青空文庫などから著作権の切れた小説などを持ってきて,それを朗読した場合,その音声ファイルには読み手の著作権は生じるのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

難しい問題です。



まず、「著作権フリー」という文言自体、非常に不明確なものですから、その内容から明らかにする必要があります。たとえば、青空文庫は著作権の保護期間が経過した作品、つまり万人が、文字通り自由に利用することができるという意味で「フリー」です。

しかし、たとえばウェブサイトや年賀状の素材などでいわれるフリーとは、単に使用料の支払義務がないとか、フリーウェアのように入手時と同じ状態のまま再配布することは可能とか、そういった意味でも「フリー」という文言が使われます。こちらは、著作権は残っているが、一定の範囲については許諾が要らないというだけです。

したがって、後者の場合については個別具体的に判断をする必要があり、字面は「フリー」でも、朗読した音声を公開すること自体が著作権の侵害になってしまう場合も考えられます。

そのような大前提があるので、この回答の以下の部分に限り、「著作権フリー」とは、著作権の保護期間が経過した(著作権が切れた)作品という意味でのみ用います。

本題ですが、「著作権」は生じません。
著作権とは、著作者が創作と同時に取得する財産的な権利です。つまり、「創作」という行為が存在しない限り、「著作権」は発生することがあり得ません。既存の作品を読み上げただけでは、なんらの「創作」も行われていませんから、読み手に「著作権」は発生しません。

しかし、「口演」「朗詠」は、著作権法上「実演」と呼ばれ(法2条1項3号)、実演を行うものは「実演家」と呼ばれます(同4号)。

実演家には、「実演家の権利」が与えられます(法89条および90条の2以下参照)。このうち、氏名表示権(法90条の2)、同一性保持権(法90条の3)は、実演を通して実現される実演家の人格的利益を保護する権利です。法91条~95条の3の規定は、実演家の財産的利益にかかわるもので、これらに基づいて報酬等を請求することは可能です。

結論。
「著作権」とは、著作者が有する財産的権利のことであって、単に朗読、口演する者には著作権が生じません。しかし、実演家の権利として、著作権とは別の権利を取得することは可能です。

以下、蛇足ですが。
作曲家の死後何100年も経ったクラシックを演奏した場合は、演奏者や指揮者に実演家としての権利が、その演奏を録音・録画したレコード会社に「レコード製作者の権利」が、それぞれ生じます。が、これは「著作権」ではありません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

「実演家の権利」,初めて聞きました。
著作権とは別に,また権利が生じる可能性があるのですね。

なかなか難しいものなのですね…。
こんなに詳しく教えていただいて,少し賢くなったような気がします。(気がするだけかいっ!)

ありがとうございます。

お礼日時:2007/02/05 14:51

朗読した人の権利あります。

勝手にネットに載せることは出来ないが、言えばコピーは許可されるかもしれません。

全国各地の図書館やサークルで個別に朗読テープ作るおばかなことやっています。どこかで朗読してコピー配れば物理的には簡単だが著作権者との権利問題クリアできないので現行です。古い作品の朗読でなく旬の作品に需要や人気ある。

IPおちゃらけ派の妄想では過去の作品は権利者突き止めて許諾得る努力しなくても「わからないときは」勝手に放送してもいい法律できるそうです。おいおい、おつむは大丈夫か状態です(^^)
    • good
    • 0

生じると思います。



死後数百年もたったクラシック音楽を演奏したCDにも著作権があります。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qツイキャス等での音読、著作権の問題は?

新聞や本を声に出して読む、音読や朗読の練習しています。
一人で読むよりは誰かに聞いてもらう方がいいと聞いたので、
練習がてら、ツイキャスやUst、ニコ生などで音読や朗読をしようと思います。

気になるのは、著作権やその他法律的な事です。

1・自分で購入している新聞の一部分を音読を放送する事はダメか?
2・無料で誰でも読めるネットの記事やニュースの音読はダメか?
3・本(著者がご存命の場合)の朗読はダメか?

対象物の映像は使いません。音声のみとしてご回答をお願いします。
また、音楽やBGMも使いません。

このあたりの法律などに詳しい方、ぜひご回答をいただけましたら嬉しいです。

Aベストアンサー

検討対象になるのは、現行著作権法で、複製権と口述権でしょう。両方共に著作権であり、許諾の無い利用は侵害となります。

複製の定義ですが、昭和46年に廃止された旧著作権法では、「演述(口述)」も複製権の対象でしたが、現行著作権法では、第2条1項15号で、著作物を有形的に再製すること(例えば録音)としています。つまり、音読、朗読のような無形的再製は複製に含まれません。しかし、現行著作権法にもとづく昭和53年の最高裁判例があって、既存の著作物に依拠しその内容を「覚知」させる再製も複製としています。

つまり、音読や朗読も複製権の対象だということです。

次に、口述権です。これも無形的な利用で公に口述で伝達することです(公でなければ侵害になりません)。いったん口述し録音されたものの再生も含まれます。具体的には、小説、詩、講演などがあります。

ご質問の1、2、3はいずれも著作権保護期間であれば、すべて著作物として著作権の対象です。共通しているのは文章等(テキスト)ですが、これらの許諾無しの音読、朗読は侵害に当たるでしょう。ツイキャス、ニコ生などでも同様です。
併せて、映像、音楽、BGMを使うかどうかは無関係です。

また、無断で改変して利用すると、同一性保持権の侵害に関係します。

一人で朗読するとか、室内で友人や家族に聞いてもらう程度なら問題ありません。また、学校で授業の一環で行う場合も問題ありません。

検討対象になるのは、現行著作権法で、複製権と口述権でしょう。両方共に著作権であり、許諾の無い利用は侵害となります。

複製の定義ですが、昭和46年に廃止された旧著作権法では、「演述(口述)」も複製権の対象でしたが、現行著作権法では、第2条1項15号で、著作物を有形的に再製すること(例えば録音)としています。つまり、音読、朗読のような無形的再製は複製に含まれません。しかし、現行著作権法にもとづく昭和53年の最高裁判例があって、既存の著作物に依拠しその内容を「覚知」させる再製も複製とし...続きを読む

Q超有名どころの童話が読めるサイトをたくさん教えて!

いつもお世話になっています。著作権は100年くらいでなくなる・・・みたいなことを聞いたことあるんですが(違ってたらごめんなさい)、それなら著作権切れの話を公開してるサイトはないでしょうか?

・・・まぁ、図書館に行けばタダで読めるんですけどそれは言いっこなしで(^_^;)

☆イソップ童話、グリム童話、日本むかし話など、誰でも知ってる話が読みたい。

☆イラスト入りや、または漫画だとうれしい。

☆「イソップ童話」で検索してもうまくいかないので、便利な検索用語を知りたい。

☆特に読みたい話は「きっちょむとんち話」「赤ずきんちゃん」「うさぎとかめ」です。

☆ヤフーのオンラインマンガみたいに有料じゃなく、無料で読めるサイトのみを探しています。

Aベストアンサー

こんにちは

同じヤフーでも、「Yahoo!きっず」で探せばほとんどのサイトが無料のはずです。アート/本と読みものカテゴリに関連サイトがたくさんあります。
http://kids.yahoo.co.jp/artsoup/Books_and_Reading/

gooの検索では「オンライン 絵本」でリンク集などあたってみると良いかもしれません。

グリム童話「ブレーメンの音楽隊」でよろしければ、下記サイトで音声イラスト付きゴージャス?絵本がご覧頂けます。(ただし、リアルプレーヤー必須で少し重いです)
http://www1.linkclub.or.jp/~dts/
右上の水色のところ、「Picture Book」をクリックして下さい。

参考URL:http://kids.yahoo.co.jp/artsoup/Books_and_Reading/

QYouTubeで本を朗読するシーンを流すと著作権違反ですか?

YouTubeなどの動画共有サイトで、たとえば夏目漱石の小説を、本の内容を見せながら朗読するのを流すと著作権違反になりますか?

Aベストアンサー

「著作者の生存期間及び著作者の死後50年」だから
夏目漱石なら大丈夫でしょう。

Q著作権フリーの詩を教えてください

現在、卒業文集を制作中です。
最後の1ページに
卒業生の心に響くような素敵な詩や言葉を載せたいと思っています。
著作権フリーの詩をご存じでしたら教えてください。

Aベストアンサー

『青空文庫』という著作権が切れた作品をテキストファイル化し、公開するという活動があります。
この中に詩集もあったりします。
http://yozora.kazumi386.org/9/1/ndc911.html

参考URL:http://www.aozora.gr.jp/#main

Q朗読のボランティアで使用する短編集をさがしています。

高齢者センターなどで、朗読(ボランティア)するのに適した、10分間くらいで読み切れる短編集(本)を探しています。内容はお年寄りに喜んでいただけるような、明るく楽しそうなものを常に選ん朗読していますのでよろしくお願いいたします。題名・著者・出版社などおわかりでしたらお知らせください。
又、幼児・小学生(低~高学年)の「お話し会」向きで、ぜひ子供達に聞かせたいと思われる本(5~10分で読み切れる)がありましたら、お知らせください。

Aベストアンサー

 こんにちは。お年を召した方に向くかは分かりませんが、ジンワリ幸せな気分になれる以下の作品はいかがでしょうか?
●角田光代「PRESENTS」
 まさしく贈り物というキーワードの短篇集です。ウェディングベールや名前など気持ちがやさしくなれる文章が満載です。昔を思い出して懐かしんでいただけるのではないでしょうか。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31628144
 じんわりした恋の話「ちいさな幸福」お勧めです。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31819459
●重松清「季節風」シリーズ
 中には少し切ない話がありますが、季節ごとがテーマの作品集です。まだ秋は未読なのですが、夏と春は読みました。転校する少年達の友情や親子関係など幸せな情景が浮かんでくるものが多いです。
http://books.yahoo.co.jp/search?p=%BD%C5%BE%BE%A1%A1%B5%A8%C0%E1%C9%F7
●アンデルセン「絵のない絵本」
 詩人と月の会話という詩情あふれる素敵な連作短篇集です。明るく楽しい感じではありませんがうっとりとした感じです。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/09271755
●小川未明「小川未明童話集」
 「赤いロウソクと人魚」はあまりお勧めできませんが、「月夜と眼鏡」なんかは楽しい気持ちになります。無論お子様にもお勧めです。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31150665
●ファージョン「ムギと王さま」
 ファージョンの童話集です。大人でも十分読み応えのある童話ですので、喜んでいただけると思います。屋根裏で本をワクワクしながら本を読んでいる気持ちになります。お子様にもどうぞ。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30831454
●奥田英朗「家日和」
 楽しいけどちょっぴりブラックな家をテーマにした短篇集です。ネットオークションなどは分かりにくいかもしれませんが、どれもハッピーエンドというか後味の悪い終りかたをしません。失業して主夫になったり、妻に出て行かれてもインテリアに凝り始めてなんとなくよりが戻ったり、現代の家をテーマに面白く書かれています。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31870143
●藤沢周平「たそがれ清兵衛」
 悲しい話があるなかでも、「たそがれ清兵衛」はあまりそんな感じではなかったと思います。偏見かもしれませんがお年を召した方は時代劇がお好きだと思いますのでいかがでしょうか。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31745033
●アンソロジー「Re‐born はじまりの一歩」
 まさしく再生する話ですので、どの作品も前向きになれる話です。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/32041072
●アンソロジー「ヴィンテージ06」
 ワインがテーマになっている短篇集ですが、ワインの知識がなくても全然OKです。人とワインの素敵な関わりを書いていて、どれも暗くなく明るく爽やかです。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31724933

 他にもお子様用に以下の本はいかがでしょうか?
●石井桃子編「イギリスとアイルランドの昔話」
 絵も載っています。不思議な話からとんちの効いた話まで、グリムやアンデルセンと一味違った面白い昔話です。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/01880425
●レアンダー「ふしぎなオルガン」
 心温まる詩的な童話集です。ただし絶版になっていますので図書館などで探してみて下さい。岩波少年文庫か岩波の児童書であると思います。
http://www.iwanami.co.jp/hensyu/jidou/
●ピアス「真夜中のパーティ」
 「トムは真夜中の庭で」で有名なピアスのやはり不思議な短篇集です。大人が読んでも十分面白かったです。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30690546


 ご参考までにm(__)m。

 こんにちは。お年を召した方に向くかは分かりませんが、ジンワリ幸せな気分になれる以下の作品はいかがでしょうか?
●角田光代「PRESENTS」
 まさしく贈り物というキーワードの短篇集です。ウェディングベールや名前など気持ちがやさしくなれる文章が満載です。昔を思い出して懐かしんでいただけるのではないでしょうか。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31628144
 じんわりした恋の話「ちいさな幸福」お勧めです。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31819459
●重松清「季節風」シ...続きを読む

Q海外の本を翻訳して日本で出版するには?

ベストセラーなどではありませんが、自分が英語で読んだ海外の本を
「是非、翻訳して日本でも出版してみたい!」「きっと日本にも
この本の内容を楽しんでくれる人が多くいるに違いない!」と
思った場合、どのようにしたらその本を日本語訳して日本で
出版できるのでしょうか?翻訳自体は自分でするという場合に、
どのようなプロセスを踏めば良いのかを教えて頂きたいです。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

実際的な話をするなら、翻訳権の交渉などは個人では無理です。作家のエージェントと日本側の出版社/エージェントとの話し合いになりますから、個人の関与することではないわけです(何部印刷して、定価はいくらで、著者印税は何パーセント払う、といった交渉は、個人ではできないでしょ?)。その本を日本に紹介したいのであれば、さわりの部分を訳して、あらすじなどを書いたレジュメを作成し、分野的にその本に興味を示しそうな出版社に売り込む、というのがいちばん現実的な方法でしょう。最高にうまくいけば「うちで版権を取って、あなたに翻訳を任せる」ということになります。あるいは「○○社が版権を取って、出版準備を進めている」といった情報を教えてくれるかもしれません。もちろん「見ておきます」と言われてそのまま音沙汰なし……という可能性もかなり高いわけですが。

なんか否定的になっちゃいましたけど、作家に直接OKをもらって、自分で訳して自費出版、という可能性もゼロではありません。出版社に編集者として就職し、その本の翻訳企画を提出するという手もあります。でも基本的には「読んで気に入ったから翻訳出版したい」という希望が、かなり実現性の薄いものだということは理解しておいてください。

実際的な話をするなら、翻訳権の交渉などは個人では無理です。作家のエージェントと日本側の出版社/エージェントとの話し合いになりますから、個人の関与することではないわけです(何部印刷して、定価はいくらで、著者印税は何パーセント払う、といった交渉は、個人ではできないでしょ?)。その本を日本に紹介したいのであれば、さわりの部分を訳して、あらすじなどを書いたレジュメを作成し、分野的にその本に興味を示しそうな出版社に売り込む、というのがいちばん現実的な方法でしょう。最高にうまくいけば...続きを読む

Q本名からのいいペンネームの作り方

本名から、いいペンネームをつくる何かいいサイトはありませんか?もしご存知の方がいらしたら、ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

自動で文字を並び替え意味のある並びを生成するページ。単語によって候補がなかったりするけど。
「アナグラム自動生成」ひらがな版
http://tool.stabucky.com/anagram.php
「Wordsmith.org: the magic of words」英語版
http://wordsmith.org/anagram/index.html
「アナグラム作成支援システム」文字種関係なく並び替えるが意味をチェックしない
http://www.sist.ac.jp/~kanakubo/research/wordplay/anagram_support.php

QFacebook メッセンジャー

メッセンジャーで、ウェーブが届きました。と来たのですが、これは何の意味でしょうか?
私を選択して送られてるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

Poke機能というのはわかりますか? 肩をちょっちょっとつついて「元気?」みたいに簡単な挨拶をする機能です。
Wave(ウエーブ)とは、このpokeと携帯のGPS機能の合わせ技で、時間的に近い距離にいる友達に対して「近くだよ。元気?」みたいな挨拶をする機能です。Waveが来ることで、じゃあ、今から合おうかみたいなこともできるのではと言われています。

>私を選択して送られてるものなのでしょうか?
個人ではなく、物理的な距離の近さによって出てくるようです。どのぐらいの距離の近さに設定しているか詳細はわかりませんが。

Q著作権の消滅した作家の作品をHPに掲載したいのですが。

タイトル通りの質問です。
宮沢賢治など著作権の消滅した作家の作品を自分のHPに全文掲載したいと思っています。
「青空文庫」というサイトで電子化されていますが、
あのサイトに掲載されている作品をダウンロードして、
規約にある、記載事項をきちんと掲載ていれば、
それを自分なりのイメージの壁紙で飾ったり、
読みやすいように改行したりして(内容を触るのではなく、あくまで改行のみ)
HPに載せても問題はないのでしょうか?
「青空文庫」の利用規約を読んでもその辺の細かいところが
自分では読み取れませんでした。

もしダメだとすると、私が持っている本から宮沢賢治の作品を
自分で入力するのなら良いのでしょうか?

ご回答をよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 
  「青空文庫」とはどういうものか知りませんが、他にもオンラインの著作権の切れた著作物をデジタル情報として掲載しているサイトを知っていますが、「著作権が切れた著作物」については、「青空文庫」も、著作権を持っているはずがありません。しいて持っているとすれば、広義に解釈した「編集権」でしょう。また、原文校訂などを行うと、校訂本として、「校訂」について、新しい著作権が発生するかも知れませんが、単に、デジタル化しているだけなら、まだ、そういうデジタル化著作権などは、法律で存在していないと思います。該当の「青空文庫」の著作物が、何を底本にしているのか、底本出版社とのあいだで、何か特別な契約でも結んでいるのか確認して、何も注記がないなら、そのまま勝手に複写して、自分で、手持ちの本の表現に変えたりしたり、文字やレイアウトを変えたりして使用することは、まったくの自由のはずです。
 
  また、自分で、入力する場合は、これは完全に自由です。ただ、古典は普通、校訂者がいます。岩波の古典文学大系などに載っているテキストは、校訂テキストです。しかし、宮沢賢治の著作などなら、確かに出版する時、これもテキスト校訂者がいますが、貴方が自分で入力してデジタル化する場合は、底本を明記しておけば、別に法律問題にはならないと思います(商業的・営利的に利用するのでない限り。営利的に利用する場合でも自由だとは思いますが、念のため)。気になれば、複数の底本を使って、貴方の校訂テクストを造ればよいでしょう。
 

 
  「青空文庫」とはどういうものか知りませんが、他にもオンラインの著作権の切れた著作物をデジタル情報として掲載しているサイトを知っていますが、「著作権が切れた著作物」については、「青空文庫」も、著作権を持っているはずがありません。しいて持っているとすれば、広義に解釈した「編集権」でしょう。また、原文校訂などを行うと、校訂本として、「校訂」について、新しい著作権が発生するかも知れませんが、単に、デジタル化しているだけなら、まだ、そういうデジタル化著作権などは、法律で存在...続きを読む

Q発声練習ができるオススメの場所

こんにちわ muranといいます
発声練習という大げさなものではなく・・・
大声を出しても周囲に迷惑がかからない場所で、お金のあまりかからない場所ってありますか?
カラオケボックスもいいなって思ったんですけど、
他にオススメあったら是非教えてください!

Aベストアンサー

 以前、劇団に所属していました。

 私も、発声練習の場所にはかなり苦労しました。普段話しているぐらいの声量なら、部屋でも、どこでも練習できるます。ですが、本番と同じぐらいの大きな声量となるとかなり場所が限られまよね。

 #2の方が、フトンをかぶって練習すると書かれています。私も実際に試しましたが、消音効果はほとんどなく、隣の部屋の人から苦情を言われてしまいました。
 フトンをかぶるくらいなら、まだ押入れに入って練習した方がマシです。この方がまだ、消音効果は期待できます。(別に#2さんをけなしているわけではありません)
 ですが、暗く狭い場所で発声練習をするのはお勧めしません。
 暗くて狭い場所で発声していると、無意識のウチに自分の声確認しようとして、声を頭蓋骨全体に共鳴させてしまいます。
 ヌケのよい声を出すために声を共鳴させる事は必要ですが、やりすぎて頭蓋骨全体に共鳴させてしまうと、声がこもって、ヌケの悪い声に聞こえてしまいます。
 ですから、大きな声で発声練習をする場合は、ある程度の広さがある場所がいいでしょう。
 もし、自分の声のヌケを確認したいのであれば、誰かに少し離れた位置で声を聞いてもらうか、マイクやラジカセなどを少し離れた位置に置いて録音してみてください。
 

 それで、練習場所なのですが、私はデパートなどの駐車場に夜こっそりもぐりこんで練習してました。
 広くて誰もいないので、思う存分声が出せました。
 ほかには、#3さんが言っているように、朝の公園や、早朝の学校のグランドなどでも練習してました。
 どの場所も、注意さられたら練習をやめるのがコツですね(笑)
 

 周りを気にしないで練習できるとなると、やはりカラオケボックスなどの個室ですよね。
 カラオケボックス以外では、バンドの人達が使っているようなスタジオもお勧めです。
 ほとんどのスタジオがバンド練習の他に、個人練習用に低料金で部屋を貸してくれます。
 スタジオによって料金は違いますが、個人練習ならだいたい【1時間 800円】ぐらいが相場です。
 カラオケボックスより少し割高ですが、録音機材などが揃っている事を考えたら、けっして高いとは思いません。
 芝居をしている人のなかに、録音などの機械を使う事に否定的な人もいます。ですが、自分の声を客観的に聞く事は役者にとって悪い事ではありません。

 音楽スタジオで芝居の練習をしているので、場違いかと思えますが、部屋に入れば外からは分からないので、こっちのものです(笑)
 歌の練習に利用している人もいるので、楽器を持っていなくても怪しまれません。

 muranさんが住んでいる近くにスタジオがあるかどうかは分かりませんが、参考URLにスタジオ検索のページを載せているので、興味があるなら覗いてみてください。

 長々と書いてしまい読みにくいかもしれませんが、この回答がmuranさんの参考になれば、幸いです。

参考URL:http://www.digimart.net/studio/studio.htm

 以前、劇団に所属していました。

 私も、発声練習の場所にはかなり苦労しました。普段話しているぐらいの声量なら、部屋でも、どこでも練習できるます。ですが、本番と同じぐらいの大きな声量となるとかなり場所が限られまよね。

 #2の方が、フトンをかぶって練習すると書かれています。私も実際に試しましたが、消音効果はほとんどなく、隣の部屋の人から苦情を言われてしまいました。
 フトンをかぶるくらいなら、まだ押入れに入って練習した方がマシです。この方がまだ、消音効果は期待できます...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報