不良債権処理の話しで、銀行が引当をつむってどういうことですか?
戻ってこなくなったお金のぶんを、どうにかして埋め合わせることだと思うんですが、教えてください。

A 回答 (3件)

分かりにくいかもしれませんが、銀行にとって預金は借入です。


借りたお金を不良債権処理にあてるようでは終わりですね。
(実際、破綻途上にある銀行は、資金繰りの悪化もあり、必死に貸出を回収し預金を集めようとしますけど。)

引当金は通常は利益の中か、これまでの利益の蓄積である内部留保の取崩して行われます。
従って、利益以上の引当の必要が生じれば赤字になり、資本勘定以上
に積み増しする必要があれば、債務超過となり業務改善命令が発動されます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かにそうですよね、借りたお金を引き当てるわけにはいきませんよね。
初歩的な質問ですみませんでした。どうも

お礼日時:2002/02/24 10:17

銀行は戻ってこないお金をバランスシートにのせておくことはできません。


それらは決算期ごとに強制的に損失処理されます。

引当というのは、『戻らないかも知れない債権』について予防的に
費用として計上しておくものです。
青木建設が破綻したときA銀行は決算に影響はないといってましたよね。
本当かどうかはともかく、良心的に解釈すれば既に問題債権として
フルに引当を済ませていたということでしょう。

ちなみに銀行の債権は、以下の通りに分類されます。

(1)正常債権=業況堅調な企業に対する債権。
(2)要注意債権=業況低調だが、事業の継続性には問題のない企業への債権。
(3)破綻懸念債権=事業の継続性に問題のある企業への債権。
(4)実質破綻債権=法的な処理はなされてないが破綻している企業への債権。
(5)破綻債権=法的に破たん処理に入った企業への債権。

(4)(5)については当然100%の引当が必要。
(2)(3)については、各行の自主性に任されているところが大きく、査定の線引きもあいまいなところがありますから、注目すべきはここですね。

噂ではDを(2)に位置づけ数%しか引当を済ませていなかった銀行もあるらしいですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。予防的にって事はわかりました
>引当というのは、『戻らないかも知れない債権』について予防的に費用として計上しておくものです。
費用として計上しておくってのは、銀行自らの資産を引き当てるんですか?だとしたら自分の資産以上の引当てってのはできないことになりますよね。それとも、まだ貸し出しに回してないお客様の預金を引き当てるって事ですか?だったらもっとたくさん引き当てられますよね?

お礼日時:2002/02/23 23:58

引当金にもいろいろな物があり、一概に言えないとは思いますが、概略としては、



戻ってくるかどうか判らないお金(債権)を、今のウチにあきらめて今年の損としてカウントする(帳簿に分けて記載する)

ということです。もちろん損をしたら経営者などが責任を問われることがありますので、大儲けをしているときにどさくさに紛れてやるのならともかく、今のような苦しい経済状況のときに引き当てを積むということは、経営者にとっては辛いことです。

逆に言うと、それだけ「戻ってくるかどうか判らない債権」が実は「ほとんど戻ってくるわけがない」とか「まず絶対に戻ってこない」という状況になっていることが推測されるわけです。

もっと言うと、「いままで戻ってくることにしていたが、実は無理なのを前から知っていた」が「国とか他の機関が検査したらばれてしまう」なんてことかも知れません。。。(^^;)

以上、おおざっぱな回答でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。ちょっと疑問なのは
>今のウチにあきらめて今年の損としてカウントする
ってことは、引当をつんだ時点で、経営者が「損失を認めました」って言うことと同じなんですか?だとしたら引当はあまりつみたくないですよね?

お礼日時:2002/02/24 00:02

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q銀行の金融機関コードとは

職業訓練の給付金事前申請書類にある銀行の金融機関コードを記入する欄があり、通帳に記載がなかったので、以前同じ口座で銀行に提出した書類の控えに金融機関コードが書かれていたので、それと同じ金融機関コードを記入して提出しました。
金融機関コードって毎回変わるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

機関コード、店舗コードを検索するサイトがある
http://zengin.ajtw.net/

10年20年というスパンでは、合併統合などによって変更される場合もあるけど
そう言う特殊事情でも無ければ、機関コードは変わらない

でも、支店などの統廃合は銀行の統廃合に比較したら頻度が多いので、キチンと確認した方が確実

Q不良債権処理は進んでいるはずなのになぜ景気は悪化するのですか(新たな不良債権が発生するのはなぜですか)

不慮債権処理により市場の金まわりは良くなるはずだと思うのですが、
なぜ景気は良くならないのでしょうか?
また新たな不良債権が新たに発生しているとも聞きます。
それはなぜでしょうか?

Aベストアンサー

 前段に関しては,不良債権処理後の金まわりとしての稼働率がGDP等に占める割合としてさほど大きくないことや間接融資が企業の資金調達一定割合に止まっていることが挙げられます(下記URL参照)。

 後段に関しては,いわゆるデフレの進行により企業の体力が低下し,企業の破綻や信用力の低下(特に建設業や小売業などに顕著)が生じ,これらの企業への貸付が不良債権化していくことにあります。
 また,当初の不良債権か否かの査定の甘さに問題があり,新たな査定の結果,顕在化し膨大化しているように見えるということも挙げられます。

参考URL:http://jmm.cogen.co.jp/jmmarchive/m142004.html

Q金融機関コードと支店コードの検索サイト ご存じありませんか?

銀行名と支店名をWebサイトで入力したらが金融機関コードと支店コードが
わかる便利な検索サイトご存じありませんか。

Aベストアンサー

こんにちは。

これはどうでしょう。
http://www.toy-machine.com/bank_number/search.php3
ただし金融機関コードは判りますが、支店コードまでは判らないようです。
支店番号については個々の金融機関サイトを見るしかないようです。

参考まで。

参考URL:http://www.toy-machine.com/bank_number/search.php3

Q日本銀行の不良債権

民間銀行の不良債権額は新聞などで見かけます。銀行の銀行たる日本銀行にも不良債権は存在するのでしょうか?不良債権が存在する場合、損失確定時にどのように穴埋めするのでしょうか?日銀内で準備金を取り崩したり給与カットしたりなどで穴埋めするのでしょうか?それとも税金で穴埋めする仕組みがすでにあるのでしょうか?

Aベストアンサー

 日銀特融と呼ばれる最終手段を行使れば、不良債権が発生する可能性があります。(ただ、これは本当に日本を守る為の最終手段なので、税金で補填もやむなしだと思います。)
   http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E9%8A%80%E7%89%B9%E8%9E%8D

 あと、政府や自治体および金融機関に対しては国債やそれに準じる金融資産を担保に、貸付を行っています。(23兆円ほど)
   http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E9%8A%80%E8%A1%8C

 まあ、総資産(112兆)に対して貸出残高は、それ程多くなく(20%)、しかも国債等でないと担保として認めませんから、貸倒はちょっと考えられません。
 (みずほ銀行だと、資産68兆円に対して貸出は34兆円(50%))

 税金投入だと、他の銀行の様に増資 or 融資と言った形で行われると思います。
 なお、日銀は株式会社の株に相当する「出資証券」という物が有り、個人でも買えたりします。(株ではないので経営に口を出せませんが…。)
   http://quote.yahoo.co.jp/q?d=t&s=8301.q

 日銀特融と呼ばれる最終手段を行使れば、不良債権が発生する可能性があります。(ただ、これは本当に日本を守る為の最終手段なので、税金で補填もやむなしだと思います。)
   http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E9%8A%80%E7%89%B9%E8%9E%8D

 あと、政府や自治体および金融機関に対しては国債やそれに準じる金融資産を担保に、貸付を行っています。(23兆円ほど)
   http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E9%8A%80%E8%A1%8C

 まあ、総資産(112兆)に対して貸出残高は、それ程多く...続きを読む

Q金融機関コードについて

金融機関コードを入力してくださいっていうのがあったんですが、それは入力しても大丈夫なのでしょうか?


こんなこともわからないのかって思うと思いますがお願いします。

Aベストアンサー

金融機関コードは個人情報等ではなく

金融機関を番号で表す番号ですから、自分だけの情報ではないので

大丈夫だと思います。

その次に口座番号とか聞かれれば危険度が全く違います。

Q銀行の不良債権処理って?

銀行が数千億円の不良債権処理をしたと聞きますが、具体的に言うとどんな事をしてるんですか?解りやすく教えてください

Aベストアンサー

自分なりの理解を書きますので、至らぬ点があればお許しください。

不良債権とは「貸した金額(元本)および利息が約束通りに支払われない貸付金」のことをいいます。
要するに、経営が上手くいかず、借金を返せなくなった企業に対する貸付金のことです。
不良債権処理というのは、銀行側からみると、返ってこないと見込まれる貸付金を損失として処理することをいいます。
具体的には、担保を処分したりしてお金を返してもらい、足りない分については「貸倒れ引当金」というのを計上することになります。
銀行にとっては、処理しないままほうっておけば「いつか返ってくるお金」として扱えていたものが、
返してもらえる分だけを返してもらった残りが「返ってこないお金」に確定した時点で損失となってしまいます。
当然、決算は大赤字。
また、自己資本比率の低下要因となり、銀行としての信用を低下させ、ひいては事業の継続が難しくなります。
#これを回避するために「公的資金注入」なんて話が出てくるのですね
また、不良債権処理が行われると、当然借り手側は民事再生なりなんなり、倒産状態になります。
失業者も増えるし、景気も冷え込みます。

それでも、今の「実際には返ってくるはずのないお金を返ってくるものとして扱い、銀行も借り手も延命している」状態よりは、
「一回きちんと整理して出直す」方がよいと政府は考えているので、不良債権処理を加速しているのではないか、と思っております。

自分なりの理解を書きますので、至らぬ点があればお許しください。

不良債権とは「貸した金額(元本)および利息が約束通りに支払われない貸付金」のことをいいます。
要するに、経営が上手くいかず、借金を返せなくなった企業に対する貸付金のことです。
不良債権処理というのは、銀行側からみると、返ってこないと見込まれる貸付金を損失として処理することをいいます。
具体的には、担保を処分したりしてお金を返してもらい、足りない分については「貸倒れ引当金」というのを計上することになります。
...続きを読む

Q東京三菱銀行の金融機関コードは?

くだらない質問ですみません。
タイトルの通りなんですが、東京三菱銀行の
金融機関コード番号を教えてください。
(できれば、参考URLも入れてください。)

Aベストアンサー

#1さん同様0005です
σ(^^)も記憶しているので、参考URLはググッてみました

参考URL:http://homepage3.nifty.com/number/

Q不良債権処理と景気

不良債権処理が進まない、といわれていますが、銀行が不良債権を処理できたとしたら、または銀行をつぶしてしまえば、景気は回復するのですか。
銀行の査定が更にきつくなって来る気もしますし、金というより、仕事がないので、うちみたいな中小企業はジリ貧という気がしてしょうがありません。
単に、銀行を悪者にしておいて、本質的はことから目をそむけさせられている、と感じているのは変でしょうか。
不良債権処理はどんどんやってもらって結構ですが、それよりも大事な今やるべきことっていうのはないんでしょうか。マスコミの論調は不良債権ばかりで、他に何も書いていない感じです。

税金もきついし、家はまだ十分高いし・・。会社の債務も家のローンも膨大に残っているし。
何か、経済的に説明いただけますでしょうか。

Aベストアンサー

>不良債権処理が進まない、といわれていますが、銀行が不良債権を処理できたとしたら、または銀行をつぶしてしまえば、景気は回復するのですか。

景気が悪いから不良債権が出てくるのであって、景気回復なくして不良債権問題の根本的な解決なし、でしょう。もちろん、大銀行がつぶれれば経済的混乱は避けられないです。単に「混乱」で済めば良いですが。1銀行で国家予算以上の貸し出しをしているのですから。

>銀行の査定が更にきつくなって来る気もしますし、金というより、仕事がないので、うちみたいな中小企業はジリ貧という気がしてしょうがありません。

益々厳しくなっています。金融庁の指導がいっそう厳しくなっているためです。
まさにそうだと思います。仕事がない、というのが問題ですね。


>単に、銀行を悪者にしておいて、本質的はことから目をそむけさせられている、と感じているのは変でしょうか。

鋭いご指摘だと思います。不良債権の大元であるゼネコンや商社などが世間から非難されないのは不思議です。借りた金を返さないのが一番の悪ではないでしょうか。 本質は日本の経済構造の変化にどう政府が有効な手をうっていけるかということでしょう。

>不良債権処理はどんどんやってもらって結構ですが、それよりも大事な今やるべきことっていうのはないんでしょうか。マスコミの論調は不良債権ばかりで、他に何も書いていない感じです。

この時期になぜそんなに急いで不良債権処理をするのでしょう。私は非常に疑問です。中国なんて比率で言えば日本の何倍も不良債権を抱えながら前向きにやっています。
それに景気対策が一番重要な不良債権対策なのに政府はそれをごまかして責任を銀行になすりつけています。
今やるべきことは規制緩和でしょう。農業や医療などを規制緩和するなど新しいビジネス機会を増やしていくべきです。それと政策を生産者サイドから消費者サイドにしていくべきです。それには政治家のリストラが不可欠だと思います。
マスコミは勉強不足なのか悪意があるのか・・。もっと前向きになってほしいです。批判だけが能ではないと思います。横並び報道も許しがたいです。

>不良債権処理が進まない、といわれていますが、銀行が不良債権を処理できたとしたら、または銀行をつぶしてしまえば、景気は回復するのですか。

景気が悪いから不良債権が出てくるのであって、景気回復なくして不良債権問題の根本的な解決なし、でしょう。もちろん、大銀行がつぶれれば経済的混乱は避けられないです。単に「混乱」で済めば良いですが。1銀行で国家予算以上の貸し出しをしているのですから。

>銀行の査定が更にきつくなって来る気もしますし、金というより、仕事がないので、うちみたい...続きを読む

Q米国の金融機関、「ワム」「リーマンブラザーズ」のコードは?

最近問題になっている米国の金融機関の株価をチェックしたいのですが、シンボル(キーワード)を教えてください。-----「ワム」「リーマンブラザーズ」

Aベストアンサー

ワム(WaMu)ことWashington MutualはWM
リーマンブラザーズ(Lehman Brothers Holdings Inc)はLEHです

Q不良債権処理とは何ですか?

170762で同様な質問があり専門家の方からご回答がありましたが、今一わかりません。
私の知る限り書いてみます。
不良債権処理とは、私のような多重債務者がおり、その債権者が私の財産を全て競売にして回収しましたが、それでも、まだ全部を返済したことになりませんでした。残債があります。そのような場合、債権者はそれ以上回収不可能です。その残債を「不良債権」と云いその債権を放棄することを「不良債権処理」と云うのだと思います。これは債務者側から考えています。一方、債権者側から考えますと、その「処理」しなければ、その残債は「資産」ですが「処理」すれば資産が減少することはあたりまえです。このことは当然ですから次期貸し出し金額とは関係ないはずです。一定の資産に見合う貸し出し金額が定まっているなら、それをやめたらどうですか? もっとも、そうすれば資産家が預金しても資産のない者に預金するので危なくなりますが・・・。それは資産家が預金先を選択すればよいので、そのことまで国(?)が考える必要はないと思います。
結論から申し上げますと、限りなく「不良債権処理」することが民主主義の根本と思いますがアドバイスお願い致します。

170762で同様な質問があり専門家の方からご回答がありましたが、今一わかりません。
私の知る限り書いてみます。
不良債権処理とは、私のような多重債務者がおり、その債権者が私の財産を全て競売にして回収しましたが、それでも、まだ全部を返済したことになりませんでした。残債があります。そのような場合、債権者はそれ以上回収不可能です。その残債を「不良債権」と云いその債権を放棄することを「不良債権処理」と云うのだと思います。これは債務者側から考えています。一方、債権者側から考えます...続きを読む

Aベストアンサー

170762にも回答を記載しておりますが、こちらにも回答させていただきたいと思います。

不良債権処理と一言に申しましても、人によりまた、広範囲で使用するか限定された範囲で使用するかによってその意味も異なってきます。まずこのことを整理した方が良いと思いますので、不良債権処理の全体像を以下に記載いたします。

1.A銀行からB社は100億円借りている
2.A銀行がB社を調査したところ経営状態が厳しく、元金100億円の全額が戻ってこない可能性が高いことが判った
3.B社との契約での担保や同社の返済能力から、100億円のうち10億円は回収可能であるが、90億円は回収不能との結論になった
4.A銀行は貸し倒れに備えて、損失見込額と同じ90億円を貸倒引当金に計上した
5.B社の経営状態は更に悪化して、会社更生法の申請を行った
6.会社更生法の処理が決定して、A銀行は債権のうち予測通りの10億円だけ回収した
7.A銀行はこのため、貸倒引当金90億円を取り崩し、損失90億円と相殺した

上記が一般的な不良債権処理の流れで、4と7(7は質問文に該当するもの)を不良債権処理とされます。
但し、現在、新聞で言われている不良債権処理は、その範囲を絞っており4だけを指すケースがほとんどです。それは4の処理を行うことで実際に会社が倒産した時に予想される損失を前倒しで出しているため、7の処理(実際はこの時点で見込みよりも損失が大きいことが多いので重要ではないということではありません)よりも重要性が高いと考えられているからです。4の処理を行うことで、銀行は将来の損失を前倒しで計上したことなり、健全な経理処理を行い信頼できる財務諸表を公表することとなります。
170762では以上のことが一般的に理解されているという前提で、記載しておりましたので、ご理解いただけなかったのだと思います。わかりにくい部分があると思います。再度ご質問してください。

>一定の資産に見合う貸し出し金額が定まっているなら
BIS規制のことだと思いますが、誤解なされていると思います。
この規制は、貸出総額に対する自己資本の量が定められています。
銀行が不良債権処理を進めて、貸倒引当金を充分に積んだとするとそれは損失となります。この損失を埋めるために、保有している資産(社宅や保養所、持ち合い株)を売却して埋めようとしていますが、長い間この処理を行っており、かつ頼みの持ち合い株は利益どころか逆に損失になっています。従って、損失を埋めることができないため、自己資本の量が減ってしまいます。こうなるとBIS規制を達成するために、銀行は貸出総額の圧縮(貸出回収の推進)が行われることが予想されます。

>そのことまで国(?)が考える必要はない
経営が悪化して銀行が倒産した場合、預金保険機構が預金を保証しているので、預金者には被害が及ばないと考えられています。預金保険機構は都市銀行2行が破綻すると保有資産以上の支払が要求されます。ちなみに預金保険機構の債務の支払が困難となった場合は、政府が肩代わり(税金の投入)することとなります。
税金投入となった場合に国民の批判にさらされることを考慮すると、政治家が考える必要はあると思います。

余談ですが、銀行の貸倒引当金計上を厳格に行い、銀行とその不良債権先となっている取引先を破綻させてしまう方法をハードランディングと言います。一方、数年前行われた、銀行に公的資金による資本注入を行い、自己資本および貸倒引当金を増額して銀行と取引先を守りながら処理する方法をソフトランディングと言います。米国は80年代にハードランディングを行いましたが、日本ではソフトランディング論が未だに優勢です。国民が選んだ現与党政権が選択した政策ですから民主主義の根本には反していないと思います。

平易な言葉を心掛けたつもりですが、至らない点はご容赦ください。

170762にも回答を記載しておりますが、こちらにも回答させていただきたいと思います。

不良債権処理と一言に申しましても、人によりまた、広範囲で使用するか限定された範囲で使用するかによってその意味も異なってきます。まずこのことを整理した方が良いと思いますので、不良債権処理の全体像を以下に記載いたします。

1.A銀行からB社は100億円借りている
2.A銀行がB社を調査したところ経営状態が厳しく、元金100億円の全額が戻ってこない可能性が高いことが判った
3.B社との契約での担保や同社の返済能...続きを読む


人気Q&Aランキング