ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

高卒社会人です。

統計的推論手法を身につけたいと思うに至りました。
書店で色々入門書を漁ったのですが、自分に数学的素養が
足りないためかチンプンカンプンです。

ベイズ統計学を独学で学ぶためにはどのような前提知識が
必要となるのでしょうか?

お勧めの自習書、学習pathなど、併せてご紹介頂け
るとうれしいです。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

研究の先端としてのベイジアンはたしかに確率論だのなんだの厳しいと思いますが、「どんどん情報が付け加わる中で自分の推論を更新していく」というエッセンスであれば、たとえば小島寛之「サイバー経済学」(他の新書かも)は平易にまとめてます。

それと、本は読んだことはないのですが、東大教養学部にいらした松原望先生はその分野の専門家で、かつ平易な解説をなさるので、参考になる本があるかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

仰せのとおり、理論的な厳密さよりも、自らの推論を補正する
手段/指針を身につけたいと考えています。
(「理屈も分からずに、実践出来るはずもない」という声が
上がるのは承知の上です。)

ご推薦いただきました書籍を購入してみることにします。

松原先生の著書は図書館で借りて読んでみたのですが、ちょっと
違うかなといった印象を受けました。

ありがとうございました。

お礼日時:2007/05/22 17:47

統計学の全体像をイメージするためにも参考になると思いますので紹介します



統計学を拓いた異才たち―経験則から科学へ進展した一世紀
[原書名:The Lady Tasting Tea : How Statistics Revolutionized Science in the Twentieth Century〈Salsburg, David S.〉 ]
ISBN:9784532351946 (4532351944)
437p 19cm(B6)
日本経済新聞社 (2006-03-20出版)

・サルツブルグ,デイヴィッド【著】〈Salsburg,David S.〉・竹内 惠行・熊谷 悦生【訳】
[B6 判] NDC分類:350.12 販売価:\2,310(税込) (本体価:\2,200)
百年に一度の大洪水が起きる確率は?喫煙とがんの因果関係は?ピアソン、フィッシャーの二大巨頭を中心に華々しく繰り広げられる才人たちの知恵比べを、多くのエピソードとともに綴るおもしろ統計学史。

紅茶の違いのわかる婦人
歪んだ分布
かの親愛なるゴセット氏
厩肥の山を調べ上げる
「収量変動の研究」
「百年に一度の洪水」
フィッシャーの勝利
死に至る分量
ベル型曲線
当てはまりのよさを検定すること〔ほか〕
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返答が大変遅くなってしまった無礼をお許し下さい。
ご紹介頂いた本を幾つか購入してみることにします。

ありがとうございました。

お礼日時:2007/05/22 17:37

ベイズ統計学をいきなりやるのは無謀という物です。

確率論やら何やらがかなり必要ですから・・・。現役の院生であっても、独力では相当に苦労すると思います。

統計的推論の手法ということであれば、
『統計学入門』森棟公夫著、新世社
辺りがお薦めです。

まずはこの本で統計学の基礎と、ベイズ統計学をやるのであればベイズの定理を抑えるところから始めると良いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
やっぱり独学は難しいですか。

勤務時間が不規則な仕事をしているため、大学に通う
のはかなり困難です。
この分野を学んでいる院生を家庭教師に雇うことも考えた
のですが、手始めにお勧め頂いた本を入手して読んで
みようと思います。

お礼日時:2006/06/19 12:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q相関係数についてくるP値とは何ですか?

相関係数についてくるP値の意味がわかりません。

r=0.90 (P<0.001)

P=0.05で相関がない

という表現は何を意味しているのでしょうか?
またMS Excelを使ってのP値の計算方法を教えてください。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

pは確率(probability)のpです。全く相関のない数字を組み合わせたときにそのr値が出る確率をあらわしています。

統計・確率には100%言い切れることはまずありません。というか100%言い切れるのなら統計・確率を使う必要は有りません。
例えばサイコロを5回振って全て同じ目が出る確率は0.08%です。そんな時、そのサイコロを不良品(イカサマ?)と結論つけるとわずかに間違っている可能性が残っています。ただ、それが5%以下ならp=0.05でそのサイコロは正常ではないと結論付けます。
それが危険率です。(この場合はp=0.1%でもいいと思いますが)
相関係数においても相関の有無を結論つけるにはそのrが偶然出る確率を出すか、5%の確率ならrがどれぐらいの値が出るかを知っておく必要が有ります。

>r=0.90 (P<0.001)

相関係数は0.90と計算された。相関がないのに偶然r=0.90 となる確率は0.001以下だと言ってます。

>P=0.05で相関がない

相関がないと結論。(間違っている確率は5%以下)だと言ってます。

エクセルでの計算ですが、まず関数CORRELを使ってr値を出します。xデータがA1からA10に、yデータがB1からB10に入っているとして

r=CORREL(A1:A10,B1:B10)

次にそのr値をt値に変換します。

t=r*(n-2)^0.5/(1-r^2)^0.5

ここでnは組みデータの数です。((x1,y1),(x2,y2),・・・(xn,yn))
最後に関数TDISTで確率に変換します。両側です。

p=TDIST(t値,n-2,2)

もっと簡単な方法があるかも知れませんが、私ならこう計算します。(アドインの分析ツールを使う以外は)

pは確率(probability)のpです。全く相関のない数字を組み合わせたときにそのr値が出る確率をあらわしています。

統計・確率には100%言い切れることはまずありません。というか100%言い切れるのなら統計・確率を使う必要は有りません。
例えばサイコロを5回振って全て同じ目が出る確率は0.08%です。そんな時、そのサイコロを不良品(イカサマ?)と結論つけるとわずかに間違っている可能性が残っています。ただ、それが5%以下ならp=0.05でそのサイコロは正常ではないと結論付けます。
それが危険率です。(この場...続きを読む

Qエクセル STDEVとSTDEVPの違い

エクセルの統計関数で標準偏差を求める時、STDEVとSTDEVPがあります。両者の違いが良くわかりません。
宜しかったら、恐縮ですが、以下の具体例で、『噛み砕いて』教えて下さい。
(例)
セルA1~A13に1~13の数字を入力、平均値=7、STDEVでは3.89444、STDEVPでは3.741657となります。
また、平均値7と各数字の差を取り、それを2乗し、総和を取る(182)、これをデータの個数13で割る(14)、この平方根を取ると3.741657となります。
では、STDEVとSTDEVPの違いは何なのでしょうか?統計のことは疎く、お手数ですが、サルにもわかるようご教授頂きたく、お願い致します。

Aベストアンサー

データが母集団そのものからとったか、標本データかで違います。また母集団そのものだったとしても(例えばクラス全員というような)、その背景にさらならる母集団(例えば学年全体)を想定して比較するような時もありますので、その場合は標本となります。
で標本データの時はSTDEVを使って、母集団の時はSTDEVPをつかうことになります。
公式の違いは分母がn-1(STDEV)かn(STDEVP)かの違いしかありません。まぁ感覚的に理解するなら、分母がn-1になるということはそれだけ結果が大きくなるわけで、つまりそれだけのりしろを多くもって推測に当たるというようなことになります。
AとBの違いがあるかないかという推測をする時、通常は標本同士の検証になるわけですので、偏差を余裕をもってわざとちょっと大きめに見るということで、それだけ確証の度合いを上げるというわけです。

Q一部上場とは??

タイトル通りなのですが、一部上場企業とはどういう意味でしょうか?していない企業と比べて何が違うのでしょうか??現在就活中でして、この意味がよく分からないので教えていただけますでしょうか?又、その企業が上場しているか、していないかはどうやって見分けるのでしょうか??
お返事ください。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

企業が資金を集める方法には借金する方法と株式を発行する方法とがあります。借金すると、企業は儲かろうが、損をしようが、期限が来たら利息をつけて返済しなければなりません。しかし、株式を発行して得た資金は基本的に返す必要のないお金です。儲かったときだけ配当を支払えばいいのですから、株式の発行は企業にとって都合のよい資金獲得方法なのです。(TOBなどの危険もありますが・・・)
一方、株を買った人は配当がもらえるほかに、必要なときに株を売って資金を回収することができます。株を売るには買う人がいなければなりません。このような株の売り買いをするところが株式市場です。株式市場はできるだけ大きな市場の方が売りたい人、買いたい人が多く集まるので、取引が成立しやすくなります。逆に株を売りたいときに株式市場で取引できないと買い手が見つからないので、株式を持つ意味が半減します。
日本で一番大きな株式市場が東京証券取引所(東証)です。東証にも一部や二部などがあり、一部が最も活発に取引されます。そこで、株を売りたい人や買いたい人は東証の一部に行けば、売り買いが成立しやすくなります。
ところがどんな会社の株でもここで取引ができるわけではありません。上場基準と呼ばれる厳しい基準に合格した企業の株だけが、東証の一部で売り買いできるのです。
この東証一部で株式の取引ができる企業が一部上場企業とよばれる企業です。
東証一部に株式を上場できると、株を持っている人は取引が成立しやすくなるので、株に魅力が出て株価が上がります。また、一部上場企業は財務状況の公開が求められるので、粉飾やごまかしをしにくくなり、その結果、会社の信用が増します。
色々な株式市場がありますが、日本の企業のうち、市場で株を売り買いできる企業は一部にすぎません。その中でも東証一部で株を取引できる企業はごく限られたほんの一握りの大企業だけ。つまり東証一部上場企業は企業の中のエリートと考えられるのです。

>今までどんな勉強をしてきたのでしょうか?
>そんな事も分からないような人を企業が採用するとは思えませんが?

ひどいことを言う人もいるものです。私も就職するときは、大学が理科系だったので一部上場企業とか資本金とかまったく意味が分かりませんでした。今でも私の周りには一部上場企業の意味を正確に知らない人がたくさんいますが、ボーア半径とか熱力学の第二法則とかは良く知っています。それでいいのです。就活がんばってください。

企業が資金を集める方法には借金する方法と株式を発行する方法とがあります。借金すると、企業は儲かろうが、損をしようが、期限が来たら利息をつけて返済しなければなりません。しかし、株式を発行して得た資金は基本的に返す必要のないお金です。儲かったときだけ配当を支払えばいいのですから、株式の発行は企業にとって都合のよい資金獲得方法なのです。(TOBなどの危険もありますが・・・)
一方、株を買った人は配当がもらえるほかに、必要なときに株を売って資金を回収することができます。株を売るには買...続きを読む

Qノンパラメトリック・ベイズの参考書を紹介ください

機械学習や分類器の本を探しているのですが,
最近の生成モデル・アプローチの原理となる
ノンパラメトリック・ベイズのことになると,記述してある本が無く,
ジャーナルの解説やチュートリアルのようなものしか見つかりません.

もし,どなたか,パラメトリック・ベイズからノンパラメトリック・ベイズ
ディリクレ過程まで流れで読める本をご存じでしたら,是非ご紹介ください.

何章かの中の1章となっていても結構です.

よろしくお願い致します.

Aベストアンサー

ノンパラメトリック ベイズ でググってみました

http://www.chasen.org/~daiti-m/paper/ieice10npbayes.pdf


によると 2010年の頃にはまだ本はなさそう、この中の参考文献とか 

http://www.chasen.org/~daiti-m/paper/

をみるにがいいかも


人気Q&Aランキング