信金で融資のいわゆる内諾(支店長代理扱い・口頭・手書きメモあり)がされたため融資先ではある事業に着手、数回に分けた各融資契約のうち1回目が実行されたが、その後同信金は2回目以降の融資を一方的に中止、これにより融資先は資金ショートし倒産の見込み。
 以上のケースで信金に融資継続の法的義務があるかないか、損害賠償請求の対象になり得るか、ご教示お願いします。
 当方の見解では、融資予約契約の不履行として帰責可能、但し一連の融資が包括的でありそれを承諾した証拠が必要と考えています。
 近い判例がありましたらあわせてお願いします。関係会社の生死がかかっており切実です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

1 貸付条件の確定と合意内容の解釈


 「融資予約」の合意があった場合に、貸付日、貸付額、貸付利率、担保物件などの貸付条件が具体的に確定していれば、諾成的消費貸借契約が成立したものと認定され、これらの貸付条件が具体的に確定していない段階での合意は、消費貸借の予約と認定されるのが、通常だと思われます。
 以下、「融資予約」という言葉を、諾成的消費貸借契約と消費貸借の予約との双方を包括する概念として、ご説明申し上げます。

2 本件において、「融資予約」を認定し得るか
 結論的には、いただいた補足を前提とする限り、5000万円全額についての「融資予約」の存在は認定し難いと考えます。

 まず、信金とX社との取引は今回が初めてであることから、信金は、与信審査に慎重な態度をとるのが通常です。ですから、数回の融資を一括して与信審査するのではなく、各回ごとに個別に審査する意思であったとみられる可能性が高いと思われます。

 次に、「X社は要求された具体的各種資料を提示」したようですが、「融資次第で進める」とのことですから、X社は、信金に対して、事業計画全体にわたって、設計図面や工事経費見積(積算)などの詳細な稟議資料を提出していたわけではなく、初回融資を利用して進める工事(1期工事)については、詳細な稟議資料を提出し、信金内部でも稟議・決済が終了していたが、次回以降の融資を利用して進める工事(2期工事以降)については、X社が稟議資料を未提出であるか、信金内部の稟議・決済が終了していなかったことがうかがわれます。ですから、信金として、5000万円全額の融資を行うか否かについては意思決定が未了であったとみられる可能性が高いと思われます。

 さらに、次長の専決融資金額の範囲内であるにもかかわらず、融資証明書などの融資の意思を表明した文書が作成されず、ただX社作成の収支計画表に融資予定金額が記入されたのみで、次長の記名・署名などもないとのことですから、このメモは、「X社の融資申込書作成の便宜のために次長が作成した参考資料」にすぎないとみられる可能性が高いと思われます。

 こうしてみますと、書証関係からは、「融資予約」の成立は認定し難いと考えます。X社が「融資予約」の存在を立証できるか否かは、次長の口頭での説明(それも、「5000万、絶対融資しますよ」といった、融資実行の確定的意思を表明したとみられる説明があってはじめて、立証の実益があります。単に、「前向きに検討します」といった程度の説明があったにすぎないのであれば、立証に成功しても、「融資予約」の成立を認定させる資料とはなり難いと考えます。)を立証できるかどうかにかかっているように思われます。
 そうなると、このサイト上で、「口頭でこんなやりとりがあった」というご説明をいただいても、それはX社のご認識であって、「口頭でこんなやりとりがあった」という事実がどこまで信金(や裁判所などの第三者)に対する説得力を持つかは、私には判断が困難です(次長の認識と突き合わせてはじめて、いずれの認識が説得力を持つのか判断が可能になります。つまり、両方の証言を聞かなければ分からない、ということです。)。

3 今後の対応
 丁重なお礼と補足をいただいたにもかかわらず、何とも冷たいお答えで申し訳ありません。
 ただ、私が見落としている視点から、X社に有利な突破口が開けるかもしれませんし、仮に「融資予約」の成立が肯定されれば、次長(本件の決裁権者)が資金ショートによる倒産の可能性を認識していたことから、不法行為責任の追及の余地もあり得ます。弁護士へのご相談をご検討になってはいかがでしょうか。
 ご参考までに、日弁連のホームページをご紹介します(下記参考URL)。「法律相談窓口」→「法律相談センター」の順にリンクをたどっていただき、お近くの弁護士会のホームページにアクセスしてみてください。
 また、商工会議所などが、事業者向けの法律相談を開催していたかと思います。

 弁護士にご相談になる際には、「時系列表」(事実経過を、時間の流れに沿って箇条書きでまとめた表)と「人物関係図」(本件の関係者の相互関係を図式化したもの。テレビ雑誌のドラマの紹介記事に用いられている登場人物の紹介図を思い浮かべていただければ結構です。)とをあらかじめご作成になり、関係書類とともにご持参いただき、弁護士にお示しください。相談時間を有効にご活用いただくため、お勧めします。

 以上、何かのお役に立てば幸いです。

参考URL:http://www.nichibenren.or.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 皆様にご指導いただき、とくにjustinianiさんの研削によって、ポイントと成り行き予測の感覚が充分に把握できました。当の本人に戦意が見られないことも含め、資金調達中心のアドバイスをしてみます。丁寧なご回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/15 19:35

 結論的には、損害賠償請求は困難ではないかと考えます。



1 「融資予約契約」の成否
 消費貸借契約(貸金契約も、消費貸借契約の一種です。)の成立要件を規定した民法587条によれば、消費貸借契約は、目的物の交付があってはじめて成立します(要物契約)。
 もっとも、裁判例及び学説上、将来金銭を貸し付けることを約束する契約(諾成〔だくせい〕的消費貸借契約)や、将来消費貸借契約を締結することを約束する契約(消費貸借の予約(民法589条)*1)も有効であると解されています。

 本件において、融資先(X社、とします)と信金との間に諾成的消費貸借契約ないしは消費貸借の予約が成立したか否かを認定する際には、大要、以下の点が問題となると考えます。よろしければ、duca4050さんのお差し支えのない範囲で、補足をお願いします。
・ 信用金庫取引約定は、従前から締結されていたのか、今回の融資のために締結されたのか。
・ X社が、事業計画をどの程度具体化し、どの程度信金側に伝えていたのか(特に、後続の融資の際に改めて稟議用資料を追完することが予定されていたのか。)。
・ 貸付予定総額及び各回の貸付予定額、支店長代理の専決融資金額(いくらの取引まで決裁権があったか。)。
・ 支店長代理がX社に説明した内容。
・ 支店長代理がX社に交付したメモの内容、支店長代理の記名・職印があるか否か。
・ 信金が、融資証明書等を発行していたか否か。
・ 信用保証協会の保証が貸付の条件とされていたか否か、条件とされていたとして、信用保証協会に対して、X社の事業計画について、どの程度の説明があったか。
・ 貸付総額・貸付条件は確定していたか、また、実行された貸付額はいくらか。

2 損害賠償の範囲
 仮に、X社と信金との間に諾成的消費貸借契約ないしは消費貸借の予約が成立したと認定し得るとしても、損害賠償額は、さほど大きくならないと考えます。

 まず、諾成的消費貸借契約が成立していた場合、信金が負う債務は、金銭を貸し付けるという金銭債務ですから、損害賠償の額は、商事法定利率(年6%)により定めることになります(民法419条1項本文、商法514条、502条8号)。
 本件において、貸付利率が年6%を上回っていたとしても、それは、X社が信金に対して負う貸金返還債務についての約定利率であって、信金がX社に対して負う貸付実行債務についての約定利率ではありませんから、民法419条1項但書を理由に、貸付利率による損害賠償義務を信金に負わせることはできないと考えます。
 なお、法定利率以上の損害が発生したことを立証したとしても、これについての損害賠償は認められないと解されています(最高裁昭和48年10月11日判決)。

 次に、消費貸借の予約が成立していた場合、信金が負う債務は、消費貸借契約を締結する義務にすぎませんから、この義務の不履行と因果関係のある損害は、せいぜい、消費貸借の予約締結費用及びその後の消費貸借契約締結に向けた交渉費用程度(いわゆる「信頼利益」)にとどまり、貸付が実行され事業計画が実施されていれば挙がったはずの予定収益相当額(いわゆる「履行利益」)の損害賠償は認められない公算が大きいと考えます。

 もっとも、本件の貸付中止措置を不法行為(民法709条)として構成すれば、予定収益相当額の損害賠償を請求することが可能かもしれません(後記東京地裁平成4年1月27日判決も、消費貸借の予約の成立を認めながら、さらに、不法行為責任をも論じています。)。
 しかし、不法行為として構成した場合、事業計画が実施されていれば予定収益相当額の収益が確実に挙がったはずであること(民法709条にいう「損害」)と、貸付中止措置をとった当時の信金が、貸付中止措置をとればX社が資金ショートを起こし、事業計画の実施が不可能になることを予見し得たこと(民法416条2項)の2点を立証する必要があります。そして、後者の予見可能性については、単に末端の営業担当者がX社の資金繰りの実情を知っていたというだけでは足りず、貸付中止措置の決裁権者が、事業計画の実施が不可能になることを予見し得たことが必要と考えます(最高裁昭和47年11月21日判決ご参照*2)

3 参考裁判例
 私が現段階で接し得た文献によれば、「融資予約契約」の成立を肯定した裁判例はないようです。可能であれば、判例タイムズ1039号148ページ(東京高裁平成11年10月20日判決のコメント欄)をご覧ください。
 なお、shoyosiさんがNo.1のご回答でご指摘の東京地裁平成4年1月27日判決は、融資予約契約の成立を認めた事例(*3)ですが、控訴審である東京高裁平成6年2月1日判決は、融資予約契約の成立を否定しています。

 以上、ご期待に沿うようなご説明ができず、申し訳ありません。ご参考になれば幸いです。
     ----------
*1 諾成的消費貸借契約との違いは、貸付条件が確定しているか否かにあるとお考えいただいて結構です。
*2 動産の善意取得(民法192条・動産を譲り受けた者は、当該動産が譲渡人の所有物でなかったとしても、譲渡人の所有物であることを信じて疑わなかった(善意)場合には、当該動産の所有権を取得する、という制度です。)について、譲受人が法人であるときは、「善意」か否かは、原則として法人の代表者の認識を基準とする旨判示しています。
*3 融資証明書が発行されていたうえ、支店長が融資先とともに取引先(工業団地の売主である県企業庁)にあいさつに出向くなどしていたと認定されています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 大感謝大感激です。詳細なご検討までいただき厚く御礼申し上げます。
 上記のうち、貸付条件が確定しているべきものは、金銭貸借予約契約ですか?そとも諾成的消費貸借契約ですか? 不利な感じですが、人道的責任を中心に、不法行為の可能性を指摘しつつ継続履行を要求したい旨です。
 補足事項の件ですが、知る限りで書きます(当方の立場相談された同業者)。
・信用は新規取引。
・X社は要求された具体的各種資料を提示、請負契約により15%粗利が予測され融資次第で進めるという経緯のもと、第1回実行、第2回以前に中止。信金は最低限必要な与信情報を収拾済みと解します。
・貸付予定総額5,000、各回1,250、担当は次長(でした訂正)専決融資金額範囲と考えられます。
・次長はX社エクセルで作成の収支計画書下部に自筆メモで融資予定金額を記入。財務諸表から見て、X社が融資なしでは当該請負契約は無理、かつその後融資中止は倒産が明らか。
・次長の記名・署名の類なし。
・融資証明書等発行なし。
・信用保証協会等保証は今のところ不明。
・貸付条件は概ね確定、実行貸付額は1/4の1,250万。
 以上のような状況です。X社関係者困窮しております。今後他の資金調達検討しつつ手助けしたいと思います。何かさらなるアドバイスがあればよろしくお願いします。

お礼日時:2002/02/14 18:30

 法律雑誌の「法律時報」平成5年 65巻7号 に判例研究「融資予約後の融資拒絶と不法行為責任」(東京地判平成4年1月27日)の記事が所載されているかと思いますが、内容は知りません。


    

参考URL:http://www.kyoto-su.ac.jp/~hi44kubo/works.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 感謝感激です! 判例時報の当該号はどこで入手可能ですか? 一応紀伊国屋Webで検索してみます。問題は証拠…。

お礼日時:2002/02/14 02:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q2002年棋聖戦 王(立)vs柳 第5局 の事件の局面図

2002年棋聖戦 王(立)vs柳 第5局 の事件の局面図
を見たいのですが、ネットのどこかにあるでしょうか?

終局の合意はしていないという王の主張を、石田立会人がルールブックを確認した上で認め、欠け目をつながなかった柳の6子をごっそり取って、柳を投了させた局面のことです。
日付は2002年の2月20日~21日だと思います。

Aベストアンサー

棋譜全部ではありませんが、問題の終局図だけならば下記にあります。

参考URL:http://stone.dialog.jp/voice/view/1755

Q「但し~の場合は除く」「但し~の場合はこれに含まれない」の英文は?

こんにちは。
英文契約書に、
「但しA社が○○する場合は除く」または
「但しA社が○○する場合はこれに含まれない」
という一文を付け加えたいのですが、
どのような英語表現が適切でしょうか?
いろいろ調べましたが、ピンとくる回答が見つからなくて・・・
ご存知の方、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

except that...ではいかがでしょうか。

Q2002/3は、2003年3月?2002年と2003年?

イギリス英語で、
In 2002/3, …
と書かれているのですが、これは2002年3月という意味でしょうか、それとも2002年と2003年の足掛け2年という意味でしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「2002年と2003年の足掛け2年という意味」ですが、紛らわしいの
で、余り好まれません。何れにしろ正式文書では見かけないよう
ですね。

誤解を避けるため「2002年から2003年にかけて足かけ2年」は
「over year(s) of 2002 and 2003」みたいじゃないかな。

でも、割と軽めの手紙文なんかではあまり見かけない様な気が。

実際に

in 1987/8 or in 1987/88 なんてよく見かけました。2000年
になって、スラッシュの右横の意味を混同しやすくなったのは
ちと不便なり。

Q生死の確認と相続放棄

私の父は生前、いくつかの会社を経営していたのですが失敗し
多額の借金をつくりました。そういううことで、父と母は弁護士の勧めもあって協議離婚しました。私は母に引き取られ育ちましたが、父は全国をあちこち働きながら逃げ回って1984年になくなったのですが、父の死後3年ぐらいたって、消費者金融などから父の残した債務の取立てがありました。弁護士に相談し、相続放棄の手続きをとってもらい、債務の返済を免れました。
ただ、父の母(祖母)がおり、祖母は相続放棄の手続きをしたかどうかは不明です。祖母は父の叔母(父の妹)と一緒に住んでいるのですが私と叔母の折り合いが悪く7年前に祖母が入院していたときにあった時以来、音信普通状態が続いて祖母が生きているかどうか確認ができません。祖母の生死を穏便に役所などで確認できる方法はないでしょうか?
祖母は生きていたら95歳ぐらいです。

Aベストアンサー

問題の祖母にとって質問者は直系卑属にあたります。

戸籍法第十条  何人でも、戸籍の謄本若しくは抄本又は戸籍に記載した事項に関する証明書の交付の請求をすることができる。
○2  前項の請求は、法務省令で定める場合を除き、その事由を明らかにしてしなければならない。

戸籍法施行規則第十一条  戸籍法第十条第二項 の法務省令で定める場合は、次の各号に掲げる場合とする。
一  戸籍に記載されている者又はその配偶者、直系尊属若しくは直系卑属が請求する場合

よって、祖母が属する戸籍に生存者がいるのであれば、直系卑属が請求する場合理由を明らかにせず戸籍謄本を取得することができます。

また
戸籍法 第十二条の二  除かれた戸籍に記載されている者又はその配偶者、直系尊属若しくは直系卑属は、その除かれた戸籍の謄本若しくは抄本又は除かれた戸籍に記載した事項に関する証明書の交付の請求をすることができる。
により、祖母を含む戸籍に生存者がいない場合でも、直系卑属は請求することが可能です。

実際の手順は、質問者が含まれる戸籍を取得し、そこに記されている“父”の本籍から、“父”が含まれていた戸籍(ないし除籍)を取得し、そしてそこに記されている“祖母”の本籍から“祖母”の含まれている(あるいは含まれていた)戸籍(ないし除籍)を入手します。そしてそれには祖母の生死(もし死亡届が出されているなら)が記されています。
“父”又は“祖母”が転籍を繰り返していたり、婚姻、養子縁組などを繰り返していたりすると、その履歴を全部たどっていく必要があるかも知れませんが、手間がかかるだけで、質問者(直系卑属)は問題なく追いかけることができます。

基本的には直系卑属が直系尊属の戸籍(除籍)を取得することに問題はないのですが、実際の窓口では何らかの証明とか理由の提示が要求されるかも知れません。

問題の祖母にとって質問者は直系卑属にあたります。

戸籍法第十条  何人でも、戸籍の謄本若しくは抄本又は戸籍に記載した事項に関する証明書の交付の請求をすることができる。
○2  前項の請求は、法務省令で定める場合を除き、その事由を明らかにしてしなければならない。

戸籍法施行規則第十一条  戸籍法第十条第二項 の法務省令で定める場合は、次の各号に掲げる場合とする。
一  戸籍に記載されている者又はその配偶者、直系尊属若しくは直系卑属が請求する場合

よって、祖母が属する戸籍に生...続きを読む

Q2002年 ゴルフワゴン

タイトルの通り2002年モデルのゴルフワゴンの購入を計画しているのですが、現在ゴルフワゴンを乗ってる方、もしくは詳しい方、2002年のゴルフワゴンについてなんでもいいので教えてください。
加速性とか燃費などなんでもいいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

昨年、2002年式XE(GLI)から2004年GTワゴン・プレミアムに乗り換えたインプレッションを記述します。
(外観・内装・居住性)
運転席からは全く違いがわからない。幅は同じで20センチ長いだけなので双方扱いは楽。2002年後期以前にはキセノンランプが無かったので、暗くは無いがキセノンに一度乗ると電球式は暗く感じる。
(ワゴンとしての特徴)
荷台に後席を倒せば27インチの大人用自転車が入る。しかし、荷台下にスペアタイアと整理BOXが標準でつくので、ハッチバックに比べてトノカバー下のクリアランスは15センチくらい劣るので、荷台に積むものの高さについては一考の余地あり。
(リセールバリュー)
現在は現行車ではあるが、2007年にはVのワゴンが国内で発売されるので、それ以降のリセールバリューは期待できない。
(総合評価)
購入価格はわかりませんが、今は国産の同カテゴリーの車に比べて割高感があります。ハッチバックであればCOX等の社外パーツをつけての趣味性を高める事もあるかと思いますが、ワゴンでは・・・
どうしても大型ペットを乗せて等という理由がない限り、個人の主観の問題であり特にとんがった車でもないので、自分が気に入ったという事が全てだと思います。
(どうして私はワゴンに乗り換えたか)
2.0SOHCは低速回転はよいが、3000回転以上の立ち上がりが4速ATとあいまってドンくさく、燃費が悪化する。
カブリオレやGTI、GTXで150HPの1.8Turboではちょっとさびしいが、ワゴン(5ATティプトロ)なら許せるので・・・
という程度です。参考になれば。

昨年、2002年式XE(GLI)から2004年GTワゴン・プレミアムに乗り換えたインプレッションを記述します。
(外観・内装・居住性)
運転席からは全く違いがわからない。幅は同じで20センチ長いだけなので双方扱いは楽。2002年後期以前にはキセノンランプが無かったので、暗くは無いがキセノンに一度乗ると電球式は暗く感じる。
(ワゴンとしての特徴)
荷台に後席を倒せば27インチの大人用自転車が入る。しかし、荷台下にスペアタイアと整理BOXが標準でつくので、ハッチバックに比べてトノカバー下のクリアランスは...続きを読む

Q実行の着手=実行行為の一部を開始した時。

実行の着手=実行行為の一部を開始した時。


というのが山口説以外では自明ですが
そもそもなぜなのかと理由付けをしている説はあるのですか?

Aベストアンサー

「自明」ですか?
前田先生は、実行の着手時期の問題は未遂の成否を論じるためのもので実行行為性の問題とは別としているはずですが。これは多分山口先生と同じでしょう(いわゆる実質的客観説の結果説)。

そもそもここは立派な論点なので、実行の着手時期を実行行為の一部を開始したときと解する形式的客観説(団藤説)では、基準が明確になるということを根拠としてきちんと挙げています。また、説自体も他にもあります。説が幾つかあるくらいなのですから、他説を批判する上で当然その理由が必要です。決して「自明」などではありません。

Q2002年といえば

2002年といえばなにがいちばん記憶にのこってますか?
どんなできごとについてきくと
「ああ、あれ2002年におきたな」って思いますか?

Aベストアンサー

そりゃ、日韓ワールドカップじゃないですか。

Q実の親の生死を確認したい

私が幼いときに親が離婚し、母方に引き取られました。
その後、母が再婚しました。
今、私自身は、結婚し、籍が変わりました。

噂で実の父が、死亡したと聞きました。
義理の父とは本当の親子のようで、もちろん感謝はしていますが。。。
本当の父は、病弱で、一人寂しく生活保護を受けながら生きていると聞いたことがあったので、もし本当に亡くなっていたら、一度くらいは墓参りしたいと思ってます。

ただ、確かめるすべがありません。
噂を持ち込んだ本人は、聞ける関係ではありません。
母は、実の父の話は一切教えてくれません。

出来ることなら、戸籍上で正確な情報を確認したいんですが、可能でしょうか?

ちなみに、実の父の実家や住所は全く覚えてません。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

可能です。

まず自分の戸籍謄本を取得します。
次にその戸籍の記載事項を読んで、自分がどこの戸籍から移動してきたかを読み取り、その戸籍謄本を取得します。
おそらく母親が筆頭者となっている戸籍から移動してきているでしょう。
その戸籍を取り寄せれば、さらにその前の戸籍がわかります。
おそらくそれは両親の婚姻当時の戸籍でしょう。
その戸籍を取り寄せれば、父親の記載があります。
父親が生存しているか、どこかの戸籍に移動しているか、死亡しているかなどはその戸籍を取り寄せてさらに調べることが可能です。

ちなみに、最終(現在)の戸籍には「戸籍の附票」が備え付けられており、ここには最終の住所が記載されています。
生存されている場合にはこの住所地に住んでいるということです。

戸籍の読み方については住民課でも教えてもらえるでしょう。
また、司法書士に相続のためとして依頼して取り寄せてもらうことも可能でしょう。

Q2002年発売の全車種

2002年に発売された全メーカーの車種一覧とか乗っているサイトはありませんか?または2001年~2002年に発売されて売れた車はどのメーカーのどの車種か主観でいいので教えてください。

Aベストアンサー

参考URL「日本自動車販売協会連合会」です。
このサイトの自動車統計データ中、「ランキング」に、各月ごとの販売台数上位20車種とその台数が載っています。
(「車種別」のデータは、「乗用車」などの区分によるデータなので要注意です)

単年か単年度かにもよりますが、カローラ・フィット・ヴィッツあたりがメインでしょうか。
もっとも、カローラの場合は様々な亜種を全部含めての話ですから、個人的にはそれほど売れているイメージはないです。

エスティマやストリームなどは、そこそこ売れてるとは思っていましたが、これほど売れているとは思っていませんでした。単価を考えると、販売額ではこちらの方が上位ランカーかもしれません。

参考URL:http://www.jada.or.jp/

Q「帰責事由によらず」とは

「帰責事由によらず」とは、

(1)帰責事由とならない場合(つまり責任を取る必要が無し)
(2)帰責事由の有無に関係なく(責任を取るべきであろうが無かろうが)

のどちらを指すのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

たぶんですが、・・・普通は、
(1)帰責事由とならない場合(つまり責任を取る必要が無し)
の使い方だと思います。

(2)帰責事由の有無に関係なく(責任を取るべきであろうが無かろうが)
の場合は文例のように「有無によらず」とか「有無を問わず」という
ように言いまわすのでは?
また、(2)のケースは特殊事情であまり一般的ではないと思いますが。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報