今、オリンピックの真っ最中ですね!!
感動のシーンもあり、ジャッジに納得がいかないシーンもありと、いろんなシーンがありますよね。
 
実際私もとても楽しく見ているのですが・・・・

一つ嫌だなって思ったことがありました。
スキーのジャンプ陣のことをTVなどのメディアで
「日の丸飛行隊」って表現してるじゃないですか。
私はどうしてもそれを聞くと、戦争に結びついてしまうのです。
楽しい気持ちで見ていても、それを聞くとなんか嫌な感じがしてしまいます。
こんな風に思っているのは私だけなのでしょうか。

皆さんはどう思われますでしょうか?
ご意見をお聞かせください!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

オリンピックは国の期待を背に挑戦していると思います。


その意味で応援するときは日の丸を顔にペイントする人もいるし旗を振る人も居ます。

その意味では日の丸は特に問題はないのではないかと思います。
そしてどこまでも飛んでいってほしいと思って「飛行隊」と付ける、まぁネーミングがマッチしているかどうかは別としてそこから戦争を結びつけるのは過剰反応ではないでしょうか?

過去にあったことは確かに認知してそれをふまえた上
で今後の道を歩んでいくのが日本人としての道だと私個人は考えていますがだからといって日の丸や飛行隊の組合せで反応してしまうのはちょっと違うのではないかと思います。

これは「特攻隊」とかだったらまた意見は少し違ってきますが。

日本人がどこまでも飛距離を伸ばしてほしいとただ素直に応援するだけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>オリンピックは国の期待を背に挑戦していると思います。
その意味で応援するときは日の丸を顔にペイントする人もいるし旗を振る人も居ます。

わかります。自国の旗ですから、それを持って応援するのはなんとも思いませんし、きっと私も応援するとしたら旗をもって応援すると思います。
日本代表で出場するのだから、日本の期待を背負うのもわかりす。

>そしてどこまでも飛んでいってほしいと思って「飛行隊」と付ける

なるほど、そういったとらえ方もありますね!
そう考えれば全く戦争とは結びつきませんが・・・
「日の丸飛行隊」「日の丸特攻隊」ニュアンスが似ていますよね・・・
なので真っ先に戦争という文字が浮かんできてしまったのです。
実際、戦争を体験した祖母もそういったとらえ方をしていました。
しかし、asucaさんがおっしゃっているように過剰反応なのかもしれません。
ただ、日本のメディアでたまに「カミカゼ」といった表現も使いますよね。
なにかの試合の実況などで、日本選手がすごいことをするとたまに使われているのを耳にします。
私は「日の丸飛行隊」に対する疑問点よりも、メディアの適当さに不満があるのかもしれません。

私も日本が飛距離を伸ばして欲しいと素直に応援しています!!

貴重なご意見ありがとうございました!

お礼日時:2002/02/14 01:59

私も、内心 嫌な感じを受けていました。


過剰反応?と思われても嫌なので、口に出したことはありませんでしたが、同じように感じている人がいてよかった。やっぱり、「日の丸飛行隊」と聞くと、特攻隊のイメージとダブります。去年の夏に鹿児島の知覧で特攻隊の記念館を見学したせいでしょうか。
「日の丸」も「飛行隊」も言葉そのものはいいんですけど、この二つが結びつくと戦争のイメージになりますよね。
出来れば、明るい呼び名がいいなぁー。
「日の丸ジャンプ陣」もしくは、「日の丸ジャンプ隊」でいいですよね。

この回答への補足

ご意見をくださったみなさま、この場を借りてもう一度お礼を申し上げます。
ありがとうございました。

補足日時:2002/02/14 21:57
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おお!!同じように考えている方がいらっしゃって嬉しいです(^▽^)
嬉しいっていうのもなんか変ですが・・・
確かに言い方が似てるためその方向に考えてしまうのですよね。
「日の丸ジャンプ陣」「日の丸ジャンプ隊」!!
いいですねーっ!そのほうがずっとイメージ良いと思うのですが・・・

ご意見ありがとうございました(^‐^)/

お礼日時:2002/02/14 17:57

札幌五輪の「笠谷・金野・青地」メダル独占!の夢再び、という意図なんでしょうね。

当時「団体」はなかったから「隊」でもないだろうに、とりあえず、マイナーだった冬季五輪で日本にもメダルが3つも・・ということで浮かれてましたからねえ。メインポールに日の丸を揚げたヒーローだったわけで、まあ、当時としてはしかたないでしょう。

いまのオリンピックで、ナショナリズム剥き出しで自国選手に肩入れ、というのも遅れた感じはしますね。国を代表して戦っている訳じゃない。札幌でも、優勝した笠谷選手を、ノルウェーのモルク選手が肩車して観客に応えてましたよ。
とりあえずは、「ジャンプ」は「飛行」じゃないぞ、って突っ込みたいですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、札幌オリンピックですか!
確かに夢再びという意味で使われているのだったら納得ですが・・・・
「飛行隊」とか聞くと・・・んって思っちゃうのです・・

>国を代表して戦っている訳じゃない

それはその通りですね!
各競技において能力の長けている選手が自らの勝利に向かって奮闘する。
国のため!だったらそれこそ競技とはいえ、戦争になってしまいますもんね・・・
難しいですね(汗
ご回答ありがとうございました!

お礼日時:2002/02/14 01:47

私もそう思ってました。


「日の丸」だとか「飛行隊」だとか戦争っぽいですもんね。
けど、こう言う例え(って言うのかな?)って昔から使われていたのか戦争を思わせる言葉って結構あるような気がします。
野球などで「核弾頭」とか。核兵器などを思い出させます。。

メディアなども戦争のイメージで付けているワケではないと思いますが、もうちょっと考えてもいいと思います。

あまり参考にならなくてすみません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いえいえ、ご意見感謝いたします!
「日の丸」とか聞くとなぜか反応してしまいます・・・
少し過剰かもしれませんが、実際、私の周りでも同じように思っていると言ってる人がいるので、少なからず、そういう連想をするという人がいるというわけですよね・・・・
んーー なにはともあれ、日本メダルとって欲しいです!!
ありがとうございました!

お礼日時:2002/02/14 01:40

ちょっとだけ、そう思いまス、


私は長野の時に「日の丸飛行隊」を初めて耳にしま
した、今回もそう表現してるなあ、って思いました。
ちょっとださめな感じで、そこが良いとも思うけど
「もうちょっと具合のいい呼び方はないんかいな?」
と思ったりもするけど、思いつかないです。
以上、私の個人的な意見です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おお!!すばやいご回答ありがとうございます!
共感してくださっている方がいるのですね!
確かに、もう少し良い呼び方ないかなーって思います。
普通に「日本ジャンプ陣」で良いと思うのですが・・・(そう表現してたところもありましたが)
ありがとうございました!

お礼日時:2002/02/14 01:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフィギュアスケートのジャッジを目指すには

一般人がフィギュアスケートのジャッジをP級から目指すには、どうすればよいのでしょう? 条件などはあるのでしょうか? 教えてください。

Aベストアンサー

ジャッジになるためには選手経験は必ずしも必要ではありません。
現に日本や世界のジャッジの中には、フィギュア経験のない人が多数います。

ジャッジとして活動するためには、まず各都道府県のスケート連盟に役員として登録することが必要です。
ここで普通の一般人の方はまず壁に当たるわけですね。

役員になるための条件はその都道府県によって違いますが、たいていはそこで選手をしていた人か、その父兄がなれるようで、まったくの一般人が役員として認められることはまずないと思います。
スケート教室に通ってバッジテストを受けるなど、低レベルでも良いのでスケートに直接関わらないと、よほど人不足の連盟でも無理だと思われます。

うまく登録にこじつければ、あとは申請書を出してP級専門員として1年間連盟のお手伝いをすればT級ジャッジになれます。
試験も何もありません、セミナーに出席するだけでOKです。
ただしスケートを見る目がなければ、そのプレッシャーや責任感に耐えられないと思いますよ。
ミスジャッジをミーティングで吊るしあげにされ、精神的におかしくなった人もいます。

選手経験があるならジャッジになるのも簡単、しかしないならよほどの覚悟と熱意がなければ無理でしょう。

ジャッジになるためには選手経験は必ずしも必要ではありません。
現に日本や世界のジャッジの中には、フィギュア経験のない人が多数います。

ジャッジとして活動するためには、まず各都道府県のスケート連盟に役員として登録することが必要です。
ここで普通の一般人の方はまず壁に当たるわけですね。

役員になるための条件はその都道府県によって違いますが、たいていはそこで選手をしていた人か、その父兄がなれるようで、まったくの一般人が役員として認められることはまずないと思います。
スケート...続きを読む

Qスキージャンプはどうして飛行姿勢を採点するのか?

走り幅跳び、砲丸投げ、ハンマー投げなど距離を競う競技はいくつかありますが、
その途中の姿勢を競うものはスキージャンプくらいしかおもいあたりません。
距離だけで採点したほうがシンプルでよいのではないでしょうか?
跳んでいる最中に技を決めれば点数があがるわけではないので。
そもそもスキージャンプが始まったころは距離だけで競っていたのではないでしょうか。
姿勢の美しさを採点することに、どのような意味があると考えているのでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 こんにちは。

 ジャンプ競技は、他のどの競技と比べても、雪や風などの天候に、飛距離は大きく左右されますから、飛距離だけでは余りも不公平なので、飛型点が取り入れられているんだと思います。

 あと、飛型点がないと、転倒覚悟で飛んでくるやつがきっと出てきて、競技として危なくて、収支がつかなくなると思いますよ。
 走り幅跳びは、着地で立っている必要はなく、思いっきり転倒して距離を稼ぎますよね。

Q高校生でスキーが趣味でも一人は嫌。

高校生でスキーが趣味でも一人は嫌。



山梨の高校2年生です。
僕はスキーやスノーボードがやりたくて、どうしようもありません。
しかし、周りに共通の趣味を持った友達がいない為ゲレンデへ行く機会がありません。

スキーはできますが、スノーボードはやったことがありません。


一人でゲレンデへ行っても面白くもないし、無理やり友達を連れて行くのもな~と思います。
もうすぐシーズンですし、去年夢が叶い数年ぶりに学校のスキー教室でゲレンデへ行く機会がありました。
余計それで火がついてしまい、今年も何がなんでもゲレンデへ行きたいです。

サークルって手もあるのですが、高校生をただ一人受け入れてくれるかどうか。
また、ポツンと大人の中に混じってお酒もなしに楽しめるのかなと不安で本格的に探したりもしません。
あったとしても、連絡する勇気さえありません。

別に話が苦手で大人と会話できないなんてことはありません。
車も好きですし・・・(笑)

どーすればいいんですかね・・・。



どなたか助言をお願いします。!!

Aベストアンサー

地元のスキー協会とかないですか?都内だとスキー教室をやる団体が多いです。在住・在勤・在学者でなくても申し込めます。ちょっと集合場所が遠いかな?

千代田区:http://chiyodaku-ski.jp/modules/tinyd0/
豊島区 :http://toshimakuski.web.fc2.com/school.htm

YMCAでもスキーキャンプやっています。高校生まで対象のコースもあります。
http://tokyo.ymca.or.jp/camp/wintercamp/2010wintercamp.html

YHでも宿泊スクールあります。
http://www.jyh.gr.jp/tateshina/ski/ski.htm

スキーやりたい高校生はどこでも大歓迎されますよ。楽しんで!

Qスキー靴のインナーは洗っても良い?

スキー靴を何年も使っていると、インナーブーツが汗でベトベトですが、洗っても構わないものでしょうか?
洗うと言っても洗濯機は無理ですから、洗濯液を入れたバケツに浸ければと思います。
インナーブーツを洗うというのはあまり聴かないですが、やってはいけないものでしょうか。

Aベストアンサー

問題ないですよ。
洗剤(石鹸も)はかなり薄めた方がいいでしょう。
良く水分を吸い取って直射日光をさけて乾かし、
脱臭剤か、10円玉(←よく皆さん言う)を数枚入れておきましょう。

インソール(中敷)はあまりゴシゴシやらないで下さい。
強度が弱くなると滑っていてズレたりしてくる可能性もありますから。

Qグラブしても破れないスキーグローブ探してます。

スキーでワンメイクジャンプ等で遊んでる者です。
フリースタイル系のスキーヤーには人気のある、
ヘストラのグローブを使ってましたが、
ワンメイクでグラブとかしてましたら、
ボロボロに破けてしまいました。
ブランドとしては好きなんですけど、
どうもグラブすることを考えると別のグローブを使った方が良いようです。
グラブすることを考えた耐久性のあるスキー用グローブが出てましたら教えていただきたいです。

Aベストアンサー

特別のメーカーを推薦するわけではないですが、スノーボード用のグローブはいかがでしょうか。スキーのグローブより頑丈なはずです。

ボード用にも、フリースタイルとレーシングモデルがありますので、その点は気をつけていただきたいと思います。


おすすめ情報