昨年来、日銀による国債の買い切りオペは増額を重ねていますが、
そもそも、基本的な問題として、国債買い切りオペの上限が、
日銀券の発行残高とされているのはなぜでしょうか。

保有国債を逆のオペで全て売り切る(資金の吸収)には、
日銀券を発行せざるを得なくなって、オペの意味がなくなるから
という理解でいいのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

http://www.boj.or.jp/seisaku/02/seisak_f.htm
2001/3/19の金融政策決定会合で本基準が設けられました。

>国債買い切りオペの上限が、 日銀券の発行残高とされているのはなぜでしょうか
この理由は以下の通り(日銀政策委員会による)
-------------------------------------------------------------------
問6: 日本銀行はこれまで、長期国債買い切りオペの増額に反対してきたのではないですか。
答 : 今回、新しい金融調節方式の実施にあたり、長期国債買い切りオペを増額するのは、あくまで、資金供給オペの未達(いわゆる「札割れ」)が多発するケースなど、所要の資金供給を円滑に実施するうえで必要と判断される場合です。したがって、今後も、国債価格の買い支えや財政ファイナンスを目的として長期国債買い切りオペを増やすということは考えていません。このような趣旨を明らかにするため、今回、これまでの「長期国債買い切りオペは銀行券に対応させる」という考え方を守り、銀行券発行残高を長期国債保有残高の上限とする明確な歯止めも用意しました。
----------------------------------------------------------------------
以上を私なりに解説させていただきます。

>『国債価格の買い支え』と見られることに対して
日銀がコントロールする或いはできるものは短期金利のみで、長期金利はコントロールできない或いはするべきではないと考えている為だと思います。長期金利の動向は経済的な部分に加えて国の財政政策スタンスに左右されることが多く、その目標を掲げてコントロールすることは本来行わなければならない物価安定の為の処方箋と相反する政策を取らなければならない可能性があるためではないかと推察しています。

>『財政ファイナンス』と見られることに対して
第二次世界大戦中に日銀による国債引受という財政上犯してはならない禁じ手を行ったことがあります。この結果、制御不可能なインフレを発生させたことは物価の番人たる日銀にとって屈辱的なことだと思います。国が大変だからと言って中央銀行に国債を引き受けさせれば良いという考え方は将来的なインフレの観点から許容できないことですし、政治的にも予算獲得の為無責任な公債拡大ということは国として行ってはならないと考えています。一部政治家にこのような危険な考えを持った人が居ますが、無駄な公共投資を拡大する為の予算獲得の為の打ち出の小槌として考えているのではないかと疑っています(第2大戦時から政治家の資質は変わっていないのでしょうか?)。

>保有国債を逆のオペで全て売り切る(資金の吸収)には、 日銀券を発行せざるを得なくなって、オペの意味がなくなるから

ちょっと違うと思いますが、うまく説明できないので、日銀券を上回る買切オペを行うとどうなるかということを中心に記載いたします。

日銀券を上回る買い切りオペを行うことは、日銀が信用創造の拡大(借入と運用を両建てで拡大すること)を行うこととなります。この結果、日銀の信用力が低下し、延いては日本の国債或いは日本の通貨『円』の信任も低下したします。これらから日本は格下げを余儀なくされ、さらに経済的に窮地(信用力の低下は借入金の利子負担の増加に跳ね返る)に追込まれるという懸念があるためです。
日銀としては、これは絶対に譲れないところだと思います。尚、最近政府から上がっている当該オペの金額を1兆円にするというベースはこの範囲内に収まるという認識です。

ご参考になれば幸いです
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qロイターの国債増発がインフレリスクの高まりを警戒する声が外為市場で高まり、ドル安になった、という記事について

 初歩的な質問かもしれませんが教えて下さい。
 
 ロイターの記事で、「国債増発によるインフレリスクの高まりを警戒する声が外為市場で高まり、ドル売りの色彩が濃くなり、ドル/円は95円台に下落した。」という記事がありましたが、国債の増発がインフレリスクになって、その事を警戒してドル安になった、という意味がわかりません。

 少し調べましたが、よくわかりませんでした。

 どなたかわかる方がいたら、教えて下さい。

 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

FRBが長期国債を買い支えることで長期金利が低下。目下、日米金利差が縮小したことから、円に対してドルが売られています。
また、国債増発の一方でFRBが長期国債の買い支えることは、大量の資金供給を意味しますから、将来的なインフレ期待が生まれることになります。インフレは通貨の価値下落を意味しますから、ドル安になるというわけです。

Q【日銀】日銀が400兆円分の日本国債を日本政府から買っていますが、日銀は400兆円も買う原資はどこか

【日銀】日銀が400兆円分の日本国債を日本政府から買っていますが、日銀は400兆円も買う原資はどこから生まれているのですか?

ないのに発行している?

もしかして、日銀はお金を幾らでも擦れるので日銀は担保もなしに買ってに日本銀行券を印刷して、担保も何もないのに日本国債を買ってるのですか?

お金がなくても国債が買えるとなると不思議じゃないですか?

誰もお金を持ってないのに国債が変えるこの今の仕組みって大丈夫ですか?

誰もこの不思議な仕組みに疑問も指摘もしていないのはなぜ?

Aベストアンサー

常識だからです。
これが管理通貨制度であり、
現代の経済そのものです。

じゃあ80年ぐらい時代を
戻して、金本位制でも
復活させますか?A^^;)

で、あなたは何を糧にして
生きていますか?
お米ですか?
パンですか?

通貨でお腹は膨らみません。
通貨と食べ物と交換ができて
初めてお腹が満たせるのです。

黒田さんは国債を買って
お金を世の中に出回らせる
ことで、みんなにお金を
いっぱい渡して、
いっぱい使ってもらって、
いろんなモノを高く買って
もらいたいだけです。

お金をたくさん出回らせて、
しかもマイナス金利で貸出
ているのに、お金を使って
くれないというのが、
黒田さん、安倍さんの嘆き
なのです。

つまりお金って買うモノ、
売るモノがなければ
何の価値もないものです。

さらにそのお金を国債という
借用証書に換えることなど、
それ自体は何の意味もありません。

みんなの収入も上がって、
お金をもっと使うように
なれば、黒田さんは国に
金返せといって借用証書を
返すだけです。

みなさん回答ありがとうございます

Q銀行の、国債の価格低下リスクって、満期保有でもあるんですか?

新聞で、バーゼル3では銀行の国債保有が規制されかねないと出ていました。

国債の価格低下が、時価評価したときの資産価値低下(損失発生)に繋がる。なので、国債保有のリスクを規制していく、というような説明がなされていました。

ところで、銀行が余資を国債で運用するとき、売買目的ではなくて、年間ベースの利回りを参考に、満期保有目的でするのではないのですか?

なんとなくそう思っていたもので、時価評価したときの資産価値の目減りという部分が納得できません。

どなたか、わかりやすく教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

国債は銀行の運用先の一つではないでしょうか?
つまり企業に融資して利子を受け取るのと同じレベルで

国債購入時より景気が良くなり金利が上昇した時、国債を債券市場で売ってキャッシュを得て企業などに融資することになったら損金が出るとかありませんか?
つまり国債の(表面)金利より融資の金利が高くなるとすれば換金すると思います。

個人国債ではないので満期までということはないと思います。(全部売るとはないでしょうが)

Q国債とはそもそも

日本の借金とは国債ですよね
では国債は誰が発行するのですか?
日本銀行なんですかね?
日本銀行は誰が経営しているのでしょう?

もし日本銀行が債権を発行して元本・利子が払えないのなら、日本銀行が紙幣を新規に作って
元本・利子を払えば借金が無くなるし、日本国そのものが実施するなら誰からも苦情は出ない

そもそも国民に借金ばっかりして、返済をしようとしている人・機関はいるのでしょうか?

以上の国のお金の流れに詳しい人 是非回答願います

Aベストアンサー

長いですがよろしければご覧ください。

>日本の借金とは国債ですよね

正確には、「地方公共団体(地方自治体)」の発行する「地方債」も含みます。

『地方債とは?』
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/c-zaisei/chihosai/chihosai_a.html

>国債は誰が発行するのですか?

「国(財務省)」です。

『国債とは』
http://www.mof.go.jp/jgbs/summary/kokusai.html

>日本銀行なんですかね?

日本銀行は国から独立した機関です。

『日本銀行の概要』
http://www.boj.or.jp/about/outline/index.htm/

>日本銀行は誰が経営しているのでしょう?

こちらに「組織図」があります。

『日本銀行の組織』
http://www.boj.or.jp/about/organization/index.htm/

>もし日本銀行が債権を発行して元本・利子が払えないのなら、日本銀行が紙幣を新規に作って元本・利子を払えば借金が無くなる…

日本銀行の借金ではないので、返済の義務もありません。

また、「国」が「日銀」に「直接」国債を買ってもらうことは禁止されています。

『日本銀行が国債の引受けを行わないのはなぜですか?』
http://www.boj.or.jp/announcements/education/oshiete/op/06104001.htm/

>日本国そのものが実施するなら誰からも苦情は出ない

「円を際限なく増発する」→「円の価値が極端に下がる」→「極端な円安になる」ので、「円で生活している人」にとっては、「(円建て以外の)輸入品」の価格が暴騰します。(エネルギー価格も暴騰するので、日常生活全てに影響が出ます。)

「輸出」は円安でしやすくなりますが、輸出相手国にとってみれば、「円高で苦しんだ日本の輸出企業」と同じですから、「円の価値を、意図的に、急激に、毀損する」と国際社会からは総スカンを食う可能性が高いです。

>そもそも国民に借金ばっかりして、返済をしようとしている人・機関はいるのでしょうか?

「国債」に関しては、「返済をしようとしている人・機関」は、国ですが、返済期限が決まっていますので、期限が来れば返しています。しかし、「新規に発行」するので減らないということです。

国(つまり、「その時の政府」)が、「返済をしようとしている」のですが、「税収不足で返すに返せない」わけです。

一応、「消費税増税」は前政権で決まりましたが、ほとんど焼け石に水なので、「増税」だけでなく、「景気が良くなって税収が増える」ということがセットにならないと、「国債残高」は減らないでしょう。

-----
ちなみに、「国の借金」は「0円」にする必要はありませんし、そんなことはできません。

もともと、「国債」や「地方債」は、巨額の資金が必要な「社会資本整備」にために発行されるものですから、ゼロにはできません。
「どうやっても、一年の税収だけではお金が足りない」ものは、期間の長い債券を発行して、「国民みんなに買ってもらい」「国民みんなで負担しましょう」ということです。

『社会資本整備』
http://kotobank.jp/word/%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E8%B3%87%E6%9C%AC%E6%95%B4%E5%82%99

個人にたとえれば、家や車を買う時のローンや、事業を始めるときの借金のようなものです。
その、ローンや借金が、「生活費をまかなうため」になってしまったり、「収入不足を補うため」になってしまうとまずいのは、国も個人も同じということです。

唯一の救いは、現在の借金が、個人が金融会社から借りるのと違い、ほとんどが「日本人自身からの借金」だということです

長いですがよろしければご覧ください。

>日本の借金とは国債ですよね

正確には、「地方公共団体(地方自治体)」の発行する「地方債」も含みます。

『地方債とは?』
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/c-zaisei/chihosai/chihosai_a.html

>国債は誰が発行するのですか?

「国(財務省)」です。

『国債とは』
http://www.mof.go.jp/jgbs/summary/kokusai.html

>日本銀行なんですかね?

日本銀行は国から独立した機関です。

『日本銀行の概要』
http://www.boj.or.jp/about/outline/index.htm/

>...続きを読む

Q任意団体の国債購入リスクについて

マンションの積立金資金運用で
国債購入を検討しています。

取引銀行によれば
元本割れのリスクがある商品で
取扱件数もとても少ないとのことです。
ゆうちょ銀行に聞いても
任意団体との取引前例がないので回答が難しいと言われました。

満期を迎えた場合でも、状況によっては
元金を割ることがあるのでしょうか?

ご教示を何卒宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>マンションの積立金資金運用で
>国債購入を検討しています。
ウチのマンションでも修繕積立金で利付国債を買うプランがあります。
http://www.mof.go.jp/jouhou/kokusai/qa/index.htm
詳しいことは財務省のHPで調べることができます。
http://www.mof.go.jp/jouhou/kokusai/shinmadohan/contents/pamphlet/index.html
にある国債のパンフレットには「購入対象者:制限無し(法人やマンション管理組合などでも購入できる)」と書いてありますけど…
>取引銀行によれば
>元本割れのリスクがある商品で
>取扱件数もとても少ないとのことです。
ウチのマンションでも定期預金を勧められました。
>ゆうちょ銀行に聞いても
>任意団体との取引前例がないので回答が難しいと言われました。
へぇ~。そうなの。ウチのマンションの理事長に聞いてみようかしら?

>満期を迎えた場合でも、状況によっては
>元金を割ることがあるのでしょうか?
私が個人で国債購入のために電話でゆうちょ銀行に問合せた時は、担当の方が「アイルランドがデフォルトした時は、そんなこともありましたが、日本はデフォルトしないと思いますよ」というお応えでしたけど…お宅さまの取引銀行さまは日本がデフォルトするとお考えなのかもしれませんね。

…日本がデフォルトしないためにも国債を買って、納税に励むしかないように思います。

>マンションの積立金資金運用で
>国債購入を検討しています。
ウチのマンションでも修繕積立金で利付国債を買うプランがあります。
http://www.mof.go.jp/jouhou/kokusai/qa/index.htm
詳しいことは財務省のHPで調べることができます。
http://www.mof.go.jp/jouhou/kokusai/shinmadohan/contents/pamphlet/index.html
にある国債のパンフレットには「購入対象者:制限無し(法人やマンション管理組合などでも購入できる)」と書いてありますけど…
>取引銀行によれば
>元本割れのリスクがある商品で
>...続きを読む

Q日銀の異次元緩和による大量の国債買い取りについて、

都市銀行が保有している国債を日銀が買い取りをしていますが、何故このような事をするのですか?
国債の償還期限迄待って元金と利息を受け取ることと、この買い取りとはどのような関係があるのですか? 経済音痴の為、解りやすく御説明願います。

Aベストアンサー

 都市銀行にかぎらず、市中銀行に現金を押しつけるためです。

 なぜ現金を押しつけるかというと、現金を押しつけられた銀行の銀行員は、必死に貸出先を探すようになります(現金は、国債と違って持っているだけじゃ 利息=利益=給料のタネ を産みませんから)。

 必死に貸出先を探して、貸し出しますと、借りられた企業はそれを使って事業を拡大します。つまり雇用の拡大や事業所の新設などなど、景気向上に貢献できるようになります。

 そこを狙って「このような事をする」わけです。


> 国債の償還期限迄待って元金と利息を受け取ることと、この買い取りとはどのような関係があるのですか?

 特に「関係がある」というほどの関係はないので、どう答えてほしいのか、がわからないご質問ですね。

 国債の買い取りは、市中銀行から「利息を受け取る権利」を奪うことです。銀行の将来の利益を奪うことになります。

 ですから、まあ、当然なことですので期待されるのとは違う回答かもしれませんが、敵対関係とでも言えばいいのでしょうか?

 なんでこんなことをするかというと、前述のように「本気で貸出先を探させる」ためですから、競走馬とムチの関係?

 ぬるま湯と冷水の関係?

 うん、国債を持っていれば、ぬるい風呂に入っているみたいに動かずのんびりしていてもそれなりの利息がもらえるのに、買い取られると、冷水をかけられたように、必死になって貸出先を探さないと損をする状態になるわけですから、「国債を持ち続けること(利息をもらうこと)」と「買い取り」は、ぬるま湯と冷水の関係だ、というのが一番合っているかなと思います。
 

 都市銀行にかぎらず、市中銀行に現金を押しつけるためです。

 なぜ現金を押しつけるかというと、現金を押しつけられた銀行の銀行員は、必死に貸出先を探すようになります(現金は、国債と違って持っているだけじゃ 利息=利益=給料のタネ を産みませんから)。

 必死に貸出先を探して、貸し出しますと、借りられた企業はそれを使って事業を拡大します。つまり雇用の拡大や事業所の新設などなど、景気向上に貢献できるようになります。

 そこを狙って「このような事をする」わけです。


> 国債の償還期...続きを読む

Q日本の金融機関が日本国債を売るリスク

日本国債は、約9割が日本の金融機関が持っているので、暴落することはないという意見が多いです。ふと思ったのですが、日本の金融機関は日本国債を投げ売りしないという前提があるようですが、日本の将来に危機を覚え、日本の金融機関が自分の銀行を守るために、日本国債を投げ売りすることはあるでしょうか?教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

日本の将来を憂えてじゃありませんが、景気回復で国債投げ売りされる可能性はありますよ。

景気回復によって長期金利も上がります。
デフレ下では株配当利回りよりローリスクの長期金利の方が低くなりますが、インフレ時には株の値上がりが想定されるので長期金利の方が高くなるのが正常だからです。
ただし、日本がデフレ不況から完全に脱するには、まだまだ時間が掛かりそうなので、当分は長期金利は株配当利回りの壁に跳ね返される事になるでしょう。
因みに、現在の株の平均配当利回りは1.55%の予想、長期金利は0.8%前後です。

それで、本題の長期国債が投げ売りされる話ですが、償還期限を迎えれば国債は元本が支払われるので、満期目的で保有していれば、一見、国債価格の下落では損しないように見えます。
しかし、日本は国債に時価会計を適用しているため、長期金利が上昇した分だけ含み損が拡大します。
大中規模の金融機関の資産は国債だけじゃありませんので、そこまで深刻ではありませんが、国債を多く抱えてる地方の小規模な金融機関は、含み損の拡大で債務超過に陥る可能性が出てきます。

つまり、金融機関が金利上昇による含み損を嫌って、長期国債を売却する可能性は十分考えられるという理屈です。

まあ、だからって、デフレ不況のままで良いわけがありませんし、金融機関が国債を投げ売りしても、日銀が買い取れば大して問題ないのですが、もともと日本が「国債に時価会計を適用している」事が根本的な原因なので、ここは欧州諸国に習って、国債(満期目的)に簿価会計を適用したら良いだけだと思います。

日本の将来を憂えてじゃありませんが、景気回復で国債投げ売りされる可能性はありますよ。

景気回復によって長期金利も上がります。
デフレ下では株配当利回りよりローリスクの長期金利の方が低くなりますが、インフレ時には株の値上がりが想定されるので長期金利の方が高くなるのが正常だからです。
ただし、日本がデフレ不況から完全に脱するには、まだまだ時間が掛かりそうなので、当分は長期金利は株配当利回りの壁に跳ね返される事になるでしょう。
因みに、現在の株の平均配当利回りは1.55%の予想、長期金...続きを読む

Q日銀が日本国債を買い取る資金

国債の代わりの円はどこから調達しますか。
日銀券をするなら簡単ですが円の評価は下がるのでは。

Aベストアンサー

日銀券を(電子的に)刷っています。これで、銀行が持っていた国債の代わり(国債の買取)に銀行のお金が増え、量的金融緩和になります。銀行はそのお金を貸し出そうとして、企業が低金利で借りられるようになり、経済が活性化するという目的です。

>円の評価は下がるのでは。

下がります。量的金融緩和においてはこれも目的です。ここ2年ほど円安が進んだのは、まさに量的金融緩和によって円の評価が下がったためです。ただし、日銀は2%インフレ以上の(円の評価の低下)の状況を警戒しています。あまりにインフレになりすぎるようだったら、量的金融緩和は即座にストップされるでしょう。それが日銀の第一の重大責任です。

Q国債(日本)のリスクって?

ゆうちょ銀行のページを見たら、「国債は、元本と利子の支払いを日本国政府が行なうため、安全性の高い商品ですが、日本国の信用状況などの悪化などにより損失が生じるおそれがあります。」とありました。

償還金額の項で「額面金額100円につき100円」とあるのですが、国債は元本保証ではないということでしょうか?

また損害(元本割れする)となる場合、具体的にはどうなるのでしょうか?
要するに政府に踏み倒されるということですか?

外国債ならレートの違い等で元本割れが生じる可能性があるのはわかるのですが…

Aベストアンサー

 まず、国債一般について考えます。
 国債は国の借金ですから返済の原資は、国民が払う税金(か、資産を売却して得られるお金)です。日本国の歳出が異常に膨らむか、税収が異常に減少すれば、借金返済にまわすお金がなくなります。これが、「日本国の信用状況などの悪化」に該当します。
 次に、個人向け国債と通常の国債に分けて考える必要があります。 個人向け国債の場合、満期前の換金は、国が国債を買い取ることで行われます。その場合、手数料はかかりますが、券面額で買い取ってくれます。
 通常の国債の場合、満期前の換金は、市場を通じて行います。従いまして、発行金利<市中金利の場合、券面額以下でないと売買は成立しません。また、日本の先行きが懸念されるようになると(つまり、借金を返せなくなるかもしれない、とみんなが思うようになると)、券面額以下でないと買ってくれません。これも「日本国の信用状況などの悪化」の一時例です。

Q日銀が日本国債を買い入れ介入する理由を教えてくださ

日銀が日本国債を買い入れ介入する理由を教えてください。

日本国債は日銀が発行していますよね?

その日銀が日本国債を市場介入で大量買い入れして市場調整をしています。

その買い入れるお金があるなら別に外部から借り入れずににその余剰金を直接使えばいいのにと思ってしまいます。

なぜ借りて入れてから買い入れ介入をする必要があるのでしょう?

素人考えでは直接、日本国債の発行量を抑えればいいのにと思ってしまうわけです。

そもそも、その買い入れする介入資金はどこから生まれているのでしょう?

お金がないのに借りているのに買い入れ介入するお金は十分ある?謎です。

Aベストアンサー

>日銀が日本国債を買い入れ介入する理由を教えてください。

細かいことを抜きにして、ざっくり言えば「世の中に流通するお金(円)の量」を増やすためです。

「買いオペ(買いオペレーション)」と呼ばれています。

『買いオペ』
http://www.ifinance.ne.jp/glossary/market/mar184.html

>日本国債は日銀が発行していますよね?

いえ、国(具体的な業務を行なうのは「財務省」)です。

『国債とは』
http://www.mof.go.jp/jgbs/summary/kokusai.html

>…そもそも、その買い入れする介入資金はどこから生まれているのでしょう?

これもざっくりですが、日銀は「発券銀行」なので、買いオペの資金は、いわば自己調達していることになります。

『日本銀行>銀行券・貨幣の発行・管理の概要』
https://www.boj.or.jp/note_tfjgs/note/outline/

---
『国債のしくみ:国債の基礎知識がバッチリ分かる 個人向け国債の買い方』
http://www.koku-sai.com/article/shik.html
『日本銀行ってなに?の巻|日本銀行の役割-早わかり経済入門』
http://manabow.com/hayawakari/hayawakari8_1.html
http://manabow.com/hayawakari/hayawakari8_2.html

※ご紹介したサイトの信頼性についてはご自身でご判断ください

>日銀が日本国債を買い入れ介入する理由を教えてください。

細かいことを抜きにして、ざっくり言えば「世の中に流通するお金(円)の量」を増やすためです。

「買いオペ(買いオペレーション)」と呼ばれています。

『買いオペ』
http://www.ifinance.ne.jp/glossary/market/mar184.html

>日本国債は日銀が発行していますよね?

いえ、国(具体的な業務を行なうのは「財務省」)です。

『国債とは』
http://www.mof.go.jp/jgbs/summary/kokusai.html

>…そもそも、その買い入れする介入資金はどこから生...続きを読む


人気Q&Aランキング