修理する場合はリレー本体を交換するしか方法がありません。(ミニでは、この症状が出るとリレーの接点が完全に接触する為かランオンなどという不安定な状態ではなく、キーをOFFにしても何事も無かったかの様に2~3秒間フツーにアイドリングしてから止まります。原因が判っていてもかなりキモチ悪い動きなので、気にするヒトは気にしますね。)
 っというワケで、もしかしてイグニッションリレーの作動に問題はありませんか?

 ども。補足要求を頂いたので再登場です。などと言いつつ・・・ん~、ビートルの電気系の知識はありませんが・・・と最初に弱気な発言をしつつ。

 フツーのクルマでは、キーがイグニッションOFFの位置にあるなら、コイルに電流が供給されることはありません(クルマでもバイクでも、イグニッションOFFでは押しがけ出来ませんよね?)。故に点火タイミングが原因のランオンというのは、機械工学的に有り得ない現象です。
 ここまで、御理解頂けます?御理解頂けたなら次の話。

>でも、デスビのコード抜くと止...続きを読む

Q車の電装に詳しい方教えてください

こんにちわ。
当方、旧車の空冷エンジンのキャブ車乗りです。

当方の車、ランオン(ディーゼリング)の症状が出て、キーオフでもエンジンが数秒間
止まりません。
点検した結果、エンジンには問題ありませんでした。
*プラグ交換、キャブ調整、カーボン除去実施

いろいろ検査した結果、電気系のトラブルのようです。
*IGコイルからデスビのコードを抜くと直ぐ止まる(良い子はマネしちゃだめ)

電気系になると、どのあたりが臭いか検討つきません。
仕様は電装12V、IGスイッチをスタートボタン式に変更、デスビはポイントレス化(イグナイター装着)となっています。
冷えているときはならないのですが熱をもってくると起きます。
アドバイス宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

No5です。すみません、追加で、
点火時期が遅れるとアイドリング回転数も下がります。
それをアイドル調整調整スクリューを締めこんでアイドリングを上げると、結果的にキャブのスロットルバルブが開く形になりますね、アイドリングでスロットルバルブが開けば開くほど、メイン系からの燃料も出やすくなり、エンジンが熱いときにはオーバーフロー(パーコレーション)気味になり、メインからの燃料のタラタラ流出からランオンに結びつくケースも経験しておりました。(昔のキャブ車のライトON時やクーラーON時などアイドルアップ時、スイッチを入れっぱなし(負荷を掛けたまま)でのエンジンOFF時のランオン発生などもそうです)
旧車とのことですが、アイドリング時のミクスチャーはCOの調整のために薄めに(締め込む形で)セットされていないでしょうか?
そうすると、その分、スロットルを開く形でアイドルを調整することになると思います。
これも暖まった時に不利な原因のひとつになるはずです。


人気Q&Aランキング