痔になりやすい生活習慣とは?

TLR200が見た目でカッコイイということだけで、購入を考えております。
トライアルはしません。ほぼ通勤のみ(たまに休日遠出)の使用なんですが。
TLR200の良い点・悪い点等を教えてください。
よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

トライアル車を通勤などの日常的な足としてつかうにはいくつかの欠点があります


(1~4はTLRだけの事ではなく、トライアル車全般にいえる事です)

1
タンクが小さい
トライアルバイクは軽量であることと車体がスリムであることが条件ですのでタンクは極力小さくできています、航続距離が他のバイクに比べて極端に短いです
通勤距離にもよりますが、1日~2日に1回ほど入れなくてはいけなくなる可能性も出てきます

2
シートの座り心地わるい
本来のトライアル車はシートがありません。TLRやTLMなどは一応シートは付いていますが、おまけ程度のシートしか付いておらず、近所までならば別ですが30分以上座ってるとケツ痛くなります
もちろん、タンデムシートなんぞ無いので二人乗りなんか出来ません

3
ステップ周り
ステップの位置もレバー類も立って乗る事を前提としていますので、座って乗るには非常に操作しにくい位置にあります
膝が極端に曲がり、シフトペダルやリアブレーキペダルも足首が痛くなるくらい曲げないと届かない位置にあります

4
ギヤレシオ
極低速でパワーを引き出せるようなギヤレシオになっておりますので、街中では1速は低すぎて役に立たないです。極低速では非常に楽しいのですが街中で良く使う速度はトライアル車にとっては高速の領域になります。
80~100km/hも出せば、エンジンは悲鳴をあげ、振動もスゴイです



TLR200には乗ったことないですが、リア2本サスというのはトライアルでも古い部類に入ります
どうしてもトライアル車を通勤に乗りたいのであれば、TLR250かTLM220をオススメします
どちらにせよ古いバイクですのでメンテナンスにはお金がかかると思いますけどね。
TLM220は2ストですのでトライアルの醍醐味である極低速からの爆発するようなパワー感はTLRよりも上だと思います


トライアル車はちょっとした体重移動とアクセルワークだけで簡単にポンポンとフロント上がるし、ジャックナイフも思いのままです
折角トライアル車に乗るのであれば、荒地や河原に持っていって遊ぶのが一番楽しめる遊び方だと思いますよ

*ただし、ふざけて乗るとフロント上がりすぎてバックドロップ食らったり、前転宙返りしますので注意してください
    • good
    • 1
この回答へのお礼

給油1日~2日に1回ですか!?
参考になります。

お礼日時:2006/06/21 19:22

昔TLR200を買ってトライアルを始めた者です。

練習場所へ行くにも自走してましたので参考になるかと思います。
あくまでも一般公道走行の話です。
車体が軽量・細い割にはハンドル幅があります。(トライアル車全般)
すり抜けは不向きです。また、皆さんがおっしゃる通り200にしろ125にしろ
30分も乗っていれば痔予備軍になります。遠出なんてとんでもないですよ。
200に125用の厚手のシートを付けましたがあまり変わりませんでした。
ブレーキも前後ドラムなので止まりませんし、キックペダルが良く折れます。年に3回折りました。キックに癖があります。
良い点は、今も良くわかりません。でも随分前に200を売ってしまって後悔して今はTL125の最終型を買いました。通勤等には使ってませんがトライアルしてます。
最後になりますが、自分の惚れたバイクを買うのが一番だと思いますよ。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

大変参考になります。ありがとうございました。

お礼日時:2006/06/21 19:17

No.4さん 訂正ありがとうございます。


勘違いしてました。

基本的な、乗り味は、新しい分TLMの方がいいですが、通勤とチョイ乗りなら4stのTLRの方がメンテナンスや燃費を含め良いですね。

ツートラ用で、一通り乗りましたが、どれもいいバイクですね。
TLR200は、服部選手がトライアルの原点 SSDTで使用していました。

ところで、この手のバイクですが、通勤用で使う場合、簡単なカバーは付いたようなきはしますが、排気管に足が触れる場合があるので気をつけてくださいね。
ブーツを履くことを前提にしているし。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

参考になります。ありがとうございます。

お礼日時:2006/06/21 19:19

補足です。


忘れてました。
電装6vは致命的です。改造しないと危険です。
通勤で使うなら125ccの白い車体、最終型のバッテリーレスのやつが良いです。
スピードも100km/hまではストレスなく出ます。
車の流れをややリード気味で走れます。
何しろエンジンが非常に丈夫です。
完全水没してもすぐにエンジンがかかるし
オイルがマヨネーズみたいになった上クランクケースの内側が砂で埋まった後も
オイル交換だけの整備無しで1万キロ以上普通に走りました。
抱きつきもしたけどこれも冷やしてギア入れてバックに引っ張ってはずして
その後も無整備で普通に走れました。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

電装6vなんですか。
参考になります。

お礼日時:2006/06/21 19:24

3さんの言う分離給油はTLMのことです、TLRは4サイクルでウェットサンプですからフレームにタンクはありません。


良い点は燃費がいいこと、軽くてハンドル切り角があるのでたいていのところでUターンできること。車体の割りにハンドル幅があるのでバックミラーが大変よく見えること。

悪い点はシートが全くのお飾りで、立って乗るために設計され、座ることを考えて作られていないこと。スピードが出ないこと、ブレーキが効かないこと、設計が古い(1983年発売)ことによってパーツが出ないものがあるということ。ライトが6ボルトなので絶望的に暗いこと、トライアルタイヤが意外と高いこと、タンク容量が少なくシートの問題もありツーリング向きではないこと(ただしトランスポーターに乗せて山まで行き、そこから山ツーリングするのなら獣道でも走れるくらいの走破力がある、もちろんテクニックが伴えば)。二人乗りができないこと。

対策としては同時期に発売されたTL125のシートに付け替えると厚みがあるぶん多少乗りやすくなります。部品が出るかどうかはわかりませんが。
    • good
    • 0

通勤にしか使わないなんてもったいないですね。


ぜひトライアルに挑戦してみてください。

良い点は、トライアルマシンですから、軽くて自由が利く事ですね。
しかし、トライアル競技を前提にしてありますので実用性は犠牲にしている所もあります。
シートが固く低い事。ステップも後退しているので、膝が深く曲がるため、長時間座って乗ると膝が痛む。
もともと、立って乗る事を前提にしていますから、シートはお飾りです。
タンク容量が少ないので長距離が苦手。
分離給油のタンクがフレームになっているが、漏れる事がある。
トライアルパターンのタイヤは舗装路の縦溝でウォブルが起きる事がある。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2006/06/19 22:32

通勤に使うなら悪い点は少ないですが


ブレーキが甘いのと
ギアが低すぎて1速が使えないこと
ポジションに慣れが必要なことくらいです。
ギアについてはスプロケット交換で完全に解消します。
私は今TLR250に乗っていますが、こいつは振動が異常に強いです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 「ギアが低すぎて1速が使えないこと」これはまったがって見ないと想像も出来ませんね。ありがとうございました。

お礼日時:2006/06/19 22:30

こん**は



 良い点としてはトラ車ですから小回りが利きますね
 小型で軽量な所
 悪い点は数たくさんあります。
 タンクが小さいので長距離に行くとガソリンが心許ない
 座るとカッコ悪いシート(長距離は走りたくないですね)
 スピードはそんなに出ません

 自分が気に入って買った物は悪い点も悪く見えません。
 購入しても良いかと思います
    • good
    • 2
この回答へのお礼

「 自分が気に入って買った物は悪い点も悪く見えません。」本当おっしゃるとうりですよね
ありがとうございました。

お礼日時:2006/06/19 22:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QホンダTLシリーズ(公道)について

TL125TLR200TLR250TLM200TLM220
どの程度トライアルが出来るかインプレッションが知りたいです
排気量の違い、2st4stのトルク感、2本サスと1本サスの違いや
扱いやすさ、この程度の難所はクリア可能など
実際に乗り比べた方、トライアルに詳しい方
色々教えてください

Aベストアンサー

とりあえず、TLR250以外は、全て乗りました。(RTL250は乗ったけど)
4stと2stの違いは、
ヌタヌタのグリップの悪い地形なら、4stですね。
なぜか4stの方がグリップが良いです。
ロックやドライの急坂なら瞬発力のある2stでしょうか。
アクセルワークは滑らかな2stの方が楽かもしれません。
2本サスとモノサスですが、ホンダの場合は差は少ないですが、若干モノサスの方が、前へ押し出す力は強い感じですね。
これがヤマハのTYだともっと強く2本サスで抜重しなくては上がらないステアでも何も無かったように上がってしまいました。
バランスは、新しいTLMの方がTLRより素直で取り易き感じがしました。

TLR250は、他のモデルと違って、ツーリング色が強く重量があるため、知人の間でも乗っている人は居なかったです。(公道トライアルでしか使われなかったようですね。)

TL200Rは、発売当時、服部選手がSSDTにほぼノーマルで参加して入賞したような記憶があります。
TLM200、220はクランクケースにHRCの名があり、HRCモデルのベースになっていました。TL200Rと同様にそのままでも充分な戦闘力がありました。
(TLMにいたっては、コンペ用にCDIの改造方法がメーカーから流れていたような。)
いずれのモデルもスプロケットの交換と保安部品等の軽量化で当時はかなりの戦闘力がありました。
初心者なら充分だと思いますよ。
TL125は 200程瞬発力はありませんが初心者なら、スプロケットの交換で充分だと思います。
でも・・・もし、TY250(モノサス)が入手出来るなら、若干癖がありますが、その方がいいですね。
公道モデルに若干手を入れたものが世界選手権で使われていました。

とりあえず、TLR250以外は、全て乗りました。(RTL250は乗ったけど)
4stと2stの違いは、
ヌタヌタのグリップの悪い地形なら、4stですね。
なぜか4stの方がグリップが良いです。
ロックやドライの急坂なら瞬発力のある2stでしょうか。
アクセルワークは滑らかな2stの方が楽かもしれません。
2本サスとモノサスですが、ホンダの場合は差は少ないですが、若干モノサスの方が、前へ押し出す力は強い感じですね。
これがヤマハのTYだともっと強く2本サスで抜重しなくては上がらないステアでも何も無かったよ...続きを読む

QTL125とTLR200について

ホンダのTL125かTLR200のどちらかを購入したいのですが違いがいまいち分かりません。TL125は試乗したことがあるのですがTLR200は試乗したことがないのではっきり分かりません。購入するとしたらどちらの方がいいかアドバイスいただけたらうれしいです。(維持費等の違いは省きます。)よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

TL125のトリッパー(白)が良いです。
エンジンがものすごく丈夫で
アクセルレスポンスが良く
ピックアップが早いので意外な事に速いです。
サスペンション、フレームバランスが良いのかダートや泥濘に強く
高速(115km/h)巡航、コーナー旋回は得意です。
慣れたら1日300キロ走っても平気です。

ブレーキが効かないのには慣れる必要があります。
キャリアとシートレールが華奢で重い物を載せると折れます。
トライアルには不向きです。

特約保険は約款しだいで事故の際に大損する場合が多くあるので
良い保険かは吟味が必要です。

Q32歳にしてトライアル挑戦!

考えてます。とりあえずマシンは中古を購入しようと思ってますが、
ヤフオク以外でいい中古車購入サイトなどありましたら教えていただきたいです。
又、4スト200cc~250ccで公道仕様車を考えてますが、初心者としてお勧めのマシンありましたら教えてください。
とりあえずマシンの購入資金は20~30万と考えてますが、まだ多少の余力はあります。ウェア、ブーツ、ヘルなど購入分もありますんでそのくらいで押えられればと思います。
お手数ですが宜しくお願いします

Aベストアンサー

32歳にしてトライアル挑戦!おめでとうございます。

大丈夫です。年齢は特に関係ありませんし、40歳から初めて国際B級と言う方もいましたので・・・(私ではありません)(^^);
個人売買の中古車購入サイトをまずお教えします。
http://www.trial-ex.com/
次にトライアル専門誌のサイトが
http://shizenyama.com/
月刊誌300円がトライアルバイク専門店などで販売されてます。上記の専門サイトからも検索できます。(個人売買のページあり)
4スト200cc~250ccで公道仕様車は、ホンダTLR200/TLR250,モンテッサホンダRTL250/スコルパヤマハ250の最新型(80万円以上するので買えません)でしょうか。
悪いことは言いません、今から始めるんでしたら前者のTLRだけはやめましょう。トライアルが嫌いになること間違いなしです。TLRで大会に出てる人は
昔からやっている人が大半又は良いマシンをもう一台隠し持っているとかなので・・。その辺間違わないように。
購入資金は20~30万ということですが、2ストの外車のモンテッサホンダRTL250/ガスガス250/ベータ250/スコルパヤマハ250/ヤマハTYZ250逆車/
シェルコ250がねらい目ですかね。基本的にレーサーなので保安部品・ナンバー登録可か確認が必要です。
厳しいことを言いますが、どのマシンをどこから購入するにもクレームは効かないものだと考えた方がいいですね。不具合のないトライアル車なんて新車でも中古でもないと考えていた方がいいですよ。ただ、バイク屋で購入した場合は対策を教えてくれるところもありますが自分でやってね。とか、ありますので心構えが必要です。(バイク屋によっても違うかも)
 始めてのトライアル車購入でしたら回答者No1の方と同じくスコルパヤマハのTY-S125F Long Rideがお勧めですが新車で417.900円です。予算オーバー
でとても無理というなら2ストのモンテッサホンダRTL250の中古で年式の新しいものがねらい目だと思います。くどいようですが保安部品あり・ナンバー登録可か必ず確認してから購入してください。

32歳にしてトライアル挑戦!おめでとうございます。

大丈夫です。年齢は特に関係ありませんし、40歳から初めて国際B級と言う方もいましたので・・・(私ではありません)(^^);
個人売買の中古車購入サイトをまずお教えします。
http://www.trial-ex.com/
次にトライアル専門誌のサイトが
http://shizenyama.com/
月刊誌300円がトライアルバイク専門店などで販売されてます。上記の専門サイトからも検索できます。(個人売買のページあり)
4スト200cc~250ccで公道仕様車は、ホンダTLR200/TLR250,モンテ...続きを読む

QTLR200のエンジンがかからない

TLR200のエンジンがなかなかかからないで困ってます
キックを何度がんばってもたまにしかかかりません
キャブレターは、OH済です プラグからのスパークも確認してますが
ほかには、どんなことが原因にあるかおねがいします。

Aベストアンサー

ガソリンエンジンが始動するためには、3つの要素が整っていることが条件になります。
1、良い圧縮
2、良い燃料
3、良い火花
どれかひとつでも欠けたり、不具合があると始動しないものです。

まず良い圧縮ですが、コンプレッションゲージで圧縮を計るのが確実ですが、恐らく持ってないでしょうからキックを踏んだ時の重さはどうでしょうか?不自然なくらい軽かったりしませんか?

良い燃料は、キャブのOH済みということなのでほぼ大丈夫と仮定しましょう。ガソリンそのものも新しいものにしましょう。

良い火花ですが、プラグからのスパークを確認したようですが、圧縮のかかってない状態での確認ですよね?プラグは新品でしょうか。再利用であれば、新品をおすすめします(安価なものですし)。電気火花は気圧の高い状態においてスパークしづらくなります。つまり、プラグを外して点検した時はスパークしても、エンジンに組み付けた状態で圧縮がかかるとスパークしないということがままあるわけです(要求電圧が高くなるのでスパークできない)。また、プラグコードやプラグキャップからのリークも点検したほうがいいですね。

考えられる原因はここに書ききれないほどありますから、まず簡単なことから順に点検してみてください。
たまにかかり、すぐ止まるということですので点火系が原因のような気がします。いずれにしても、実車を見てみないことには原因をつかむのは容易ではありません。

ガソリンエンジンが始動するためには、3つの要素が整っていることが条件になります。
1、良い圧縮
2、良い燃料
3、良い火花
どれかひとつでも欠けたり、不具合があると始動しないものです。

まず良い圧縮ですが、コンプレッションゲージで圧縮を計るのが確実ですが、恐らく持ってないでしょうからキックを踏んだ時の重さはどうでしょうか?不自然なくらい軽かったりしませんか?

良い燃料は、キャブのOH済みということなのでほぼ大丈夫と仮定しましょう。ガソリンそのものも新しいものにしましょう。

...続きを読む

QTLR200のキャブレターのことで

TLR200のキャブレターの調整のことでお願いします
スローでかぶりぎみだったのでスロージェトを42から40に落とし
ジェットニードルのクリップを一つ上にあげましたところプラグは、いい感じに焼けてますが アクセルを開けると回転がすぐに戻りません
それとアイドリングが高くなってしまいニードルを緩めて落とそうとしても落ちてくれませんこのような時の対処方をお願いします。

Aベストアンサー

結論から言いますと、お近くのトライアルショップに持ち込んで話をした方が早いですよ。以前私もTLRのキャブの不調でいじり回し過ぎて訳がわからなくなって苦労した経験があります。プロでもキャブのセッティングは難しいとも聞いています。

参考までにHPのあるトライアルショップの検索先です。
http://shizenyama.com/pages/link.php

以前私のTLRを見てもらっていたところは
http://www.swm.co.jp/です。

Qトライアルマシンでのツーリング

いろいろとツーリングについてアドバイスを頂いてきました。
そんな中、どのマシンがいいのか、何だかだんだん分からなくなり、いっそ現在所有のトライアルマシンでツーリングできないものか考えるようになりました。

もちろんトライアルマシンがツーリングなんかに向かないのはわかっています。
ですが、かつてツーリングトライアイルが盛んな時代があり、トライアルマシン自体、現在のシートの無いようなマシンではなく、それなりのシートのある公道走行仕様でした。結構当時は今で言うトレッキング的な山走行のため、自走で山に向かうトライアル車が走ってました。

どんなバイクでも、それこそ50ccでも日本一周はできると思いますが、ことトライアルマシンとなると50ccのバイクよりも厳しい(着座姿勢など)のではと思ってしまいます。
そんなトライアルマシンで結構な距離のツーリング経験のある方、トライアルマシンでのツーリング経験豊富な方、もっとすごく、トライアルマシンで日本一周(そんなひとはいないでしょうか?)、あるいはそれに近いツーリング経験をお持ちの方、是非体験談やトライアルマシンでのツーリングの可否、大事なポイントなどお聞かせください。

いろいろとツーリングについてアドバイスを頂いてきました。
そんな中、どのマシンがいいのか、何だかだんだん分からなくなり、いっそ現在所有のトライアルマシンでツーリングできないものか考えるようになりました。

もちろんトライアルマシンがツーリングなんかに向かないのはわかっています。
ですが、かつてツーリングトライアイルが盛んな時代があり、トライアルマシン自体、現在のシートの無いようなマシンではなく、それなりのシートのある公道走行仕様でした。結構当時は今で言うトレッキング的な山走行...続きを読む

Aベストアンサー

TL125に乗っていました。
ツーリングとしては、片道200~300km、時間にして、4時間~6時間ほどの使用です。
日帰りでした。(結局8~12時間の使用です)

当時を思い出すと、
先ず、お尻が痛くなります。
痛くなると、どんな座り方をしても痛いです。
座布団(分かり易いように言うと)を用意していました。

給油に困る事があります。
地方ですと、まだまだ明るいのに18時で閉まるGSも多かったです。
給油のタイミングと、携行缶(キャンプ用の1.5L)を持っていました。

暗くなっても、ヘッドライトは役に立ってくれません(笑)。

当時から、温泉巡りをしていました。
お尻が痛くなるのさえ何とかすれば、50ccの原付よりはよっぽど
楽で楽しいです。

良い点は、ご存知だと思います。
混雑する街中でも小回りが利きますし、駐輪にも困りませんね。

しかし、目的地でトライアルゴッコをする事は有りませんでしたし、それが
目的になった事も有りませんでした。
精々、目的地近くの県道の散策位でした。
それでも、躊躇なく入って行けるのは、トレッキングバイクならではでした。

200ccではなく125ですと、有料道路(橋とか観光道路とか)の通行料金が極端に
割安だったり、原付のみ通行可とか言う所も有ったり致しました。
天橋立は原付のみ通行可です。

どの道、高速は走りませんし、競技者を目指す訳でも有りませんでしたから、
わたしにはちょうど良い練習用のバイクでした。

余談ですが、これを手放した後のバイクは、FTR250でした。
こちらの方が、ツーリングには、ちょっとだけ楽でしたね(笑)

TL125に乗っていました。
ツーリングとしては、片道200~300km、時間にして、4時間~6時間ほどの使用です。
日帰りでした。(結局8~12時間の使用です)

当時を思い出すと、
先ず、お尻が痛くなります。
痛くなると、どんな座り方をしても痛いです。
座布団(分かり易いように言うと)を用意していました。

給油に困る事があります。
地方ですと、まだまだ明るいのに18時で閉まるGSも多かったです。
給油のタイミングと、携行缶(キャンプ用の1.5L)を持っていました。

暗くなっても、ヘッドライトは役に立ってくれま...続きを読む

QTL125(フィールドトリッパー)の始動性について

少し前にホンダのTL125(最終型フィールドトリッパー)ボディが白青
のタイプを購入したのですが始動性がいまいちなのでお聞きします。

エンジンが冷えている時はほぼ1発で始動するのですが、走行してエンジンが温まると始動が困難になります。プラグは全体的に黒く中心部のちょっとだけが白くなっています。これは燃調が濃いということなのでしょうか?上の回転も苦しそうでアクセルをいっぱい開けても60~70kmほどしか出ない感じです。アイドリングも冷間時は安定していますが
温間時は止まりそうになりアクセルを開けていないと止まってしまうことがしょっちゅうです。その後始動が困難になります。

キャブは見ていませんが、エアクリなどは清掃しました。燃料フィルターの詰まりなども関係しているのでしょうか?もしくはキャブのクリップ位置を変更するだけで改善するものなのでしょうか?

極力自分で直したいのでTL系のエンジンに詳しい方よろしければ対策法など教えてもらえませんか?よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ケイヒンのPC04はCB550にも使われている
汎用キャブレターで、モンキーの改造の御用達のφ20の
PC20と基本的に同じものなので、ちょっとしたショップなら
どこでも手に入るしろものです。
また、由緒正しき、極めて簡単な構造ですので、
迷うところはありません。
見たらわかりますが、ばらすとき数枚程度
写真でも撮っておくと、さらに簡単です。
どうせいつかはやらなければならない作業です。
ひまなときにやっておきましょう。
なおドライバーは数100円ぐらい投資してください。
車載でも充分ですけどね。
初めてばらす時だけは番手のあったいいドライバを使ってください。
なおキャブクリーナはばらした上で、金属だけに適用してください。
ずぼらかますと、パッキンセット御購入になります。
替えたら気持ちはよくなりますけど、
これも後にしたほうがいいですよ。
結構繰り返し使えますので。
(この前うちのは30年ぶりで始めて替えました。)

Qセロー225は買いでしょうか?

セロー225は買いでしょうか?
実は、早ければ今夏、あるいは来夏のことになってしまいますが、ツーリングで北海道から本州に行く予定をしています。
現在手元にあるバイクはTY125という、およそツーリングに向かないバイクですが、それでも
何とかTYで行ってみようかなとも思っており、近所のバイク屋さんでそんな話をしたところ、
行けないことはないだろうけど、もし万が一旅先で故障したらパーツ入手も厳しいから捨てて
こなきゃならなくなるかもしれないよ(笑)と言われ、なるほどそれはやっぱりまずいなと思い、
ツーリング用バイクを手に入れようと考えてます。
軽量コンパクトなオフ車が好きなので、来夏であれば新車のKLX125の2011モデルでも、あるいはヤマハが好きなので、XTZ125の新車もいいなと思いますが、やっぱりツーリングなら多少でも排気量に余裕のあるバイクがいいかなと、中古のセロー225が、自分の中で俄然最有力候補の筆頭に挙がってきました(250より225がいいのです)。
中古だと金銭的にも購入価格にが出来、その分旅の費用に回せるので、昔から気になっていた
マウンテントレール購入を検討しようと思うのですが、
セロー225には歴代、いくつかのバリエーションがあるようなので、もちろん普通は同じ型式なら新しい年式の方がいいのでしょうけど、型式の違いからいろいろあるセロー225の中で、お勧めの年式と、その良い点、車両本体の見るべきところなど、できるだけ詳しく教えていただけないでしょうか?
もちろん、すべての型式のセロー225に乗ったという方はなかなかいらっしゃらないかもしれませんが、全国のセロー乗りの方、どうかご自分の所有したセローについての思い入れも含めて、ご教授のほど、よろしくお願い致します!

セロー225は買いでしょうか?
実は、早ければ今夏、あるいは来夏のことになってしまいますが、ツーリングで北海道から本州に行く予定をしています。
現在手元にあるバイクはTY125という、およそツーリングに向かないバイクですが、それでも
何とかTYで行ってみようかなとも思っており、近所のバイク屋さんでそんな話をしたところ、
行けないことはないだろうけど、もし万が一旅先で故障したらパーツ入手も厳しいから捨てて
こなきゃならなくなるかもしれないよ(笑)と言われ、なるほどそれはやっぱりまずい...続きを読む

Aベストアンサー

No3です。
そうですか。シェルパは乗られていたのですね。オフロードでの取り回しが重く感じられて売却してしまったのですか。

しかしそうなるとセローもどうなのでしょうか。私が各歴代セローに乗った印象では、カタログスペック等から読み取れる印象と、実際のモデルは大きな隔たりがありましたね。

カタログスペック上はモデルチェンジを行ってもそれほどの変化はないような印象ですが、個人的にはモデルチェンジが進むごとに、感覚的な操作力?は重くなっていく傾向の様に思います。

実際、3RW(リアドラム)と4JG6(WE最終)を比べますと、同じ車種とは思えないほど操作力?に差がありますね。

これは私が4JG6に馴染めず売却してしまった理由でもあるのですが。その点3RWモデルはエンジンも車体も非常に軽い印象がありますね。リアドラムでも制動力に問題を感じた事もありませんし。

まあ個人的な感覚なんですけれど。何を持って良しとするかは、そのオーナー次第ですからね。私の様な世間一般論とはかけ離れた評価をする者も居るわけですし。

なのでご購入の際にはせっかくですから、色んなモデルを対象になさったら良いと思います。古いモデルはメンテの問題もありますが。

あと、ジェベル200についてです。このモデルもツーリング用と銘打っていますが、エンジンは意外とパンチがあり、車体も軽いです。ライトも大きいものがついているのですが、その慣性力をあまり感じさせず、非常に軽い操舵になっています。

先の回答に挙げた、ステップの位置さえ改善出来れば、トレッキング仕様としても、抜群の性能を発揮できると思います。一時期本気でステップの移動を考えたりしましたが(笑)。

とにかくエンジンが小気味良く、コロコロと良く回る印象ですね。セローの3RWに通じる感じです。

サスも3RW同様プアな仕様ですが、それはマイナス方向には感じられませんでした。ステップの位置関係から、殿様シッティングスタイルになりますが、それを承知の上ならツーリングバイクとして良い選択になるかもしれませんね。

電装に関しては、私の場合は特に気になったことはありませんでした。タマタマかもしれませんが。ちなみに、私はジェベルの亜種モデルであるDF125も所有したことがあります。

このモデルはフロント・リアキャリアがとても頑丈で大きいものが付いていますので、ツーリングに的を絞ればほぼ無敵です(笑)。このバイクは腰上、腰下を自分でOHしましたが、非常に単純な造りで、整備しやすかった思い出があります(200も同じかと)。

各モデルの事を思い出しながら、ホロホロと書いていますので、脈絡のない文章で申し訳ないです。

一度シェルパを売却されているようですから、同じセローでもモデルによって軽さ?の印象が違う場合がありますので、一般的な風評に流されず、確認なさったほうがよいかと思いまして(笑)。ジェベル(DF)も気になっておられたのなら、一度は視察、試乗されるのもよいかと。

No3です。
そうですか。シェルパは乗られていたのですね。オフロードでの取り回しが重く感じられて売却してしまったのですか。

しかしそうなるとセローもどうなのでしょうか。私が各歴代セローに乗った印象では、カタログスペック等から読み取れる印象と、実際のモデルは大きな隔たりがありましたね。

カタログスペック上はモデルチェンジを行ってもそれほどの変化はないような印象ですが、個人的にはモデルチェンジが進むごとに、感覚的な操作力?は重くなっていく傾向の様に思います。

実際、3RW(リアド...続きを読む

Qオフロードとトライアル車の違いについて

オフロードとトライアル車の違いがビミョーに分かりませんp(´⌒`q)

・・オフロード車は砂利道走ったり山上ったり?
トライアル車は砂利道走ったり山上ったり障害物超えたり?

・・・わかんない!p(´⌒`q)!

Aベストアンサー

 トライアル車もオフロード車の一種なのですが・・・・ここは一般論というか、慣例的な呼び名で説明しましょう。

>・・オフロード車は砂利道走ったり山上ったり?

 御意。オフロード(大まかに言って道でないところ)を走る為の設計が施されているバイクです。

 で、トライアル車ですが。
 バイクのオフロード競技の中に『トライアル』というジャンルがあり、トライアル車とはその競技に使う為に突化した特徴を持ったバイクのことを言います。

※トライアルとは。
 人間が歩いて通れない様なところ(!)をバイクで通る競技で、足を付いたら減点。この減点がなるべく少ない様にする競技です。
 モトクロスやラリーレイドなどオフロードを走る競技の多くが単なるバイクレース(要するに速いモノ勝ち)ですが、トライアルでは時間制限内に決められたコースを走り切れれば他人より速い必要はなく、それよりもコース上でなるべく足を付かない様にして走ることが重要です。(タイムは関係ないという回答もありますが、無尽蔵に遅くてもよいというワケではありません。制限時間がちゃんとありますよ。)

>オフロードとトライアル車の違いがビミョーに分かりませんp(´⌒`q)

 トライアル車は『足を付かない』(停止している状態でさえ足を付けません!どころか停止した状態から体重移動で後退もします)『ヒトが歩いて越えられないところを越える』為に設計されており、フツーのオフロード車とは外観が大きく異なります。その違いは『ビミョー』どというレベルではありません。

参考画像として。

オフロード車
http://www.tairaracing.co.jp/husqvarna_te630.htm
 『オフロードバイクのロールスロイス』と言われる、現存するバイクメーカで世界最古のハスクバーナ社のバイクです。
 座った状態で乗車姿勢が変えやすい細く長いシート、ドロが詰まらない高い位置のフェンダー、ツーリングにも使える10L以上のガソリンタンクなど。
 いわゆるオフロードバイク(公道走行用も競技専用も)は、どのメーカのモノでも概ねこの様な外観になっています。

トライアル車
http://www.gasgasmoto.jp/trial/txt-raga-2011/
 トライアル競技の強豪、ガスガス社の競技用マシンです。
 ブッシュなどで引っかけない様に低い位置にセットした薄いフロントフェンダー、競技中はドッカリ座っているヒマなど無いので、軽量化の為シートは板状、極低速で走るだけなので軽量化を優先した超小型ガソリンタンク、走行中に誤ってシフトチェンジをしない様、ステップから大きく離れたシフトペダル、ライダーが振り回し易い様に重量物を極端に集中配置した独特のフレーム形状など。上記『オフロードバイク』とは、見た目が全く違います。
 トライアル車はその構造上、公道走行に適したバイクには仕立て難い為、現在では公道走行用トライアル車というモノは極端に少ないです。
 一応ガスガス社には公道走行可能モデルもありますが・・・
http://www.gasgasmoto.jp/trial/tx-randonne-2011/
・・・どうでしょう?一応ガソリンタンクがやや大きくなり、シートにも厚みがありますが・・・近所のコンビニに行くぐらいしか使えそうもないですね。

 尚。ガスガス社は昔、自慢のトライアル車を公道走行に適した装備に仕立て直した『パンペーラ』というシリーズを販売していましたが(ヤマハのセローのマネをしたモデルでしたが、最初期型は中身がホンモノのトライアルマシンだったので、その走破性はセローなどとはケタ違いでした)、ツーリングに耐える大きなタンク、乗心地のよい大型シートなどを取り付けた結果、見た目はフツーのオフロード車となってしまっていました。
 やっぱりトライアル車の外観で公道走行車を作るのは、ムリがあるんでしょうねぇ。ホンダ(TLR200)やヤマハ(TY250スコティッシュ)もかつて『見た目がそのままトライアル』な公道走行用マシンを出していましたが、薄っぺらなシート、シートとステップが極端に近い妙なポジション、軽量過ぎて高速で異常に不安定な操縦性など、とてもマトモに売れる要素は無く、あまり台数が出ないまま消えてしまいました。TLR200は、本格的なトライアル走行にも結構耐え、何度コケてもなかなか壊れず、リヤキャリアとピリオンステップを付ければ2人乗り出来、燃費がよくて価格も安く非常によいバイクだったんですけどねぇ・・・(静止したまま足を付かない『スタンディング・スティル』というテクニックは、このバイクで覚えましたよ。)

 トライアル車もオフロード車の一種なのですが・・・・ここは一般論というか、慣例的な呼び名で説明しましょう。

>・・オフロード車は砂利道走ったり山上ったり?

 御意。オフロード(大まかに言って道でないところ)を走る為の設計が施されているバイクです。

 で、トライアル車ですが。
 バイクのオフロード競技の中に『トライアル』というジャンルがあり、トライアル車とはその競技に使う為に突化した特徴を持ったバイクのことを言います。

※トライアルとは。
 人間が歩いて通れない様なところ(!)...続きを読む

Qトライアル車について教えてください。

最近トライアル車が気になってきました。
公道をはしれるもので、国産車ではなにがおすすめですか?
休みに練習しようと考えています。
できれば安く、維持費がかからないものがよいのですが。

Aベストアンサー

外国製トライアル車について回答します。No.2で回答したスコルパ,ベータ,ガスガス,モンテッサは全てヨーロッパ製のトライアル車です。この中で125や200(実排気量は160ccくらい)を製造しているのはベータおよびガスガスです。

新車価格はいずれのメーカーも70万円前後です。(250ccで)小排気量でもこれより数万円安いだけです。維持費やアフターパーツの入手しやすさの点から考えるとガスガスがお勧めです。(この辺は好みの問題)

アフターパーツは宅配便で自宅まで送ってもらうか、最寄のトライアルショップに頼むことになります。ディーラーに在庫があれば2~3日以内に入荷します。この辺は日本メーカーと変わりありません。

ご自宅の近くにトライアル練習場があるのであれば、そこで練習している人たちにいろいろ聞くのが情報を得るのには一番確実です。きっといやな顔をせずに教えてくれると思います。

蛇足とは思いますが下記URLを参考にして下さい。

参考URL:http://www.trial-ex.com/index-j.html


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング