パソコンのような、プリント基板を冷蔵庫内<->外で利用する場合、結露が心配なんですが、
どのような対策がありうるでしょうか?

また、小型のモータもあるのですが、どうすればよいでしょうか?

温度は保証範囲なのですが、たいていの部品は「結露なきこと」と注意書きされています。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

パソコンを冷蔵庫に入れて使用するという記事がDOS/V系の雑誌で紹介されていましたね。

ひょっとするとそれでしょうか?

その記事によると、基板自体の対策はシリコン樹脂で完全密閉することで解決できるようです。もちろんコネクターはすべて配線を行った後で樹脂を充填します。

実はここで問題になるのはモーターです。可動部分があることから、樹脂充填は難しくなります。ファンモーター程度のものでしたら、ヒートシンクを大きくすることなどでファンは省略できるかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>ひょっとするとそれでしょうか?
あ、残念ながら仕事関係(食品)です。

>パソコンを冷蔵庫に入れて
質問とはなれるかもしれないですが、これは笑える企画ですね。やってみたくなります。

>シリコン樹脂で完全密閉
お風呂の継ぎ目なんかに使う「バスコーク」(?)みたいなものですね。やってみます。もしよかったら、その「DOS/V系の雑誌」への手がかりを教えていただけないでしょうか?(DOS/Vマガジン?)

>問題になるのはモーターです。
 ファンモーターでなく、スキャン式のセンサなんです。
スーパーのレジにある据置式バーコードリーダーみたいな感じで、ミラーが回ってます。

とりあえず、試せる分はやってみようと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/13 12:43

常に、冷蔵庫外の室温に温めておくのがよいのではないかと思います。


小さなものでしたら懐に入れておいて、体温で温めるとか、大きいものなら、発泡スチロールの箱に入れてカイロや電気アンカを入れておくなり・・・・
要は急激な冷→暖の温度変化が問題なわけで、保温するのが有効かと思われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます

>保温するのが有効
ヒーターで暖めることを考えてみます。

お礼日時:2002/02/15 12:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q気液平衡について、コックでつながれた二容器に温度差がある場合、水滴は片側にしか結露しませんか?

こんにちは。
H2Oの気液平衡について質問があります。

コックでつながれた容器A,Bがあり、それぞれ60℃、20℃だとします。
コックが解放されているとして少なくともいずれかには水滴がついているとした場合、とりあえず温度の低い容器Bに発生しますよね。
20℃の蒸気圧が2.0*10^3Paだとすると、このとき容器Aにも水滴がついている可能性ってありうるのでしょうか?
分子の分圧がおなじであり、当然60℃の蒸気圧は20℃の時より高いので、発生し得る水滴は全てB側でしょうか…??

場合分けも頭の中で整理できず、混乱しています。
容量がA>B,A=B,A<Bの時で変わってきたりするのでしょうか?
H2O以外の気体分子が含まれるのと含まれないのとで異なるのでしょうか…?

本などを見ていると、場合分けとしてAもBもすべて気体か、Aはすべて気体でBは気液平衡と書かれてあり、前者を否定することで後者を導いていたのですが、他の可能性はないでしょうか?

お願いします!!!

Aベストアンサー

現実問題としては、その時の状況、つまり、結露に至る過程によっては両側で結露することはあるでしょう。
しかし、平衡状態ということであれば、両側の水蒸気圧が同じになるはずで、だとすれば、その時の水蒸気圧は20℃における飽和水蒸気圧になるはずですから、60℃の側に発生した結露はいずれ消失するはずです。
ただし、現実にそうなるかどうかは、放置した時間とかコックの穴の長さや径、容器の大きさなどにも影響されることなのでなんとも言えません。平衡というからには、十分に長い時間が経過した後ということになるので、それが1年であろうが10年であろうが気にすることはないでしょう。

Qプリント基板上の焼損した部品名を(ミシン)。

ミシン(ベルニナ130という製品です)のコントロール部基盤上の、焼損した部品を交換できればと願っています。けれども、何なのか(コンデンサーとか抵抗など)、どれを(同等品など)どう(規格・数値など)注文すればよいのか、まるでわかりません。  ※画像の赤矢印で示した部品です。 4.7-50 MD (2) と二段に書かれています(※なお、(2)の丸の外側左上10:30位置に、丸に接して、短い棒 \ が書かれています)。  ちなみに、両隣の茶色の部品には、 336 16k 049 と三段に書かれています(関係あるのかどうかわかりませんが、ご参考になればと)。  なお、ICの半田付けは経験あります(今のところ壊していません、なんとか)。  重ねて、売ってるお店もご存じでしたらお教え下さい。  どうぞ、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

4.7uF/50Vのタンタルコンデンサです

●参考
https://jp.rs-online.com/web/search/searchBrowseAction.html?method=getProduct&R=6845266

Q冷凍機 「冷凍能力」と「熱交換器の温度差」の関係

冷凍機 「冷凍能力」と「熱交換器の温度差」の関係

現在冷凍機について勉強中で、文献を読む中で冷凍能力(Cooling Power)と、高温側の熱交換器と低温側の熱交換器との温度差(Temperature Span)との相関について述べられていました。
温度差が大きいとき冷凍能力は小さくなり、逆に温度差が小さいときには冷凍能力が大きくなるようです。
この部分がよく理解できません。どおなたか詳しい方がおられたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 高温側の熱交換器の事を(冷媒を凝縮させる装置である事から)凝縮器、低温温側の熱交換器の事を(冷媒を蒸発させる装置である事から)蒸発器と呼びます。
 凝縮器の温度が高く、蒸発器の温度が低い程、温度差は大きくなります。
 そして、凝縮器の温度が高い程、冷媒の膨張前温度は高くなり、蒸発器の温度が低い程、冷媒の蒸発器出口温度は低くなります。
 モリエル線図(p-h線図)に冷凍サイクルを描く時の事を考えてみて下さい。
 膨張弁やキャピラリー(毛細管)による膨張は自由膨張に近いため、エンタルピー変化は無いものと見做しますから、冷凍サイクル中の膨張行程を表す線は、垂直の直線になります。
 膨張行程は極めて短時間の内に行われますから、膨張行程が行われている間に、冷媒と外部との間で熱が移動する時間が無いため、膨張行程中には熱の出入りは無いものと見做せますし、液体は、熱の出入りが無ければ、圧力が変化しても温度やエンタルピーは変わりませんから、冷凍サイクル中の膨張行程を表す線は、飽和液線上の膨張前温度を表す点(等温線と飽和液線の交点)を通ります。
 圧力が高い程、冷媒が蒸発する温度は高くなりますから、飽和液線上の温度は圧力が高い程高くなり、飽和液線は右上がりに傾いていますから、膨張前温度が高い程、膨張行程におけるエンタルピーは大きくなります。
 一方、蒸発器内の圧力は、蒸発器内の何処でも殆ど同じですから、冷凍サイクル中の蒸発行程を表す線は、水平の直線になります。
 冷凍機の圧縮機(コンプレッサー)が液体を吸い込むと、圧縮機が損傷してしまいますから、蒸発器出口において冷媒は完全に気化していなければなりません。
 そのため、蒸発行程のラインの右端は、必ず乾き飽和蒸気線よりも右側の、乾き蒸気の領域に突き出ていなければなりません。(乾き飽和蒸気線よりも左側の状態では液相が含まれている)
 気体は、臨界圧力よりも充分に低い圧力の下では、その振る舞いが理想気体に近くなり、理想気体のエンタルピーは圧力に関わらず、温度にのみに比例しますから、蒸発器出口温度が低い程、冷媒のエンタルピーも小さくなります。
 凝縮器出口における冷媒温度を高くすると、膨張前温度も高くなって、膨張行程におけるエンタルピーが大きくなり、その一方で蒸発器出口温度を低くすると、蒸発器出口におけるエンタルピーが小さくなるのですから、凝縮器と蒸発器の温度差を大きくする程、蒸発行程を表すラインの長さは短くなります。
 蒸発行程を表すラインの両端におけるエンタルピーの差は、即ち単位質量の冷媒が蒸発器内で吸収する熱エネルギーの量の事ですから、凝縮器と蒸発器の温度差を大きくする程、単位質量の冷媒が蒸発器内で吸収する熱量は少なくなります。
 単位質量の冷媒が吸収する熱量が少なくても、循環する冷媒の量が多ければ、冷凍能力を大きくする事は可能な様に思えるかも知れません。
 この場合は冷凍機が消費する電力が一定の場合を考えている訳ですから、圧縮機が単位質量の冷媒に対して行う仕事が少なくて済む程、より多くの冷媒を循環させる事が出来ます。
 圧縮行程は断熱過程であるため、等エントロピー曲線に沿って、左下から右上がりに進みます。
 圧縮機が単位質量の冷媒に対して行う仕事は、圧縮行程を表すラインの両端におけるエンタルピーの差になりますから、圧縮機が単位質量の冷媒に対して行う仕事を少なくするためには、凝縮器内の圧力を低くすると良い事になります。
 しかし、圧力を低くし過ぎて、凝縮器内の圧力に等しい圧力下における冷媒の蒸発温度が、凝縮器内の温度よりも低くなってしまいますと、冷媒は液化せず、蒸発潜熱を利用する事が出来なくなります。
 凝縮器の温度をあまり下げる事は出来ませんから、結局、冷媒の循環量をあまり増やす事は出来ません。
 結果、凝縮器と蒸発器の温度差を大きくすると、冷媒が吸収する熱量が少なくなる事による影響が上回り、冷凍能力が小さくなります。
 逆に、凝縮器と蒸発器の温度差を小さくすると、冷凍能力が大きくなります。

 高温側の熱交換器の事を(冷媒を凝縮させる装置である事から)凝縮器、低温温側の熱交換器の事を(冷媒を蒸発させる装置である事から)蒸発器と呼びます。
 凝縮器の温度が高く、蒸発器の温度が低い程、温度差は大きくなります。
 そして、凝縮器の温度が高い程、冷媒の膨張前温度は高くなり、蒸発器の温度が低い程、冷媒の蒸発器出口温度は低くなります。
 モリエル線図(p-h線図)に冷凍サイクルを描く時の事を考えてみて下さい。
 膨張弁やキャピラリー(毛細管)による膨張は自由膨張に近いため、エ...続きを読む

Q基板の洗浄にガソリンの水抜き剤

基板にコンデンサの電解液が飛び散っており、イソプロピルアルコール99%以上のガソリンの水抜き剤で洗浄しようと思っています。
近所を探したのですが防錆剤配合のものしかありませんでした。
防錆剤配合の水抜き剤で洗浄すると基板に悪影響はありますでしょうか。

Aベストアンサー

私なら、絶対に使用しません。
防錆剤の成分が不明ですし、どんな影響があるか
未知数ですから。
基盤だけじゃなく、基盤に載ってるパーツの接合部にも
影響が出るような気がします。
仕事では、純イソプロピルしか使用しませんでした。

薬局でイソプロピルを買って、余った分は、
薄めていろんなところの消毒に使えます。
何回かに分けて、水抜き剤としても使えます。

分からない危険を冒すより、余程有効だと思いますよ。

Q熱交換器-対数平均温度差

並列式熱交換器において 高温流体が当初、入り口温度Th1のものが出口温度Th2の下がり、低温流体が入り口温度Tc1が出口温度Tc2に上昇するものとする。ここで 総括熱伝達係数U 伝熱面積A 対数平均温度差ΔTmとすると この熱交換器の交換熱流量Q=UAΔTmで表される。
ここでΔT1=Th1-Tc1 ΔT2=Th2-Tc2 とすると
対数平均温度差ΔTm=(ΔT1-ΔT2)/IN(ΔT1/ΔT2)となる。
--------------------------------------------------------------

この文章を読んでいて対数平均温度差というものの意味が具体的にわからないのと 対数平均温度差を求める式の中にINという字があり、
この意味がわかりません。本当に申し訳ないのですが
ご教授願いたいと思います。

Aベストアンサー

対数平均温度差については、
ΔT=(ΔT1-ΔT2)÷IN(ΔT1/ΔT2)で
定義される温度差ΔTを対数平均温度差という。
LNは、自然対数のことと思います

Q基板用コネクター

ユニバーサル基板(2.54mmピッチドット穴径1.0φ)を使って電子回路の試験をしています。
その際、基板とケーブルの接続をハンダ付けで行っていますが面倒なのでコネクターでと考えています。
が、私が調べた限りではオス側は全て圧着端子になっており、高価な専用工具が必要です。
つきましては、ハンダ付けで使用できる製品はないのでしょうか?
また、1本ずつでも良いので、基板にピンを立て、それに差し込むような形状のコネクターでも構いません。ご存知の方、お教え下さい。

Aベストアンサー

圧着端子を締めるのに高価な道具は必要ありませんよ
ペンチぐらいお持ちでしょうし、金づちで叩いてもいいんだし

着け外しが頻繁にあるんだったらワニ口クリップのほーが便利ですよ。

http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-01309/
ターミナルブロックだったらコードを差し込むだけです

Q男女の温度差

自分が彼を想う『今まで誰にも感じたことがない情熱的な好きという気持ち』と彼の私に向ける『嫌いじゃない=好きという気持ち』に温度差をすごく感じています。

この温度差に耐えかねているのか、食欲不振・激しい胃の痛みとか出てます。
ものすごい温度差は、時を経れば解決するものでしょうか?
また、解決するとしたら、その経なければならぬ時間は、長いものなのでしょうか?

Aベストアンサー

男女の恋愛とはそういうものではないでしょうか。
お互いに同じくらい好きという場合もあるでしょうが、ほとんどは温度差があるでしょうね。
その温度差をお互いのコミュニケーションで確認し合い、それぞれが考えていくものなのでしょう。

Q基板について

シーケンサの誤作動が多いので、内部を確認してみたらCPUのような物の周りに茶色いゼリー状のような物が付着しているのを発見しました。※添付写真を参照ください。
また、付着しているゼリー状のものが下部に設置されているリレー側に垂れてしまっているのですが、大丈夫でしょうか。
正常かとは思いますが念のため質問させていただきました。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

おそらく振動に対する耐性を増すために固定しているのだと思われます。他にも表面実装の部品はありますが、その部品は明らかに他と比べて大きいので、足のはんだが取れやすいと自主的に判断したか、初期ロットでは実施してなかったけど取れる不具合があったから追加対策としてそうしたか、まあその辺じゃないですかね。

Q船の温度差航法は、可能か?

甲板と海底に接する部分には温度差がありそれを電子にしてモーター走行可能だと思いますか。海洋温度差発電の応用ですね。そんなボートなりクルーザーが出来ると需要かなり有るように思うのですが。

Aベストアンサー

まず、「電子にする」ことなんて出来ません。
ゼーベック効果( https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BC%E3%83%BC%E3%83%99%E3%83%83%E3%82%AF%E5%8A%B9%E6%9E%9C )などで電位差を得る事はできますし、もっと効率の良い温度差発電も使えるでしょうが、それで得られるエネルギー量なんて知れた物です。
>水の温度差による対流現象はスクリューを回す事が出来るでしょう。
 それじゃ永久機関の一種--第二種永久機関の話になっちゃう---ので無理

 そんな事するより、太陽電池を貼ったほうが良い。温度を上昇させるのは太陽からの光(電磁波)中の低エネルギーの赤外線ですが、波長の短い可視光線はずっとエネルギーが大きい。あわせて甲板を熱するより前の段階で太陽熱を利用した温水器を利用したほうが効率的ですよ。

QCDとDVDの基板について

CDとDVDの違いはレーザの波長が違う事や書き込める容量が違う事は知っているのですが、元となる基板は同じ物(材質)なのでしょうか?厚みは確か違ってたんですよね・・・(それもちょっと不安)

Aベストアンサー

両方とも同じ材質でポリカーボネートでできています。
厚みも同じ1.2mmですね。
ただDVDは0.6mmのディスクを二枚張り合わせたような形になっています。

参考URL:http://home.jeita.or.jp/dha/Q&A/Q&A-DVD.htm


人気Q&Aランキング