「漢字仮名交じり文」「調和体」「近代詩文書」と呼ばれる漢字と仮名を調和させ書く書作品に、歌の歌詞など著作権がかかっているであろう物を使用するのは、どの程度だと違法行為になるのでしょうか。
書道展に出品する作品に使用しても問題ないのでしょうか。

展覧会で賞をとる事はあるかもしれないが、その作品を金銭で売買しなければ許容の範囲となるのでしょうか。

実際にいろんな書道展で、歌の歌詞が使われているのを見ますし、様々な考え方が各方面であり、難しい問題であろうと思いますが、今現在、どのような状況なのか知っている方がいらっしゃいましたら、ご回答宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

著作権期限切れなど問題はありますが、


「著作権法では著作権のほかに「著作隣接権」という権利で著作物を世の中に伝達する役割を担う実演家(歌手・演奏者)、レコード製作者(レコード会社など)、放送事業者、有線放送事業者の権利も保護しています。例えば、1枚のCDには作詞家・作曲家の権利(著作権)のほか、レコード会社や歌手・演奏者の権利(著作隣接権)も含まれていますので、市販CDを音源としてインターネットのホームページにアップロードするような場合には、著作権者(JASRACの管理作品であればJASRAC)の許諾と同時に著作隣接権者の許諾が必要です。」

基本的には以上のような感じです。
詳細は
http://www.jasrac.or.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

JASRACのHPを見てみました。
そちらに具体的な質問をしてみようかな、と思います。

お礼日時:2006/05/16 21:11

歌詞をその歌の歌詞と分かるようにそのまま使用すれば


たいていの場合は複製権の侵害でしょう。

>実際にいろんな書道展で、歌の歌詞が使われているのを見ますし

そもそも「本当?」と思いますが、仮に本当だとしても、
よく行われているからといって合法とは限りません。

>難しい問題であろうと思いますが

難しくはないと思います。
「その歌詞を考え、作り出した人の身になってみる」だけでいいはずです。

この回答への補足

早速の回答ありがとうございます。

>>実際にいろんな書道展で、歌の歌詞が使われているのを見ますし そもそも「本当?」と思いますが、仮に本当だとしても・・・

書道展だけではなく、書道界で名の知られた書道家が歌の歌詞を書作品にして、書籍や自身のHPなどに掲載している場合もあります。

以前このサイトで「サザンオールスターズ」や「ドリカム」は厳しい・・・というような書き込みを見たのですが、上記のようなその現状を著作権を持つ側の方々がどのくらい許しているのか、何か許可を得れば良いのかなどを、もし知っていらっしゃったら教えてください。

補足日時:2006/05/16 16:05
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q歌詞のコピーについて

最近いろんな歌詞サイトで歌詞のコピーができなくなりました。。。とゆうのも歌詞をコピーしてText形式にしたいんです。コピーできる邦楽歌詞サイトしりませんか??

Aベストアンサー

コピーできなくなりつつあるのは「著作権上問題があるから」です。
よって、できるサイトがあるとしてもそれは「違法サイト」に他なりません。

Q財産法・近代法・近代私法

財産法と近代法、それと近代私法の基本要素・原則が似てるように思うのですが、これはそれぞれ全く違う無関係なものなのでしょうか。

ご回答頂けると助かります。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

私は、趣味で家族法の法制史を勉強しているものですので、質問の財産法と近代法の意味を知りません。
法律立法の歴史を書きますのて参考までに。

アヘン戦争て゜イギリスが現在の中国を侵略していてたのは、オランダ人からの情報で幕府及び諸藩の知る所となってます。
そうした列強諸国が東アジアを狙っている中で日本は明治維新により近代国家として、新たな国の形成をはかりました。
急務な事は、植民地化されず、列強国の仲間入りをし、列強国との不平等条約を改正かることにありました。
そうした中、憲法を始めとする法律を輸入により立法していきました。
農業・漁業・商業等々が資本主義でなく、慣習でなされているにもかかわらず、強引に西洋の資本主義の概念を輸入し、立法していったのです。
この時点の法律は、理想とした社会における状態を前提とした法律で現状とは乖離していたものがあり、日本の西欧化が目的で、法律の諸概念はほとんど輸入によるものでした。
「権利」この言葉自体が輸入されたものであり、財産の基礎となる「所有権」というものも輸入されたものです。

長い年月を経て、ヨーロッパには法律というものができあがり、何千年の歴史をへて質問にある基本要素素・原則ができあがったのです。
そうした概念を明治政府は直輸入し、また戦後の改正はGHQの新進気鋭の学者主導てなされたのです。

日本の歴史は、植民地化されないため、列強諸国の物まねから始まり、一時日本精神を前面に出し戦争をした時期もありますが、戦後もまたアメリカ西欧に追いつけおいこせということで、先進国の概念を輸入してきたのです。
唯一日本独自のものは、家督制度と戦後の祭祀承継制度程度だと思われます。

質問の、基本要素・原則が何を指しているのか私には分かりませんが、おそらく輸入先は同じ所でないかと思われます。
経済においては、後進国の国の緊急融資を世界銀行に求めますと、その国の体制をアメリカ方式に変更を要求されるのが常で、最近においては韓国のIMF反対運動が顕著なものです。
近代私法のうち、婚姻や相続は各国は歴史的背景及び慣習を重視しますので、直輸入だけとも言えず、日本でも明治の民法大論争をへて、他の民法より遅れて立法されました。
会社法の前身である商法もひともんちゃくありましたが、手形小切手法は開国してすぐに必要ですので、西欧アメリカ基準にそって立法されました。

回答にはなってませんが、思索するうえでのヒントとなれば幸甚です。

私は、趣味で家族法の法制史を勉強しているものですので、質問の財産法と近代法の意味を知りません。
法律立法の歴史を書きますのて参考までに。

アヘン戦争て゜イギリスが現在の中国を侵略していてたのは、オランダ人からの情報で幕府及び諸藩の知る所となってます。
そうした列強諸国が東アジアを狙っている中で日本は明治維新により近代国家として、新たな国の形成をはかりました。
急務な事は、植民地化されず、列強国の仲間入りをし、列強国との不平等条約を改正かることにありました。
そうした中、憲法を...続きを読む

Q歌詞ってコピーできないんですか??

インターネットで歌詞を検索して、その歌詞をコピーする‥というのは無理なんでしょうか??

私はそういうことが全然わからなくて、この前歌詞をコピーしようと思ったらできなかったので質問させてもらいました。

絶対にコピーはできないんでしょうか?

Aベストアンサー

技術的にはどうとでもできますが、著作権上問題がある(歌詞も著作物です)のでコピー制限がかかっているのです。
掲載されているのを見ながら自分で手打ちしてコピーしましょう。

Q取調の可視化か、取調受忍義務の否定か

 無実の人が強姦で有罪判決を受け、服役していた事件の再審が再審が行われるようですね。最近、取調をビデオ録画するなどして可視化しようという動きが出てきています。

 ところで、刑事訴訟法の多数説では実務とは違い、逮捕や勾留は逃亡や証拠隠滅を防止するための制度であって、逮捕や勾留されても取調を受任する義務はないとされています。私は、取調を可視化するよりも、刑事訴訟法の本来の解釈に則り、取調受忍義務を否定する(取調拒否権を確立する)べきなのではないかという疑問を持っています。

 そこで、取調の可視化と取調受忍義務の否定(取調拒否権の確立)について、実行の困難さや、実行した場合の効果の異同を、ご教示頂けたらと思います。

Aベストアンサー

 取調受忍義務の否定の実効性を担保するためには、やはり取調における弁護人の立会を認める必要があると思います。ただし、弁護人が正当な弁護活動の範囲を超えて、捜査妨害をするようなことは許されませんので、それに対する対策を講じる必要があるでしょう。(弁護士会ではなく、裁判所が弁護士を懲戒する制度を考えるべきかも知れません。もっとも、法曹一元化の問題も絡むでしょうが。)
 その他に、逮捕について準抗告を認めること、勾留期間を短縮すること、あるいは被疑者勾留でも保釈を認めること、実務上、権利保釈が空文化していることの是正措置が必要と思われます。
 もちろん、正当な捜査活動を阻害することを望んでいるわけではありませんので、緊急逮捕の対象の拡大化(私自身は、準現行犯を廃止して緊急逮捕に一本化するべきと思っています。)、緊急捜索を許容すること、おとり捜査の許容や通信傍受の対象の拡大化も検討すべきだと思います。

Qサイト上の歌詞がコピーできません。

カラオケが好きで、歌詞を覚えたいと思い・・・
サイト上にある歌詞がをコピーしようとしたら出来ないのです。
コピー出来ない為、ワード等へ貼り付けも出来ず印刷も出来ません・・・。
プリントスクリーンを使って見ましたが字が小さくて・・・。

要は、このサイトの歌詞をコピーとかって出来ないんでしょうか?↓
http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=52020

↑このサイトは本当に怪しいサイトとかでは有りません。GOOGLEという検索サイトで歌詞検索と入力し検索すると一番初めに出てくるアドレスです。

このような歌詞検索サイトではコピーされないように何か施されているんでしょうか?

余談ですが、一度カラオケのカテゴリーで、この事を質問しましたら、こちらのカテゴリーを紹介されました為、こちらで質問させて頂きました。
プリンターはもちろん正常なので問題は有りません。

Aベストアンサー

#2さんの言われているように、FLASHでかかれているので、テキストとしてはコピーできません。
ただし、歌詞の部分を右クリックすると、拡大ができるようになっています。これは、設定しだいで拡大もできないようのも出来ますから、サイト側としても拡大はしてもいいよ、と解釈できます。
あとは、判りますね?
ただし、当たり前のことですが、歌詞にも著作権がありますし、サイト側の意向としては、印刷はダメ、ということみたいですので、あとは自己責任で、自分で考えてやりましょう。

Q文書提出命令と文書送付嘱託

文書提出命令と文書送付嘱託は少額訴訟の場合でも可能でしょうか。
文書送付嘱託でできない文書とかあるんでしょうか?
それとこれらは訴状提出時に必要でしょうか。

Aベストアンサー

結論から言うと不可能だと思います。

 なぜなら、第370条(一期日審理の原則)で、少額訴訟においては、特別の事情がある場合を除き、最初にすべき口頭弁論の期日において、審理を完了しなければならないとされているからです。
 ただ、その2項で「当事者は、前項の期日前又はその期日において、すべての攻撃又は防御の方法を提出しなければならない。ただし、口頭弁論が続行されたときは、この限りでない。」とされています。すると、裁判官が口頭弁論を続行すると決定した場合には原則に対する例外として、その間、証拠資料を収集できる余地があるようにも読めます。

 しかし、この規定は、1期日で予定していた証拠調べの例外であり、当初から、少額訴訟の中で、証拠集めをしようとする場合(文書提出命令にせよ、送付嘱託にせよ)は、はなから予定していないものと考えられます。

 文書提出命令は、裁判官に証拠と請求原因事実との関連性の判断を迫ることになり、1期日で証拠調べまで予定している手続き中では不適当です。また、送付嘱託にしろ裁判所を通して一ヶ月は回答のもどる期間を見ているから、なじまないですね。

 その結果、第373条(通常の手続への移行)3項で、 次に掲げる場合には、裁判所は、訴訟を通常の手続により審理及び裁判をする旨の決定をしなければならない。
 四号 少額訴訟により審理及び裁判をするのを相当で    ないと認めるとき。
4 前項の決定に対しては、不服を申し立てることができない。

とされてしまいます。

 提出命令も送付嘱託も書証を収集するための手続きです。それは、裁判係属中であればいつでもできるはずですが、とくに少額訴訟という類型のものを認めた以上、質問者さんの考えているかたちでの運用は難しいです。

 多分、書記官レベルで通常裁判になりますよ、と言われるでしょう。簡裁の通常訴訟で争ってはどうですか。
 それならできますよ。また、訴え提起後にその申し立てをすればいいのです。

 なお、第226条(文書送付の嘱託)
 書証の申出は、第二百十九条の規定にかかわらず、文書の所持者にその文書の送付を嘱託することを申し立ててすることができる。ただし、当事者が法令により文書の正本又は謄本の交付を求めることができる場合は、この限りでない。

とあります。だから、但し書きの場合以外は、できることになります。

結論から言うと不可能だと思います。

 なぜなら、第370条(一期日審理の原則)で、少額訴訟においては、特別の事情がある場合を除き、最初にすべき口頭弁論の期日において、審理を完了しなければならないとされているからです。
 ただ、その2項で「当事者は、前項の期日前又はその期日において、すべての攻撃又は防御の方法を提出しなければならない。ただし、口頭弁論が続行されたときは、この限りでない。」とされています。すると、裁判官が口頭弁論を続行すると決定した場合には原則に対する例外として...続きを読む

Q多くのアーティストの曲の歌詞が無料で見れてコピーもできるサイト

多くのアーティストの曲の歌詞が無料で見れてコピーもできるサイトを教えてほしいです。 
うたまっぷがコピーできれば最高なんですけどね… 

とくに、大塚愛や、YUIの歌詞をコピーできるのがいいです…

Aベストアンサー

そんな都合の良いところは、合法的には費用がかかるから、まずないでしょうね。
あったとしてもこんな所で紹介できませんし。

なぜ「うたまっぷ」がわざとコピーできないようにしてあるのかを
考えれば、その理由がわかるでしょう。

Q文書提出命令と文書送付嘱託

賃金請求訴訟を準備しています。会社に対して
1)労働者名簿
2)賃金台帳
3)労働契約書
4)労働条件通知書
5)労働基準監督署に提出した就業規則の変更届
6)労働基準監督署に提出した是正報告書
以上の文書を文書提出命令で提出されることは可能でしょうか?
また提出されない場合はどうなるのでしょうか?
それと提出命令が却下された場合はどのような対応が可能でしょうか。

Aベストアンサー

>賃金請求訴訟を準備しています。

準備しているわけでしよう。
それならば、文書提出命令などのことは考えないでいいです。
何故なら、必要ないかも知れないからです。
請求の趣旨とその原因を記載して提出して下さい。
相手からの答弁書を見たうえで、どんな書証が必要か考え、必要と思えば、それだけ提出命令申請して下さい。
裁判所は必要と思えば認容しますが、そうでないと思えば却下します。
却下に対して不服ならば即時抗告ができます。(民事訴訟法223条7項)

QCD歌詞カードのコピーについて教えて下さい。

CDをレンタルしたのですが歌詞カードを普通のコピー紙ではなくてCDの歌詞カードと同じ紙でコピーしたいのですが歌詞カードの光沢があるような紙は売っているのでしょうか?

売っていたらどんな紙かお分かりの方教えって下さい。

Aベストアンサー

両面光沢紙になりますが

コピー機でコピーはできませんよ、持ち込み用紙でのコピーはできませんから

パソコンでスキャンして、パソコンのプリンターで印刷だったらできるけど。

https://www.google.co.jp/search?q=%E4%B8%A1%E9%9D%A2%E5%85%89%E6%B2%A2%E7%B4%99&ie=utf-8&oe=utf-8&aq=t&rls=org.mozilla:ja:official&hl=ja&client=firefox-a

Q文書提出命令と文書送付嘱託

文書提出命令と文書送付嘱託はどう違うんでしょうか。条文読んでもよくわかりません。具体的にどういうときにどちらを使うのか教えていただけないでしょうか。いま訴訟になっており残業代を請求しております。
相手方は労基からの是正勧告書ならびに是正報告書を持っているものと思われます。それを提出させたいのです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 文書提出命令の場合、文書の所持人が文書提出義務を負っている(民事訴訟法第220条各号のいずれかに該当する)ことが必要です。文書提出命令を受けた文書の所持人が文書の提出を拒絶した場合、文書の所持人が訴訟の当事者か第三者かに応じて制裁規定(第224条、第225条)が設けられています。
 一方、文書送付嘱託は、文書の所持人に対して文書を送付するように協力を求める手続なので、所持人に文書提出義務がある必要はありませんが、提出に応じるかは文書の所持人の任意なので、文書提出命令と違って、文書を提出しない場合の制裁規定はありません。

民事訴訟法

(文書提出義務)
第二百二十条  次に掲げる場合には、文書の所持者は、その提出を拒むことができない。
一  当事者が訴訟において引用した文書を自ら所持するとき。
二  挙証者が文書の所持者に対しその引渡し又は閲覧を求めることができるとき。
三  文書が挙証者の利益のために作成され、又は挙証者と文書の所持者との間の法律関係について作成されたとき。
四  前三号に掲げる場合のほか、文書が次に掲げるもののいずれにも該当しないとき。
イ 文書の所持者又は文書の所持者と第百九十六条各号に掲げる関係を有する者についての同条に規定する事項が記載されている文書
ロ 公務員の職務上の秘密に関する文書でその提出により公共の利益を害し、又は公務の遂行に著しい支障を生ずるおそれがあるもの
ハ 第百九十七条第一項第二号に規定する事実又は同項第三号に規定する事項で、黙秘の義務が免除されていないものが記載されている文書
ニ 専ら文書の所持者の利用に供するための文書(国又は地方公共団体が所持する文書にあっては、公務員が組織的に用いるものを除く。)
ホ 刑事事件に係る訴訟に関する書類若しくは少年の保護事件の記録又はこれらの事件において押収されている文書

(文書提出命令の申立て)
第二百二十一条  文書提出命令の申立ては、次に掲げる事項を明らかにしてしなければならない。
一  文書の表示
二  文書の趣旨
三  文書の所持者
四  証明すべき事実
五  文書の提出義務の原因
2  前条第四号に掲げる場合であることを文書の提出義務の原因とする文書提出命令の申立ては、書証の申出を文書提出命令の申立てによってする必要がある場合でなければ、することができない。

(文書提出命令等)
第二百二十三条  裁判所は、文書提出命令の申立てを理由があると認めるときは、決定で、文書の所持者に対し、その提出を命ずる。この場合において、文書に取り調べる必要がないと認める部分又は提出の義務があると認めることができない部分があるときは、その部分を除いて、提出を命ずることができる。
2  裁判所は、第三者に対して文書の提出を命じようとする場合には、その第三者を審尋しなければならない。
3  裁判所は、公務員の職務上の秘密に関する文書について第二百二十条第四号に掲げる場合であることを文書の提出義務の原因とする文書提出命令の申立てがあった場合には、その申立てに理由がないことが明らかなときを除き、当該文書が同号ロに掲げる文書に該当するかどうかについて、当該監督官庁(衆議院又は参議院の議員の職務上の秘密に関する文書についてはその院、内閣総理大臣その他の国務大臣の職務上の秘密に関する文書については内閣。以下この条において同じ。)の意見を聴かなければならない。この場合において、当該監督官庁は、当該文書が同号ロに掲げる文書に該当する旨の意見を述べるときは、その理由を示さなければならない。
4  前項の場合において、当該監督官庁が当該文書の提出により次に掲げるおそれがあることを理由として当該文書が第二百二十条第四号ロに掲げる文書に該当する旨の意見を述べたときは、裁判所は、その意見について相当の理由があると認めるに足りない場合に限り、文書の所持者に対し、その提出を命ずることができる。
一 国の安全が害されるおそれ、他国若しくは国際機関との信頼関係が損なわれるおそれ又は他国若しくは国際機関との交渉上不利益を被るおそれ
二 犯罪の予防、鎮圧又は捜査、公訴の維持、刑の執行その他の公共の安全と秩序の維持に支障を及ぼすおそれ
5  第三項前段の場合において、当該監督官庁は、当該文書の所持者以外の第三者の技術又は職業の秘密に関する事項に係る記載がされている文書について意見を述べようとするときは、第二百二十条第四号ロに掲げる文書に該当する旨の意見を述べようとするときを除き、あらかじめ、当該第三者の意見を聴くものとする。
6  裁判所は、文書提出命令の申立てに係る文書が第二百二十条第四号イからニまでに掲げる文書のいずれかに該当するかどうかの判断をするため必要があると認めるときは、文書の所持者にその提示をさせることができる。この場合においては、何人も、その提示された文書の開示を求めることができない。
7  文書提出命令の申立てについての決定に対しては、即時抗告をすることができる。

(当事者が文書提出命令に従わない場合等の効果)
第二百二十四条  当事者が文書提出命令に従わないときは、裁判所は、当該文書の記載に関する相手方の主張を真実と認めることができる。
2  当事者が相手方の使用を妨げる目的で提出の義務がある文書を滅失させ、その他これを使用することができないようにしたときも、前項と同様とする。
3  前二項に規定する場合において、相手方が、当該文書の記載に関して具体的な主張をすること及び当該文書により証明すべき事実を他の証拠により証明することが著しく困難であるときは、裁判所は、その事実に関する相手方の主張を真実と認めることができる。

(第三者が文書提出命令に従わない場合の過料)
第二百二十五条  第三者が文書提出命令に従わないときは、裁判所は、決定で、二十万円以下の過料に処する。
2  前項の決定に対しては、即時抗告をすることができる。

(文書送付の嘱託)
第二百二十六条  書証の申出は、第二百十九条の規定にかかわらず、文書の所持者にその文書の送付を嘱託することを申し立ててすることができる。ただし、当事者が法令により文書の正本又は謄本の交付を求めることができる場合は、この限りでない。

 文書提出命令の場合、文書の所持人が文書提出義務を負っている(民事訴訟法第220条各号のいずれかに該当する)ことが必要です。文書提出命令を受けた文書の所持人が文書の提出を拒絶した場合、文書の所持人が訴訟の当事者か第三者かに応じて制裁規定(第224条、第225条)が設けられています。
 一方、文書送付嘱託は、文書の所持人に対して文書を送付するように協力を求める手続なので、所持人に文書提出義務がある必要はありませんが、提出に応じるかは文書の所持人の任意なので、文書提出命令と違って、文書を提...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング