自分は今、私達の身近な環境問題は法律とどう結びついて
いるのかについて調べていますがなかなかうまい具合に
探す事ができずに困っています(--:
皆さんの考えを聞くことができれば、解決するのでは
と思いここで質問する事にしました。
参考サイトを掲示してくれるだけでも構いませんので
どうぞよろしくお願いしますm(_ _)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

申し訳ないことに、質問が十分に読解できていません。


「環境問題の予防・抑制・解決に、法律は有効なのか」
という意味か、「現行法が環境問題を発生させていると
いう状況はあるか」などなど、もう少しポイントを絞っ
ていただけると、正確な回答も出来るように思えます。


で、読解出来無いながらも、「こういう答えで良いの?」
という例として、少し書いてみます。

「環境問題の予防・抑制・解決に法律は有効か?」と
考えると、これは無効な場合が良くあります。
例えば尼崎公害訴訟で見ますと、企業等は大気汚染防止法
に基づいた基準値を遵守していますが、それでも被害は
発生していますね。 これは、法律内容に不備があった
と言わざるを得ないでしょうね。
(この場合、規制値が甘すぎるという問題ですね。)

また、法は被害が予測される段階で先手を打って制定する
ということは少ないと思いますから、この面でも問題
ですね。(被害の増大を招く等々)
例えば諫早問題は、この端的な例ですね。


環境問題への法律の結びつきを解る方法ですが...。

各法律をピックアップして、その法律の制定主旨や変遷
を追っかけるという方法もありますね。
それで、個々の問題と法律の関係は出てきそうです。

内陸のことなら、大防法・廃掃法・リサイクル法等々
水辺のことなら水防法・下水道法・瀬戸内法等々

参考になるか不明ですが、関連しそうなURLを入れておき
ます。

参考URL:http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/kankyo/jyoyaku/

この回答への補足

回答ありがとうございます
質問の内容が分かりにくくてすみませんでしたm(_ _)m
現代社会における環境問題と市民生活において一つ取り上げて法にどの様に対応しているかを多面的かつ実証的に述べたいというのが質問の聞きたい部分でした。
どうぞよろしくお願いしますm(_ _)m

補足日時:2002/02/10 19:34
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございましたm(_ _)m
法律の事を調べていると色々な発見があり
大変参考になりました(@@
今後もよろしくお願いしますm(_ _)m

お礼日時:2002/02/12 13:43

ご質問の趣旨がもうひとつよくわかりませんので、このご質問に対する回答へ


の訂正と少しコメントを加えさせていただきたいと思います。
まず環境関連の法律をお知らせします。

環境基本法
 この法律が環境問題のベースになります。
 回答者2の方が公害防止基本法といわれているのはおそらく、公害対策基本法
のことで、環境基本法の前の法律です。平たく言えば、環境基本法は公害対策基
本法の進化形といったところでしょうか。環境問題がかつての企業を中心とし
た公害問題からもっと広く地球規模の問題に変わってきたことを示していま
す。
 この基本法をもとに各分野別に法律が定められています。
大気汚染防止法
水質汚濁防止法
悪臭防止法
騒音規制法(これも騒音防止法とされていましたね)
振動規制法
廃棄物の処理および清掃に関する法律
下水道法
河川法
瀬戸内海環境保全特別措置法
湖沼水質保全特別措置法
等等

それから環境アセスメントに関する
環境影響評価法

次のサイトをお薦めします。

http://www.keea.or.jp/qkan/index.htm


それから回答者1の方の回答で、尼崎公害訴訟問題については、私は詳しくあり
ませんのでコメントいたしませんが、諫早問題は、「法は被害が予測される段
階で先手を打って制定」できなかった端的な例ではないと考えます。むしろこ
れは公共事業の有用性と環境破壊、そして事業に対する環境への影響評価が適
正であったか否かなどが絡んだ問題であると考えています。
環境問題の発生を予測して先手を打って法律を制定できればいいのですが、実
際問題としてそれはかなり難しい。むしろ環境保全に対して本当に解決になる
法律の中身なのか、適切に運営しているのかが問題です。1の方が言われてい
るように、法律さえ守ればよい環境ができるという考えは甘いと思います。と
かく、法律を守ることに目が向けられ、その先にある環境のことを忘れている。
法律を守るのが目的ではなく、目的は環境の保全・回復であり、それをするには
何をすべきなのかの視点が必要だと考えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
回答を締め切った後でも回答を頂いた事は非常にうれしく思います(^^
環境基本法には様々な分野がある事も分かり、詳しいサイトまで教えて頂きありがとうございました。
環境と法律の関係が少なからず分かった様に思います。
ポイントはすでに与える事はできませんが、本当にありがとうございましたm(_ _)m

お礼日時:2002/02/21 16:08

1の方があげた以外の関係しそうな法令名を


公害防止基本法
大気汚染防止法
水質汚濁防止法
騒音防止法

原子力関係は通産省の管轄なので.核エネルギーなんとか.原子力なんとか.あたりを見てください。発電や鉱山や鉄道も通産省の管轄なので.電気事業法や鉱山法や鉄同胞なども参考になるでしょう。

厚生省。労働省所轄では.
廃棄物および清爽に関する法律
労働安全衛生法(労働環境)
劇毒物取締法
でしょうか。

なお.政府の関係する係争はすべて法務省が担当します。法務省関係(行政訴訟法とか行政業務法??)も調べると結構面白いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございますm(_ _)m
上の4つの法律も自分自身よく分からなかったので
大変参考になりました(@@
今後もよろしくお願いしますm(_ _)m

お礼日時:2002/02/12 13:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフロンのオゾン層破壊に対する環境問題について

フロンはどのくらいの時間をかけてオゾン層に到達するのか教えてください。
あとフロンが上空に上がっていくのは密度が小さいからということでいいですか??
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

正確にはわかりませんが、成層圏にフロンが到達するのは数年と言われています。
フロンは空気よりも比重は重いです。ですから、フロンが上空にあがるのは、ヘリウムを詰めた風船があがるのとは少し違います。科学的には少し不正確かもしれませんが、空気の動きによって上空まで運ばれると考えてください。

フロンは非常に化学的に安定で、対流圏(成層圏の下、私たちがいるところです)で分解されにくいため、成層圏まで到達してしまうのですね。仮にすぐ分解されてしまうならば、オゾン層を直接破壊することはないでしょう。

Q身近な大気・土壌汚染を調べる方法

 家では野焼きをしています。たまにドクドクしい色の煙がたちこめている時もあります。
 野焼きの時に出てくる煙に有毒な物質が含まれているかいないかを調べたいです。あと土壌についてもしらべたいです。そこで何かいい方法か調べられる製品(実験キットみたいなもの)があったら教えてください。
  宜しくお願いします。

Aベストアンサー

残念ながら気中成分の簡単な検出キットと
言うものは無いはずです。
これが出ているかどうかと成分のターゲットを
絞って検出する事は土壌成分共に出来ますが
漠然と何が含まれているかと言う事になれば
相当の専門的な機材が必要となります。
一番良いのは市町村の保健所(本所)又は県の
環境維持に関する科にご相談して見ては如何で
しょうか。
ご自分で民間機関に依頼するととても高額になると
思います。

Q環境問題についてのレポートの書き方が解りません!!

私は、環境問題について調べたいのですが、どうやって調べれば良いのか解りません!
えっと、しらべたいことは「ダイオキシンやオゾン層破壊」と言う題名なんです。
お願いします。

Aベストアンサー

廃棄物関係のコンサルティングをしております者です。
ご参考までに申し上げます。

環境問題として考える場合、ダイオキシン(正確にはダイオキシン類です。以下DXNとします。)とオゾン層破壊というテーマはあまりよくないと思います。そもそも、環境問題とは、どの環境の問題なのでしょうか。地球ですか?人体ですか?工場などの周辺環境ですか?

地球環境として考えるのであれば、今は地球温暖化がキーワードです。人体であれば、環境ホルモンであり、DXNは環境ホルモンの一部と考えることができます。(人体へのDXN取り込みのほとんどは食品由来といわれています。)また、オゾン層破壊がもたらす紫外線照射による皮膚ガンと関連付けもできるかもしれません。工場などの周辺環境であれば、いわゆる公害(典型7公害で検索してみて下さい。)からまとめるとよいでしょう。ただし、DXNは大気汚染、土壌汚染問題として取り上げることができます。

「ダイオキシンやオゾン層破壊」という題名は、miku1833さんが考えたのですか?与えられたテーマですか?前者であれば、上記意見を参考に再考してみてはいかがですか。与えられたテーマであれば、仕方がないので人体に与える影響という観点でまとめてみてはどうでしょう。ごみ処理問題としても扱えそうですが、こみ処理問題の本質ではないのでよくないと思います。

調べるヒントとして、次のことを参考にしてみては?
DXN:ベトナム戦争、枯葉剤、ごみ焼却、農薬、食品由来
オゾン層破壊:フロン、エアコン・冷蔵庫の冷媒

廃棄物関係のコンサルティングをしております者です。
ご参考までに申し上げます。

環境問題として考える場合、ダイオキシン(正確にはダイオキシン類です。以下DXNとします。)とオゾン層破壊というテーマはあまりよくないと思います。そもそも、環境問題とは、どの環境の問題なのでしょうか。地球ですか?人体ですか?工場などの周辺環境ですか?

地球環境として考えるのであれば、今は地球温暖化がキーワードです。人体であれば、環境ホルモンであり、DXNは環境ホルモンの一部と考えることができ...続きを読む

Q地球温暖化阻止のためにはどんなことをすればよいのでしょうか?身近なこと

地球温暖化阻止のためにはどんなことをすればよいのでしょうか?身近なことでお願いします。社会的なものもお願いします。

Aベストアンサー

「モノを大切に長く使う」
これに限るでしょう。

メーカーや販売店のセールストークを真に受けないようにしましょう。セールストークの裏を読み取れるよう勉強しましょう。

エコカー減税やエコポイントなんかは企業の業績悪化を何とかしたいが為の制度でしか無く、決して環境優先ではないと言うこと。一部の企業と政治家・官僚の利害関係から生まれた制度。
※この制度にのせられて、買って数年の車を買い換えてしまったのでは意味がありません。

多くの企業はものを買って貰わないと収益が出ない訳ですが、モノを作るという商業活動自体環境破壊を招きます。
工場を新しく建設するにしても、木を伐採し、山を削り、地面をコンクリートで覆います。

巷に溢れている商品の殆どは地下資源から出来ています。地下資源は地面をほじくり返して採掘します。地面をほじくり返すと言うことは木を伐採したり採掘時に出た土砂をどこかに捨てなくてはならないと言うこと。
この行為環境や自体生態系を崩します。
もっとリサイクルを有効活用すればいいのでしょうが、工業製品のリサイクルには金がかかり販売価格に重くのしかかります。その為リサイクル資源を利用した工業製品はあまり見かけません。高いものは売れないご時世ですから…

大企業による大量生産が主流なうちは何も変わらないでしょうね。変わったとしても地球規模で見れば微々たるモノ。国家間でのCO2排出権取引なんかが横行しているうちは難しいでしょうね。やるなら一律でないと…
劇的に環境改善を行いたいなら今の社会を産業革命前の水準まで戻すしかありません。
或いは、人類の生活圏を宇宙に移す。

「モノを大切に長く使う」
これに限るでしょう。

メーカーや販売店のセールストークを真に受けないようにしましょう。セールストークの裏を読み取れるよう勉強しましょう。

エコカー減税やエコポイントなんかは企業の業績悪化を何とかしたいが為の制度でしか無く、決して環境優先ではないと言うこと。一部の企業と政治家・官僚の利害関係から生まれた制度。
※この制度にのせられて、買って数年の車を買い換えてしまったのでは意味がありません。

多くの企業はものを買って貰わないと収益が出ない訳ですが、モノ...続きを読む

Q10年前の環境問題、オゾン、酸性雨は?

10年前の環境問題、オゾン、酸性雨は?
現在はCO2による地球温暖化が問題になっていますが10年前はフロンガスによるオゾン層の破壊と窒素酸化物による酸性雨が問題でした。
この二つは現在あまり問題にされませんが、改善されつつあるのでしょうか?

Aベストアンサー

昨日かおとといくらいの新聞に載っていたと思うのですが、オゾンホールは歯止めがかかり回復傾向にあるそうです。ただ,元通りに回復するのは2050年くらい(だったか?記憶が曖昧ですみません)と出ていた気がします。

酸性雨については分かりませんが、最近の調査ではホルムアルデヒドが含まれているようです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100916-00000065-mai-soci

Q眠るように死ぬ事は可能?

私は幸い人の死に直面した事がありません。死について唯一想像できるのは窒息死の苦しさだけです。故意に息を止めてみればわかりますから。だから私は人が死ぬのがかわいそうで、また、こわくてなりません。「眠るように安らかに死んだ」という話を聞いたことがありますが、本当に眠りに落ちるように死ぬという事があるのでしょうか。大怪我をして意識不明のまま亡くなった、というような場合は抜きにして。

Aベストアンサー

無理でしょう。
生きている人間には理解不能です。
死んで初めて判る事もあるでしょう。

Q理科のオゾン層

いつも大変おせわになっています。

地球環境問題について調べ・勉強しているのですが、
「オゾン層を構成している物質の原子の記号はO」
という本の一文の意味がよく分かりませんでした。
これについて教えてください。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

オゾン層を構成しているオゾンは
(というよりもオゾンの濃度が
 高いからオゾン層と呼ばれている)
酸素原子(元素記号O)が3個結合したものです(O3)。
つまりはそういうことだと思います。

ちなみに酸素は酸素原子が2個結合したものです(O2)。

Q環境教育の事が知りたい、学びたい。

環境教育に興味があってしょうがないです。エコツアーなどインタープリテーションなど体験型の環境教育が特に興味があります。現在は視野を広げ情報収集中なので、まだ未整備なりの現状を知りたいです。また千葉県南部在住なのですが、環境教育を学べる所など、体験できるところ、情報ありましたらおしえてくれませんか、進んでいる海外の情報でもかまいません。eラーンニングでピンポイントに環境学を学んでもいいなと思います。
とにかくとにかく情報に飢えています。よろしければ2回でも3回でもビシバシビシバシ情け容赦なく書き込んで頂ければとってもうれしいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

環境教育に興味がある福祉学部の学生です。
自分の事語らせてもらいます。
自分も環境教育について知りたいと思って何からはじめたら良いか探っていた時がありました。
一番初めに目をつけたのがネイチャーゲームというものでした。
これは泊り込みの講習を受けたら資格をもらえます。
指導員になって、地域の会(全国にあるとおもいます)に入って活動しています。
十分に子供たちや大人にも自然案内できると思います。
他にも現在は一年間環境のことについて勉強できるNPO
法人で勉強していました。
実習などでインタープリテーションをなさっている人と一緒にスタッフとして参加でき十分勉強になります。
一年過ぎた後には、環境教育を実践しているところで
スタッフとして参加でき、慣れてくれば自分で考えてできるようになります。
自分は千葉ではないですがtitanicさんの近くにもこのようなところはあるのではないでしょうか?
ちなみに自分は大学を卒業したら青森大学大学院の環境科学研究科の環境教育学を専攻したいと考えています。

参考になりましたでしょうか?

一応自分が利用しているURLと青森大学のURLを載せときます。

http://plaza.geic.or.jp/index.php3

http://www.aomori-u.ac.jp/intro/master/

参考URL:http://www.aomori-u.ac.jp/intro/master/ http://plaza.geic.or.jp/index.php3

環境教育に興味がある福祉学部の学生です。
自分の事語らせてもらいます。
自分も環境教育について知りたいと思って何からはじめたら良いか探っていた時がありました。
一番初めに目をつけたのがネイチャーゲームというものでした。
これは泊り込みの講習を受けたら資格をもらえます。
指導員になって、地域の会(全国にあるとおもいます)に入って活動しています。
十分に子供たちや大人にも自然案内できると思います。
他にも現在は一年間環境のことについて勉強できるNPO
法人で勉強していました。
実...続きを読む

Q二酸化炭素がオゾン層破壊?

二酸化炭素がオゾン層を破壊していると聞きますが、空気中での分子量が比較的高い二酸化炭素(44)がオゾン層まで上っていくのでしょうか?重い気体は比較的低いところに留まると思うのですが。また、どのように二酸化炭素がオゾン層を破壊するのでしょうか?

Aベストアンサー

まず、オゾン層を破壊しているのは古いくエアコンや、冷蔵庫の冷媒として利用されている塩素を含む「フロン」です。
二酸化炭素にはオゾン層を破壊する働きはありません。

二酸化炭素は地球から外へ出るはずの熱を通るのを妨げる性質があります。そのため、地球には多くの熱がたまって気温の上昇などにつながります。
そこから、二酸化炭素は「温室効果ガス」と言われるのです。

フロンも温室効果ガスの一種ですのでそこで混同しているのかと思います。

Q海でオシッコするのは悪い事と言えるでしょうか?

ある意味、自然に還すだけだと思うんですが、悪い事ですか?
他の遊泳者の迷惑だとか人間の都合ではなく、自然環境的に。

Aベストアンサー

もし海で尿を出すのが悪いことならば、魚はどうなります?
http://kids.gakken.co.jp/kagaku/110ban/text/1219.html
魚だって尿を排出しているのです。だからといって海が魚の尿で汚染されたなんて聞いたことないですよね? 個人の排出する尿の量や内容と、工場などから垂れ流す汚染水などとは全然違いますし、四六時中海にいる人間すべてが排出する訳ではないのですから、問題にはなりません。


人気Q&Aランキング