青空文庫などから著作権の切れた小説などを持ってきて,それを朗読した場合,その音声ファイルには読み手の著作権は生じるのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

難しい問題です。



まず、「著作権フリー」という文言自体、非常に不明確なものですから、その内容から明らかにする必要があります。たとえば、青空文庫は著作権の保護期間が経過した作品、つまり万人が、文字通り自由に利用することができるという意味で「フリー」です。

しかし、たとえばウェブサイトや年賀状の素材などでいわれるフリーとは、単に使用料の支払義務がないとか、フリーウェアのように入手時と同じ状態のまま再配布することは可能とか、そういった意味でも「フリー」という文言が使われます。こちらは、著作権は残っているが、一定の範囲については許諾が要らないというだけです。

したがって、後者の場合については個別具体的に判断をする必要があり、字面は「フリー」でも、朗読した音声を公開すること自体が著作権の侵害になってしまう場合も考えられます。

そのような大前提があるので、この回答の以下の部分に限り、「著作権フリー」とは、著作権の保護期間が経過した(著作権が切れた)作品という意味でのみ用います。

本題ですが、「著作権」は生じません。
著作権とは、著作者が創作と同時に取得する財産的な権利です。つまり、「創作」という行為が存在しない限り、「著作権」は発生することがあり得ません。既存の作品を読み上げただけでは、なんらの「創作」も行われていませんから、読み手に「著作権」は発生しません。

しかし、「口演」「朗詠」は、著作権法上「実演」と呼ばれ(法2条1項3号)、実演を行うものは「実演家」と呼ばれます(同4号)。

実演家には、「実演家の権利」が与えられます(法89条および90条の2以下参照)。このうち、氏名表示権(法90条の2)、同一性保持権(法90条の3)は、実演を通して実現される実演家の人格的利益を保護する権利です。法91条~95条の3の規定は、実演家の財産的利益にかかわるもので、これらに基づいて報酬等を請求することは可能です。

結論。
「著作権」とは、著作者が有する財産的権利のことであって、単に朗読、口演する者には著作権が生じません。しかし、実演家の権利として、著作権とは別の権利を取得することは可能です。

以下、蛇足ですが。
作曲家の死後何100年も経ったクラシックを演奏した場合は、演奏者や指揮者に実演家としての権利が、その演奏を録音・録画したレコード会社に「レコード製作者の権利」が、それぞれ生じます。が、これは「著作権」ではありません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

「実演家の権利」,初めて聞きました。
著作権とは別に,また権利が生じる可能性があるのですね。

なかなか難しいものなのですね…。
こんなに詳しく教えていただいて,少し賢くなったような気がします。(気がするだけかいっ!)

ありがとうございます。

お礼日時:2007/02/05 14:51

朗読した人の権利あります。

勝手にネットに載せることは出来ないが、言えばコピーは許可されるかもしれません。

全国各地の図書館やサークルで個別に朗読テープ作るおばかなことやっています。どこかで朗読してコピー配れば物理的には簡単だが著作権者との権利問題クリアできないので現行です。古い作品の朗読でなく旬の作品に需要や人気ある。

IPおちゃらけ派の妄想では過去の作品は権利者突き止めて許諾得る努力しなくても「わからないときは」勝手に放送してもいい法律できるそうです。おいおい、おつむは大丈夫か状態です(^^)
    • good
    • 0

生じると思います。



死後数百年もたったクラシック音楽を演奏したCDにも著作権があります。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QNHKラジオ文芸館(朗読CDやカセット)

NHKラジオ文芸館で放送される作品はどれも良い作品が多いですが、これらは朗読テープやCD、カセット等の形で販売されているのでしょうか?
2年前くらいでしたか、重松清の『さかあがりの神様』という作品が特に感動しました。
もし販売されていたり、何等かの形で自由に視聴出来ればスゴく嬉しいのですが……。
お詳しい方がいらっしゃれば、お時間のある時にでも教えて頂けると嬉しく思います。

Aベストアンサー

 ちょっと調べてみましたが、CDの販売は無いようです。昔はカセットブックとかで販売も合ったけど、CDに代わり、今はネットのオンデマンドで最近の物は聞けるようですが、古いと無理みたいですね。 公式ページにも情報が無かったです。

 NHKのライブラリにはあると思うので、再放送希望ということでメールしても良いかもしれないですね。

 

Q青空文庫における著作者人格権の考え方

青空文庫が運営が発表している「本という財産とどう向き合うか」
http://www.aozora.gr.jp/KOSAKU/MESSAGE.html
という文章に以下のような記述がありまして、

引用始------------------------------
財産権としての著作権は、作者の死後50年間保護されます。
では、著作者人格権は、どうなのでしょう。ある期間を過ぎれば、作品を自由に書き換えたり削ったりできるようになるのでしょうか。
そうではありません。
著作者が死んで何年たとうが、内容に手を加えることはできません。
著作権は売り渡すことができますが、著作者人格権は作者だけに帰属します。たとえ著作権を買い取った人でも、内容に変更を加えることは許されません。
引用終------------------------------

と書かれてあるのですが、この文章を虚心に読めば著作者人格権は永久に消滅しないと考えておられるとしか理解できませんよね。

著作権のなかでも著作者人格権は一身専属性を有する権利で譲渡不可のため、
原則的には著作者の死とともに消滅する権利ではあるものの、
ベルヌ条約が著作者死後における著作者人格権の保護を要求してる経緯から、
遺族に一定の権利行使が認められてはいますが、
それとて著作権が保護の対象となる作者の死後50年までのことですよね。
著作権における保護の対象は財産権にのみ限られ、
死者である作者の人格権は永久に存続するというのはいかなることなのか・・・。

底本に忠実であれという青空文庫のポリシーや運営方針についてはまったく賛同できるのですが、
そのポリシーを正当化するために著作者人格権が永久不滅のものであると断言してしまうのはいかがなものかと思うのですけれど、
そう主張してよいだけの法的根拠というのは存在するのでしょうか?
あくまで道義的倫理的な問題、あるいは青空文庫運営に対する批判を免れるための方便なのでしょうか。

よろしければご意見くださいませ。

青空文庫が運営が発表している「本という財産とどう向き合うか」
http://www.aozora.gr.jp/KOSAKU/MESSAGE.html
という文章に以下のような記述がありまして、

引用始------------------------------
財産権としての著作権は、作者の死後50年間保護されます。
では、著作者人格権は、どうなのでしょう。ある期間を過ぎれば、作品を自由に書き換えたり削ったりできるようになるのでしょうか。
そうではありません。
著作者が死んで何年たとうが、内容に手を加えることはできません。
著作権は売り渡すこと...続きを読む

Aベストアンサー

著作者人格権の保護に関しては、学説上も見解が一致しているとはいい難いので(有力少数説がある)、「こうだ!」という決まりきった結論はありません。

まず、著作者人格権の保護期間論について、少なくとも著作権の保護期間とは無関係です。著作権法上、「著作権」と「著作者人格権」の語は明確に区別されており、著作権の保護期間については明文の規定がある一方、著作者人格権については何ら規定がないからです。

では、著作者人格権の保護期間についてどのように考えるべきかについて、いくつかの考え方が成り立ち得ますが、まず、現行法の規定を観察しましょう。「こう考えるべき」論ではなく、現行法の正しい理解が先決だからです。

著作権法60条は、著作者の死後においても、著作者が生存していれば著作者人格権の侵害となるべき行為を禁止し、その行為に対する救済として、一定範囲の遺族に差止請求権、名誉回復請求権を認めています(法116条)。

これについては、(1)著作者人格権を相続の対象とした特別規定であると解する立場と、(2)遺族に固有の法的地位を付与したものと解する立場があり得ます。しかし、人格権を相続するというのは通常の法意識になじまないので、(2)の方が素直な理解だといえます。

この点、罰則規定における取扱いの差異からも、現行法がそのように考えていると推認できます。すなわち、著作者人格権の侵害は、5年以下の懲役若しくは500万円以下の罰金又はこれらの併科であり(法119条1項)、かつ、親告罪です(法123条)。これに対し、60条違反は、500万円以下の罰金であり(懲役刑がない:120条)、非親告罪です(123条)。

そうすると、現行法の解釈としては、

(a) 著作者人格権それ自体は、人格権であるから、著作者の死亡とともに消滅する(法59条)。
(b) しかし、著作物は、著作者の人格を化体したものであり、文化財としての意味もあるから、無制限な改変等を認めるべきではない(法60条および非親告罪)。
(c) また、著作者の意思を受け継ぐと考えられる範囲の遺族には、その限りで、著作者人格権の保護のために必要な救済措置を用意した方が良い(法60条、116条)。

という価値判断がある、と理解できます。なお、No.2の回答者が挙げておられる議事録で、中山先生の発言は(a)に反する(著作者人格権は永続する)かに見えます。しかし、「権利が存続するか」という話と、「いかにして保護を図るか」という話は、理論的に区別し得るので、必ずしも上記の理解と矛盾するものではありません(中山先生の教科書[中山信弘「著作権法」有斐閣・2007年・414ページ以下]では、(a)(b)(c)の理解とともに、上記発言と同旨の説示があります)。

また、ベルヌ条約に関しては、「短くとも著作権の消滅までは、著作者人格権を保護せよ」と要求しているに留まり、それ以上に、保護期間や保護の方法について締約国を拘束するものではありません。

著作者人格権の保護に関しては、学説上も見解が一致しているとはいい難いので(有力少数説がある)、「こうだ!」という決まりきった結論はありません。

まず、著作者人格権の保護期間論について、少なくとも著作権の保護期間とは無関係です。著作権法上、「著作権」と「著作者人格権」の語は明確に区別されており、著作権の保護期間については明文の規定がある一方、著作者人格権については何ら規定がないからです。

では、著作者人格権の保護期間についてどのように考えるべきかについて、いくつかの考え...続きを読む

Qラジオドラマ、朗読の番組を教えてください

子供のころからラジオドラマやラジオで朗読を聞くのが大好きです。

現在、
NHK 第一放送 ラジオ文学館
    第二放送 お話でてこい、お話の旅、朗読
     FM    FMシアター

TBS ラジオシアター文学の扉
を聞いています。

これら以外のドラマや朗読の番組を聞いていらっしゃる方、
ラジオ局と番組名を教えてください。

なお、私は首都圏在住です。
            

Aベストアンサー

#1です。

>川崎に近いと1244KHzのラジオ日本にかき消されてしまうと思います。
1422KHzの誤りでした。

出力は下記の通り。

TBC(仙台) 1260KHz 出力20Kw
KBC(福岡) 1413KHz 出力50Kw

ニッポン放送 1242KHz 出力100Kw
ラジオ日本 1422KHz 出力50Kw

1260KHzの少し上 
1278KHz RKB(福岡)50Kw
1287KHz HBC(札幌)50Kw
あたりもかぶってくる可能性があります。

ラジオによっても受信しやすい物と、しにくい物があります。
安くても良く受信できる物もありますので試してみるしかありませんが・・・

Q写真屋さんに著作権などあるのでしょうか?肖像権と著作権、どっちが強いのでしょうか?

知り合いから相談されています。幼稚園の生活発表会(学芸会みたいなもの)のときに、幼稚園が写真屋さんに依頼して、子供の写真を撮ったそうです。(スナップ写真や記念写真など)その写真は、その後、保護者が注文をして買うことができたそうです。(ちょっと高めだったらしい)ところが、その後、偶然、幼稚園と何の関係もないある印刷物にその幼稚園の生活発表会の写真が掲載されていたので、幼稚園に報告し、幼稚園から写真屋さんに抗議したところ、写真屋さん曰く「うちに著作権があるので」とのこと。また、幼稚園は幼稚園で、撮影を依頼したのは、幼稚園なのだから、著作権は幼稚園にあると主張・・・・。知り合いは、「じゃあ、うちの子の肖像権は??」となった訳です。この話、正しいのは誰なんでしょうか?

Aベストアンサー

肖像権に関しては確かに日本には明文化された法律はありません。しかしながら、人格権としては存在し、「被写体としての権利でその被写体自身、もしくは所有者の許可なく撮影、描写、公開されない権利。すべての人に認められる。みだりに自分の姿を公開されて恥ずかしい思いをしたり、つけ回されたりする恐れなどから保護するというもの。」とされています。

著作権は確かに写真屋さんにあります。契約の内容にもよりますが、契約を結んだ幼稚園側にも著作権が同じくある場合もあります(契約書に写真屋さんに全て帰するとされていれば別です)。雑誌の写真などはそのようにして、カメラマンと出版社に著作権があり、人格権としての肖像権は被写体にもあるという形です。

今回の場合、人格権として保護されるべきであるので、勝手に掲載した写真屋さんは取り下げる必要が認められる可能性が高いです。
どちらが強い?弱い?ではなく、「著作権者、被写体双方の同意が無い場合は表に出してはならない」と思っていた方が確実です。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%82%96%E5%83%8F%E6%A8%A9

肖像権に関しては確かに日本には明文化された法律はありません。しかしながら、人格権としては存在し、「被写体としての権利でその被写体自身、もしくは所有者の許可なく撮影、描写、公開されない権利。すべての人に認められる。みだりに自分の姿を公開されて恥ずかしい思いをしたり、つけ回されたりする恐れなどから保護するというもの。」とされています。

著作権は確かに写真屋さんにあります。契約の内容にもよりますが、契約を結んだ幼稚園側にも著作権が同じくある場合もあります(契約書に写真屋さんに...続きを読む

Qラジオの朗読番組

こんにちは。
先日、毎日楽しみに聴いていたJ-WAVE『サントリー ゼロアワー』が終了してしまいました。朗読に役者さんを起用したり、脚色が斬新であったりして、とても好きでした。
この様な番組を聴きたいのですが、東京で聴く事の可能な番組を教えて下さい。

因みに、その他に私が知っている番組は以下です。
○ TBSラジオ『ラジオブックス』
○ NHK 第1 『ラジオ文芸館』
○ NHK FM 『FM シアター』
(NHK FM 『青春アドベンチャー』/ラジオドラマ)

CDやネットで朗読の音声はありますが、ラジオで聴きたいので番組名をお願いします。複数の人が各々の役を演じる様なラジオドラマは、除外して下さい。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

NHK-FMのポップスライブラリーはどうでしょう?
深夜放送で、朝に再放送していたかと思います。

Q著作権を侵害した著作物に著作権はあるか。

 題の通りです。例えば「月刊あはは」に書いてあった文章を「週刊いひひ」が無断で一ページ掲載した場合、「週刊いひひ」には、著作権は存在するのですか?(無断で掲載したページ以外についても)あとその「週刊いひひ」が無断で掲載した一ページを「日刊うふふ」が無断で掲載した場合どうなるのでしょうか?また「週刊いひひ」が無断で掲載した以外のページを「秒刊えへへ」が無断で掲載した場合はそうなるのでしょうか?
※ここに登場する名前はフィクションです。
 あと、DVDコピーのやり方などを書いている、間接的に著作権を侵害している著作物にも著作権はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

 著作権が発生する要件は創作されたものとみなされることです。複製された著作物は創作によって制作されてはいませんから、著作権がありません。何社が次々に出版しても著作権は原作者にしかないことになります。
 しかし、難しいのはその1ページが引用に過ぎなかったり、まったくそのままではなく、パロディやニュース記事として創作されている場合です。そういったものを二次的著作物とよび二次的著作者としての著作権上の権利が発生します。そして、著作権法28条には著作物から派生的に作られた二次的著作物にも原著作者の権利が及ぶとされていることから、二次著作物には複数の権利が重畳して存在していることになります。
そこで、「月間あはは」は某教祖のスキャンダルをすっぱ抜いた。「月間いひひ」は「月間あはは」の写真と記事を引用して攻撃の火の手をあげた。「月間うふふ」は「月間いひひ」には承諾を得たが「月間あはは」には承諾を得ることもなく記事を掲載した。とすると「月間うふふ」は「月間あはは」から訴えられる可能性があることになります。

QNHKラジオ番組

こんにちは。
RADIKOで、好きなNHKのラジオ番組を録音して楽しんでいますが、昨日(9月6日)、なぜか具合が悪く、録音に失敗してしまいました。

以下です。

●朗読「堀辰雄作品集」(5) 2013年09月06日
●カルチャーラジオ 文学の世界「『シートン動物記』に見る 人と自然」(10) 2013年09月06日

どちらも連続で聞いて楽しみにしているので、ぜひ聞きたいと思っています。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

再放送期待ですね。
朗読は翌日夜に再放送されていますので9/6分は今夜再放送されます。(22:25~)

2番目のほうは聞いていなのでわかりませんが。

Q著作権の切れた小説を自分の小説として発表することは

著作権の切れた古い小説を、作り変えて(題材として手を加えたり、結末を変更したり)、
自分の小説として発表することはできるのでしょうか?

・「予め○○小説を題材にしています」みたいな文言を入れる必要があるのでしょうか。
・想定している使い方としては、新人賞への応募、もしくは、インターネットでの公開です


また、別件なのですが、
「著作権の切れたもの(小説とか写真)」は、
全文をそのまま自分のサイトで公開したり、ダウンロード販売してもよいのでしょうか?

Aベストアンサー

No.8 です.

>日本語は理解できないのですが、どういう意味なのでしょうか?

「その著作物の著作者が存しなくなつた後においても、著作者が存しているとしたならば」というのは,平たく言えば,その著作者が死亡(生存しない)した後でも,その人が生存しているとした場合ということです.つまり,死んだからと言って,人格権は残るということです.
著作権の財産権の場合など,許諾なしに複製しているかどうかは,著作者自身が発見し訴えないと第三者は気付きにくいということがあり,著作者がそれをするのを親告と言います.

人格権を侵害された場合に,遺族(配偶者、子、父母、孫、祖父母又は兄弟姉妹,2親等まで)は差止請求と名誉回復措置請求ができます.

>一度発表された小説を題材とした、小説を発表してはいけない?

簡単にはそういうことです.他人の創作物をもとに作る小説は,基本的に創作と見なすことは困難です.
侵害すれすれの小説を書いたところで,満足できるとは限りません.新人賞に応募してもいずれは問題となるでしょう.
著作権法は人類による独自の創作を奨励・保護することが目的です.他人の財産に頼らず独自の小説を書くのが本来の創作と考えられます.

No.8 です.

>日本語は理解できないのですが、どういう意味なのでしょうか?

「その著作物の著作者が存しなくなつた後においても、著作者が存しているとしたならば」というのは,平たく言えば,その著作者が死亡(生存しない)した後でも,その人が生存しているとした場合ということです.つまり,死んだからと言って,人格権は残るということです.
著作権の財産権の場合など,許諾なしに複製しているかどうかは,著作者自身が発見し訴えないと第三者は気付きにくいということがあり,著作者がそれをするのを親...続きを読む

Q朗読したのは誰だろう?

朗読者を探しています。もう20年くらい前、NHKラジオで偶然聞きました。石の像に矢が刺さった話をしていました。その語りに、車を運転しながらも、子どものように引き込まれました。私もそんな語りをしたい!子どもたちに語って聞かせたい!そう思ったのでした。不確定な情報でもいいです。かすかな情報でもいいのです。どなたかぜひ、教えてください。どうぞ
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

回答ではありませんが、先ず男性か女性かを書く必要がありますね~
それから、「石の像」のお話は西洋の物か日本昔話みたいなのか・・・
ちょっと情報不足だったので、書きました。

NHKでは、昔「私の本棚」・・・なんて朗読の時間がありましたが、そういうのではないのでしょうか・・・

Qおしえて!gooの回答を運用スタッフが一部改変するのは、著作権のうち著作者人格権の同一性保持権の侵害ではないのでしょうか?

教えて!gooのわたしの回答が一つ削除され、その旨をメールで通知されました。
同時に、同じ質問中の自分の別の回答が一部改変されている(一行消されている)のに気
がつきました。こちらは通知はありません。

回答を消された事はマナー違反を指摘されたので納得していますが、一部改変は連絡も
なく心外です。

そこでいろいろ調べてみると、利用規約は
 第14条(投稿内容の利用権)
 4.投稿内容の著作権は、当社に帰属します。この場合、当社は、会員に対し、
   何らの支払も要しないものとします。
 5.当社は、投稿内容の編集、改変、複製、転載(何れも商用利用の場合を含みます)
   を行うことができます。これらを行う場合でも、当社は、会員に対し、
   何らの支払も要しないものとします。
とあり、「改変」できる事になります。

しかし、著作権法上は、

 著作権法 第59条
  著作者人格権は、著作者の一身に専属し、譲渡することができない。

とあり、この著作者人格権の一つである同一性保持権は、

 著作権法 第20条 第1項
  著作者は、その著作物及びその題号の同一性を保持する権利を有し、
  その意に反してこれらの変更、切除その他の改変を受けないものとする。

 同法 同条 第2項
  前項の規定は、次の各号のいずれかに該当する改変については、適用しない。
            (中略)
  4 前三号に掲げるもののほか、著作物の性質並びにその利用の目的及び態様に
    照らしやむを得ないと認められる改変

とあり、一般には改変はできないと思われます。
また、わたしの一行分が削除が止むを得ない程有害とも思えません。

今回の改変は同一性保持権の侵害ではないでしょうか?
また、利用規約第14条5項は同一性保持権を一般的に否定する問題のある規定では
ないでしょうか?

教えて!gooのわたしの回答が一つ削除され、その旨をメールで通知されました。
同時に、同じ質問中の自分の別の回答が一部改変されている(一行消されている)のに気
がつきました。こちらは通知はありません。

回答を消された事はマナー違反を指摘されたので納得していますが、一部改変は連絡も
なく心外です。

そこでいろいろ調べてみると、利用規約は
 第14条(投稿内容の利用権)
 4.投稿内容の著作権は、当社に帰属します。この場合、当社は、会員に対し、
   何らの支払も要しないものと...続きを読む

Aベストアンサー

ご指摘の通り、著作者人格権は一身専属の権利であり、譲渡、放棄することはできません(通説判例)。また、20条2項4号にいう「やむを得ないと認められる改変」とは、たとえば明白な誤字脱字の訂正や、36条の規定によって試験問題に用いる際に虫食いにするなど、ごく限られた範囲における改変を指すものと解されています。したがって、質問・回答文の一部を削除する行為は、同一性保持権の侵害にあたる可能性が高いといえるでしょう。

なお、ここの質問文・回答文は、著作物と認められるものも多数存在するでしょう。もっとも、一行のみの回答や、誰が書いても同様の表現とならざるを得ないもの、たんなる事実の叙述などは除かれます。

そこで、利用規約の話になりますが、利用規約への同意は契約の一種であるといって間違いはないでしょう。しかし、契約があればあらゆる権利が制限できるわけではなく、強行規定は契約に優位しますし、契約に瑕疵があれば無効となる場合もあり得ます。また、権利濫用の場合も考えられます。

著作者人格権は、文字通り人格権的な要素が強く、これが強行規定であるか、任意規定であるかについては学説上の争いがあります。もっとも、現在の著作権ビジネスの現状や慣行、世界的な動向をふまえて、契約によって不行使とする(放棄はできない)ことができるとする説の方が有力でしょう。

そこで、再び利用規約に戻りますが、この部分に関してはNo.4の方と同意見です。まったく問題がないとは思いませんが、同一性保持権の不行使特約と読んでも良いかと思います。
もっとも、タイトルが「投稿内容の利用権」とあるので、あくまで著作財産権の範囲に限るという反論もできそうです(著作権法では、財産権的権利に関して「利用」、著作物の享受に関して「使用」と、その語を使い分けています)。また、「なんらの支払いも要しない」だけであって、「通知しない」とまでは述べていませんね。
削除通知等に、「関連する他の回答の一部を改変することがある」旨の記載があったかと思いますが、これも、改変の通知としては少々乱暴というか、どこがどのように改変されたか、されていないか、もうちょっと具体的に書かれた方が、個人的には好ましいと思いますが。

いずれにせよ、同一性保持権に関しては不行使特約があると考えて良いのではないかと思います。

ご指摘の通り、著作者人格権は一身専属の権利であり、譲渡、放棄することはできません(通説判例)。また、20条2項4号にいう「やむを得ないと認められる改変」とは、たとえば明白な誤字脱字の訂正や、36条の規定によって試験問題に用いる際に虫食いにするなど、ごく限られた範囲における改変を指すものと解されています。したがって、質問・回答文の一部を削除する行為は、同一性保持権の侵害にあたる可能性が高いといえるでしょう。

なお、ここの質問文・回答文は、著作物と認められるものも多数存在するでし...続きを読む


人気Q&Aランキング