家の新築に際して、暖房機の更新を考えています。
建築予定の家は、高断熱・高気密仕様になっています。

今までは、石油ファンヒータを使用していましたがこれだと水蒸気が家の中にたまってしまい、結露やカビの原因になり家が腐り易くなるという話を聞き、燃焼した空気をそのまま外に出すFF式ファンヒータか、外のボイラで暖めた水を使う温水式ファンヒータのどちらかに使用と思っています。

使い勝手の事を考えると、固定式しかないFFファンヒータよりもコネクタで取り外しのきく温水式ファンヒータの方が良いのですが、
温水式ファンヒータは実物を体感した事が無いので、その暖房性能(当地は寒冷地・北陸)とメンテナンス性(触媒の漏れなど)に不安があります。

どなたかアドバイスお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>どこのメーカの温水ヒータを使用されているのでしょうか。



三菱製です。

>一台の室外機で複数の部屋の暖房は可能なのでしょうか。?(暖房能力は低下しないのでしょうか)

一台の室外機で最大何台というようにパンフレットに謳ってあるはずです。うちのは確か2~3台だったかな、覚えてないです。
1階リビングに床下配線で1台、2階寝室に垂直配管とで合計2台の器具を使用しています。全然問題ありません。っていうか2階はあまり利用しないです。(10畳くらいのスペースですがすぐ暖まるので)

>ランニングコストは月にどれくらいかかるのでしょうか?

すみません、無頓着なもんで計算したことがありません。電気は全く分かりません。
12月~2月くらいまでの灯油代は、200リットルオイルタンクに月に1回くらいでしょうか。ただし、うちは給湯器はガスじゃなく灯油なので詳しくは判別できません。その他の月は灯油が腐るのではないかと思うくらい必要としません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返答ありがとうございました。(お礼が遅くなって申し訳ありませんでした)
結局、温水ファンヒータにすることにしました。

ありがとうございました。

お礼日時:2002/05/10 03:14

温水ヒーターの良さはNo1の回答にあるようなので、劣る点について回答しましょう。



●熱効率
FFファンヒーターは機器内の熱交換器による損失熱量が5%程度あります。
灯油を燃焼した熱量の95%が室内の暖房に使用できます。
しかし、温水式の場合は
・石油の燃焼熱と水の熱交換効率によるロス
・温水配管から空気への放熱ロス
がありまして総合的な熱効率ではFFファンヒーターに及びません。

さらに温水(不凍液)を循環するために動力を必要とするためにさらに余分なエネルギーが必要です。

●耐久性
FFファンヒーターは本体のみの構成ですから部品点数も最低限です。
温水ヒーターは、温水ボイラー、循環ポンプ、室内放熱器と機器点数が増えるために故障のリスクが増加します。

温水ヒーターを使うならば床暖房にも熱を利用した方が良いでしょう。
もちろん床下への熱損失をしっかりと断熱することが前提です。
ファンヒーターでは天井が暖まり床面が暖まりませんが、床暖房は室内の温度分布を均一にします。
また、体感温度が3℃程度上昇するのでより少ない熱量で効率良く加温できます。
FFファンヒーターを設置した場合も床暖との併用が暖房効率を向上させます。

温水ボイラーの熱源に「深夜電力」を考えているならば『蓄暖(蓄熱式温水暖房器)』も検討してみてください。
本年一月に100V用も白山製作所から発売になり使い勝手が良くなりました。
(電気を加熱に使うこと自体がエネルギーの無駄使いなのでお勧めはしませんが・・・。)

寒冷地・北陸の条件なら『薪ストーブ』が設置できると良いのですね。
薪と煙突からの煙をクリアできるならば、これに勝る暖房器具はないといっても良いでしょう。
高気密高断熱住宅の欠陥を補う効果も備えています。

高気密高断熱の住宅を予定されているなら、専門家がこぞって回答している質問がありますので参考にしてください。
悩みの元を作る羽目になるかもしれませんが・・・。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=221276
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しいアドバイスありがとうございました。

お礼日時:2002/02/27 12:54

私も以前の家が結露だらけだったので、高気密・高断熱にこだわり新築しました。


おっしゃるとおり、石油ファンヒーターは燃焼した灯油と同じ量の水分が出ますので、私は温水ルームヒーターにしました。

FF式ファンヒーターのことは、動かせないということ以外分かりませんので、温水ルームヒーターを使用した感想を書きたいと思います。

●カタログでは静かとなっていますが、結構うるさい。
10畳くらいだとすぐ暖まり暑いくらいなので、維持運転で静かかもしれません。我が家は吹き抜けにあるのでずっとうるさくて、テレビの音声も聞きづらい。
●即暖運転とかいうスイッチを押しておかないと、起動がめちゃくちゃ遅い。寒いときの五分は長いよー。
●実際、ほとんど動かさない、つまり片付けもしない。一回目だけですね、ダンボールに入れたのは。
●我が家は床が無垢材なので、温風吹きだし口の下あたりに敷物がないと、乾燥して隙間ができる。
●床下にホースがありますが、メンテナンス性は気にならない。
●結露は皆無。

いずれもFF式ファンヒーターと同じかもしれません。
今思うのはエアコンの常時運転が一番いいと感じます。
電気代が気になるようなら、極端に寒くないときはデロンギなどのオイルヒーターで局所暖房でも十分ですよ。きちんとした施工の高気密・高断熱住宅が前提ですが。グラスウールなら今だけかもしれません。ちなみに私も北陸です。

ご参考になれば。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございました。
大変参考になりました。

現在使用になっておられるという事なので、申し訳ないですが更に数点質問させてください。

● どこのメーカの温水ヒータを使用されているのでしょうか。?
● 一台の室外機で複数の部屋の暖房は可能なのでしょうか。?(暖房能力は低下し  ないのでしょうか)
● ランニングコストは月にどれくらいかかるのでしょうか?

可能な限りで結構ですので、御回答いただければ幸いです。

ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/27 12:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q液中ヒーターの絶縁測定について質問

液中ヒーターのELBがトリップした際のメガテスタの測定方法について質問です。
構成として、ELB→マグネット→SSR→端子台→コンセント→(コンセント接続タイプ)ヒーター となっておりますが、この場合ヒーターをコンセントから抜いた状態で測定して良いものなのでしょうか?
それとも、コンセントには繋いだまま端子台(もちろん端子は外した状態で)で測定した方がよいのでしょうか?

というのも、実際にはコンセントから外した状態でヒーター(液に入れたまま)UVW端子をメガで測定し、いずれも0.02MΩ程度だったことから地落していると判断したのですが、この時何に対して地落しているのか分からなくなったためです。
液の槽は絶縁物で出来ているのでアースに落ちているとは考え辛いですし…
不勉強でお恥ずかしいですが、ご教授のほどよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

絶縁測定の実施方法が違っているようです。
一般的にはヒータの構造は発熱体と充填材(砂のような絶縁物)と
外管(保護管)の3つの構造からなっています。
「ヒータの絶縁抵抗」はこのヒータ発熱体の
端子部分と外管との絶縁抵抗を測ります。
ヒータを単体で(コンセントから抜いて)U相、V相、W相をまとめて
一括してメガーの赤線(プラス側)につなぎ、接地側(黒のクリップ側)を
外管に当てて測定します。装置の接地端子との間を計ることは
する必要がありません。正常なら1MΩ以上の絶縁抵抗があると思います。
とりあえずこの方法で絶縁抵抗を測定してみてください。

Q蓄熱式電気暖房機と電気式床暖房、どちらが良いでしょうか?

現在、戸建の新築に向けて、ハウスメーカーと間取り等、打ち合わせ中です。
リビングダイニングは約20畳、リビングアクセスで、階段の部分は吹き抜けとなります。
構造は軽量鉄骨で、次世代省エネ基準をクリアしています(IV地域です)。

暖房器具について悩んでいます。
オール電化として床暖房+エアコンで暖房をと考えていたのですが、予算の関係上、電気式床暖房+エアコンとの組み合わせとなってしまい、ヒートポンプ等の温水式は導入できません。

夜間の割安な料金を利用できないため、ランニングコストが気になります(幼い子どもがいるため日中も誰か彼かは家で過ごします。)。
そこで、床暖房ではなく蓄熱式暖房機+エアコンという組み合わせを検討しています。

ガスや灯油の利用は考えておらず、あくまでも電気を使うという前提で、電気式床暖房と蓄熱式暖房機、どちらの方がお勧めでしょうか?
より暖かく、コストを抑えられるなら蓄熱式暖房機をと気持ちは傾いているのですが。

Aベストアンサー

蓄熱式電気暖房機を勧めます。たしかに床暖房の方がすぐれていますし、電気式は、即応力が高く大変理想的な暖房です。しかし、電気式の床暖房を一戸建ての1階に使うには、かなり徹底した床下の断熱をしないと、電気代が大変なことになります。メーカーが出している参考電気代は、理想的な状態での料金です。蓄熱式電気暖房機は、24時間暖房なので夜中でも朝方でも暖かく快適ですが、温風が出るので、空気が乾燥しがちで、顔がほてるなどの欠点がありますが、ランニングコストを考えたらこちらの方が良いかと思います。

QSSRという無接点リレーについて教えてください。 SSRはどのようなところで使用するものなのでしょ

SSRという無接点リレーについて教えてください。

SSRはどのようなところで使用するものなのでしょうか?
詳しい方教えてください。

Aベストアンサー

SSRは開閉頻度が多い所に使います。
普通のリレーは機械式接点なので1分間に数回程度の頻度でしか使えません。開閉の度に出る火花のために寿命が短いのです。開閉の回数に限度があります。
SSRは半導体スイッチなので火花は出ず、高頻度での開閉が可能です。交流電源の半サイクルごとに開閉ができます。すなわち50Hzの交流では毎秒100回、60Hzでは120回が可能です。開閉回数に限度はありません。
直流回路用と交流回路用があり間違えると正しく働きません。
また導通した際に1ボルト程度の損失があるため普通のリレーより損失が多く大電力のものは少ないです。
用途としては工業用の温度調節器などに使われます。

Qガス温水式床暖房の不凍液について。

築6年です。室内リモコンの表示に水漏れ(水なし)のえらーがでました。調べたもらったところ、床下パイプには不凍液がはいっています。しかし、自動給水の装置もついていて、給水の弁が壊れているとのことでした。(水を足していた可能性がある)質問ですが、何年も水を足して濃度が狂った不凍液にまた不凍液を足してつかっていても支障はないのでしょうか。不凍液に水を足すと藻がはえるときき、心配です。うちの床下は藻だらけ??一度すべて水を入れ替えたほうが良いのでしょうか。どうしたらよいか教えて下さい。

Aベストアンサー

以前の回答があります。

参考URL:http://okwave.jp/qa2492215.html

QSSRとフォトカプラの違いについて。

SSRとフォトカプラの違いについて。

電子工作の初心者です。
最近、フォトカプラとトライアックを組み合わせたSSRというものがあることを知りました。
使用例としては、PICからSSRをスイッチングし、AC100Vを駆動しています。
フォトカプラとトライアックを組み合わせると、フォトカプラだけ使う場合とは何が違うんでしょうか?

Aベストアンサー

最大の違いは、接続できる負荷の大きさです。SSRは負荷の開閉用にOn/Off制御用とは別の素子を使っているので、この素子次第で大きな負荷を開閉できるものが自由に作れます。これの大型のものはソリッドステートコンタクタなどと呼ばれ、産業用のモーターをぶら下げても平気です。

例えばこんなもの(定格電圧200~480Vで最大負荷容量18.5KW)
http://www.fa.omron.co.jp/product/family/1718/index_p.html

一方のフォトカプラは、On/Off制御のフォトトランジスタに直接負荷がつながるため、そんなに大きなものは作れません。普通は信号用です。なので、負荷は小型のリレー程度が限界です。その代わりというのも何ですが、応答時間の短いもの(高速なもの)を見つけやすいという違いがあります。ソリッドステートコンタクタくらい大きなものになると、大きい負荷はそもそも応答時間が長いので、応答時間が100ms以上でもさほど問題視されませんが、信号用フォトカプラでそんなにかかったのでは使い物になりません。ということで使い分けになります。

最大の違いは、接続できる負荷の大きさです。SSRは負荷の開閉用にOn/Off制御用とは別の素子を使っているので、この素子次第で大きな負荷を開閉できるものが自由に作れます。これの大型のものはソリッドステートコンタクタなどと呼ばれ、産業用のモーターをぶら下げても平気です。

例えばこんなもの(定格電圧200~480Vで最大負荷容量18.5KW)
http://www.fa.omron.co.jp/product/family/1718/index_p.html

一方のフォトカプラは、On/Off制御のフォトトランジスタに直接負荷がつながるため、そんなに大きなものは...続きを読む

Q積水ハウスの新築で床暖房か蓄熱式暖房か思案中です。アドバイスお願いします。

暖房設備について、ぜひアドバイス下さい。
現在セキスイハウスのBeECORDで新築住み替えプランニング中のものです。
今週来週あたりにプランの確定をしなくてはならないので最終の詰めの段階に来ています。
居住地は広島県。瀬戸内海に面した平地で、山間部ではありません。
現在のプランでは総建坪47坪くらいの家で、1階に、南向きで長手東西の約27畳のI型LDKがあり、そのリビング部分に10畳の吹き抜けを取っています。
このプランでの暖房に、床暖房を入れるべきか、それとも蓄熱式暖房機(ユニデールなど)を設置しようかと思案中です。
この規模・条件で、選択すべき暖房設備はどちらが良いでしょうか?
それと、今現在の住居に強制循環式のソーラーをつけています。
サン・オブ・サン エージェンシーという会社の製品で、不凍液を屋根上のパネルに循環させるタイプのものです。
10年ほど使用していますが、真冬でも30度以上のお湯が300L程度沸きます。
これを住み替えの新築に移設して低温水タイプの床暖房に併用できないものか、すべきかどうかと悩んでいます。
家内は「そんなボロ(古)わざわざ移設費払って持っていくなんて!?」・・・とトーンは低いのですが、夏場などは太陽熱だけで家族全員のシャワーがほとんどまかなえるほどで、私としては捨てていくのはもったいないと思っているので。。。
詳しい方からのアドバイス、よろしくお願いします。
ちなみに、プロパン地域なので、ガス式ではランニングコストが高すぎてありえません。
設置するとしたらオール電化のエコキュート温水床暖か蓄暖と絞り込んでいます。

暖房設備について、ぜひアドバイス下さい。
現在セキスイハウスのBeECORDで新築住み替えプランニング中のものです。
今週来週あたりにプランの確定をしなくてはならないので最終の詰めの段階に来ています。
居住地は広島県。瀬戸内海に面した平地で、山間部ではありません。
現在のプランでは総建坪47坪くらいの家で、1階に、南向きで長手東西の約27畳のI型LDKがあり、そのリビング部分に10畳の吹き抜けを取っています。
このプランでの暖房に、床暖房を入れるべきか、それとも蓄熱式暖房機(ユニデールなど...続きを読む

Aベストアンサー

広島市内に新築したものです。
我が家は延べ床が52坪で、リビングには6畳ほどの吹き抜けがありますが、+リビング階段、+吹き抜けを半周程度囲むように2階廊下がぐる~っと配置されているため空間としては10畳を超えると思います。
で、暖房ですが、床を無垢にしたこともあって、7kWの蓄熱暖房機をリビングに1台だけいれました。
容量計算してもらったところ、とても足らないはずですが、この冬、夜間にエアコンをつけたのは数日間だけです。
(早朝はまだナイトタイムでもあるので、毎朝30~60分ほどつけてます)
現在、1階のLDK(28畳)+和室(6畳)+パントリー(2畳弱?)+洗面室(4畳)+お風呂(2.5畳)+1階廊下(2畳強)と、2階のぐる~り廊下(6畳強)+寝室(WIC含め13畳)を常にオープン状態にしていますが、これらの空間全てを蓄熱暖房機1台で賄っています。
昨夜も雪がチラついていましたが、エアコンなしで暖かでした。
容量不足を覚悟していたため、増設できるように補強した場所とコンセントを確保していますが、恐らく今後も増設しないと思います。
(ほかの部屋も使い始めたら分かりませんが)
吹き抜けリビングでよく言われる、「冷暖房効率が悪い」とか、リビング階段で言われる「冷気が降りてくる」というのは、今のところ全く感じません。
ただし、設計時には「高気密高断熱」をうるさくお願いして、II地域の次世代省エネ基準をクリアーする仕様で建ててもらいました。
蓄暖で冬を越そうと思ったら、IV地域の仕様では少々無理があるかもしれません。

参考までに、畜暖の使い心地です。

広島市内に新築したものです。
我が家は延べ床が52坪で、リビングには6畳ほどの吹き抜けがありますが、+リビング階段、+吹き抜けを半周程度囲むように2階廊下がぐる~っと配置されているため空間としては10畳を超えると思います。
で、暖房ですが、床を無垢にしたこともあって、7kWの蓄熱暖房機をリビングに1台だけいれました。
容量計算してもらったところ、とても足らないはずですが、この冬、夜間にエアコンをつけたのは数日間だけです。
(早朝はまだナイトタイムでもあるので、毎朝30~60分ほどつけ...続きを読む

Q電源ラインに繋いだSSRが壊れる原因

AC200V電源ラインを直にSSRの入力に繋ぎこんで、電源の監視を
しているのですが、この電源に大型のファンモータが繋がれることがあり、
どうもそのときにSSRがかなり激しく壊れてしまう(焼けている?)ようです。
これは、ファンモータの起動時などに、電源ラインになんらかの異常電圧?が
発生して、それによって壊れているのでしょうか?
考えられる原因を教えていただけると助かります。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

大型のファンモータはSSRの負荷よりもずっと大容量で、SSR入力側電源に並列に電磁接触器:MCで投入遮断されているのですね。

モータは投入時に定格電流の5-6倍程度の起動電流が流れます。
更に最初の1cycleの間は投入位相、モータの磁気回路の飽和状態等から起動電流の更に2-3倍?の突入電流が数msの短い間ですが流れます。
またMCは機械的に安定した接触状態になるまでの数十msの間、チャタリング:バウンドを繰返します。

この突入電流/起動電流は、MCのチャタリングで切断されようとする時、電源側トランスやモータのリアクタンス分で流れ続けようとして、高圧のスパーク:電源電圧の2-3倍?を発生させます。
このスパーク電圧にSSRが耐えられない場合、SSRに大電流が分流して流れる事になりエネルギーが大きい為SSRを焼損する事になると考えられます。
トランスの一次側からも雷サージ電圧等がトランス二次側に巻線等のコンデンサ分を通したりして誘起されます。

これらの大電圧大電流のスパーク電圧等を必要であれば低減させた上、その電圧に対応した耐電圧のSSRとする必要があります。
SSRには普通保護用のサージアブゾーバ:バリスタ等が含まれている筈ですが、SSRの定格負荷に対応している程度でしょう。
バリスタの電流容量が小さい場合、大きな電流が流れ込もうとする時はSSRの耐圧を越した制限電圧にしかならず、相変わらず焼損が発生するでしょう。

以上のような現象が発生しているものと考えられます。

これらに対応して、ファンモータ対応の電流容量を持ったCR保護回路、バリスタ等をSSRと並列に追加する必要があります。
先ず 以下のような項目について、サーチ条件を考えながら調べて下さい。
(電気の一般的な知識のみで、具体的な大容量バリスタのメーカ等については分りませんのですみません)

SSR サージ電圧 保護
SSR 過電圧 保護 説明 OR 解説

SSR サージ電圧 保護 バリスタ
SSR サージ電圧 保護 大容量バリスタ モータ負荷
SSR サージ電圧 保護 CR保護回路 モータ負荷

大容量バリスタ メーカ カタログ ...等

次にSSRメーカに状況を説明して問い合わされるなり、
適用出来そうな保護回路や装置が分ったらそれらを購入するなどして対応してください。

或いは別の考え方として、AC200Vラインに電圧が来ているかどうかの確認だけでしたら、AC200V用リレーを設け、接点入力として制御側に取り込むのが一番簡単でサージ電圧での破壊等を気にしなくて済みそうです。

或いは絶縁用の小型トランスと簡単な整流平滑回路を通してDC5V(3-12V?)を発生させて取り込む事も出来そうです。

或いはSSRと直列に抵抗(SSRの等価負荷抵抗の1-3%程度?)を挿入した後にSSR対応のサージアブゾーバを追加する(SSR内のサージアブゾーバのみで良いかも知れませんが)事でも対応出来そうです。

大型のファンモータはSSRの負荷よりもずっと大容量で、SSR入力側電源に並列に電磁接触器:MCで投入遮断されているのですね。

モータは投入時に定格電流の5-6倍程度の起動電流が流れます。
更に最初の1cycleの間は投入位相、モータの磁気回路の飽和状態等から起動電流の更に2-3倍?の突入電流が数msの短い間ですが流れます。
またMCは機械的に安定した接触状態になるまでの数十msの間、チャタリング:バウンドを繰返します。

この突入電流/起動電流は、MCのチャタリングで切断されようとする時、電源側トランスやモ...続きを読む

QFF式石油ファンヒーターか電気蓄熱暖房器(深夜電力利用)

上記の内容で、それぞれ工事費トランニングコストを考えるとどちらがよいでしょうか?
特に工事費が気になるところなのですが?

Aベストアンサー

ランニングコストは深夜電力利用の蓄熱暖房器よりもFF式石油ファンヒーターの方が若干安いと思います。(ほぼ同じ位です)

但し、設置(イニシャル)コストは蓄熱暖房器の方が断然高いです。
蓄熱暖房器はユニデールのVFEi70J(7kw)が定価で325,000円、VFEi50J(5kw)が260,000円、VFEi30J(3kw)が192,000円もします。(値引き率は会社によって違います)
プラス施行費が3万円弱/台位掛かります。
本体以外にも蓄暖用の電気幹線工事が5万円/台前後は掛かります。

それに対してFF式石油ファンヒーターは本体が三菱の16帖用が定価で180,000円位+オイルタンクが200Lタイプで定価で4万円位掛かります。(値引き率は会社によって違います)
プラス施行費が油配管込みで4万円/台位は掛かります。(電源は普通の100V配線で大丈夫です)

トータルコストはそれぞれの機器の寿命が違うので、単純比較は難しい所です。
FF式石油ファンヒーターの機器の寿命が約15年~20年位なのに対して、蓄熱暖房器は事実上半永久に使えるからです。

FF式石油ファンヒーターは給油の手間が必要(ガソリンスタンドに連絡が必要)なのに対して、蓄熱暖房器はメンテナンスフリーです。
私の個人的な好みとしては、対流式暖房のFF式石油ファンヒーターよりも輻射式暖房の蓄熱暖房器の自然な暖かさの方が好きですね。

ランニングコストは深夜電力利用の蓄熱暖房器よりもFF式石油ファンヒーターの方が若干安いと思います。(ほぼ同じ位です)

但し、設置(イニシャル)コストは蓄熱暖房器の方が断然高いです。
蓄熱暖房器はユニデールのVFEi70J(7kw)が定価で325,000円、VFEi50J(5kw)が260,000円、VFEi30J(3kw)が192,000円もします。(値引き率は会社によって違います)
プラス施行費が3万円弱/台位掛かります。
本体以外にも蓄暖用の電気幹線工事が5万円/台前後は掛かります。

それに対してFF式石油ファンヒーターは...続きを読む

Qソリッドステイトリレー(SSR)とは

ソリッドステイトリレー(SSR)って何でしょうか?

Aベストアンサー

無接点型のリレーです。
接点部は半導体素子なので電磁型リレーのようにカチカチ音がしません。

Qガス温水床暖房の価格は?

家を新築するのですが、その際にガス温水床暖房をと考えているのですが、いくらぐらいかかるんでしょうか?
ちなみに、10畳くらいで考えています。

Aベストアンサー

真偽の程は定かでないですが、私、家を捜している際に建物条件付の土地物件を買おうとしてかなり詳細までうち合わせをしたことがあります。
この時に値段の話しになった時に不動産屋がオプションのガス温水床暖房を薦めてきた時に高いからやめるという話しをしたら横で聞いてた大工の棟梁が『いいよ、ただ同然で東京ガスから卸してもらえるからサ-ビスしちゃうよ』と言ってました。よくよく聞くとあれって結構ガスを食うのでガス屋としてはそれでも元が取れるらしい。ただその際に『給湯器は2サイズ大きくしないと快適に使えないからそれは負担してね』といわれましたが。
携帯電話のような話しですよね。

ちなみにそこに決めなかったのですが、実際に購入した新居にはリビングに付けました。リビングは当所テ-ブルをと思ってましたが、本気でちゃぶ台を夫婦で検討しはじめたくらい大変快適で他の暖房機が要らないくらい。
ただ、ガス代はすごいですよ。約10畳のリビングに2ユニット敷いて有るのですが、1ヶ月のガス代が以前の住居のそれより+7000円くらいになりました。(でかい給湯器のせいかも知れませんが)
前述の只くばりのはなし、今なら納得できます。

大手ハウスメ-カ-でなければ、一度、値切りの項目に加えてみる価値ありそうですよ。

真偽の程は定かでないですが、私、家を捜している際に建物条件付の土地物件を買おうとしてかなり詳細までうち合わせをしたことがあります。
この時に値段の話しになった時に不動産屋がオプションのガス温水床暖房を薦めてきた時に高いからやめるという話しをしたら横で聞いてた大工の棟梁が『いいよ、ただ同然で東京ガスから卸してもらえるからサ-ビスしちゃうよ』と言ってました。よくよく聞くとあれって結構ガスを食うのでガス屋としてはそれでも元が取れるらしい。ただその際に『給湯器は2サイズ大きくしない...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング