ヤフーADSLから切り替えしたのですが、McAfeeで運用していました。V6ステージの接続環境にIPv6対応のセキュリティソフトとあり
標準サービスのトレンドマイクロ(と思われる)に切り替えるとOS起動時の処理時間が異常に長くなりました。
事前にMcAfeeを完全にアンインストールした上で付属のソフトをインストールした話しです。
具体的には、無線LANを使用しているのですが、接続時に通知領域にインジケーターを表示させています。
これの表示時間が、2分以内(McAfee使用時)から4~5分と遅くなりました。
タスクマネージャーでの動作状況確認では殆んどアイドル状態で、何かが足を引っ張っているアプリは見当たりません。
又、無線も、b/g/aの同時接続動作環境で、gモードが非常に強力な受信で接続できていたのに、gモードが消えて、a/bモードのみ
の環境になり、aモード接続で受信感度が中レベルに下がります。
二度、NTTのセキュリティをインストールして同じ、状況。現在は元のMcAfeeに戻している。
NTTのセキュリティソフトを、インストールされている方、調子はどうですか?
又、何かの対策があれば、教えて戴きたいのですが。
今のMcAfeeが、8月いっぱいで更新になるので
その前までに対策したいのと、V6ステージを見るためです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

セキュリティ対策ツール=ウイルスバスター2006です。

この回答への補足

自己解決出来ました。
原因は、セキュリティ対策ツールの自動プロダクトアップデートが、悪戯をしていたようです。
svchostによる対象サービスの一部を手動・停止にした後、元に戻していなかったようで、マニュアル回避出来ました。
Network Location Awareness (NLA) サービス他幾つかのサービスが、該当していました。

補足日時:2006/07/03 15:48
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング