人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

減圧溶媒留去について説明したいのですが、うまく説明出来ません。
減圧溶媒留去の方法、なぜ乾燥するのか?
など教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

乾燥 方法」に関するQ&A: 乾燥方法について

A 回答 (4件)

乾燥という単語からすると、仕込む溶液には、目的物(純品になると固形物)と、溶媒が含まれているのかな?



私は、他の回答者の方と違う説明をします。

目的物質を含んだ溶液から、目的物質を溶媒を分離する手段として、蒸留を使用する場合、減圧にした方が、2つの理由で、有利と考えます。

その1:熱履歴
減圧下で蒸留すると、低温で溶媒を留去出来ますので、目的物質に与える、熱履歴がマイルドになり、変質の可能性を低減します。

その2:比揮発度
一般的に、理想系を形成する2成分は、低温低圧になると、比揮発度が大きくなります。装置的に許される範囲内で、減圧にした方が、目的物質と、溶媒の分離は良好になります。

蒸留する際に減圧するのは、この、1,2が原動力になっています。

また、ラボでは、1を達成する手段として、減圧する代わりに、イナートガスを入れたり、水蒸気蒸留する事も有ります。
    • good
    • 0

朝のラッシュアワー、乗る人と降りる人とで電車とホームは


大変混雑します。

このときの「車内」を「液相」、「ホーム」を「気相」と考えてみましょう。
目的の駅についたので降りようとしたとき、ホームに一杯人がいるのと
誰もいないのとでは、誰もいない方がスムーズに降りられますよね。

つまり、「減圧して気相から分子をなくす(=ホームの人を減らす)」ことで、
「液相から気相へと溶媒分子が出やすく(=車内からホームに降りやすく)」
なるので、「溶媒留去を早く(=降車時間を短く)することができる」というわけです。

また、実験室では、よく、ロータリーエバポレータという装置が使われます。
これは、試料をナス型フラスコに入れ、これを回転させながら減圧(さらに加熱を
併用する場合もあり)するものです。
ここでナス型フラスコを回転させると、器壁が濡れることによって
「液相と気相の接触面積が増加し(=電車の出入口の数が増え)」、
「溶媒分子が、より気相に抜けやすく(=乗客が降りやすく)なる」、ということです。


・・・といった説明方法はいかがでしょうか。
    • good
    • 0

#1様に追加しておきます。


どの様な物質にも、その温度における飽和蒸気圧というものがあります。
(沸点と関連しているので混同されやすいのですが)
同じ温度でも2つの物質の飽和蒸気圧は異なります。ですから減圧にしたとき、飽和蒸気圧が大きい方(つまり蒸発しやすい方)が先に気化していきます。
このため減圧にしてやって蒸気圧の高い溶媒を先に追い出し、沸点の高い液体や固体などを後に残してやります。^o^
    • good
    • 0

多くの物質は、


圧力下をかけると
気体が液体に、
固体が液体に、なります。

液体は、他の物質を溶かし込む性質が強いので
それを利用して、有用な成分を抽出します。

その後、
圧力を下げれば、液体が気体になり、
そのとき気体になれなかった抽出成分が、
残ります。

このように、それぞれの性質を知っていれば、
それを組み合わせて有効な工夫ができるのです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q減圧留去(減圧蒸留)の仕組みについて

減圧留去の仕組みがいまいち分からないので教えてください。
実験で、アニリンをエーテルに溶かしたもの、トランススチルベンをエーテルに溶かしたものそれぞれをロータリーエバポレーターを使って減圧留去しました。
この時蒸発しているのはエーテルのみだと思うのですが、エーテルは減圧しなくても沸点がもともと低いのに、なぜ減圧する必要があるのか?
アニリン、トランススチルベンはこの時どのような挙動をしているのか?
この2点が分からないため、ロータリーエバポレーターの仕組みもいまいち分からなくなってしまいました。
お答えよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ロータリーエバポレーターとは減圧して溶媒の沸点を下げることで、溶媒の留去をすばやく行うための装置です。
エーテルは沸点が低いとはいえ、室温では飛ばしきるのに時間がかかります。だから減圧して飛ばします。

アニリン、トランススチルベンの挙動ですが特に何も起きません。沸点に達していないはずなので、殆ど蒸発しないからです。

突沸自体がデメリットの塊です。突沸するとトラップからモノを回収して減圧留去をやり直す必要があります。その過程で欲しいモノをロスしたり、トラップについている汚れが混ざる可能性などがあります。

突沸を防いでいるのはフラスコの回転です。減圧で突沸が防げるわけがありません。
モノが濃縮されるのは溶媒だけが留去されるからです。

あと、蒸留と留去は別の操作です。混同してはいけません。

Q吸光度の単位

吸光度の単位は何でしょうか!?
一般的には単位はつけていないように思われるのですが。。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

物理的には、No.1さんも書かれているように吸光度も透過度も基本的に同じ単位系の物理量どうしの「比」なので「無単位」です。しかし、無名数では他の物理量、特に透過度と区別が付かないので、透過度は"透過率"として「%」を付けて表し、"吸光度"は「Abs(アブス)」を付けて呼ぶのが業界(分析機器工業会?)のならわしです。


人気Q&Aランキング