牛乳中に白血球はどれ位含有しているのでしょうか?
乳房炎がある牛のみで正常な牛からの牛乳には含まれないのでしょうか?

URL等ご教示下さい。

宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

MiJunさんこんにちは


私は酪農乳業関係の仕事をしている者です。
ご質問の
>牛乳中に白血球はどれ位含有しているのでしょうか?
>乳房炎がある牛のみで正常な牛からの牛乳には含まれないのでしょうか?
についてですが
健康な牛の牛乳にも白血球は含まれています。
牛乳に含まれる白血球やその他の脱落細胞を合わせて「体細胞」といいますが
この体細胞の数は健康な牛の牛乳でしたら1ml当たり30万個以内(たいていはもっと少ないです)。
乳房炎に罹っている牛の牛乳は50万個を超えます。
急性乳房炎の場合には100万個を軽く超えることもあります。
搾乳されて工場に集められた牛乳は、受け入れ検査を受け
「風味、脂肪率、総細菌数、体細胞数」などの計測が行われます。
次に清浄機にかけ、強力な遠心力で細かいゴミや白血球などを分離除去しますので
パックされて製品になった牛乳にはほとんど白血球は含まれていません。
また、乳房炎以外でも、体調が悪くなったり老化すると乳に含まれる体細胞数は増えていきます。
体細胞について説明しているサイトがありますのでご参照下さい。
http://eco.goo.ne.jp/science/files/index13_1.html

もしかしてご質問の主旨は1月に週刊文春に掲載された狂牛病関連の記事で
「乳房炎の牛から搾った牛乳に含まれる白血球にはわずかながらプリオン蛋白が含まれるので結果的に牛乳も安全とは言えない」という説について詳しく知りたいということなのでしょうか?
(もしちがったらごめんなさい)
そのことについてでしたら
エフコープのサイト
http://www.fcoop.or.jp/KYOUGYUU/kyougyuu.html
日本乳業協会のサイト
http://www.jdia.or.jp/kouhou/milk.htm
に詳しいことが書いてあります。

参考URL:http://eco.goo.ne.jp/science/files/index13_1.html

この回答への補足

maumauさん、はじめまして。
丁寧な回答有難うございます。

今回は質問してから、自分でもネット検索しました。
ご紹介頂いたサイトもHitしました。

>もしかしてご質問の主旨は1月に週刊文春に掲載された狂牛病関連の記事
ご察しの通り、山内名誉教授のサイトに関連して質問しました。
http://wwwsoc.nii.ac.jp/jsvs/prion/pf127.html

>次に清浄機にかけ、強力な遠心力で細かいゴミや白血球などを分離除去しますので
パックされて製品になった牛乳にはほとんど白血球は含まれていません。

UF(限外ろ過)あるいは単なるフィルターで処理しているのでしょうか?

プリオンに関しては興味があり、OKでも質問したり、回答したりしてます。

今後ともご教示の程宜しくお願いします。

補足日時:2002/02/27 15:33
    • good
    • 0

MiJunさん


ちょっとまぎらわしいことを書いてしまって申し訳ありません。
ご指摘の通りゴミや体細胞を除去する清浄化には逆浸透(RO)あるいは限外ろ過(UF)は使いません。
最初の回答の補足のところに
>UF(限外ろ過)あるいは単なるフィルターで処理しているのでしょうか?
とあったので、ちょっと混乱してしまいました。
これは膜濃縮処理に使う方法です。

改めて清浄化について書かせていただきますが
清浄化にはろ過法と清浄法があります。
ろ過法の方は最初の補足に書いてくださったように
フィルター(濾過器)を使います。限外ろ過ではありません。
但しこの方法は微細な異物の除去は不可能で作業性も悪いため、ほとんど使われません。
現在主に使われているのは清浄法の方で
最初の回答に書いたとおり遠心式クラリファイヤーという強力な遠心力を利用した機械を使います。
現在使われている機械は、分離除去された細かいゴミや体細胞(乳泥といいます)を定期的に排出する自動排出型が多いようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

maumauさん、ご丁寧に有難うございます。

勉強になりました。

お礼日時:2002/02/28 14:13

MiJunさん


補足ありがとうございます。
処理の方法は逆浸透(RO)と限外ろ過(UF)による2つの方法があり
いずれも細孔を有する特殊な膜を使用します。

この回答への補足

>細かいゴミや白血球などを分離除去しますので
>処理の方法は逆浸透(RO)と限外ろ過(UF)による2つの方法があり
上記のような除去でROあるいはNF(?)も使用するのでしょうか・・・?
別の意図(ペプチド・塩等の除去?)で使用するのではないのですか・・・?

本題とは離れますが、ご教示下さい。

別の系ですが、UF・NF・ROの使用経験はあります。

補足日時:2002/02/27 19:27
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q牛の正常値

血液生化学検査の正常値はよく載っているのですが、体温、呼吸数、心拍の正常値がはっきり載っているものが見つかりません。
乳牛、和牛、子牛、育成牛でそれぞれ違うと思いますが知っている方がいらっしゃいましたらご返答ください。

Aベストアンサー

簡単なものでいいんでしょうか?

体温
成牛 38.0~39.3
子牛 38.5~39.5

呼吸数
成牛 15~35
子牛 20~50

脈拍数
成牛 60~80
新生子 118~148
2~30日齢 100~115
1~12月齢 80~110

乳牛のデータです。
獣医さんが詳しいんじゃまいか?

Q牛乳は牛の乳児にとっては最良の食事ですか?

人間の赤ん坊には牛乳よりも母親の母乳のほうが栄養があると言われていますが、牛の赤ん坊にとっては牛乳が最高の食事なのでしょうか。

Aベストアンサー

栄養があるか無いかの問題ではなく、必要とする栄養のバランスがよく、逆に、不都合な成分は少ないということでしょう。

そういう面では、もちろん、人間の母乳を仔牛に飲ませたら、やはりあまりよくないでしょうね。

仔牛は、牛の乳を飲んで育つような身体の仕組みになっているはずですから。

Q網赤血球数の考察をか書くのですが、結果が正常値だったので何を書けばよい

網赤血球数の考察をか書くのですが、結果が正常値だったので何を書けばよいのかわかりません。どんな事をどう書けばよいでしょう。

Aベストアンサー

お医者様は、「n.p.」と書いています。ノープロ。^^;

Q生物の発生についての質問です。 骨は体節でつくられ、血球は側板でつくられると書いてありました。 血球

生物の発生についての質問です。

骨は体節でつくられ、血球は側板でつくられると書いてありました。

血球は、骨の骨髄でつくられるのではないのですか…?

なぜ別々のところからつくられるのでしょうか。
教えて頂きたいです!

Aベストアンサー

>生物の発生についての質問です。
生物では発生中と成体では器官の機能が異なりますが、それを認識していますか?
>血球は、骨の骨髄でつくられるのではないのですか…?
これは成体における機能で、発生中の機能ではありません。発生学の簡単なのを読んで下さい。
>なぜ別々のところからつくられるのでしょうか。
これは進化論に属する疑問で、現在の臓器の機能だけ追求しても答えは出ません、かなり高度な質問になりますから、進化論あるいは解剖学の教授(もちろん大学教授)に訊いて下さい。

Q不安情報に対して正常に機能(不安を相殺)していない脳を正常に機能させるのにはどんな方法があるのでしょうか?

 恐らく過剰なストレスによって正常に機能しなくなったと思うのです。

 現在ストレス源からは解放されています。

Aベストアンサー

人によって様々ですが、人が最も安心と緊張を伴うものの一つが触れ合いです。
心許せる家族や友人がいるなら、その人と行った事のない場所へ行ってみましょう。
「見知らぬ場所」は脳(連動して身体も)を活性化します。

また、人との関係でストレスをもっているなら動物と触れ合いましょう。
極力社会性の高い動物が良いと思います。
また、子犬や子猫なども良いのではないでしょうか。
頼られる事、無邪気さは刺激になるでしょう。
特に「世話」をするという行為は、普段経験しない&考え、知り、解決する必要がありますから、これも脳を目覚めさせるでしょう。

キモは、穏やかになれる「何者か」と、未経験の状況です。
あくまで「ストレス」源から解放されているが、引きずっている状況を想定しています。また、何に対してストレスを感じるか?など多くを無視しています。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報