唐突ですが・・・
「うつ病」、「抑うつ状態」、「神経性うつ病」、「抑うつ神経症」のそれぞれの違い(定義)を教えてください。また、一般的に『うつ』という場合は「抑うつ状態」のことを指しているのでしょうか? 
一応、自分なりに調べようと試みたのですが、余計に混乱してしまいました。
定義そのものでなくても、上記のような言葉を調べられるサイトなどがありましたらお教えください。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 まず、「抑うつ状態」とは、分かりやすく言えば「落ち込んでいる」状態です。

まれに、当てはまらない方もいらっしゃいますが、人間誰しも、1週間、1ヶ月、1年間を通じて考えると調子が良くて何に対しても積極的に考えられるし、行動を起こすにも比較的、苦にならない時期と、そうでない時期とがあります。
 また、色々な出来事がきっかけになって、抑うつ状態は起こります。身内やペットの死、仕事上の重大なトラブル等は、周りの人も比較的気がつきやすい原因ですが、ストレス社会の中で生きている私たちにとっては、日常的にも気分的にめいるような小さな事件が少なくありません 。
 しかし、多くの方は、自力で、または、時間の経過にともなって、抑うつ状態から抜け出すことができます。
 
 それが不可能な場合は、「抑うつ状態」を状態像とする、「うつ病」という「病気」の範疇に入る可能性があります。
 たとえば、この時期、冬季性うつ病、という病気が雪の多い地方で多くみられますが、この病気は、秋が深まり、木枯らしが吹いて、雪が降ってくると、ドーンと落ち込みの時期がやってきます。そして、雪が解けて春の日差しが強くなってくると、明るく普通の状態に戻れるという、気候と関係したうつ病です。
 何だ冬だけ我慢すればいいのか、と思われがちですが、ただの抑うつ状態とうつ病の人とは、かなり状態が違います。
 よく見られるうつ病の人の症状としては、
・何もやる気が起きない。(ひどくなると布団から出られない)
・いつも眠いような気がするけれども、実際には眠ることが出来ずに、不眠をうったえる。
・自分の身の回りの世話が出来なくなる。 (整理整頓、衣服をかえる、女性なら化粧や髪の毛の手入れ)
・人と会って、話したりするのがおっくう。
 などですが、うつ病がひどくなると、生きていることが面倒になったり、自分が世の中に存在する価値がまったくないような気分になって、自殺を試みることが多々あります。

 ところで、「抑うつ状態」を示す病気としては、「うつ病」以外にも、精神分裂病(今度、統合失調症に名前が変わります。)、神経症(不安障害)、躁鬱病(双極性気分障害)、依存症、摂食障害、境界性人格障害などがあり、「抑うつ状態」という状態像を示すからといって、「うつ病」と断定はできません。あくまで、「抑うつ状態」は症状を示す状態像であって、病名ではありません。

 次に、「神経症性うつ病」と「抑うつ神経症」について解説します。
まず、「抑うつ神経症」ですが、憂うつな気分、外界への関心の低下、自信の喪失、消極的な生き方への傾斜、未来への悲観、取り越し苦労などを主症状とする「神経症」で「うつ病」との区別がつきにくい病気です。
 うつ病よりは抑うつ状態が軽く、個々の状態の持続期間は短いのですが、全体としては2年以上にわたって遷延します。
 抑うつ神経症に対して、「神経症性うつ病」という言葉があります。この言葉の概念はふたとおりあります。
 ひとつは、症状の上で神経症的な特徴を持ったものをいうケースです。つまり、神経症性の性格がかなり関与していると考えられ、はっきりと神経症的メカニズムを持ち、本体は神経症ですが、抑うつ症状を主に表します。この場合は抑うつ神経症と同義語として使われます。
 もうひとつは、重度のうつ病を精神病性というのに対して、それほど重症でないものを「神経症性」というケースです。

 先ほど述べたとおり、「抑うつ神経症」と「うつ病」の境界は明瞭ではなく、症状もオーバーラップしているの区別は困難です。
 米国精神医学会診断基準である「DSM-(4)」は1994年に改訂した際に、「抑うつ神経症」という名称を完全に削除し、うつ病などの気分障害の一亜型とし、「気分変調性障害」とし、うつ病のひとつとしてしまいました。その基準によると、2年以上の慢性的な抑うつ気分の他に、次の6つの症状のうち2つ以上があることが条件とされています。
(1)食欲減退または過食
(2)不眠又は過眠
(3)気分の低下又は疲労
(4)自尊心の低下
(5)集中力の低下又は決断力の低下
(6)絶望感
 ところで、治療面において、「抑うつ神経症」は「うつ病」とは違い、抗うつ薬に反応しないケースが多く、精神療法、環境調整などがより重要となり、それらの治療技量が必要とされていると言えます。経過も周囲の状況に影響されて、慢性化しやすい傾向にあります。
    • good
    • 24
この回答へのお礼

さすが、専門家の方ですね。
詳しく、教えていただいてありがとうございました。

お礼日時:2002/02/16 03:07

ottoxxx さん こんにちは  簡単に書きます。



●うつ病
抑うつ状態からなかなか抜け出せない状態。

●抑うつ状態
落ち込んでいる状態:大半の方が経験されます。

●神経性うつ病
うつ病になった原因が神経的なもの:人間関係、リストラなどによる

●抑うつ神経症
軽度の抑うつ状態が続くこと

●身体因性うつ病
体の異常に起因するもの。つまり体の病気
    • good
    • 7
この回答へのお礼

わかりやすい回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/16 03:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q抑うつ状態をうつ病と統合失調症の鑑別するには。

 うつ病も統合失調症も、うつ状態が出現すると、いろいろな本に書いてあります。しかし、その違いは明確に書かれている本がありません。
 うつ病はポピュラーな病気ですし、統合失調症も100人に1人が発症する病気です。
 どちらも、うつ状態が出現するそうですが、その状態に違いはあるのでしょうか。
 実は、知り合いに長くうつ病で通院治療を受けている者がいます。
主たる症状は、意欲が出ない、眠気が強いなどを訴えます。また、眠れない、不安だなどを訴えていた時期もありました。
 私は統合失調症ではないだろうかと疑っています。もし、そうであれば、治療方針を変えるべきではないかと考えます。
 というのは、統合失調症で言う「陽性症状」「陰性症状」を長年繰り返しているからです。
 知り合いがちらっと漏らした「上司に監視されている」「家にいてもだれかに見張られているようだ」の言葉が気になります。ただ一度、漏らしただけですが。
 繰り返しになりますが、うつ病のうつ状態と、統合失調症のそれとの違いがありましたら、教えて下さい。
 統合失調症に対する偏見はありません。ただ、知り合いと長く接するうちに、なんとか役に立てればと思いつつ、処方された、うつ病の治療薬がなんら効果がないことから、治療方針が誤っているのではないかと疑問が湧き、お尋ねした次第です。

 うつ病も統合失調症も、うつ状態が出現すると、いろいろな本に書いてあります。しかし、その違いは明確に書かれている本がありません。
 うつ病はポピュラーな病気ですし、統合失調症も100人に1人が発症する病気です。
 どちらも、うつ状態が出現するそうですが、その状態に違いはあるのでしょうか。
 実は、知り合いに長くうつ病で通院治療を受けている者がいます。
主たる症状は、意欲が出ない、眠気が強いなどを訴えます。また、眠れない、不安だなどを訴えていた時期もありました。
 私は統合...続きを読む

Aベストアンサー

 うつ病と統合失調症の「うつ状態」の違いについて、
 NHK「きょうの健康11月号」11月24日放送予定から、
 抜粋してお答えします。

 うつ病の「うつ状態」は、「さみしさやもの悲しさが中心にあり、何かしたいと思っいても、実際に行動に移せないのが特徴」です。

 統合失調症のそれは、「さみしさやもの悲しさはありません。意欲が減退して無気力になり、何かしたいと思う気持ち自体がなくなります。」

 うつ病と統合失調症が混合している場合もあり、その鑑別は難しい場合もあるようです。

 ご質問者様の知り合いの方は、妄想らしきものがあったことがあるようなので、それがうつ病か統合失調症か鑑別してもらった方が(たとえばセカンドオピニオンを受ける)いいように思います。

 最近は、うつ病も統合失調症も、非定型のものが増え、典型的なうつ病ではないのだが、うつ状態が非定型に現れ、よく鑑別すると非定型の統合失調症だったりする場合がよくあるそうです。

 いずれにしても、鑑別を受けられることをお勧めします。

Q躁鬱病のうつ状態が一向に治りません。どうしたらいいのでしょう?うつ病が

躁鬱病のうつ状態が一向に治りません。どうしたらいいのでしょう?うつ病が発病してから10年躁うつ病になって1年。躁転して入院し閉鎖病棟の保護室に閉じ込められました。一ヶ月で退院したのですが、その後は躁転することなくずっとうつ状態が続いており起き上がるのもやっとです。20代をうつ状態ですごし台無しにしました。人生設計ボロボロです。兄に嫌味言われながら家で肩身の狭い思いをしながらすごしてます。躁鬱病って寛解するんでしょうか?するならばどれくらいの期間かかるのでしょうか?せめて仕事できるくらいまで回復したいのですが、このうつ状態どうしたら言いのでしょう?SSRIとか抗うつ薬は処方されてません。これでいいのでしょうか?非定型精神病薬はルーランが処方されてます。

Aベストアンサー

躁鬱病歴6年目のものです。

躁鬱病と診断されて、躁鬱病の治療をされてから、どれくらい経っているのかわからないのですが、一応知っている限りの知識を書きます。

躁鬱病の基本的な治療薬はリ-マスです。血中濃度が大切で約1ヶ月に一度採血をして計ります。これは、効く濃度と、中毒になる濃度が近いためどうしても必要です。血液検査してますか?しかし、もしかしたら、何かの原因でリ-マスを使っていないかも知れません。その場合は、医師に確認すると良いと思います。

リ-マスでの治療では、2~3ヶ月くらいはうつの状態になります。また、躁鬱病の基本的な治療方針は、弱うつ状態を保持することです。これは、そう転して人間関係や経済的に失敗するほうが人生にとってデメリットが大きいと考えられているからです。

すなわち、弱うつ状態が続いているのであれば、通常の治療方針に則ったやり方だと思います。

寛解するかどうかの、議論はできません。医師ではありませんし、ここでそのような書き込みをするのは、規約違反です。しかし、以前入院中に60代の方で薬を飲みながら仕事をまっとうした方がいらっしゃいました。その方いわく

「多くを望まないことだ」

とおっしゃっていました。あまり深くはつっこまなかったので(あえてつっこみたくなかったのもあります)その方のおっしゃりたい本当の意味は、完全には理解しませんでしたが、なんとなく私なりに解釈をして心にとどめてある言葉です。

質問者様の心にも響けばと思い、書き記しました。

一助になれば幸いです。

躁鬱病歴6年目のものです。

躁鬱病と診断されて、躁鬱病の治療をされてから、どれくらい経っているのかわからないのですが、一応知っている限りの知識を書きます。

躁鬱病の基本的な治療薬はリ-マスです。血中濃度が大切で約1ヶ月に一度採血をして計ります。これは、効く濃度と、中毒になる濃度が近いためどうしても必要です。血液検査してますか?しかし、もしかしたら、何かの原因でリ-マスを使っていないかも知れません。その場合は、医師に確認すると良いと思います。

リ-マスでの治療では、2~3ヶ月くらい...続きを読む

Qうつ病と自称うつ病(擬態うつ病)

義理の母(60代・専業主婦)の話です。診察を受けさせる前に、予備知識として知りたいと思っています。

実家は自営業で、昨年秋ごろから仕事が減り収入が半減しているのですが、義母はそのことが原因で
「このままでは、うつになりそうだ」と言っています。
詳しくは次のような内容・症状(?)です。
 ・専業主婦のため家にいる時間が長く、いつもお金のことを考えてしまう
 ・お金のやりくりが大変で、うつになりそう
 ・将来のことを考えると不安で、うつになりそう
 ・以前にもうつ病になったことがある、このままでは再発してしまう
 ・最近は死ぬことも考えいてる
 ・食欲が無い。体重は一ヶ月で10kg減った(ふっくらした体型でしたが、確かに最近痩せたようです)
 ・便秘がひどくなった
  (元々便秘症で下剤を常用。先日、内科で摘便&薬を処方してもらった)

このようなことを言い出したのはここ一ヶ月くらいです。
本やネットで得た浅はかな知識ですが、本当にうつ病を患っている人とは少し違う気がしました。
でも、収入が安定しない&以前と同じくらいまで増える見込みが無いことは確かなので、落ち込んだ気分の
うつ状態ではあると思います。
心配なのは、実際にはうつ病じゃないのにうつ病と診断されることで、うつじゃない人が抗うつ剤を飲むことの
リスクを考えると不安です。

そこで、専門家の方や経験者の方にお聞きしたいのですが
 1.上記のような状態でも、心の安定のために病院に行った方が良いですか?
   その場合、受診科目は心療内科で構わないですか?
 2.「うつ病」と「自称うつ」は見分けが付くものなのですか?
   また、見分けが微妙なときに処方するお薬はどのようなものですか?
 2.患者がうつ病と診断して欲しがっていることは、考慮されますか?
   考慮される場合、実際に処方するお薬は抗うつ剤ではないものになるのでしょうか?

お医者様によって対応が違うということは重々承知していますので、「私の場合は」という内容で構いません。
お医者様選びの参考にもさせて頂きたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いします。

義理の母(60代・専業主婦)の話です。診察を受けさせる前に、予備知識として知りたいと思っています。

実家は自営業で、昨年秋ごろから仕事が減り収入が半減しているのですが、義母はそのことが原因で
「このままでは、うつになりそうだ」と言っています。
詳しくは次のような内容・症状(?)です。
 ・専業主婦のため家にいる時間が長く、いつもお金のことを考えてしまう
 ・お金のやりくりが大変で、うつになりそう
 ・将来のことを考えると不安で、うつになりそう
 ・以前にもうつ病になったこ...続きを読む

Aベストアンサー

>1.上記のような状態でも、心の安定のために病院に行った方が良いですか?

心療内科かメンタルクリニックです。
心の安定というよりも、正確には病気の診断が目的となります。
病気でなければ特に治療が必要ではありませんが、病気と診断されるようであれば早期治療をした方がよい結果が期待できます。気の持ちようで説明できるものではありませんので医師の診断に従いましょう。。

> 2.「うつ病」と「自称うつ」は見分けが付くものなのですか?
経験が豊富な医師なら見分けはつきます。また、診断の指標もあるはずです。
ただし、客観的に計測できる方法は今のところ存在しないため、医師の腕に依存するところが大きいのが実情です。受診する側が巧妙に鬱の症状を演出すればうつ病の診断を受けてしまうこともあります。
ただし、抗うつ薬は健康な人が飲んでも危機的な副作用はでません。
種類にもよりますが、のどが渇いたり排尿が出にくくなったり太ったりと、何らかの症状を伴います。副作用が出ない薬は今のところ存在しません。


> 2.患者がうつ病と診断して欲しがっていることは、考慮されますか?
   考慮される場合、実際に処方するお薬は抗うつ剤ではないものになるのでしょうか?

不安感を感じる対策として軽度の抗うつ薬を服用するケースは割と一般的に存在します。
抗うつ薬ではなくて睡眠薬だったりすることもあり、診断結果から判断されます。
ただ、うつ病と診断されることを希望して抗うつ薬の処方箋を書くと、昨今事件になっていますから医師の側はわりと慎重になると思われます。


どうも質問文の様子からだと、相当ストレスを抱え込んでいるようです。
長期にわたって過剰なストレスを抱え込むとうつ病などの精神疾患にかかります。
現状、あなたがネットから得たうつ病の症状と違うからと言っても、うつ病なのかもしれませんし、一歩手前の危険な状態なのかもしれません。
まずは医師の診断を受けることをおすすめします。
未病のうちに手を打てるならそれに越したことはありません。

また、うつ病かどうかは結果でしか無く、根本的な解決方法は、本人が家計のやりくりで執着的に問題を抱えこんでしまっていることのようですので、このストレスから解放させてあげる必要があります。

何が原因で何が結果なのか一度整理すると本人もあなたも落ち着くんじゃないでしょうか?
医師やカウンセラーは病気そのものの対処は出来ますが、根本的な原因となっている家庭の問題はが踏み込めない領域です。

>1.上記のような状態でも、心の安定のために病院に行った方が良いですか?

心療内科かメンタルクリニックです。
心の安定というよりも、正確には病気の診断が目的となります。
病気でなければ特に治療が必要ではありませんが、病気と診断されるようであれば早期治療をした方がよい結果が期待できます。気の持ちようで説明できるものではありませんので医師の診断に従いましょう。。

> 2.「うつ病」と「自称うつ」は見分けが付くものなのですか?
経験が豊富な医師なら見分けはつきます。また、診...続きを読む

Q「うつ状態」と「抑うつ状態」

「うつ状態」と「抑うつ状態」ってどう違うんでしょうか?

抑=抑えるだから正反対の意味だと思っていたのですが
いろいろ見ていたら説明が混同されている?ようでよくわかりません。
「抑うつ神経症」=うつ状態
って反している気がしてしまうのですが…

すっきりしないので教えていただきたいです、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

抑うつ = 気分が抑制されて暗くなること。
うつ状態 = 気分が沈み込んだ状態を全部含む(?こっちはちょっと自信ないです^^;
因みに、「うつ状態」の対義語は「躁状態」だったかと。

あと蛇足ですが、よく混同されがちな「鬱病」と「うつ状態」は別物です。
「うつ病」とまではいいきれないが、気分が落ち込んでいる状態の時に「うつ状態」とか「抑うつ状態」と診断されるようです。

詳しくは、参考URLに私がよく参考にするサイト様の「様々なうつ状態」を紹介したページにリンクを貼っておきます。

参考URL:http://www.so-net.ne.jp/vivre/kokoro/deplec4.html

Q【うつ病と地黒の関係性】すぐに日焼けする色黒の人はうつ病になりにくいそうです。昔はうつ病=色白=

【うつ病と地黒の関係性】すぐに日焼けする色黒の人はうつ病になりにくいそうです。

昔はうつ病=色白=日に当たってないからという図式だったと思うのですが、最近の研究によると地黒の人はそもそもうつ病になりにくい性質なのだそうです。

うつ病だから色白じゃなくて、色黒はうつ病になりにくい。

この研究結果はどこが出典なのでしょうか?

これは本当ですか?

Aベストアンサー

違うと思います。色が黒いと言うことは太陽の下で働く人が多いという意味でしょう。
農業、建設業そんな人たちは肉体的には疲れるけど、精神的には疲れないので鬱病などになりにくいのだと思います。
 当然鬱病の人たちのデータを取ったらあまり日焼けしていない人が多いのだと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報