これは前々から疑問に思ってたことなんですが、レギュラーの車にハイオクを入れても大丈夫だと聞くのですが本当なのでしょうか?逆にハイオクの車にレギュラーを入れると駄目だと聞きます。これは一体どういったことなのでしょうか?ハイオクの方が値段が高いので、良さそうな感じがするのですが、本当のところどうなのかすごく疑問になっています。周りの人に聞いても、何となくの返事しか返っていません・・・。どなたか車に詳しい方、またガソリンに詳しい方よろしくお願いします。すいません、つまらない質問で・・・。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

まず最初にレギュラーガソリンとハイオクガソリンの違いは何かについて説明します。



オクタン価とはガソリンのアンチノック性を示す指標で、オクタン価の高いものほどノッキングを起こしにくい燃料であるといえます。ガソリンとは単一のガソリンという物質ではなく複数の炭化水素の混合物なので、含まれる各物質の割合によってその性質が異なります。ガソリンを構成する物質のうちで最もノッキングを起こしにくい物質がイソオクタンという物質で、その逆にきわめてノッキングを起こしやすい物質がノルマルヘプタンです。オクタン価とは実際に使用する燃料と同程度のアンチノック性を示す状態になるようにイソオクタンとノルマルへプタンを混合します。このときのイソオクタンの割合が追う区短歌になるわけですが、実際のガソリンではオクタン価が100であってもそのガソリンの成分がすべてイソオクタンであるわけではありません。実際にはMTBE(メチルターシャリブチルエーテル)などの添加物を加えて同等になるようにしているのです。

さて、本題に入りますが、ハイオクガソリンをレギュラー仕様のエンジンに使用した場合、これは問題なく使用できます。エンジンが要求するアンチノック性以上の燃料を使用しているわけですから当然です。ハイオク仕様のエンジンにレギュラーを使用した場合は問題が生じます。エンジンが要求するアンチノック性に満たない燃料を使用することによりエンジンにノッキングが発生し本来の性能が得られないことになります。ノッキングとは異常燃焼の一種で圧縮比の高いエンジンやターボチャージャーなどの過給装置を備えたエンジンでは、圧縮された混合気が高い圧力になるため本来の点火時期以前に勝手に燃え出してしまったり、混合気が燃焼をはじめることによってさらに圧力が上がり、本来の燃焼順序以外の部分からも燃焼が始まり、急激に燃焼室内の圧力が上昇することによって、エンジン各部に異常な力がかかりキンキンという異音を発生する状態です。これが起こってしまうと、エンジンは円滑な動作が行えなくなるため当然出力は低下しますし、過給を行っているエンジンでは即、致命傷になる場合もありえます。

実際の市販車のエンジンではエンジンを破壊してしまわないように、ノックセンサーなどのセンサーをエンジンに取り付け、異常を発見した場合は点火のタイミングを遅らせたり、過給を抑えたりという制御(これらの制御をすることでエンジンの破壊はなくなりますが、出力は確実の低くなります)を行っているので、致命傷まで至ることは殆どないのですが、ハイオク仕様のエンジンにレギュラーガソリンを使用することはエンジンの性能を十分に発揮できなくなる可能性が大きいのでお勧めできないということです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いや~かなり勉強になります。
ご丁寧な説明ありがとうございます。
色々な説があって混乱していたのですが、すっきりしました。

お礼日時:2002/02/10 00:46

温度と熱量は別のものです。

例えば100℃のお湯と、50℃のお湯でどちらがたくさんの氷を溶かせるかと質問された場合、どう答えるでしょう。100℃それとも50℃でしょうか?正解はわからないです。なぜ判らないかというと、ここにはお湯の量について何もかかれていないからです。同じ量であれば確かに100℃の方がたくさんの氷を溶かせるでしょうけど、100℃のお湯が100ccで50℃のお湯が10リットルであった場合は50℃のほうがたくさんと溶かせるでしょう。これがすなわち熱量なのです、温度は低くても熱量が大きいことは何の不思議もないことなのです。点火プラグの電気火花は非常に高温ではありますが発生する熱量自体は非常に小さいということです。

引火点が低いほうが望ましいのは気温が低い状況やエンジンが冷えている状況でも十分に気化し燃焼が可能な状態にあることが必要なためで、着火点が高いほうが望ましいのは点火プラグによって点火される前に圧縮されて高温になっている混合気が勝手に燃え出してしまわないためです。

ちなみにディーゼルでは空気のみを吸い込み圧縮することによって高温にし、そこに燃料を噴射して自己着火(熱量は点火プラグよりはるかに大きいが温度がずっと低い)させていますので、着火点についてはある程度低い方がよく、着火点比較的低い軽油などが燃料として使われます。

ガソリンは灯油や軽油などより着火点が高いため、熱した鉄板程度の温度では着火しないので、ただ蒸発してしまうだけですが、着火点の低い灯油や軽油では燃え始めるということです。危険ですから実験はしないでくださいね。

最後に引火点と茶着火点の定義を付記します

引火点とは液体を空気中に置き点火した際に気体から発生した蒸気が燃えるのに必要な最低の温度のことであり、それ以下の温度では、液体は燃焼を維持できない温度。

着火点とは空気中に液体を置き、温度を上げて行ったときに、炎などによる点火を必要としないで燃焼をはじめる最低の温度。発火点ともいう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わざわざありがとうございました。
わかりやすく丁寧な解説でしたので、理解できました。
エンジンの構造をこうして勉強すると面白いですね。
まだまだ解らないことは沢山ありますが、
少しずつ、確実にものにしていこうと思います。

何はともあれ、このように興味を持てるような
きっかけを与えてくれたことに感謝します。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2002/02/10 13:26

訂正しますノルマルへプタンではなくノルマルヘキサンでした。



それから最近ではオクタン価あげるために点火する添加剤もMTBE以外にも数種あるようで、ものによってはレギュラー仕様のエンジンに使用した場合でも効果があるものがあるようです。

補足ですが、先ほどの説明に着火点と引火点の説明が抜けていましたので追記します。着火点とはその燃料に点火するのに必要な最小の温度を指し、ガソリンエンジンのような予混合型(燃料と空気をいっしょに吸入する)電気火花点火のエンジンではある程度高いほうが望ましいのです。引火点とは、電気火花のような温度は高いが熱量は小さい熱源でも点火できる温度(十分に気化し空気と混合できる)を指し、これはガソリンエンジンではこれはある程度低いほうが望ましいのです。オクタン価は着火点の方に大きく影響しオクタン価が高いほど着火点が高くなります。

ちなみにディーゼルで使う軽油やストーブで使う灯油は引火点は高い(気化しにくいのですが)着火点は低いのです。例えば焼けた鉄板にガソリンをたらしても蒸発するだけですが、軽油や灯油では燃え上がります。石油ストーブが電気ヒーターの数百度の温度で点火できるのはこのためです。

おまけ、航空機用のガソリンエンジン(小型機用)などはオクタン価100以上の燃料を使用するものが少なくないため、オクタン価ではなくパフォーマンスナンバーという区分を使います。

この回答への補足

着火点と引火点の補足ありがとうございます。
ここで少しわがままを言わせていただいてもよろしいでしょうか?
というのは、もう少しつっこんだお話を聞いてもいいでしょうか?
何となくは理解してるつもりなのですが、3つにまとめました。
(1)温度と熱量の違いと、
(2)なぜ、ガソリンエンジンは着火点が高く引火点は低い方がいいのでしょうか?
(3)焼けた鉄板にガソリンをたらすと蒸発するだけだが、軽油や灯油は燃え上る
というところの解説をお願いします。
何分知識が不足しているもので、少々解りづらかったりします・・・。
すいません、勝手な意見で・・・。
面白い話なので、完璧に理解したいと思います。
お手数ですが、是非ともよろしくお願いします。

補足日時:2002/02/10 11:32
    • good
    • 0

(2)についての内容につきもう少し、


冷間時においてアイドル不具合が発生、
プラグを見ると真っ黒にすすけていた

冷間暖気後問わずアイドル不調 吹けあがり悪い等の不具合
発生 燃料を正規に戻したところ回復、
確認の為 抜き取った燃料を他車に入れたところ
同様の不具合確認

(3)については (2)の延長上ではないかと推測
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わざわざありがとうございました。
大変勉強になりました。

お礼日時:2002/02/09 20:03

検索サイトで「ハイオク レギュラー」として調べれば膨大な情報量となりますが、大体似たような見解に集約されています。



ハイオクタンガソリン仕様の車にレギュラーガソリンを給油すると当然の事ながら、ノッキングが発生するのでセンサが感知して点火時期を自動的に遅くするので、出力は低下する。燃費も悪化するが、高負荷高速運転さえしなければ当面はしのげる

逆にレギュラー仕様の車にハイオクガソリンを給油すると特に利点はないが、ノックセンサの付いた車なら、点火時期がある程度までは進むはずなので理屈からは、出力の向上が考えられるが、エンジン本体が高出力用に設計されていないので耐久性に疑問がある。

といったところでしょう。

以前、レギュラー使用のエンジンをベースにした改造車でレースに参戦していた時、レース用ガソリンが不足していたので急遽ハイオクガソリンを使用したのですが、かなりパワーダウンしました。
ついでにとレギュラーを使用してみたら『話にならない』状態でした。
ただしハイコンプ仕様のエンジンですが・・・。

http://www.nmoc.co.jp/service/prodacts/haioku/qa …

参考URL:http://plaza11.mbn.or.jp/~tamaju/yougo.kaisetsu0 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

みなさんに親切に教えていただき、かなり勉強になりました。
結構前から気になっていたので、すっきりっしました。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/09 20:05

ハイオク車にレギュラーを入れるのも、レギュラー車にハイオクを入れるのも、どちらもだめです。



燃焼力の高いハイオクを、レギュラー車に入れるとパワーはあがりますが、ハイオク用に設計されたエンジンではないので、劣化が進みます。

ハイオク車にレギュラーを入れると、ハイパワー用に設計されているエンジンのスペックが生かされません。

別に気にしない人はいいけど。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そのようです。
みなさんのに教えていただき、かなり勉強になりました。
前々から気になっていたので、すっきりしました。
感謝しています。ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/09 20:10

どうなんでしょうね?


日石三菱の「エネオスハイオク」のようにレギュラ-車にも推奨して
いるハイオクもありますし。
ただ、ハイオクの方が排気がいくぶんクリ-ンなので地球に優しいという
話を聞いたことがあります
    • good
    • 0
この回答へのお礼

レギュラー車にも推奨しているハイオクがあるとは知りませんでした。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2002/02/09 20:08

結論から言ってしまえば 無意味であると言うところが


ワタシの回答です

経験談からですが これはハイオクを入れたからと短絡的には
申し上げにくいのですがそういう事実があったということの
報告という事で結びたいと思います

10数年ほど前の事ですが
ハイオクがCMでガンガン宣伝していたころで
ハイオクを入れたレギュラー車がことごとくエンジン不調や
エンジンブロー、しいては燃料ポンプの故障といった事例が
多くありました詳細については以下のとうりです

 (1)燃料ポンプの故障はハイオクガソリンに含有される物質が
  ポンプの材料を侵してしまう事が原因
  メーカーの対策によりポンプ無償交換を実施


 (2)エンジン不調は特に多い事例でした

 (3)エンジンブローはバルブにカーボンが異常に付着し
  バルブが閉じることが出来ずバルブとピストンが干渉し
  クラッシュ バルブガイド破損のため ヘッド交換を実施

 
  以上です 現在の車はどうかはわかりませんが
 少なくとも入れる意味は無いと思います 






  


 

この回答への補足

丁寧な回答ありがとうございます。
とても勉強になりました。

ただ、補足をお願いしたいのですが、
(1)(2)(3)についてもう少しかみ砕いて
教えて頂けると嬉しいです。

まだまだ勉強不足なもので・・・。
また時間のあるときで結構なので
よろしくお願いします。

補足日時:2002/02/09 00:29
    • good
    • 0

  高排気車は馬力が要るんでハイオクじゃないと効率よく燃えないらしいです。

だからハイオク車にレギュラー入れると半端じゃなく燃費が悪くなり、エンジンにも余計な負担がかかるそうです。うろ覚えなんでこんな感じの事しか言えませんが、答えになりましたでしょうか。
  ちなみに僕の車はレギュラー車ですがハイオク入れてます(笑)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
今まで気になっていたのですっきりしました。

お礼日時:2002/02/09 00:36

>レギュラーの車にハイオク・・・


はっきりいって「お金の無駄」だと思いますが・・・
効果なんてほとんどありません・・・
>ハイオクの車にレギュラー・・・
今時の車ならノックセンサーだってついてるし、コンピュータが
勝手に点火タイミングを調整するし・・・
一時的なら良いんじゃないですか?
長期間なら問題あるかもしれませんが・・・
ただし、「ハイパワーカー」は駄目ですよ!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
とても勉強になりました。
前から気になっていたので、すっきりしました。
もう少し自分なりに探求してみたいと思います。

お礼日時:2002/02/09 00:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qレギュラー、ハイオクガソリンはどうちがうのですか?

レギュラー、ハイオク、ディーゼルガソリンはどうちがうのですか?
また、ハイオクエンジンやディーゼルエンジンなどとよく聞きますが、ハイオクエンジンにはハイオクガソリンしかディーゼルエンジンにはディーゼルガソリンしか使えないのですか?ハイオクエンジンにレギュラーガソリン入れたら何か都合悪いですか?

Aベストアンサー

検索するとたくさん出てきます。 気になる人って多いんですね。
簡単に言うと、

レギュラー>
普通のガソリン。 一般的なガソリンエンジンの車に使用する。

ハイオク>
普通のガソリンと似ていますが、ちょっと高い。
高出力の車とか、外車にはハイオク仕様の場合が多い。

ディーゼル(軽油)>
ディーゼルエンジン専用。 大型トラックや、一部の商用車、寒冷地の一部の車に使われる。
ガソリンとは全く違うもの。


車の見分け方は、一般的には給油口の近く、フタの裏とかにシールが貼ってあります。

「無鉛ガソリン」というシール>
レギュラーを入れましょう。 ハイオクでもいいですが、値段のわりにあまり意味なし。
軽油を入れると壊れます。

「ハイオク」または「無鉛プレミアム」というシール>
ハイオクを入れましょう。
レギュラーでも壊れることはありませんが、燃費が落ち、長期的に入れるとエンジンに悪影響が出る恐れがあります。
地方の小さなスタンドだと、ハイオクを置いていないこともあります。
そのときはレギュラーでも平気ですが、普段はハイオクを入れましょう。

「軽油」「ディーゼル」というシール>
軽油しか入れてはいけません。 まれに灯油を混ぜたりする人もいますが、犯罪です。
もし灯油を入れると、販売店も罰せられるんじゃなかったかな。
また、ガソリンを入れるとウンともスンとも動かなくなります。

検索するとたくさん出てきます。 気になる人って多いんですね。
簡単に言うと、

レギュラー>
普通のガソリン。 一般的なガソリンエンジンの車に使用する。

ハイオク>
普通のガソリンと似ていますが、ちょっと高い。
高出力の車とか、外車にはハイオク仕様の場合が多い。

ディーゼル(軽油)>
ディーゼルエンジン専用。 大型トラックや、一部の商用車、寒冷地の一部の車に使われる。
ガソリンとは全く違うもの。


車の見分け方は、一般的には給油口の近く、フタの裏とかにシールが貼って...続きを読む

Qハイオク車の車にレギュラーはあり??

ガソリンをいれる吸入口にハイオク車とシールがはってあります。
依然友人に、「ハイオク車って書いてるけどレギュラーでも問題ない」といわれ入れていますが本当に問題はないのでしょうか?
燃費などはレギュラーで6L位しか走りません。ハイオクにすると燃費が上がるなどということはあり得ないのでしょうか?
ハイオク車と書いている以上はやりハイオクを入れるべきだと思いますが、違いなどありましたら教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

既に色々話が出ておりますが、レギュラーでもハイオクでも問題はありません
どちらを入れるかはあなた次第となります

今のエンジンはとても優秀で、コンピュータが点火時期、ガソリンの噴射タイミング、量とも、ガソリンの質や気温等なども全て合わせてくれます、問題無しです
後はアクセルを踏んだ時の体感、燃費、走行の仕方等を考慮して決められたら良いと思います

私の車はもう古く13年16万キロ走ってますが、すごぶる好調です
レギュラー仕様なんですがずっとハイオクを入れています
一度安いからとレギュラーを入れてみたんですが、加速がワンテンポ遅れ、燃費も若干下がりました
いい添加剤があるので入れると良くなりますが、計算するとハイオク入れるより高くなるんですね(笑)
そんな事もあってまたハイオクを入れるようになりました
人によって考え方は様々ですが、ハイオクを常に入れているとカーボンの量が少ないのでエンジンの持ちは良いように感じます、プラグを点検すると良く分かりますね

ハイオク仕様車というのは開発時点でハイオクガソリンでテストした性能がこの車の性能と記してあるので、ハイオクガソリンを入れると本来の性能が出ますよ、ということですね
まあカタログデーター通りの性能は中々出ませんけどね

既に色々話が出ておりますが、レギュラーでもハイオクでも問題はありません
どちらを入れるかはあなた次第となります

今のエンジンはとても優秀で、コンピュータが点火時期、ガソリンの噴射タイミング、量とも、ガソリンの質や気温等なども全て合わせてくれます、問題無しです
後はアクセルを踏んだ時の体感、燃費、走行の仕方等を考慮して決められたら良いと思います

私の車はもう古く13年16万キロ走ってますが、すごぶる好調です
レギュラー仕様なんですがずっとハイオクを入れています
一度安い...続きを読む

Qバイクに入れるハイオクについて

250ccのバイクにレギュラーを入れているのですが、ハイオクを入れてもいいのでしょうか?ハイオクの方が燃費もいい、走りもよいと聞くのですが、レギュラーが減ってからハイオクを入れるにしても、交じってしまいます。質問:(1)レギュラーとハイオクは交じってもいいのでしょうか?(2)バイク(250cc)にそもそもハイオクは入れてもいいものなのでしょうか?(3)レギュラーとハイオクで決定的な違いは何なのでしょうか?(バイクに対して)

Aベストアンサー

ENEOSで働いているものです
No.2さんの答えにレギュラーには鉛が入っている
と書いてありますがそれは間違いです
昔のガソリンには有鉛がありましたが今国内の
スタンドにあるレギュラーは、すべて無鉛で鉛は
入ってません

質問の答えは(1)の場合は全然問題ありません
しかしレギュラーを入れた後にハイオクを入れた場合
ハイオクの効果を十分実感するには少なくとも
ハイオクを3回入れるとハイオク本来の性能が
得られます

質問(2)の答えは はっきり言って
お勧めできません
しかし乗ってるバイクがハイオク指定車なら別ですが
国産バイクの250CCではレギュラーを入れたほうがいいです
たしかにハイオクは燃費アップ エンジンの洗浄
効果はありますが、バイクはキャブがあります
車の場合は現在走っている車の99%以上はキャブ車
ではありません ハイオクは火の点火がレギュラーに
対し悪いのでエンジンが安定しなくなる場合があります キャブでは燃料を圧縮するのでなく空気を混ぜて
ガソリンを燃やすので点火が悪いのはいいことではありません
一方車はバイクではキャブにあたるインジェクション
という物があり点火したいときに勢いよく圧縮される
ので点火に関する問題はキャブ車より断然ないに近い
のです
エンジンの汚れを落とすというのは実はインジェクションに溜まるススハイオクはをドロドロに溜まんないようにすることです
なのでいつまでも綺麗なので燃費がよくなるわけです

キャブの汚れはハイオクで変わるのかというとキャブにはどうしてもインジェクションより多くのススが
溜まるのでレギュラーを入れてもハイオクを入れても
大差はありません

(3)の答えはオクタン価の違い各社ブレンドした添加剤が入っているということです

ENEOSで働いているものです
No.2さんの答えにレギュラーには鉛が入っている
と書いてありますがそれは間違いです
昔のガソリンには有鉛がありましたが今国内の
スタンドにあるレギュラーは、すべて無鉛で鉛は
入ってません

質問の答えは(1)の場合は全然問題ありません
しかしレギュラーを入れた後にハイオクを入れた場合
ハイオクの効果を十分実感するには少なくとも
ハイオクを3回入れるとハイオク本来の性能が
得られます

質問(2)の答えは はっきり言って
お勧めできません
しかし乗っ...続きを読む

Qハイオク仕様車とレギュラー仕様車

車のエンジンにはハイオクとレギュラーの仕様車がありますが、ハイオク仕様車にレギュラーを入れるとやはり良くないのでしょうか?(故障につながるようなことがあるとか・・・)
また、レギュラー仕様車にハイオクガソリンを入れると燃費が上がると聞いたんですがホントでしょうか?

Aベストアンサー

「ハイオク」=オクタン価が高い オクタン価=ガソリンの着火点の高さのこと。ハイオクとは高い温度まで着火しないということで、その分圧縮率があがり高い馬力が出せます。ハイオク仕様車はその高いパワーを前提とした設計がなされているので、そこにレギュラーガソリンを入れるとプラグで点火する前に着火してしまい、不正燃焼がおきて期待されたようなパワーを効率よく取り出すことができなくなってしまいます。なのでやめておいた方が良いとは思いますが、多少財政事情が厳しいときにたまにレギュラーを入れる・・・なんてことをしても即故障につながる訳でもありません。(経験あり)

レギュラー仕様車にハイオクを入れると燃費が良くなるというのは、ほとんどのハイオクには清浄剤が入っており、エンジン内のすすを取ってきれいにすることで燃費向上につながるという意味です。ちなみにレギュラーでも清浄剤入りを採用しているメーカーもあります(I社とか)

Q純水とRO水について

はじめまして。お世話になります。

RO水(RO膜で処理した水)と一般に言われております純水ではどちらが水質的によりよい水なのでしょうか?

また、一般的な純水装置に装備されておりますイオン交換カートリッジで処理した水とRO膜にて処理した水ではどちらの水質がよいのでしょうか?
RO膜は海水の淡水化などに使用されている為、溶解性物質の分離ができると認識しているのですが、先日見た資料にイオン交換水の方がRO水よりも電気伝導率が低いと書かれていたのですが・・・。

すみませんが宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

先の回答者の方々も書かれていましたが、
RO膜やイオン交換水ではリーク(漏れ)や
交換容量の限界、材質の劣化(バイオフィルムの形成など)の問題があります。
加えてイオン交換とRO膜はどちらも無機物の
除去には優れていますが、有機物の処理には
適していません。もともと水中にはSSや微生物などの
有機物もあることも考えられることから、現在使用されている水処理(特に超純水製造など)では
殺菌と有機物処理をかねて、UV照射やEDI(連続電気イオン交換)処理を行っています。
恐らく見られた資料のイオン交換水は、イオン交換を
行う前に何か有機物を除去する工程を入れており、
イオン交換後もさらに0.45μmぐらいフィルターで処理
しているのかもしれませんね・・・。

Qハイオク車にレギュラーガソリン

ハイオク車にレギュラー入れるのはNGですか?
ハイオクにレギュラー混ぜるのはNGですか?
ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

スポーツカーなどハイオクのみレギュラー非対応だとレギュラー入れたり混ぜたりするとエンジンが逝くこともあります

レギュラー対応のハイオク車なら、レギュラー入れたり混ぜたりしても壊れたりはしませんが、ハイオクとレギュラーの差額以上に燃費が悪化してパワーも落ちるので、わざわざレギュラーを入れたり混ぜたりする意味はないです

田舎とかでレギュラーしかスタンドになく、ガス欠してしまうとかなら、仕方なくレギュラーを入れるのはありですが

Q軽自動車にハイオク仕様って有るのですか。

軽自動車にハイオク仕様って有るのですか。

軽自動車に乗ってスタンドに給油に行ったら店員にハイオクですかレギュラーですかって聞かれたのですが軽自動車にハイオク入れる人なんているのですか。

ハイオク入れたら何かいいこと有るのですか。

Aベストアンサー

軽でも 普通車でも
ハイオク仕様の車には
ハイオク入れましょう。

プレオのスポーツモデルがハイオク仕様ですね。

まーレギュラー仕様では、あまり変わらんけど
あえていうと
燃焼室やバルブの洗浄効果が高いとか、
「今日は、高いガゾリン飲ませてやるよ」
とリッチな気分味わうとか・・・・・

Qハイオク車にレギュラー

 スバルのフォレスターS/tbを購入しようか フォレスターSを購入しようか迷っています。RV掲示板を見るとNonターボは馬力が少なくてダメ。みたいなことが書かれていましたが、自分としてはミッションを買うつもりなので、ターボがなくても十分だと思っています。それに今の車はGX81ですから馬力はそんなに変わらないので不満はないと思っています。
 しかしどうしてもS/tbのほうがかっこいいのです。そこでディーラーに聞いてみたところ、ボンネットだけ注文をしてとりかえることもできます、との答えをもらいました。値段は20万ぐらい。ディーラーが言うにはそれなら30万プラスでS/tbを買ったほうがいいと薦められました。
 しかし、ハイオクってのはとても抵抗があります。高い。そこでカタログをみたところハイオクがないときはレギュラーを入れてもいい、みたいなことが書いてありました。ディーラー曰く、レギュラー入れても出力、エンジン性能は低下するが耐久性には関係ないとのことでした。毎日の通勤とかはレギュラーを入れて、高速とかロングドライビングのときだけハイオクってのは大丈夫なんでしょうか??
また、ずっとレギュラー入れつづけても大丈夫なんでしょうか?

 スバルのフォレスターS/tbを購入しようか フォレスターSを購入しようか迷っています。RV掲示板を見るとNonターボは馬力が少なくてダメ。みたいなことが書かれていましたが、自分としてはミッションを買うつもりなので、ターボがなくても十分だと思っています。それに今の車はGX81ですから馬力はそんなに変わらないので不満はないと思っています。
 しかしどうしてもS/tbのほうがかっこいいのです。そこでディーラーに聞いてみたところ、ボンネットだけ注文をしてとりかえることもできます、との答えをもら...続きを読む

Aベストアンサー

結論から言うと、エンジンの耐久性に関しては問題ないはずです(ただし1年点検やオイル交換などの整備をきちんとした上でですが)。
ただしエンジンのノッキングがハイオクを入れているときより多く感じられたり(特に真夏の炎天下の渋滞などで)するので、厳密に言うと若干の問題はあるかも知れません。でも点火時期なども電子制御でコントロールして、ノッキングが出っ放しにはならないので、ほとんど心配はないと思います。
あと、点火時期を遅角させることによりエンジン出力が若干落ちるはずです。そのため、ハイオクを入れているときよりアクセルを余分に踏むことになるので燃費が多少悪くなります。結果ハイオクとレギュラーではそんなに差が出なくなるのでは?と思いますが、いかがでしょうか。

Qハイオク?レギュラー?

私は今、『三菱RVRスポーツギア』と言う車に乗っています。
この車は頂いたもので、前に使っていた親戚はこの車にハイオクを入れて走っていました。
ところで、この車はハイオク車なんでしょうか?
ハイオク車ではなくてレギュラー車の場合、ハイオクのガソリンが入ったタンクにレギュラーを入れても大丈夫ですか?
ハイオクとレギュラーを入れた違いってあるんですか?
質問ばかりでスミマセン。
毎日通学に使っていて、ガソリンも最近高いもんで…

Aベストアンサー

 RVRは初代と2代目があって、初代(後期型)からスポーツギアが設定されています。
 年式が1994年(平成6年)10月~1997年(平成9年)12月頃で、1800ccならレギュラー仕様、それ以外で2000ccのエンジンならハイオク仕様です。
 
 ハイオク仕様のエンジンにレギュラーガソリンを混ぜたり、全部レギュラーを入れても国産車なら壊れる事はないです。
 エンジンにノックセンサーという部品が付いていて、レギュラーガスに応じたエンジン制御をしてくれます。
 ただし、エンジンがカタログ性能を発揮できないので、運転の仕方によってはアクセルを多く踏む事になり燃費が悪化します。
 同じ距離を走るのにハイオクよりも多くの燃料を使ってしまうと、使用量×ガソリン単価がハイオクとレギュラーで変わらないという事になる場合があります。
 ただし、自身の経験では平地で1~2名乗車、3000回転までを使った運転ではレギュラーでもハイオクでも余り差は出ませんでした。
 高速道路を使って遠出する時や、5人乗車+荷物積載時にはハイオク満タンを入れるといった対応をしています。
 ハイオク仕様のエンジンだった場合、通学に使うときに1度はハイオク満タン、次はレギュラー満タンにして燃費を計ってみてはいかがでしょうか。
 ハイオクが得かレギュラーが得かといった事は、ガソリン価格と車の燃費によって変わるので一概に言えませんが、0.5~1km/L位の燃費差ならハイオクの方が安くなる事が多いです。
(たとえばハイオクの燃費が12km/Lの車だと、レギュラーで11.2km/L以上の燃費でないと元が取れません。ガソリン価格はレギュラー140円、ハイオク150円で計算しています。これがハイオクで7km/Lの車だとレギュラーで6.5km/L以上の燃費でないと元が取れなくなります。)

参考URL:http://autos.yahoo.co.jp/ncar/catalog/detail.html?brand=MI&shashu=S025&fmc=F001&mc=M004&grade=G020

 RVRは初代と2代目があって、初代(後期型)からスポーツギアが設定されています。
 年式が1994年(平成6年)10月~1997年(平成9年)12月頃で、1800ccならレギュラー仕様、それ以外で2000ccのエンジンならハイオク仕様です。
 
 ハイオク仕様のエンジンにレギュラーガソリンを混ぜたり、全部レギュラーを入れても国産車なら壊れる事はないです。
 エンジンにノックセンサーという部品が付いていて、レギュラーガスに応じたエンジン制御をしてくれます。
 ただし、エンジンがカタログ性能を発揮でき...続きを読む

Qハイオク車に間違えてレギュラー

 こんにちは。現在、日産エルグランドのハイウェイスターに乗っています。
 
 給油キャップに「無鉛プレミアム」というシールが貼ってあります。これって、ハイオク仕様って事ですよね?(車のこと、何にも分からないもので・・)
 
 だいぶ前ですが、間違えてレギュラーを満タンに入れてしまい(給油ランプがついて、ナビの画面に゛警告゛の表示が出ていたので、かなりの量の給油)、後から知人に聞いた所、「一回レギュラー入れたら、その後ずっとハイオク入れてもダメだよ。」と言われました。
 
 「ダメ」って、なにがダメなのか分からないのですが、不安になってしまいました。

 ハイオク車に一回でもレギュラーを入れると、その後ハイオクを入れていても、不具合が発生するのでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

こんばんはm(__)m

はいハイオク仕様車です

さて根拠の無い話は信用されなくても結構です
レギュラーでもエンジンは動きますが
セッティングがハイオク仕様なので
燃費の悪化やノッキングなど
エンジンに負担の掛かる症状が出てきます
ノックセンサーがあるから大丈夫と言われるのは嘘です
ノックセンサーが働かなくてはいけない不具合なのでし

なるべくレギュラーをぎりぎりまで使ってから
ハイオクを給油した方が良いでしょうね

まぁ過ぎた事ですからどうにも出来ないですが
そのお話しに根拠はありません


人気Q&Aランキング

おすすめ情報