2010年の排ガス規制に適合してないと、2010年以降車検が受けれないと
友達に聞いたのですが、本当ですか?車の買い換えを検討しているのですが
もし、この話しが本当なら・・また考えなければなりません。
私の場合買い換えサイクルが長いもので・・(今の車も10年のってます)
悩んでます。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

別に、ガソリン車については書いてないみたいですよ。



2010年の排ガス規制基準値に足りない車は車検時に収める自動車関連の
税金が重税になるとは書いてあります。

くわしくは車検にも詳しい国土交通省の交通局に問い合わせてみてはいかがで
しょうか。
「排ガス規制」も「車検が受けれるか」も一発で解決すると思いますよ。

参考URL:http://www.mlit.go.jp/jidosha/green/green00_.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
何か最近の規制ってややこしいですね。

お礼日時:2002/02/14 18:55

ディーゼル車に関してなら私の過去レスをどうぞ。


(車の専門ではありません。 化け学のほうです。)

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=207219
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます、
ガソリン車なんです・・説明不足でした、すいません。

お礼日時:2002/02/11 11:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q排ガス規制

愛車が排ガス規制によりあと2年しか乗れなくなる事になってしまいました。
もう9年乗りましたので買い替えをしようかとと考えていますが、「排ガス規制により買い替えを余儀なくされた場合、助成金が出る」ということを聞いたのですが、ホントでしょうか?

Aベストアンサー

排ガス規制による買換えで助成金や補助金が出るのは、大型貨物だけです。
しかも、助成台数枠が少なく、大手運送会社の申請分で全て埋まっていると聞きました。」

Q首都圏ディーゼル車排出ガス規制、真っ黒な排ガスでも適合車?

首都圏(埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県)でディーゼル車の排出ガス規制が実施され、粒子状物質(PM)減少装置装着適合車ステッカーを表示した車もよく見かけるようになりました。しかし、適合車ステッカーを表示していても相変わらず真っ黒な排ガスを出しているバス・トラックも時々見かけます。

それで疑問に思うのですが、PM減少装置というのはそれほど効かないものなのでしょうか。それとも、PM減少装置を装着していれば目に見えるほど黒い排ガスを出すことは本来ないはずで、もし黒い排ガスを出しているようであれば偽造ステッカーを貼っている可能性が高いと考えてよいのでしょうか。

また、もし黒い排ガスを出しているのが不適合車の可能性が高いようであれば、そういった車を見かけたときにどこかに報告できればと思うのですが、八都県市首脳会議環境問題対策委員会大気保全専門部会(長い名前!)のサイト http://www.8taiki.jp/ には報告窓口の記載がありません。報告をもとに立ち入り検査を行うといった実効性の高い報告先があれば教えてください。

Aベストアンサー

真っ黒な排ガスは、整備不良と違法軽油の疑いがあります。
真っ当な軽油(正規の軽油)を使っていても、エアフィルターが目詰まりしていると、黒煙が出やすくなります。出力上昇のために燃料噴射ポンプを改造しているのも(通常は改造防止の封印がされている)原因のひとつとなっております。これらに関しては本当であれば、車検を通す際(初回以外は毎年車検)にチェックしているはずです。しかし、最近では車検ですら、平等性、正規性や信憑性が疑われるような不祥事が続出してますね。

その他の原因として、不正軽油の使用が考えられます。不正軽油とは軽油に重油を混ぜているもので、硫酸ピッチの不法投棄や排ガス問題などで、最近も話題に挙がってますね。
尼崎の公害訴訟などで、自治体が賠償金を払う判決が出てから、都市部では対策に力を入れ始めた感もしますが、各自治体で取り組みをしているはずです。
もっとも、国や都道府県では環境対策よりも、税収の面でも問題視しているところもありますが。実際、れっきとした脱税行為ですからね。


黒煙はPM物質の一部であって、全てではありません。従って、PM除去装置を付けてからといって黒煙がなくなったわけではありません。特に環境確保条例(都条例などの八都県市の条例)を見てもPM値がゼロとなってる訳ではありません。

環境条例もよく見ると、国のNOx・PM法の基準値を後追いする形になっているので効果の程は疑問ではあります。(石原都知事は条例開始後すぐに空気が綺麗になったって言ってましたけど)

NOx・PM法の平成17年度規制(新長期)やポスト新長期が実施されその車だけになれば効果が表れるとは思いますが、

PM除去装置には、DPFと呼ばれる方式と酸化触媒による除去方式があります。DPFは簡単に言うとPM物質をフィルターで捕らえ熱で燃やしてしまう方式ですが、フィルターの再生方式が色々あり、初期の製品ではフィルターが詰まると排ガスをそのまま排気するものもありました。また、DPF自体がねつ造データで認可を受けるなんて事件もありましたしね。釣りに行ってた都の職員はどうなったんでしょう・・・。
三井物産のDPFを取り付けた都バスの出発式典のときに、黒煙を撒き散らして失笑を買ったのはそんなに昔の話ではありません。^^

話があちこちに飛んでしまった気がしますが、東京都であれば黒煙110番がありますし、探してみてください。

国も本気で黒煙なくしたいなら、NOx・PM法を現在の一部のエリアだけでなく、全国にすべきですね。

参考URL:http://www2.kankyo.metro.tokyo.jp/jidousya/diesel/kokuen110.htm

真っ黒な排ガスは、整備不良と違法軽油の疑いがあります。
真っ当な軽油(正規の軽油)を使っていても、エアフィルターが目詰まりしていると、黒煙が出やすくなります。出力上昇のために燃料噴射ポンプを改造しているのも(通常は改造防止の封印がされている)原因のひとつとなっております。これらに関しては本当であれば、車検を通す際(初回以外は毎年車検)にチェックしているはずです。しかし、最近では車検ですら、平等性、正規性や信憑性が疑われるような不祥事が続出してますね。

その他の原因として...続きを読む

Q排ガス規制とボアアップ

環境問題で排ガス規制が厳しいですが、50ccバイクを個人的にボアアップして乗ったらバランスが狂って排ガス規制をクリアできなくなると思うのですが、個人的な改造までは規制されないのですか。

今後インジェクションのバイクが増えていくと思うのですが、そういうバイクをボアアップすると燃料噴射量のバランスが狂って不調になると思うのですが、ボアアップに伴いインジェクションの調整なんて個人的レベルでできるのでしょうか。 できない場合は結局キャブレターを付ける事になりますか。そうしたらマスマス排ガス規制どころではなくなってしまいますよね。 規制が厳しくなってきたらボアアップキットに将来なんて有るのでしょうか。

Aベストアンサー

まず 現在原付のボアアップキットでも「排ガス規制対応」をうたっているのは見た事がありません。
車検の無い原付では、排ガスが規制値を越えているかどうかの確認する機会が無いためでしょう。

将来 インジェクション車の原付をボアアップして個人レベルで調整は極一部のマニアを除いてまず素人では無理ですが、人気車種で需要があればアフターパーツメーカーやショップで対応してくれるかもしれません。
多分 結局キャブレターをつける事になりそうですね。

ボアアップキットの将来は規制(値)が厳しくなってくるかどうかではなく、取り締まりが厳しくなってくるかどうかでしょう。

Q排ガス規制ディーゼルの通行規制(首都圏&大阪AREA)

当たり前?の質問かもしれませんが 教えて下さい同じような質問を見てみましたがこれといって回答が無かったので。。。今度の夏休みに帰省する予定です(宮城県から四国(愛媛県)まで)車 ランクル80(1ナンバーのディーゼル車)ですがディーゼルの排ガス規制により通行できない区間はあるのでしょうか?例えば東京圏内とか?大阪AREAとか。。。通行できないのであれば高速道路を降りて迂回しなければならないのでしょか?もしかして東北自動車道から首都高速に入れず東名高速は走れないとか???大阪も同じで中国自動車道もそのまま走れず一度降りて迂回しなければいけないのですか?

Aベストアンサー

東京都のディーゼル規制のページによると、
通行規制が始まるのは平成15年10月1日からで、
その時点で初度登録が平成8年10月以前のディーゼル車両(乗用車以外)は通行できないと書いてあります。
東京都のほか神奈川・埼玉・千葉も通行できなくなります。
(大阪は対象外)

今年の夏休みは走行可能ですが、
来年以降は首都圏を迂回するルートを検討しなくてはなりませんね。
(参考)東北道→磐越道→北陸道→名神→以下略

参考URL:http://www.kankyo.metro.tokyo.jp/jidousya/diesel/

Qゼファーと07年排ガス規制の関係について

先月06年モデルのゼファー750ccの新車
を契約しました。
ネットで検索するにつれて07年排ガス規制との
兼ね合いを知りました。
そこで質問ですが教えてください。

○排ガス規制との兼ね合いで750ccモデルは
来年で終わるらしいのですが終わったら車検にも
通らなくなるのでしょうか?

○排ガス規制を満たすってことはどういうことですか?
何か明確な基準があるのですか?私が購入したゼファーは
規制を満たしていないということでよいのでしょうか?

○満たしていないことでのデメリットはありますか?

初心者なもので詳しく教えていただければありがたいです。

Aベストアンサー

>○排ガス規制との兼ね合いで750ccモデルは
>来年で終わるらしいのですが終わったら車検にも
>通らなくなるのでしょうか?

簡単に言えば、バイクが作られた年の基準を通っていれば大丈夫です。
(細かいことを言えば「作られた年」では無いですが、割愛)
現在でもシートベルトやウインカーさえ付いていない古い車が車検通せることを考えれば、心配する種ではありません。

>○排ガス規制を満たすってことはどういうことですか?
>何か明確な基準があるのですか?私が購入したゼファーは
>規制を満たしていないということでよいのでしょうか?

明確に数値で決められています。
あなたが購入したバイクはその年の規制には通っているでしょうが、それ以降に制定された規制には通っていないということになりますね。

>○満たしていないことでのデメリットはありますか?

地球環境を汚すってことくらいでしょうかね。
ただ実際に古いディーゼル車が都市圏で継続利用できなくなる規制があったように、遠い将来、乗りたいのに車検が通せなくなる日が来る可能性はないとはいえません。
まあその前にバイクの寿命が来るでしょうけど。

>○排ガス規制との兼ね合いで750ccモデルは
>来年で終わるらしいのですが終わったら車検にも
>通らなくなるのでしょうか?

簡単に言えば、バイクが作られた年の基準を通っていれば大丈夫です。
(細かいことを言えば「作られた年」では無いですが、割愛)
現在でもシートベルトやウインカーさえ付いていない古い車が車検通せることを考えれば、心配する種ではありません。

>○排ガス規制を満たすってことはどういうことですか?
>何か明確な基準があるのですか?私が購入したゼファーは
>規制を満...続きを読む

Q排ガス規制と排気量

こんばんは
ちょっと気になったので教えてください。
排ガス規制の中では、NOXとPMが規制されていると思うのですが、これは窒素酸化物と粒子浮遊物?の規制です。
一酸化酸素や二酸化酸素は規制事態はないのでしょうか?
また、上記は排気量に関係しないのでしょうか?
たとえば、排気量がでかいと、NOX値は低いけど、排出二酸化炭素は
小型車や規制前の車より多いよとか。。。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

2のものです、二酸化炭素は大気汚染物質ではないですよ。
大昔からたき火すりゃ発生しますし、人間だって呼吸すりゃ出ます。

今CO2排出抑制って問題になっているのは、化石燃料を燃やして(化石燃料というだけあって数億年以上前の大気から植物が炭素として取り出し、地中に堆積したもの)現代地球環境に必要以上のCO2ができることによって温暖化が促進する恐れがあるからなんです。

だから排気量云々ではなく、燃費=CO2発生量なんです。
排気量のちいさい車でも燃費が悪ければCO2はそれだけ多く発生します。

3000ccのエンジンの車が2000回転で回るのと1500ccの車が4000回転で回るのでしたら、理論上は同じ排気量になるわけです(実際はそんな単純なものではありませんが)
だから排気量云々ではなく、燃費のいい運転すればCO2排出量は減らせるわけです。

Q質問なんですが、排ガス規制により250ccバイクの馬力が昔ほど高出力に

質問なんですが、排ガス規制により250ccバイクの馬力が昔ほど高出力に
出せないのはなぜなんでしょうか?ニンジャ250RやWR250が30馬力なのは
排ガス規制に対応したためと聞いたのですが。
40馬力のWR250やニンジャ250Rは現行の規制では無理なのでしょうか?

Aベストアンサー

>国内向けの規制で一番のネックは排気ガス規制でなく、騒音規制なんです。
これはその通りですが、

>近接排気騒音は、最大出力発生の50%の回転数での騒音を測定するもの
これは少し間違っている様なのでもう少し細かく説明します。

近接排気騒音は停止状態で空ぶかしに寄って騒音を測定します。
現在の規制値は94dbです。
http://www.jasma.org/muffler_souonchi.html
この値は改造車や輸入車に用いられる完成検査の規制値です。
この値のみだと250で40ps以上のパワーを出す事が可能だと思います。
そもそもCBR250RR等の45psのバイクは半分の回転数でもノーマルマフラーだと94dbに届かない程度だと思います。

しかしメーカーの製造認可には加速走行騒音と言う規制があります。
http://www.jama.or.jp/eco/noise/table_02.html
何故か加速走行騒音は73dbでこれを守るのが大変で各社共パワーを出せない状態です。
国内仕様のSSなんかはフルパワー化して94dbのマフラーを付ければ結構海外仕様に近くなります。
250でもメーカーが最初からハイカムとか入れてくれたら可能なのですが、250には海外モデルが無いので、その様な事も無いです。
因みにCBR1000RRだとカム等は海外仕様と同じ部品なので、海外仕様にかなり近づける事が可能です。
又、最近のSSは非常に軽く600なんかだと昔の250と比べてもそれ程重くないレベルです。
1000ccでも昔の400位の乗り味です。
従ってわざわざ250でパワーを求める人が居ないのではないかと思います。

>国内向けの規制で一番のネックは排気ガス規制でなく、騒音規制なんです。
これはその通りですが、

>近接排気騒音は、最大出力発生の50%の回転数での騒音を測定するもの
これは少し間違っている様なのでもう少し細かく説明します。

近接排気騒音は停止状態で空ぶかしに寄って騒音を測定します。
現在の規制値は94dbです。
http://www.jasma.org/muffler_souonchi.html
この値は改造車や輸入車に用いられる完成検査の規制値です。
この値のみだと250で40ps以上のパワーを出す事が可能だと思います。
そもそもCBR...続きを読む

Qディーゼル車の排ガス規制について

平成4年式のディーゼル普通自動車に乗っています。
次回の車検が平成15年1月となっているのですが、この車検を受けることができるのでしょうか?それとも買い替えでしょうか?
よろしくお願います。

Aベストアンサー

http://www.env.go.jp/air/car/pamph/index.html
↑ページのPDFファイルに出ています。

ディーゼル乗用車は全て新NOx法に適合しておりません
ガソリン貨物も一部を除いて適合しておりませんョ

国土交通省のお近くの支局に↑の小雑誌が有りますし、自動車屋さんにも資料が
届いてるハズですョ

私は昨年より脱硫軽油の採用後の規制開始や使用期限延長への運動をしてたんですが・・・。
(運動が効いたかは判りませんが当初の予定より1年延びました)

Q排ガス規制 通行不可能な高速道路は

排ガス規制で通行不可能な高速道路は何処何処ですか?

Aベストアンサー

何の車ですか?
排ガス規制(というより自然保護)で一般車(普通乗用車含め)通行禁止の「有料道路」等は有りますが、普通乗用車まで通行禁止の高速道路は聞いたことがありません。

Q首都圏の排ガス規制について。。

 分からない事があったので、質問させて下さい。

 (すでに同じ様な質問があった場合、すいません)

 1 他県等から首都圏に、規制されている古いディーゼル車(2tトラック)を乗り入れる事は出来ないのでしょうか?
 
 2 出来ない場合、そういうディーゼル車が乗り入れされているのをどの様に取りしまるのでしょうか?

 3 違反した場合の、罰則はどの様な物になるのでしょうか?

Aベストアンサー

参考URLに詳しくのってます。

基本的には、初年度登録から七年間は規制対象外ですので、それ以上の場合は粒子状物質除去装置の取り付けをしない限り走行してはいけません。
型式にもよりますが、2トントラックであれば酸化触媒なら40万程度で取り付けられます。

取締り方法は、幹線道路上の歩道橋にカメラをセットし録画。後から自動車Gメンがちまちまとナンバーを確認していく方法と、街頭指導といって駐車場などで実車確認する方法です。(先日は千葉の東京ディズニーランドの駐車場で観光バスを中心に取り締まりしてました。観光バスの取締りは初めてらしいです。このような一斉取締りはHPで予め告知されております。)

基本的には50万円以下の罰金ですが、いきなり罰金が来るわけでなく、運行禁止命令が届きます。これが届いても無視して何度でも引っかかると罰金となるようです。

余談ですが自動車Gメンは排ガス規制だけでなく、アイドリングストップの取り締まりもしているそうです。(東京都では条例でアイドリングストップがある)

参考URL:http://www.8taiki.jp/jourei/jourei.html#01

参考URLに詳しくのってます。

基本的には、初年度登録から七年間は規制対象外ですので、それ以上の場合は粒子状物質除去装置の取り付けをしない限り走行してはいけません。
型式にもよりますが、2トントラックであれば酸化触媒なら40万程度で取り付けられます。

取締り方法は、幹線道路上の歩道橋にカメラをセットし録画。後から自動車Gメンがちまちまとナンバーを確認していく方法と、街頭指導といって駐車場などで実車確認する方法です。(先日は千葉の東京ディズニーランドの駐車場で観光バスを...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報