石炭、鉄鉱、原油、天然ガス、鉄鋼、ボーキサイトの各産出、輸出の多い国ベスト3。
それらのエネルギーの日本の輸入相手国ベスト3が知りたいです。
また、鉄鋼、鉄鉱、ボーキサイトは化石燃料に含まれますか?
調べてもわからなかったのでよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんにちは



取り敢えず輸出入に関するデータです。

http://www.mof.go.jp/1c015f1.htm

の PDF ファイルをプリントアウトして
グラフを作成(エクセルでもいいですね)
すればわかると思います。

※ 同じ PDF に各国輸出と輸入がありますので
  混同しないよう気をつけてくださいね。
    • good
    • 0

輸出入やボーキサイトは化石燃料に含まれるかについては、既に答えが出ていますね。

で、算出量の話。
 中学や高校の時に習った覚えがあります。地理の教科書や参考書または資料集を覗いてみるのをお勧めします。
    • good
    • 0

鉄鋼・鉄鉱・ボーキサイトは化石燃料ではないと思います。


また、この三者を「エネルギー」資源と呼ぶかどうかも、個人的には「?」です。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q原油産出国なのになぜ貧困なのか

ベネズエラやナイジェリアは大量の原油産出国ですが
どちらもODAに頼る貧困層の多い国です

同じ原油産出国でもアラブ首長国連邦は国民全てが恵まれているように思うのですが
この歴然とした差はどうして産まれるのでしょうか?

油田の利権や原油輸出による利益の流れなどが詳しくわかる方お願いいたします

Aベストアンサー

余り詳しくないですが、確か長いこと植民地化され国家としての歴史が途絶えていることや、その後近代では主に内戦内戦。また宗教がキリスト教徒イスラム教徒が半々ぐらいなど、歴史の欠如や宗教などからの価値観の相違など国家として一つになりづらいという状況などがあるのではないでしょうか。

Q原油高騰において、産出国は得をするのでしょうか

表題の通りです。
問題を単純にするために、原油高騰の原因を世界中の投機マネーであり、原油の生産量は常に一定としたとします。

また、株における金の周り方は基本的なことはわかるのですが、
金、穀物、原油など、随時生産されるものについて取引をする、先物取引についてはよくわかっておらず、
取引価格と生産者に入るお金はどうリンクするのかも含めて教えて頂けたらと思います。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ご回答には沿っていないと思いますが。

石油使用量は中国、インド等現在躍進している国々で伸びているのは事実ですし、投機マネーばかりが原因ではないと思います。(原因の一つであることは間違いないと思いますが。)

生産量が一定だとしたら、より高く買ってくれる国に売るだろうし価格は当然、高騰すると思います。それこそ、投機マネーの餌食になるのではないかと思います。

最近、原油価格は下げて来ていますが、ここに来て産出国は生産量を減らす事を考えています。
一度高い価格で売れるという味を知ってしまった以上、価格を抑えて提供するというのは、需要がよほど下がらないかぎり難しいのでは?

Q横浜港の輸出国、輸入国

何故、輸出国、輸入国が第一位なのでしょうか。
横浜中華街があるからでしょうか。
ご存知の方がいらっしゃいましたらご投稿お願いします。

Aベストアンサー

http://www.customs.go.jp/tokyo/etu/ftp/butsuryu/butsuryutokyo18.pdf

重量ベースだと 輸出が水島港 輸入が千葉港
千葉港が巨大なのは、川崎製鉄や新日本製鐵の鉄鉱石や石炭の輸入が巨大だからかです。
鹿島港がでかいのも、住友金属鹿島のカウントです。

水島港の輸出が大きいのは、たぶんプラスティック

Q世界の国で輸出額 輸入額 収支の黒字の国

興味があって 以前 見た資料では中国とドイツがダントツで多くて 日本は多いと思っていたのですが 台湾 韓国 オランダより少し多いくらいでした。資料の見方が悪いのでしょうか?
ドイツの3分の1か4分の1くらいの輸出額だったと思います。
実際のところどうなのでしょうか。他国で製造したものもあるかと思いますが
それなら 正味の輸出力では どうなのかなど教えて頂けないでしょうか。

Aベストアンサー

ドイツが一人勝ちというのは幻想だと思いますよ。
ドイツは今後PIIGSや東欧の面倒をみなければいけませんから。
それらはドイツ国民の税金から出ることを考えると、
ドイツの先行きは日本と同等なものがあるように見えます。
 
私が言った内需主導型の場合、国内の雇用が比較的高いということになります。
バランスが取れているというのは、その辺りのことを言ったものです。

中国はバブルがいつはじけるかが焦点になっています。
あそこの国は砂漠に無人のゴーストタウンを何十兆円もかけて作ったり、
会計の不正も日常茶飯事で、ヘッジファンドが興味津々で眺めていますよ。
 
中国のような輸出大国は輸出がおかしくなれば、混乱は大きいでしょう。
ただ、あそこの国はそれを収容可能な潜在的な人口がいます。
別の観点から見れば、環境汚染や水不足が非常に深刻な事態を迎えています。
総合的に見て中国経済は持続的発展が厳しい状態です。
某重機メーカーは来年から中国拠点を増やすと鼻息が荒いですが、どう出ますかね。
 
海外に拠点を分散されている日本企業は意外としぶといといえるでしょう。
その地域で売れなくなれば操業を停止すればいいのですから。
(上述した重機メーカーのように過剰投資をすれば話は別です)
円安になれば本国回帰という選択肢もできます。

私は日本の財政問題はそのうちにウヤムヤになって解決していくと見ています。
これは私の単なる直感であり、その過程はさすがに読めませんが。
例えばドル基軸体制が見直されて、新しい体制が導入されたらどうでしょう。
BRISCなどの新興国は米国を激しく非難しているので、そう遠い話でもありません。
日本も積極的に動くことによって日本有利に導くことができます。

中国と摩擦になっているガス田や尖閣の油田問題にしても
ASEAN+日中韓+豪印(参加予定)で経済共同体みたいなものをつくって
資源を共同管理し、域内で安価に融通すればいいかと思っています。
実際にそうなるでしょう。日本はそれ程悪くない位置にいると思います。

ドイツが一人勝ちというのは幻想だと思いますよ。
ドイツは今後PIIGSや東欧の面倒をみなければいけませんから。
それらはドイツ国民の税金から出ることを考えると、
ドイツの先行きは日本と同等なものがあるように見えます。
 
私が言った内需主導型の場合、国内の雇用が比較的高いということになります。
バランスが取れているというのは、その辺りのことを言ったものです。

中国はバブルがいつはじけるかが焦点になっています。
あそこの国は砂漠に無人のゴーストタウンを何十兆円もかけて作ったり、
会計の不...続きを読む

Q中国の経済成長+ロシアの化石燃料の連携をどう感じますか?

・経済成長著しい中国
・豊富な化石燃料(石油、天然ガス)を有するロシア
この2国の連携が日本にとってどう感じますか?

(1)具体的にどのような脅威を感じますか?
(2)領土問題解決を阻む要因になると思いますか?
(3)反日教育停止を阻む要因になると思いますか?
(4)アジアにおける日本の信用を失墜させると感じますか?

Aベストアンサー

(1)ロシアの原油を利用して中国製品が作られ、それがロシア市場を席巻する。ロシアは原油のお得意様が売るものだから買うわけですし、中国は陸路パイプラインという超安定で入手できるからこれもまたうれしいわけです。そうなると、港湾整備をして日本に売るよりも経費がかからず日本の購入が難しいのとロシア市場から追い出される事が脅威です。
(2)それは無いと思います。中国とロシアは自分達も国境線で争っていたこともあるから。北方領土にしろ尖閣諸島にしろ対中、対ロに過ぎず、3国の利害が絡まないからです。ただ、敵の敵は味方という見地から阻む要因になる危険もあります。
(3)それはないでしょう。
(4)それもないでしょう。

結局は商売の世界だから、原油価格がいくらでもロシアにとって言値で買ってくれるほうが良い訳でそれが出来るのは現時点では日本です。ただ、2国の連携で最も恐れるのは2国が日本を無視してアジア各国(韓国・東南アジア)と連携に入ることです。そうなったら、日本はアメリカに入るしか道がなくなるからです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報